料理が苦手でも大丈夫! 彼氏のママを超える料理のポイント

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-04-20 06:00
投稿日:2019-04-20 06:00
 付き合い始めてからいずれ訪れる、「彼氏に料理を振る舞う」というミッション。普段、自炊をしているならまだしも、料理が苦手な方は焦ってしまいますよね。そこで、知っておくと役立つ「彼氏のママを超える料理のポイント」をお伝えします。

彼氏のママを超えるには?料理の3つのポイント

料理と片付けを同時に(写真:iStock)
料理と片付けを同時に (写真:iStock)

 昔、そうめんさえ満足に茹でられず、男友達に笑われたことがある筆者ですが、そんな料理下手でも数年続ければ、なんとなくサマになってくるものです。料理は数さえこなせば誰でもできるようになるため、今できないからといって焦らなくてOK!

 大切なのは、今すぐに料理上手&家庭的に見えるかどうか。3つのポイントをチェックしていきましょう。

1. だしの素は使わない!このひと手間が大切

 彼氏のママが働く女性の場合、時短料理の一環として「だしの素」や「めんつゆ」を利用していることが多いよう。

 調味料を使うと、ある程度の味にはなります。でも、やはり本物の「だし」には敵いません!だからこそ、あえて「だし名人」になりましょう。美味しいのはもちろんのこと、「だしの香り=母の香り」と美化している男性も多いですから、良いアピールができるはず。

 時間を置くのが面倒であれば、かつお節が断然おすすめです。昆布やかつお、いりこ、など、料理によって使い分けられるようになると、なお良いと思います。

2. 初々しさは20代まで!こなれた感を出すための2つの下調べ

「頑張ったけど失敗しちゃった!」。この初々しさが通用するのは20代まで。30歳を過ぎたら、イタいだけ。こなれた感を出すためには以下2つに注目して、下調べをしてみてください。

手間がかかる&ボリューム満点の料理を十八番にする

 手間がかかる、そして、男性が好きなボリューム満点な料理は、押さえておくべきポイント!例えば、ハンバーグ、餃子、豚カツ、豚の角煮、ビーフシチュー、ポテトサラダなどでしょうか。

 料理をする男性は多いですが、こねたり、裏ごししたりと手間がかかるものは自分では作らない場合が多いため、「さすが女子!」と思う率高し!気に入ってもらえたら改良を重ねて、十八番にすると良いですよ。自信がないなら、事前練習をぜひ。

叩く、ちぎる、レンチンで完成!簡単料理も用意

 叩く、ちぎる、レンジでチン!など、一瞬でできる簡単料理って意外とあるんです。居酒屋のお通しに出てくる、叩きキュウリや塩昆布キャベツなどもそうですよね。

 安く手に入る簡単な材料で手軽に作れるようになると、「経済的で簡単なのに美味しい!」と、自分でも満足できるはず。

3. 料理をしながら洗い物を!シンクを綺麗に保つ

「料理は誰でもできる、片付けを同時にできるのが本当の料理上手」と言っていた、料理の達人だった我が祖母の言葉。大人になった今、これ、大事なことだなぁと思います。

 料理後に散乱した野菜のクズや調理器具、そこに食べ終わった後のお皿が加わるとただただ汚く、とにかく後片付けが面倒!細かい男性だと、こんなところもチェックしていたり。

 料理中には煮込む、解凍、お湯を沸かす間など、実はすき間時間が多いです。この間に、シンクを綺麗に片付けながら料理を同時進行しましょう。

 料理が完成する頃には使っている鍋やフライパンだけ、というのがベストですね。「洗い物は自分がやるよ」と、男性のお手伝いにも期待できるかもしれません。

温故知新!彼氏のママと競わず、新しい魅力を持ち札に!

愛情を込めれば、誰にも負けない料理が出来るはず(写真:iStock)
愛情を込めれば、誰にも負けない料理が出来るはず (写真:iStock)

 彼氏のママの味に勝とう!そんなことは思っても無駄です。男性は大抵マザコンですし、それに、思い出は美化されるものですから。幻の味を追いかけてしまうんですね。これは仕方ない。

 だからこそ、あなたの若くて新しい感性とセンスで作った料理を持ち札にしましょう。そこに愛情を込めれば、誰にも負けない料理が出来るはずですよ。少し努力も必要ですが、愛する男性のため、将来の自分のためにも、ぜひ実践してみてくださいね。

ラブ 新着一覧


“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなた...
ミクニシオリ 2021-01-23 06:00 ラブ
天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカ...
恋バナ調査隊 2021-01-23 06:00 ラブ
本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-22 17:37 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ
不倫がバレて“二度としない男”と“また繰り返す男”の違いとは
 近ごろ、芸能ニュースで「4年ぶり2度目の不倫」などとスクープされているのは記憶に新しいかと思いますが、これは芸能人に限...
田中絵音 2021-01-19 06:00 ラブ
もっと私に興味を持って!パートナーへの関心がなくなるナゼ
 私のパートナー、自分に関心を持ってくれていないかも……そう感じた経験はありますか? 離婚の原因は元パートナーの無関心が...
七味さや 2021-01-18 06:00 ラブ
彼氏に仕返ししたい! 効果的な方法6選&確認するべき気持ち
 好きな人と付き合いはじめたばかりの頃には、何をしていても楽しく、幸せに感じるもの。しかし、交際期間が長くなると構っても...
恋バナ調査隊 2021-01-18 06:00 ラブ
男性とLINEの会話が続かない…原因&会話を広げるコツ♡
 気になる男性とせっかくLINEを交換したのに、全然会話が続かなくて困っていませんか? 何回送ってもそっけない返事や同じ...
恋バナ調査隊 2021-01-17 06:00 ラブ
尽くし上手!九州出身女性の特徴&恋愛観や好みの男性タイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の女性についてリサーチしました。九州は、...
人生最悪の運気かも…そんな時に出会う人には注意すべき理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。身も心もボロボロの時に何かのキッカケで知りあった相手。その出会いで一時的に元...
山崎世美子 2021-01-16 06:00 ラブ
彼氏といちゃいちゃする6つの方法!サインを見逃さないで♡
恋人といちゃいちゃする時間は、とても幸せな時間です。どんなに付き合いが長くなっても、日々のいちゃいちゃタイムがあれば、マ...
恋バナ調査隊 2021-01-16 06:00 ラブ