20代とは優先順位が変化…男性に求められる30代女性の特徴は

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2019-12-23 15:04
投稿日:2019-11-29 06:00
 一般的に「早婚願望」がある女性は30歳までに結婚を考えます。とはいえ、最近はその時期が遅れがちなのも致し方ありません。大学留年や浪人、院卒などが理由で、社会人になるのが25歳前後になる人もいますし、貯金できるような仕事に就いていないことで結婚の時期が遅れる人もいるでしょう。
 婚活市場では第二軍となってしまう30代の中でも「結婚できる女性」と「できない女性」がいるとするならば、その違いは何なのでしょうか。

「ぶら下がりたい」が目に見えすぎるとダメ?

これでは相手も逃げていく(イラスト:ミクニシオリ)
これでは相手も逃げていく (イラスト:ミクニシオリ)

 女性が結婚を考える時、少なからず男性の経済力が理由になってくることもあるでしょう。しかし、その“下心”があけすけな女性は、婚活男性から敬遠されます。

 今や共働きが当たり前になりつつある社会の中で、男性もメリットを考えて結婚を選択します。“働きたくない”という意思を明確に持ってしまう女性は、男性からも良く思われません。一般的に30代にもなれば、女性でも自立した経済力がある程度求められるでしょう。

 家事や子育てを考えると、仕事をやめたくなる気持ちは分かりますが……今は家事代行やベビーシッターのサービスも充実しています。専業主婦を許してくれる男性を探すよりは、上手く代行サービスなどを使いながら、家事に積極性を持ってくれる共働き男性を探す方が早いかも。

現実的な結婚像や相手への条件があるかどうか?

婚活迷路から抜け出すのは至難の業(写真:iStock)
婚活迷路から抜け出すのは至難の業 (写真:iStock)

 世の中で婚活をする人の中には、「なんとなく不安だから」という人も多いでしょう。しかし、婚活という泥沼はなんとなく、でクリアできるものではありません。

 なんとなくしたい程度だと、結婚後どうなっていたいとか、こんな人となら結婚生活が送れそうだという将来設計もピンと来ないでしょう。そういう人はキリがない婚活チャレンジの中で、妥協点が見つけられなくなります。

 もう少し稼いでいれば、もう少し若ければ……理想的な出会いを果たすことができる人もいるかもしれませんが、なんとなくしか理想のない人は、何が自分にとって理想的かもよく分かりませんから、もっといい人がいるかも、とずっと思ってしまうのです。

 ずっと婚活してしまう人は、そういった結婚像や相手の理想像が全く分析できていない人も多いです。

自分の値踏みを間違えてしまっている人

年齢と共に“スキル”や“オプション”をつけないと…(写真:iStock)
年齢と共に“スキル”や“オプション”をつけないと… (写真:iStock)

 逆に、婚活市場における自分の価値や地位を信じて疑わない人も、結果的に結婚から縁遠くなっているかもしれません。20代と30代ではメリットとして男性に提示できることが異なってきます。これをいつまでも20代の感覚で行ってしまう人は、市場価値の思い違いが生まれがちになります。

 20代のうちは、婚活市場でも存在としての価値が高く、「若いだけで」可愛がってもらえるところがあります。しかし、30代は「スキル」や「オプション」も見られるようになってきます。恋愛や婚活に限らず、新卒のうちは仕事も甘く育ててもらえることはあっても、30代以降ともなればそうではないはず。大人としての振る舞いや考え方、将来設計能力など、30代は20代よりも厳しく見られると思っていいはずです。

 20代のうちにモテた人ほど、20代の成功体験を元に、今まで通りの方法で婚活もトライできると思っている人がいます。しかし、何事もTPO、自分の年齢や相手に応じたメリットの見せ方をしていく必要があります。

 同じスキルを持つ20代と30代なら、20代が優遇されることも多いでしょう。そういうこともあるということは頭に入っていないと、「年相応でない」というレッテルを貼られてしまうということもあるのです。

男性に求められる30代相応の女子って?

30代女子は男性と対等であることを求められる(写真:iStock)
30代女子は男性と対等であることを求められる (写真:iStock)

 30代らしく、年相応にといいつつ、ではどんな30代が男性から求められるのでしょう。30代未婚で、同年代の女子と付き合っている男性に意見を聞いてみました。

「30代の女性なら、自分と同じステージ感にいてほしいなと思います。しっかり働いていて、自立していること。20代の女子のような、聞き分けのないわがままを言わない人がいいかな」(35歳・IT関係)

「日々一緒にいれる人として、向上心が強い人がいいです。トピックが陳腐すぎないことや、日常をより良くする努力を続けられる人がいいですね。金銭感覚がしっかりしていることや、生活水準が低すぎないことも大事です。自分が支えるというより、支え合っていけるのが、同世代の女性とお付き合いするメリットだと思っています」(36歳・起業家)

 やはり、男性から求められる30代女性のスキルは「自立」や「向上心」など。男性に養ってもらう感覚の女性より、一緒に支え合っていける能力の高い女性が男性から求められます。

 結婚において、「養ってもらえる」というのは一つのメリットだったかもしれませんが、永久就職が破綻した現代社会、男性も不安なのです。その不安を一緒に支えていける女性が、30代になっても結婚していける女性なのだと思います。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の相談室に来られる方の3大テーマは、「浮気された」「離婚を考えている」「彼...
山崎世美子 2020-01-25 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁には、夫に容赦なくダメ出しをするタイプも少なくありません。  魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とす...
並木まき 2020-01-25 06:00 ラブ
FILM
 世界情勢がきな臭くなってきた感じがいたしますが、身近な世界における不毛な戦いの一つが、男女の「おごりおごられ論争」。 ...
しめサバ子 2020-01-24 06:00 ラブ
FILM
 恋のライバルが出現した時、誰もが心穏やかではいられないはず。しかも相手が年下の女性だった場合、勝てる気がしないと感じる...
内藤みか 2020-01-24 08:38 ラブ
FILM
 なぜ男性は、彼女と毎日LINEするのを嫌がるのでしょう。LINEの頻度の認識の違いで、大きなケンカになってしまうカップ...
ミクニシオリ 2020-01-23 16:31 ラブ
FILM
「恋愛と仕事の両立ができない……」、そんな悩みを抱えていませんか?中には、「仕事ができなくなるから恋愛しない!」というキ...
孔井嘉乃 2020-01-25 07:57 ラブ
FILM
 ドM男性なんて本当にいるの?と思われがちですが、実はたくさんいます!でも、相手がSかMかなんて、一目見ただけで見抜くこ...
リタ・トーコ 2020-01-22 06:00 ラブ
FILM
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-21 06:00 ラブ
FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ