ミスターコンを応援したい! より楽しむための4つのポイント

内藤みか 作家
更新日:2019-12-02 06:24
投稿日:2019-12-02 06:00
 最近は「男子高生ミスターコン」や「ジュノンボーイコンテスト」など、ネット上での人気度がコンテスト結果を左右するイベントが増えています。デビュー前のイケメンをどんな風に応援するとより楽しめるかを考えてみました。

1. 自分のアカウント名とアイコンを統一する

イケメンコンテストをより楽しむ方法(写真:iStock)
イケメンコンテストをより楽しむ方法 (写真:iStock)

 いまやミスターコンは複数のSNS運営が当たり前。TwitterとInstagramはもちろんのこと、近頃はShowroom、LINELIVEなどのライブ配信での成果を競うコンテストも少なくありません。いちばん課金されたイケメンが優勝または最終審査に進めるとされているミスターコンまであり、もはやイケメン度を競うよりは、インフルエンサー度を競うものになりつつある感じすら受けます。

 そんなSNS多用時代のイケメンコンテストでは、応援する側もそれぞれのSNSのアカウントを作って追いかける必要があります。その時に、ユーザー名とアイコンは統一することをおすすめします。どのSNSでも常に同じハート柄の「ハート」さんがコメントしてくれたら、イケメンに認知されやすいし「いつもありがとう」とまで言ってもらえるかもしれません。

 それなのにInstagramでは「ハート」さんだけどTwitterでは「スペード」さんだったら彼から別人だと思われてしまいかねないので、もったいないのです。ぜひどのSNSでも名前とアイコンを統一しておきましょう。彼が識別しやすいちょっと派手めのアイコンにするのもおすすめです。

2. 会える系イベントはぜひ参加を

2ショット写真のチャンスも(写真:iStock)
2ショット写真のチャンスも (写真:iStock)

 こうしたミスターコンでは、直接彼らの姿を目にすることができるイベントが行われることもあります。もしすごく応援しているイケメンがいるのなら、その人がイベントに出る時にはできるかぎり参加することをおすすめします。理由はふたつあります。ひとつめは、彼らは芸能人ではないのでイベントが終わったら一般人に戻ることがあり、そうすると会うこともかなわなくなるからです。

 もうひとつの理由は、彼らはイケメンタレントと違ってファンの数もまだ少ないので、直接お話しするチャンスが結構あるということ。イベントの前後に会場周辺をふらふらしていることもあるかもしれないのです。そんなときにすかさず声をかけて、お話ししたり一緒に写真を撮っていただけるチャンスもあり、イベント参加はかなりおいしいのです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-21 06:00 ラブ
FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ
FILM
「イイナと思った男性が既婚だった……」というのはよくある話。  結婚の実績があるだけあって魅力的だったり、独身男性には...
田中絵音 2020-01-14 06:24 ラブ
FILM
 買い物に行こうとした時、年下の男性に「一緒に行っていいですか」と言われたことがある年上女性は少なくないと思います。年上...
内藤みか 2020-01-13 06:00 ラブ
FILM
 彼氏が風邪を引いてしまったら、心配になってしまいますよね。特に一人暮らしの彼氏の場合、病状はどうなのか、お見舞いに行く...
孔井嘉乃 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼氏がいます。出会いはマッチングアプリで、初対面から好印象。デート中に次のデートが決まるなどトントン...
神崎メリ 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 お正月休みには家族の絆を深める人も多いなか、鬼嫁のせいで、面白くもおかしくもない年末年始休暇を過ごした夫もいるようです...
並木まき 2020-01-11 08:18 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。大人になると、相手に嫌なことがあっても波風立てずにフェードアウトして2人の関...
山崎世美子 2020-01-11 06:00 ラブ
FILM
 なぜ「他人のもの」はかくも魅力的に見えるものなのでしょう。友人の旦那様、職場の既婚男性……。他人のものだとわかった途端...
ミクニシオリ 2020-01-10 06:00 ラブ