彼女と結婚しよう…彼氏が決意するちょっと意外な4つの瞬間

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-10-24 20:44
投稿日:2019-06-29 06:00
 周囲の友人たちが結婚していったり、出産ラッシュを迎えると、なんとなく焦る人も多いですよね。それほど、結婚への憧れは強い思いですよね。幼少期に母親の隣で「こんなお母さんになりたいな」と思った人も多いのではないでしょうか。自分も当たり前のように結婚すると思っていたのに、付き合っている彼氏から一向にプロポーズをされないなんて盲点ですよね。今回は彼女と結婚を決意した男性の心理について、追究してみましょう。

彼女と結婚をしようと思った男性たちの理由

男性がプロポーズしたくなる女性って?(写真:iStock)
男性がプロポーズしたくなる女性って? (写真:iStock)

 男性が彼女と結婚しようと決意するときは、私たちの想像と、かけ離れていることがあります。まずは男性心理をきちんと理解して、プロポーズしてもらえるように仕向けましょう。

仕事が軌道に乗り始めたから

「彼女と結婚しようと思ったのは、仕事がうまくいき始めたから。生活の基盤は、やっぱり大事なので、しっかりしてから結婚したい。彼女のことを本当に好きだからこそ、待ってもらってでも、男として責任を持ちたいです。結婚を待ってもらってる時に、催促するような彼女は嫌ですね。僕も真剣に考えているので」(Mさん・29歳男性/SE)

  ◇  ◇  ◇

 彼女が「プロポーズをされない」と悩んでいる間に、実は男性もしっかりと彼女と結婚するかどうかに向き合っている場合があります。彼氏としては不安や、結婚についての悩みを彼女に話すことで「カッコ悪い俺」にならないのか不安なもの。そんな時に、彼女が結婚に焦っている発言をしていると、彼氏も落ち着きません。結婚を待てない場合は、それとなく彼氏の結婚についてのイメージや、不安について寄り添うのが吉です。

彼女と穏やかに交際が続いたとき

「付き合ってる時に喧嘩しまくってるカップルが、結婚して彼女と上手くいくなんてことはないと思うんです。なので、彼女とはできるだけ穏やかに落ち着いた交際がしたいです。デートのたびに、煌びやかなスポットに出かけるとかではなくて。例えば、お家デートした時に“無言で一緒にいてもキツくない”とか波長が自然に合う感じ。そういう彼女であれば、結婚してもきっと上手くいくと思うんですよ」(Hさん・32歳男性/看護師)

  ◇  ◇  ◇

 男性は、好きな女性の前ではカッコよくいたいもの。それに、好きになった女性には尽くします。しかし、本当は“めんどくさがり”でもあるので自分が頑張らなくても、ちゃんと愛してくれる女性を求めているのです。口下手な男性からすれば、喧嘩はアクシデント。女性ほど口で上手に伝えられないので、“話し合い”のつもりが、男性からは喧嘩に受け取られることも。いつも穏やかな口調の女性は一緒にいて安心できるようです。

感情が動くタイミングが似ている時

「男って女性よりロマンチックですよ(笑)。“不倫や浮気をしまくる最低男”は、ごく一部だと思うんです。本当は結婚したら奥さんに優しくされたいし、甘えたいのが男というもの。だからこそ、笑うタイミングが一緒だったり、考えてることが同じだったりしたら“運命? 彼女と結婚しようかな”とか簡単に思うものです。女性が考えている料理教室とかプロポーションのためにヨガとかは今後のためにって感じですけど、男はピュアなんで……。いつまでも青春してたいです」(Mさん・29歳男性/税理士)

  ◇  ◇  ◇

 ロマンチックな男性は、女性が思うほど現実的な問題には興味がありません。ルックスが綺麗な人と結婚式をしたいということより、どこか運命を感じさせるシチュエーションに弱いのです。女性はあれこれと理論的に脳内で考えて結婚したいなと思う人が多いはず。しかし、男性はフィーリングが合うかどうかで結婚を決めている人も多いようです。女性ほど結婚に理由を求めていないのも事実なので、女性からは結婚に無関心に思われがちです。

喧嘩した後の乗り越え方をみてる

「よくドラマなどの演出で“君を幸せにしたいんだ”って、プロポーズする男いますよね。そんなことは口にしなくても、彼女と結婚しようと思った時に考えています。問題は、辛い時や不遇な状況に追い込まれた時に、僕と一緒に乗り越えてくれるかということですよ。不況と言われていますし、草食系男子も騒がれていますよね。男たちは今、結婚に対して彼女にカッコつけられないんですよ(笑)。例えば、些細なことで彼女のことを怒らせてしまった時にも、穏便に僕と向き合ってくれる彼女であれば、すぐさま結婚したいです。”男として……”と責められちゃうようでは、結婚は無理かなって」(Kさん・31歳男性/弁護士)

  ◇  ◇  ◇

 一昔前に植えつけられた、“男として”の定義が労働環境や長い不況から変わりつつありますよね。そんな時に定義だけ押し付けられることは、男性としてとても自信を失うものです。結婚の申し出は、“自分と一生一緒にいてくれ”と申し出ることですから、自分に自信がないとプロポーズしようと思えないもの。彼女からの評価にビクビクしているので、頭ごなしに否定したり意見を封じ込むのはやめましょう。

彼女から結婚して妻になることは意外と簡単!?

男心を理解することが結婚への近道(写真:iStock)
男心を理解することが結婚への近道 (写真:iStock)

 彼氏が結婚を決意してくれないことで、「私のどこがダメなの?」と疑心暗鬼になってしまう人も多いのではないでしょうか。その結果、少しでも“結婚したいほどイイ女”になるために頑張ろうとします。

 しかし、その女磨きが彼氏のツボを押さえていなければ、ただの空回りになってしまいます。男性が、彼女との結婚を決意する瞬間は、私たちが想像するよりピュアで単純なものかもしれませんよ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「彼氏を大事にしているはずなのに、なぜか浮気されやすい……」そんなお悩みはありませんか? 今回は、そんな女性に共通する特...
リタ・トーコ 2020-07-14 06:00 ラブ
FILM
 日本の生涯未婚率が上昇傾向にある一方で、「3組に1組が離婚している」と言われる昨今。新型コロナウィルスによる自粛期間に...
田中絵音 2020-07-14 06:00 ラブ
FILM
 職場でもパーティーでも気になるカレに対しても、男性から魅力的に見られたいですよね。「この人、なんか素敵かも」と思わせる...
若林杏樹 2020-07-13 06:00 ラブ
FILM
「尽くす女性」は、一昔前までは「いい女」の象徴のような言葉だったと思います。しかし、現在では「重そう」「恋愛が下手そう」...
孔井嘉乃 2020-07-13 22:49 ラブ
FILM
 ど本命の彼とのお付き合いを3年間続けています。ですが、つい先日、不安からくるど本命クラッシャー(※)をしてしまいました...
神崎メリ 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 長く付き合っていると、遅かれ早かれ二人の関係はマンネリをする傾向にあります。しかし、時に男性は女性に惚れ直す瞬間がある...
恋バナ調査隊 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の元に来られる相談者さんの7割近く占めるのが、「浮気問題」です。出会った男...
山崎世美子 2020-07-11 06:54 ラブ
FILM
 義母の性格に「難」があると、息子の妻は頭を抱えがちに…。嫁姑の人間関係は自分では選べないために、結婚後に想定外の悩みの...
並木まき 2020-07-11 06:47 ラブ
FILM
 用事を頼んだときに「子どものおつかい」しかできない夫と結婚してしまった妻は、日常生活でも苦労が絶えないようです。何もし...
並木まき 2020-07-11 06:43 ラブ
FILM
 離婚は当事者の人生史上、なかなかにシビアな局面です。かくいう筆者も人生の大ピンチに直面し「あ、これ一人じゃ戦えない……...
七味さや 2020-07-10 06:00 ラブ
FILM
 強気な態度やアプローチに惹かれてお付き合いを始めた男性が、実は「俺様系」だったなんてことはありませんか? あまりの俺様...
リタ・トーコ 2020-07-09 06:00 ラブ
FILM
 女性の中には、告白経験がない人もいます。「ひたすら、男性からの告白を待つ」という人もいるでしょう。しかし、せっかく好き...
恋バナ調査隊 2020-07-08 06:00 ラブ
FILM
「今の恋人はすべてが完璧!」そんな風に思える方は、ほんの一握り。きっと多くは、「かまってくれないけど、仕事面では尊敬して...
孔井嘉乃 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 コロナ禍の中で迎えた今年の夏は、いわば前代未聞の夏です。恋愛だっていつも通りというわけにはいきません。昨年と同じことを...
ミクニシオリ 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 20代の頃は多少ワガママを言っても許されたのに、30歳を超えてから急に風当たりが強くなりますよね。それでも私たちは妥協...
若林杏樹 2020-07-06 06:00 ラブ
FILM
 片思い中の女性は、「できることなら彼から告白されたい」と思っているでしょう。「彼も私に気がある」と、察しているのであれ...
恋バナ調査隊 2020-07-05 06:00 ラブ