彼女と結婚しよう…彼氏が決意するちょっと意外な4つの瞬間

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-10-24 20:44
投稿日:2019-06-29 06:00
 周囲の友人たちが結婚していったり、出産ラッシュを迎えると、なんとなく焦る人も多いですよね。それほど、結婚への憧れは強い思いですよね。幼少期に母親の隣で「こんなお母さんになりたいな」と思った人も多いのではないでしょうか。自分も当たり前のように結婚すると思っていたのに、付き合っている彼氏から一向にプロポーズをされないなんて盲点ですよね。今回は彼女と結婚を決意した男性の心理について、追究してみましょう。

彼女と結婚をしようと思った男性たちの理由

男性がプロポーズしたくなる女性って?(写真:iStock)
男性がプロポーズしたくなる女性って? (写真:iStock)

 男性が彼女と結婚しようと決意するときは、私たちの想像と、かけ離れていることがあります。まずは男性心理をきちんと理解して、プロポーズしてもらえるように仕向けましょう。

仕事が軌道に乗り始めたから

「彼女と結婚しようと思ったのは、仕事がうまくいき始めたから。生活の基盤は、やっぱり大事なので、しっかりしてから結婚したい。彼女のことを本当に好きだからこそ、待ってもらってでも、男として責任を持ちたいです。結婚を待ってもらってる時に、催促するような彼女は嫌ですね。僕も真剣に考えているので」(Mさん・29歳男性/SE)

  ◇  ◇  ◇

 彼女が「プロポーズをされない」と悩んでいる間に、実は男性もしっかりと彼女と結婚するかどうかに向き合っている場合があります。彼氏としては不安や、結婚についての悩みを彼女に話すことで「カッコ悪い俺」にならないのか不安なもの。そんな時に、彼女が結婚に焦っている発言をしていると、彼氏も落ち着きません。結婚を待てない場合は、それとなく彼氏の結婚についてのイメージや、不安について寄り添うのが吉です。

彼女と穏やかに交際が続いたとき

「付き合ってる時に喧嘩しまくってるカップルが、結婚して彼女と上手くいくなんてことはないと思うんです。なので、彼女とはできるだけ穏やかに落ち着いた交際がしたいです。デートのたびに、煌びやかなスポットに出かけるとかではなくて。例えば、お家デートした時に“無言で一緒にいてもキツくない”とか波長が自然に合う感じ。そういう彼女であれば、結婚してもきっと上手くいくと思うんですよ」(Hさん・32歳男性/看護師)

  ◇  ◇  ◇

 男性は、好きな女性の前ではカッコよくいたいもの。それに、好きになった女性には尽くします。しかし、本当は“めんどくさがり”でもあるので自分が頑張らなくても、ちゃんと愛してくれる女性を求めているのです。口下手な男性からすれば、喧嘩はアクシデント。女性ほど口で上手に伝えられないので、“話し合い”のつもりが、男性からは喧嘩に受け取られることも。いつも穏やかな口調の女性は一緒にいて安心できるようです。

感情が動くタイミングが似ている時

「男って女性よりロマンチックですよ(笑)。“不倫や浮気をしまくる最低男”は、ごく一部だと思うんです。本当は結婚したら奥さんに優しくされたいし、甘えたいのが男というもの。だからこそ、笑うタイミングが一緒だったり、考えてることが同じだったりしたら“運命? 彼女と結婚しようかな”とか簡単に思うものです。女性が考えている料理教室とかプロポーションのためにヨガとかは今後のためにって感じですけど、男はピュアなんで……。いつまでも青春してたいです」(Mさん・29歳男性/税理士)

  ◇  ◇  ◇

 ロマンチックな男性は、女性が思うほど現実的な問題には興味がありません。ルックスが綺麗な人と結婚式をしたいということより、どこか運命を感じさせるシチュエーションに弱いのです。女性はあれこれと理論的に脳内で考えて結婚したいなと思う人が多いはず。しかし、男性はフィーリングが合うかどうかで結婚を決めている人も多いようです。女性ほど結婚に理由を求めていないのも事実なので、女性からは結婚に無関心に思われがちです。

喧嘩した後の乗り越え方をみてる

「よくドラマなどの演出で“君を幸せにしたいんだ”って、プロポーズする男いますよね。そんなことは口にしなくても、彼女と結婚しようと思った時に考えています。問題は、辛い時や不遇な状況に追い込まれた時に、僕と一緒に乗り越えてくれるかということですよ。不況と言われていますし、草食系男子も騒がれていますよね。男たちは今、結婚に対して彼女にカッコつけられないんですよ(笑)。例えば、些細なことで彼女のことを怒らせてしまった時にも、穏便に僕と向き合ってくれる彼女であれば、すぐさま結婚したいです。”男として……”と責められちゃうようでは、結婚は無理かなって」(Kさん・31歳男性/弁護士)

  ◇  ◇  ◇

 一昔前に植えつけられた、“男として”の定義が労働環境や長い不況から変わりつつありますよね。そんな時に定義だけ押し付けられることは、男性としてとても自信を失うものです。結婚の申し出は、“自分と一生一緒にいてくれ”と申し出ることですから、自分に自信がないとプロポーズしようと思えないもの。彼女からの評価にビクビクしているので、頭ごなしに否定したり意見を封じ込むのはやめましょう。

彼女から結婚して妻になることは意外と簡単!?

男心を理解することが結婚への近道(写真:iStock)
男心を理解することが結婚への近道 (写真:iStock)

 彼氏が結婚を決意してくれないことで、「私のどこがダメなの?」と疑心暗鬼になってしまう人も多いのではないでしょうか。その結果、少しでも“結婚したいほどイイ女”になるために頑張ろうとします。

 しかし、その女磨きが彼氏のツボを押さえていなければ、ただの空回りになってしまいます。男性が、彼女との結婚を決意する瞬間は、私たちが想像するよりピュアで単純なものかもしれませんよ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 新型コロナへの不安は、国内でも日に日に増しています。ついにはウイルス対策のために、同棲解消を選んだカップルも……。魑魅...
並木まき 2020-03-28 06:00 ラブ
FILM
 誰しも、好きな人に対して少なからず「嫉妬」をするものでしょう。でも、それはある意味、愛情の裏返しでもありますよね。でも...
FILM
 あなたは、恋人に浮気をされたらどうしますか? きっと「許せないから別れる!」と、即答する人が多いのでは? しかし、実際...
恋バナ調査隊 2020-03-27 06:02 ラブ
FILM
 誰しも、大人になると社交辞令を言ってみたり、本音と建前を上手に使ったりするものです。でも、だからこそ、「好きな男性には...
リタ・トーコ 2020-03-27 06:00 ラブ
FILM
 彼氏と一緒に過ごしていく中で、「付き合いたての頃となんだかイメージが違う……」と思うことありませんか?もしかしたらそれ...
恋バナ調査隊 2020-03-26 06:00 ラブ
FILM
 コロナの影響で家にこもる時間が急増加! そんなときは、Netflix鑑賞がはかどってしまいますよね。「テラスハウス」を...
しめサバ子 2020-03-25 06:00 ラブ
FILM
 良いか悪いかは別として、新型コロナがきっかけで別居に踏み切った夫婦も出てきています。  魑魅魍魎(ちみもうりょう)...
並木まき 2020-03-25 06:00 ラブ
FILM
 いつの時代にも“マッチョ好き”な女性は一定数います。マッチョ好きな女性だったら、筋肉もりもりの彼と付き合えたらどんなに...
田中絵音 2020-03-24 06:00 ラブ
FILM
 あなたは、「マッチングアプリ」にどんなイメージを持ちますか。きっと、「危険じゃないの?」と思う人も多いはず。しかし、マ...
恋バナ調査隊 2020-03-24 06:00 ラブ
FILM
 好きな人ができた時、「この人が運命の相手かも!?」と感じたことがある方は多いでしょう。この運命論を信じているのは、なに...
FILM
 若い頃に戻って、もう一度、若い男と燃え上がる恋をしてみたい!そう思うアラフォー、アラフィフさんも多いかと思います。そん...
内藤みか 2020-03-23 06:00 ラブ
FILM
 新型コロナの影響で外出を控える人が続出中。意中の彼とデートができない!とお悩みの方に、リモートでも可能なデートプランを...
しめサバ子 2020-03-22 06:00 ラブ
FILM
 ど本命から降格することはありますか? 彼が別れをちらつかせた時点でど本命ではないって本当ですか?  私は27歳の...
神崎メリ 2020-03-25 17:41 ラブ
FILM
 新型コロナ対策の影響は、生活のあらゆる面に及んでいるようで、義母からのこれまでとは異なるトンデモ要求に頭を抱えている人...
並木まき 2020-03-21 06:27 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。この3月11日で、東日本大震災から9年という月日が経ちました。歴史的な大災害...
山崎世美子 2020-03-21 06:00 ラブ
FILM
 女性からリードされたい草食系男子や女性に寄り添う中性的な男性もいる中、やっぱり彼氏にするなら「強い男性」が良い!という...
孔井嘉乃 2020-03-21 06:00 ラブ