20代とは優先順位が変化…男性に求められる30代女性の特徴は

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2019-12-23 15:04
投稿日:2019-11-29 06:00
 一般的に「早婚願望」がある女性は30歳までに結婚を考えます。とはいえ、最近はその時期が遅れがちなのも致し方ありません。大学留年や浪人、院卒などが理由で、社会人になるのが25歳前後になる人もいますし、貯金できるような仕事に就いていないことで結婚の時期が遅れる人もいるでしょう。
 婚活市場では第二軍となってしまう30代の中でも「結婚できる女性」と「できない女性」がいるとするならば、その違いは何なのでしょうか。

「ぶら下がりたい」が目に見えすぎるとダメ?

これでは相手も逃げていく(イラスト:ミクニシオリ)
これでは相手も逃げていく (イラスト:ミクニシオリ)

 女性が結婚を考える時、少なからず男性の経済力が理由になってくることもあるでしょう。しかし、その“下心”があけすけな女性は、婚活男性から敬遠されます。

 今や共働きが当たり前になりつつある社会の中で、男性もメリットを考えて結婚を選択します。“働きたくない”という意思を明確に持ってしまう女性は、男性からも良く思われません。一般的に30代にもなれば、女性でも自立した経済力がある程度求められるでしょう。

 家事や子育てを考えると、仕事をやめたくなる気持ちは分かりますが……今は家事代行やベビーシッターのサービスも充実しています。専業主婦を許してくれる男性を探すよりは、上手く代行サービスなどを使いながら、家事に積極性を持ってくれる共働き男性を探す方が早いかも。

現実的な結婚像や相手への条件があるかどうか?

婚活迷路から抜け出すのは至難の業(写真:iStock)
婚活迷路から抜け出すのは至難の業 (写真:iStock)

 世の中で婚活をする人の中には、「なんとなく不安だから」という人も多いでしょう。しかし、婚活という泥沼はなんとなく、でクリアできるものではありません。

 なんとなくしたい程度だと、結婚後どうなっていたいとか、こんな人となら結婚生活が送れそうだという将来設計もピンと来ないでしょう。そういう人はキリがない婚活チャレンジの中で、妥協点が見つけられなくなります。

 もう少し稼いでいれば、もう少し若ければ……理想的な出会いを果たすことができる人もいるかもしれませんが、なんとなくしか理想のない人は、何が自分にとって理想的かもよく分かりませんから、もっといい人がいるかも、とずっと思ってしまうのです。

 ずっと婚活してしまう人は、そういった結婚像や相手の理想像が全く分析できていない人も多いです。

自分の値踏みを間違えてしまっている人

年齢と共に“スキル”や“オプション”をつけないと…(写真:iStock)
年齢と共に“スキル”や“オプション”をつけないと… (写真:iStock)

 逆に、婚活市場における自分の価値や地位を信じて疑わない人も、結果的に結婚から縁遠くなっているかもしれません。20代と30代ではメリットとして男性に提示できることが異なってきます。これをいつまでも20代の感覚で行ってしまう人は、市場価値の思い違いが生まれがちになります。

 20代のうちは、婚活市場でも存在としての価値が高く、「若いだけで」可愛がってもらえるところがあります。しかし、30代は「スキル」や「オプション」も見られるようになってきます。恋愛や婚活に限らず、新卒のうちは仕事も甘く育ててもらえることはあっても、30代以降ともなればそうではないはず。大人としての振る舞いや考え方、将来設計能力など、30代は20代よりも厳しく見られると思っていいはずです。

 20代のうちにモテた人ほど、20代の成功体験を元に、今まで通りの方法で婚活もトライできると思っている人がいます。しかし、何事もTPO、自分の年齢や相手に応じたメリットの見せ方をしていく必要があります。

 同じスキルを持つ20代と30代なら、20代が優遇されることも多いでしょう。そういうこともあるということは頭に入っていないと、「年相応でない」というレッテルを貼られてしまうということもあるのです。

男性に求められる30代相応の女子って?

30代女子は男性と対等であることを求められる(写真:iStock)
30代女子は男性と対等であることを求められる (写真:iStock)

 30代らしく、年相応にといいつつ、ではどんな30代が男性から求められるのでしょう。30代未婚で、同年代の女子と付き合っている男性に意見を聞いてみました。

「30代の女性なら、自分と同じステージ感にいてほしいなと思います。しっかり働いていて、自立していること。20代の女子のような、聞き分けのないわがままを言わない人がいいかな」(35歳・IT関係)

「日々一緒にいれる人として、向上心が強い人がいいです。トピックが陳腐すぎないことや、日常をより良くする努力を続けられる人がいいですね。金銭感覚がしっかりしていることや、生活水準が低すぎないことも大事です。自分が支えるというより、支え合っていけるのが、同世代の女性とお付き合いするメリットだと思っています」(36歳・起業家)

 やはり、男性から求められる30代女性のスキルは「自立」や「向上心」など。男性に養ってもらう感覚の女性より、一緒に支え合っていける能力の高い女性が男性から求められます。

 結婚において、「養ってもらえる」というのは一つのメリットだったかもしれませんが、永久就職が破綻した現代社会、男性も不安なのです。その不安を一緒に支えていける女性が、30代になっても結婚していける女性なのだと思います。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


恋愛モチベが上がらない…オトナ女子の恋ゴコロの高め方とは
 恋愛や結婚をしたくないわけじゃないんだけど、そこに至るまでが面倒くさい。恋活サービスもやり取りするのが億劫。気軽に遊ん...
若林杏樹 2021-01-27 06:00 ラブ
チャラい男と付き合うとどうなる? 特徴やあるあるを紹介!
 あなたの周りに、チャラい男はいますか? 一般的に「チャラい男」とは、女慣れしていて遊んでいそうな人のことを言います。も...
恋バナ調査隊 2021-01-27 06:00 ラブ
婚活アプリとお見合いパーティーを並行して痛感したこと
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2021-01-26 06:00 ラブ
大好きだったのに…彼氏に幻滅する6つの瞬間&対処方法
理想の相手と交際できたからといって、すべてが思い通りにいくとは限りません。時には、思いもよらない一面を見て幻滅してしまい...
恋バナ調査隊 2021-01-26 06:00 ラブ
ケンカの絶えない夫婦になる恐れも…「距離感」の相性とは
 人間関係を築く上でとても重要になってくる「距離感」。ここの価値観が合わないと、なかなか苦労することになります。距離感の...
七味さや 2021-01-25 06:00 ラブ
恋愛関係なのに即レスしないのはなぜ?男女の違いを徹底検証
 大好きな彼とやっと両思いになれた時、つい嬉しくて「いつも彼とつながっていたい」と、LINEをたくさん送ってしまうのが女...
恋バナ調査隊 2021-01-25 06:00 ラブ
彼は寂しくないの? 会えない時の不安を解消する5つの方法
「会えない時間が愛を育てる」なんて、恋愛の常套句がありますね。そうはわかっていても、実際彼に会えない時、不安な気持ちに苛...
孔井嘉乃 2021-01-24 06:00 ラブ
“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなた...
ミクニシオリ 2021-01-23 06:00 ラブ
天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカ...
恋バナ調査隊 2021-01-23 06:00 ラブ
本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-22 17:37 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ