彼氏が風邪を引いた時にしてあげたいベスト対応は?注意点も

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2020-01-12 06:00
投稿日:2020-01-12 06:00
 彼氏が風邪を引いてしまったら、心配になってしまいますよね。特に一人暮らしの彼氏の場合、病状はどうなのか、お見舞いに行くべきなのかと悩んでしまう方は多いでしょう。そこで、彼氏にしてあげたいベスト対応&気をつけることについてお伝えしていきます。

彼氏が風邪を引いた時にしてあげたいベスト対応

大丈夫?(写真:iStock)
大丈夫? (写真:iStock)

 彼氏が風邪を引いた時、彼女だからこそしてあげられることがあります。弱った彼氏が喜んでくれる対応とは、どんなことでしょうか?

お見舞いに来て欲しいのか、そうでないのかは事前に確認をする

 彼氏が風邪を引いてしまったと聞くと、すぐに飛んでいって看病したくなる世話好きな女性は多いはず。でも、無理に行こうとしないのも大切なポイントでしょう。

 風邪の時には入浴を控える人も多いため、不衛生なところを見られたくないと思う男性は多いですし、気を遣わずに一人でゆっくり過ごしたいと思う男性もいます。まずは、お見舞いに来て欲しいのか、彼氏に確認してから対応を考えましょう。

差し入れは多めに用意する

 彼氏の家にお見舞いに行く時に、差し入れを持っていく女性は多いでしょう。必須なのは、以下の3つ。

・水分(水やスポーツ飲料)
・栄養のつくもの(栄養ドリンクorゼリー)
・熱があっても食べやすいもの(ゼリーやレトルトスープなど)

 この時のポイントとしては、2〜3日外出しなくても良いくらいに多めに買って行くこと!風邪を引いている時に、外に買い物に出かけるのはかなりきついです。すぐに治ったとしても上記の3つは“あっても困らないもの”ですから、きっと喜んでもらえるでしょう。

ご飯を作る

 ありがちですが、風邪を引いた彼氏にご飯を作るのも良いですね。どんなに簡単な料理でも、やっぱり彼女の手料理は嬉しいと思ってくれるはずです。

 うどんやおかゆなど、さっと作れて消化に良いものがおすすめ。もしも、料理に自信がないのであれば、レトルト食材を活用するのも良いかもしれません。

必要最低限の家事を手伝う

 風邪を引いた時に部屋が散らかったり、家事が溜まってしまう男性は多いため、看病しがてら最低限の家事を済ませてあげるのも◎。

 ただし、彼氏の部屋はプライベートな空間であることは忘れずに。触られたくないところもあるでしょうから、片付けなどはほどほどにしましょう。溜まった洗い物などをさっと済ませたり、ゴミをまとめてあげたりなど、最低限のお手伝いだけで十分だと思います。

 また、着替えやタオルなどを枕元に用意してあげるなど、自分が帰った後に役立つことをしてあげられるのも良いですね。

足りないものを買い足しに行く

 差し入れについて上記でお伝えしましたが、あえて3つにしたのは、足りないものを買い足しに行くことをおすすめしたいからです。

 風邪で弱った彼氏が、「現在欲しいもの」というのは、想像だけでは分からないもの。たとえば、看病する側としては「消化に良い料理を食べさせなきゃ!」と思うかもしれませんが、彼氏は「おかゆが続いたから、スタミナがあるお肉料理が食べたい」と考えているかもしれません。それに、風邪薬や冷却シートを補充した方が良い場合もありますよね。

 看病がひと段落したら足りないものを聞き、一旦外出して買い出しをしてあげましょう。自分が帰った後、簡単に食べられるレトルトや冷凍食品などを用意しておくのもおすすめです。

 また、それに加えて、彼氏が読んでいる漫画の新刊であったり、蒸気が出るアイマスクのような癒しグッズを忍ばせておくと、あなたが帰った後にほっこりしてもらえるかもしれません。

静かに寝かせてあげる

 早く治ってもらうためには、とにかく睡眠を取らせてあげることが大切です。看病をしてあげたいという気持ちは分かりますが、あれこれやりすぎてしまうと風邪を引いている本人が気疲れしてしまいます。

 看病を終えたら長居をせずに帰ったり、もしもそばにいて欲しそうだと感じるのであれば、少し離れて静かに本を読んで起きるのを待つなど、邪魔をしないで静かに寝かせてあげることを意識しましょう。

彼氏が風邪を引いた時に気をつけるべき注意点

2人してダウン…なんてことにならないように (写真:iStock)
2人してダウン…なんてことにならないように  (写真:iStock)

 彼氏の風邪を看病する時、気をつけるべき注意点についても見ていきましょう。

自分に風邪がうつらない工夫も大切

 彼氏の看病をしに行く時、つい見落としがちなのが自分の風邪予防です。せっかく来てもらったのに自分のせいで彼女が風邪を引いてしまったら、彼氏は罪悪感でいっぱいになってしまうでしょう。

 マスクはもちろん、栄養ドリンクを飲むなどして、万全の状態で看病をしてあげること。元気に看病してくれる彼女の様子を見て、きっと彼氏は心強く思ってくれますよ。

押し付けがましくならないようにする

 風邪による体調不良のせいもあり、「あれをやって」「これをやって」と、多少ワガママになってしまう男性は多いと思います。そんな時こそ、菩薩のような心を持って(笑)甘やかしてあげましょう。

「早く治って欲しい」という気持ちで看病にきたのですから、決して「これだけやってあげてるのに」なんて、押し付けがましくならないようにすることも大事です。

「自分がされたいこと=彼氏がされたいこと」とは限らない!

風邪といえば桃の缶詰めだけど(写真:iStock)
風邪といえば桃の缶詰めだけど (写真:iStock)

 彼氏が風邪を引いた時、あなたはどう対応していますか?「うつりたくないから治るのを待つ」という方もいますし、「今すぐ看病をしに行きたい!」と考える方もいるでしょう。

 でも、実はこれは「自分が風邪の時にされたいこと」であったり、「子どもの頃に家族にされて嬉しかったこと」だと思うんです。

 でも、大切なのは「自分がされたいこと=彼氏がされたいこと」とは限らないということ。そばにいて甲斐甲斐しく看病をすることだけが、彼氏に寄り添う方法ではありません。

 風邪で弱っている彼氏が今、何をして欲しいのかをよく見極めて、彼女としてできることを精一杯してあげられると良いですね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


ケンカの絶えない夫婦になる恐れも…「距離感」の相性とは
 人間関係を築く上でとても重要になってくる「距離感」。ここの価値観が合わないと、なかなか苦労することになります。距離感の...
七味さや 2021-01-25 06:00 ラブ
恋愛関係なのに即レスしないのはなぜ?男女の違いを徹底検証
 大好きな彼とやっと両思いになれた時、つい嬉しくて「いつも彼とつながっていたい」と、LINEをたくさん送ってしまうのが女...
恋バナ調査隊 2021-01-25 06:00 ラブ
彼は寂しくないの? 会えない時の不安を解消する5つの方法
「会えない時間が愛を育てる」なんて、恋愛の常套句がありますね。そうはわかっていても、実際彼に会えない時、不安な気持ちに苛...
孔井嘉乃 2021-01-24 06:00 ラブ
“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなた...
ミクニシオリ 2021-01-23 06:00 ラブ
天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカ...
恋バナ調査隊 2021-01-23 06:00 ラブ
本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-22 17:37 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ
不倫がバレて“二度としない男”と“また繰り返す男”の違いとは
 近ごろ、芸能ニュースで「4年ぶり2度目の不倫」などとスクープされているのは記憶に新しいかと思いますが、これは芸能人に限...
田中絵音 2021-01-19 06:00 ラブ
もっと私に興味を持って!パートナーへの関心がなくなるナゼ
 私のパートナー、自分に関心を持ってくれていないかも……そう感じた経験はありますか? 離婚の原因は元パートナーの無関心が...
七味さや 2021-01-18 06:00 ラブ
彼氏に仕返ししたい! 効果的な方法6選&確認するべき気持ち
 好きな人と付き合いはじめたばかりの頃には、何をしていても楽しく、幸せに感じるもの。しかし、交際期間が長くなると構っても...
恋バナ調査隊 2021-01-18 06:00 ラブ
男性とLINEの会話が続かない…原因&会話を広げるコツ♡
 気になる男性とせっかくLINEを交換したのに、全然会話が続かなくて困っていませんか? 何回送ってもそっけない返事や同じ...
恋バナ調査隊 2021-01-17 06:00 ラブ