彼氏が風邪を引いた時にしてあげたいベスト対応は?注意点も

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2020-01-12 06:00
投稿日:2020-01-12 06:00
 彼氏が風邪を引いてしまったら、心配になってしまいますよね。特に一人暮らしの彼氏の場合、病状はどうなのか、お見舞いに行くべきなのかと悩んでしまう方は多いでしょう。そこで、彼氏にしてあげたいベスト対応&気をつけることについてお伝えしていきます。

彼氏が風邪を引いた時にしてあげたいベスト対応

大丈夫?(写真:iStock)
大丈夫? (写真:iStock)

 彼氏が風邪を引いた時、彼女だからこそしてあげられることがあります。弱った彼氏が喜んでくれる対応とは、どんなことでしょうか?

お見舞いに来て欲しいのか、そうでないのかは事前に確認をする

 彼氏が風邪を引いてしまったと聞くと、すぐに飛んでいって看病したくなる世話好きな女性は多いはず。でも、無理に行こうとしないのも大切なポイントでしょう。

 風邪の時には入浴を控える人も多いため、不衛生なところを見られたくないと思う男性は多いですし、気を遣わずに一人でゆっくり過ごしたいと思う男性もいます。まずは、お見舞いに来て欲しいのか、彼氏に確認してから対応を考えましょう。

差し入れは多めに用意する

 彼氏の家にお見舞いに行く時に、差し入れを持っていく女性は多いでしょう。必須なのは、以下の3つ。

・水分(水やスポーツ飲料)
・栄養のつくもの(栄養ドリンクorゼリー)
・熱があっても食べやすいもの(ゼリーやレトルトスープなど)

 この時のポイントとしては、2〜3日外出しなくても良いくらいに多めに買って行くこと!風邪を引いている時に、外に買い物に出かけるのはかなりきついです。すぐに治ったとしても上記の3つは“あっても困らないもの”ですから、きっと喜んでもらえるでしょう。

ご飯を作る

 ありがちですが、風邪を引いた彼氏にご飯を作るのも良いですね。どんなに簡単な料理でも、やっぱり彼女の手料理は嬉しいと思ってくれるはずです。

 うどんやおかゆなど、さっと作れて消化に良いものがおすすめ。もしも、料理に自信がないのであれば、レトルト食材を活用するのも良いかもしれません。

必要最低限の家事を手伝う

 風邪を引いた時に部屋が散らかったり、家事が溜まってしまう男性は多いため、看病しがてら最低限の家事を済ませてあげるのも◎。

 ただし、彼氏の部屋はプライベートな空間であることは忘れずに。触られたくないところもあるでしょうから、片付けなどはほどほどにしましょう。溜まった洗い物などをさっと済ませたり、ゴミをまとめてあげたりなど、最低限のお手伝いだけで十分だと思います。

 また、着替えやタオルなどを枕元に用意してあげるなど、自分が帰った後に役立つことをしてあげられるのも良いですね。

足りないものを買い足しに行く

 差し入れについて上記でお伝えしましたが、あえて3つにしたのは、足りないものを買い足しに行くことをおすすめしたいからです。

 風邪で弱った彼氏が、「現在欲しいもの」というのは、想像だけでは分からないもの。たとえば、看病する側としては「消化に良い料理を食べさせなきゃ!」と思うかもしれませんが、彼氏は「おかゆが続いたから、スタミナがあるお肉料理が食べたい」と考えているかもしれません。それに、風邪薬や冷却シートを補充した方が良い場合もありますよね。

 看病がひと段落したら足りないものを聞き、一旦外出して買い出しをしてあげましょう。自分が帰った後、簡単に食べられるレトルトや冷凍食品などを用意しておくのもおすすめです。

 また、それに加えて、彼氏が読んでいる漫画の新刊であったり、蒸気が出るアイマスクのような癒しグッズを忍ばせておくと、あなたが帰った後にほっこりしてもらえるかもしれません。

静かに寝かせてあげる

 早く治ってもらうためには、とにかく睡眠を取らせてあげることが大切です。看病をしてあげたいという気持ちは分かりますが、あれこれやりすぎてしまうと風邪を引いている本人が気疲れしてしまいます。

 看病を終えたら長居をせずに帰ったり、もしもそばにいて欲しそうだと感じるのであれば、少し離れて静かに本を読んで起きるのを待つなど、邪魔をしないで静かに寝かせてあげることを意識しましょう。

彼氏が風邪を引いた時に気をつけるべき注意点

2人してダウン…なんてことにならないように (写真:iStock)
2人してダウン…なんてことにならないように  (写真:iStock)

 彼氏の風邪を看病する時、気をつけるべき注意点についても見ていきましょう。

自分に風邪がうつらない工夫も大切

 彼氏の看病をしに行く時、つい見落としがちなのが自分の風邪予防です。せっかく来てもらったのに自分のせいで彼女が風邪を引いてしまったら、彼氏は罪悪感でいっぱいになってしまうでしょう。

 マスクはもちろん、栄養ドリンクを飲むなどして、万全の状態で看病をしてあげること。元気に看病してくれる彼女の様子を見て、きっと彼氏は心強く思ってくれますよ。

押し付けがましくならないようにする

 風邪による体調不良のせいもあり、「あれをやって」「これをやって」と、多少ワガママになってしまう男性は多いと思います。そんな時こそ、菩薩のような心を持って(笑)甘やかしてあげましょう。

「早く治って欲しい」という気持ちで看病にきたのですから、決して「これだけやってあげてるのに」なんて、押し付けがましくならないようにすることも大事です。

「自分がされたいこと=彼氏がされたいこと」とは限らない!

風邪といえば桃の缶詰めだけど(写真:iStock)
風邪といえば桃の缶詰めだけど (写真:iStock)

 彼氏が風邪を引いた時、あなたはどう対応していますか?「うつりたくないから治るのを待つ」という方もいますし、「今すぐ看病をしに行きたい!」と考える方もいるでしょう。

 でも、実はこれは「自分が風邪の時にされたいこと」であったり、「子どもの頃に家族にされて嬉しかったこと」だと思うんです。

 でも、大切なのは「自分がされたいこと=彼氏がされたいこと」とは限らないということ。そばにいて甲斐甲斐しく看病をすることだけが、彼氏に寄り添う方法ではありません。

 風邪で弱っている彼氏が今、何をして欲しいのかをよく見極めて、彼女としてできることを精一杯してあげられると良いですね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「大人の恋愛」というと、映画や小説に出てくるような甘美な世界を想像する方もいるでしょう。でも、そんな大人の恋愛は、心がけ...
リタ・トーコ 2020-01-28 06:00 ラブ
FILM
「20代の合コン離れ」がまことしやかに囁かれている昨今。日本合コン協会会長の私としては、もっと盛んに合コンをしてほしいと...
田中絵音 2020-01-28 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁がつくる家庭ルールの中には、思わず夫に同情したくなるほど過酷なものも少なくありません。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-27 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼がいます。付き合う前や付き合い始めの頃はLINEを頻繁にしていました。必ずどちらかから〈おはよう〉...
神崎メリ 2020-01-26 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の相談室に来られる方の3大テーマは、「浮気された」「離婚を考えている」「彼...
山崎世美子 2020-01-25 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁には、夫に容赦なくダメ出しをするタイプも少なくありません。  魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とす...
並木まき 2020-01-25 06:00 ラブ
FILM
 世界情勢がきな臭くなってきた感じがいたしますが、身近な世界における不毛な戦いの一つが、男女の「おごりおごられ論争」。 ...
しめサバ子 2020-01-24 06:00 ラブ
FILM
 恋のライバルが出現した時、誰もが心穏やかではいられないはず。しかも相手が年下の女性だった場合、勝てる気がしないと感じる...
内藤みか 2020-01-24 08:38 ラブ
FILM
 なぜ男性は、彼女と毎日LINEするのを嫌がるのでしょう。LINEの頻度の認識の違いで、大きなケンカになってしまうカップ...
ミクニシオリ 2020-01-23 16:31 ラブ
FILM
「恋愛と仕事の両立ができない……」、そんな悩みを抱えていませんか?中には、「仕事ができなくなるから恋愛しない!」というキ...
孔井嘉乃 2020-01-25 07:57 ラブ
FILM
 ドM男性なんて本当にいるの?と思われがちですが、実はたくさんいます!でも、相手がSかMかなんて、一目見ただけで見抜くこ...
リタ・トーコ 2020-01-22 06:00 ラブ
FILM
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-21 06:00 ラブ
FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ