拡大するミスターコン 出場を目指すイケメンたちの目的は?

内藤みか 作家
更新日:2019-08-12 06:00
投稿日:2019-08-12 06:00
 大学のミスターコンがどんどん拡大しています。大学のミスコンというのは1970年代から開催されているのに対し、ミスターコンが始まったのは2000年代に入ってからとまだ歴史が浅く、最初の頃は慶應や東大などの有名大のみで行われていました。
 しかし、ここ2〜3年で一挙に拡大し、ポータルサイトに登録されているだけで27のミスターコンが。出場する彼らの目的を探ってみました。

こんなにいる大学のミス&ミスターコン出身有名人

ミスターコン出場から俳優になった人も(写真:iStock)
ミスターコン出場から俳優になった人も (写真:iStock)

 大学のミスコン出身の女子アナは数多くいます。有名なところでは、河野景子さん(1984ミス上智)中野美奈子さん(1999ミス慶應)、田中みな実さん(2007準ミス青山学院)などがいます。先日結婚を発表した滝川クリステルさんも1996年の準ミス青山学院なのです。大学のミスコンは女子アナの登竜門とも言えるかもしれません。

 ミスターコンからも榎並大二郎さん(2006準ミスター慶應)ら、男子アナを生んでいますが、実はアナよりも俳優になるケースのほうが多いのです。

 三代目 J SOUL BROTHERSの岩田剛典さん(2009ミスター慶應ファイナリスト)、大野拓朗さん(2009ミスター立教)と、今をときめくトップランクイケメンの名前が並びます。先日結婚を発表した古川雄輝さんも、2009年のミスター慶應なのです。

芸能活動への足がかり

普通の大学生ができない経験を積めるのも魅力(写真:iStock)
普通の大学生ができない経験を積めるのも魅力 (写真:iStock)

 ミスターコン出場を夢見ているイケメン大学生何人かに話を聞いてみたのですが「男子アナになりたい」「芸能活動をしたい」という夢がある人が多いようです。

 ミスターコンに出場すると顔や名前を大勢の人に知ってもらえる機会になるし、ファンが増えるかもしれません。それに、もしかしたら芸能事務所からスカウトされるかもしれないし、男子アナとしての就活でも目立ちそうです。

いろんな経験をしたい

 さらに彼らが口にするのは「いろんな経験をしたい」ということ。確かにミスターコンテストのファイナリスト(1大学ごとにだいたい5人)になると、様々な広報活動を行うことになります。インスタグラムを用いたSNS運用も、それぞれにフォロワー数が可視化できるだけに、あれこれ知恵を絞るでしょう。

 さらにプロカメラマンの撮影やイベントへの登壇、各媒体からの取材や企業とのコラボなど、普通の学生生活では味わえない思い出がたくさんできることでしょう。

他大学の人と知り合いたい

 最近はミスターコンファイナリスト同士で集まる機会も多いようです。今までの交友関係が一挙に広がると、今後の就活での情報交換などでも便利でしょう。また、他大学のミスコンのファイナリストたちとも知り合えるのも、青春の美しい一コマになりそうです。

ミスターコンの楽しみ方は?

SNSでイケメンウォッチも♪(写真:iStock)
SNSでイケメンウォッチも♪ (写真:iStock)

 では、女性の側から見たミスターコンの楽しみとはどんなものでしょうか。それは、まずはイケメンウォッチですよね! 面白いことに大学ごとにイケメンのムードが違うので、その大学がどんな感じなのかも透けて見えるような気がするのが、ミスターコンの面白いところ。

 彼らの多くはインスタグラムのアカウントを持っているので、フォローしておくとかっこいい画像が流れてくるので「いいね」するだけでも心が躍るし、この時期だと若々しい水着姿も拝めて眼福ですよ!

グランプリ予想も楽しい♪

お気に入りイケメンを見つけてみて!(写真:iStock)
お気に入りイケメンを見つけてみて! (写真:iStock)

 さらにディープに楽しみたいのなら、誰がグランプリを獲るのかを予想するのもいいでしょう。また、毎年、ミスターオブミスターといって全大学のミスターの頂点に立つ男性も選ばれています。なぜかそれを見ると桜美林大学率がとても高いんですよね。桜美林はひょっとしたらイケメンの宝庫なのかもしれませんね!? あと日大理工学部も髪を染めたイケメンが多くて、ときめきましたよ!

 ちなみに私は今年のミスター東大ファイナリストがみんなかっこよくて、ひたすら「いいね」を連打しています。最推しは山口航大さん! 速水もこみちさんとNEWSの小山慶一郎さんを合わせたような色気がたまらないんです! 皆さんも“推しイケメン”だけじゃなく、“推し大学”も見つけて楽しんでみてくださいね♪

関連キーワード

ラブ 新着一覧


共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-20 06:00 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ
不倫がバレて“二度としない男”と“また繰り返す男”の違いとは
 近ごろ、芸能ニュースで「4年ぶり2度目の不倫」などとスクープされているのは記憶に新しいかと思いますが、これは芸能人に限...
田中絵音 2021-01-19 06:00 ラブ
もっと私に興味を持って!パートナーへの関心がなくなるナゼ
 私のパートナー、自分に関心を持ってくれていないかも……そう感じた経験はありますか? 離婚の原因は元パートナーの無関心が...
七味さや 2021-01-18 06:00 ラブ
彼氏に仕返ししたい! 効果的な方法6選&確認するべき気持ち
 好きな人と付き合いはじめたばかりの頃には、何をしていても楽しく、幸せに感じるもの。しかし、交際期間が長くなると構っても...
恋バナ調査隊 2021-01-18 06:00 ラブ
男性とLINEの会話が続かない…原因&会話を広げるコツ♡
 気になる男性とせっかくLINEを交換したのに、全然会話が続かなくて困っていませんか? 何回送ってもそっけない返事や同じ...
恋バナ調査隊 2021-01-17 06:00 ラブ
尽くし上手!九州出身女性の特徴&恋愛観や好みの男性タイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の女性についてリサーチしました。九州は、...
人生最悪の運気かも…そんな時に出会う人には注意すべき理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。身も心もボロボロの時に何かのキッカケで知りあった相手。その出会いで一時的に元...
山崎世美子 2021-01-16 06:00 ラブ
彼氏といちゃいちゃする6つの方法!サインを見逃さないで♡
恋人といちゃいちゃする時間は、とても幸せな時間です。どんなに付き合いが長くなっても、日々のいちゃいちゃタイムがあれば、マ...
恋バナ調査隊 2021-01-16 06:00 ラブ
いまだに関白宣言?九州出身男性の特徴&好きな女性のタイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の男性についてご紹介します。九州は、福岡...
彼氏が「キスしたい」と思うのはいつ? 6つの瞬間&サイン
 女性にとって、彼氏からの不意打ちのキスは驚きながらも嬉しいものです。しかし、時には「なぜこのタイミングで?」なんて思う...
恋バナ調査隊 2021-01-15 06:00 ラブ
緊急事態宣言中なのに?マッチングアプリの男性に聞いてみた
 首都圏は再び緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出の自粛が呼びかけられています。そんななかでも、マッチングアプリで知り...
内藤みか 2021-01-14 06:00 ラブ
彼氏の親に結婚の挨拶!女性の印象が決まる9つのポイント♪
 結婚の挨拶は、人生の中でも特に緊張するイベントですよね。どんな服装をしたらいいの? 会話は? 手土産は? と、疑問と不...
恋バナ調査隊 2021-01-14 06:00 ラブ
気を抜いたら…男性がドン引きするデート中の女性の行動とは
 待ちに待ったデート! 当日はお洒落して1%でも可愛い要素をプラスしてカレに会いたいですよね? 私は会う前、ついつい鏡を...
若林杏樹 2021-01-13 06:26 ラブ
恋の始まり!? 女性が思わず“胸キュン”する男性の行動9選
 恋愛対象として意識したことがなかった男性でも、ふとした行動や言葉で、思わず新鮮さを感じて「胸キュン」してしまうことって...
恋バナ調査隊 2021-01-13 06:29 ラブ