彼女と結婚しよう…彼氏が決意するちょっと意外な4つの瞬間

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-10-24 20:44
投稿日:2019-06-29 06:00
 周囲の友人たちが結婚していったり、出産ラッシュを迎えると、なんとなく焦る人も多いですよね。それほど、結婚への憧れは強い思いですよね。幼少期に母親の隣で「こんなお母さんになりたいな」と思った人も多いのではないでしょうか。自分も当たり前のように結婚すると思っていたのに、付き合っている彼氏から一向にプロポーズをされないなんて盲点ですよね。今回は彼女と結婚を決意した男性の心理について、追究してみましょう。

彼女と結婚をしようと思った男性たちの理由

男性がプロポーズしたくなる女性って?(写真:iStock)
男性がプロポーズしたくなる女性って? (写真:iStock)

 男性が彼女と結婚しようと決意するときは、私たちの想像と、かけ離れていることがあります。まずは男性心理をきちんと理解して、プロポーズしてもらえるように仕向けましょう。

仕事が軌道に乗り始めたから

「彼女と結婚しようと思ったのは、仕事がうまくいき始めたから。生活の基盤は、やっぱり大事なので、しっかりしてから結婚したい。彼女のことを本当に好きだからこそ、待ってもらってでも、男として責任を持ちたいです。結婚を待ってもらってる時に、催促するような彼女は嫌ですね。僕も真剣に考えているので」(Mさん・29歳男性/SE)

  ◇  ◇  ◇

 彼女が「プロポーズをされない」と悩んでいる間に、実は男性もしっかりと彼女と結婚するかどうかに向き合っている場合があります。彼氏としては不安や、結婚についての悩みを彼女に話すことで「カッコ悪い俺」にならないのか不安なもの。そんな時に、彼女が結婚に焦っている発言をしていると、彼氏も落ち着きません。結婚を待てない場合は、それとなく彼氏の結婚についてのイメージや、不安について寄り添うのが吉です。

彼女と穏やかに交際が続いたとき

「付き合ってる時に喧嘩しまくってるカップルが、結婚して彼女と上手くいくなんてことはないと思うんです。なので、彼女とはできるだけ穏やかに落ち着いた交際がしたいです。デートのたびに、煌びやかなスポットに出かけるとかではなくて。例えば、お家デートした時に“無言で一緒にいてもキツくない”とか波長が自然に合う感じ。そういう彼女であれば、結婚してもきっと上手くいくと思うんですよ」(Hさん・32歳男性/看護師)

  ◇  ◇  ◇

 男性は、好きな女性の前ではカッコよくいたいもの。それに、好きになった女性には尽くします。しかし、本当は“めんどくさがり”でもあるので自分が頑張らなくても、ちゃんと愛してくれる女性を求めているのです。口下手な男性からすれば、喧嘩はアクシデント。女性ほど口で上手に伝えられないので、“話し合い”のつもりが、男性からは喧嘩に受け取られることも。いつも穏やかな口調の女性は一緒にいて安心できるようです。

感情が動くタイミングが似ている時

「男って女性よりロマンチックですよ(笑)。“不倫や浮気をしまくる最低男”は、ごく一部だと思うんです。本当は結婚したら奥さんに優しくされたいし、甘えたいのが男というもの。だからこそ、笑うタイミングが一緒だったり、考えてることが同じだったりしたら“運命? 彼女と結婚しようかな”とか簡単に思うものです。女性が考えている料理教室とかプロポーションのためにヨガとかは今後のためにって感じですけど、男はピュアなんで……。いつまでも青春してたいです」(Mさん・29歳男性/税理士)

  ◇  ◇  ◇

 ロマンチックな男性は、女性が思うほど現実的な問題には興味がありません。ルックスが綺麗な人と結婚式をしたいということより、どこか運命を感じさせるシチュエーションに弱いのです。女性はあれこれと理論的に脳内で考えて結婚したいなと思う人が多いはず。しかし、男性はフィーリングが合うかどうかで結婚を決めている人も多いようです。女性ほど結婚に理由を求めていないのも事実なので、女性からは結婚に無関心に思われがちです。

喧嘩した後の乗り越え方をみてる

「よくドラマなどの演出で“君を幸せにしたいんだ”って、プロポーズする男いますよね。そんなことは口にしなくても、彼女と結婚しようと思った時に考えています。問題は、辛い時や不遇な状況に追い込まれた時に、僕と一緒に乗り越えてくれるかということですよ。不況と言われていますし、草食系男子も騒がれていますよね。男たちは今、結婚に対して彼女にカッコつけられないんですよ(笑)。例えば、些細なことで彼女のことを怒らせてしまった時にも、穏便に僕と向き合ってくれる彼女であれば、すぐさま結婚したいです。”男として……”と責められちゃうようでは、結婚は無理かなって」(Kさん・31歳男性/弁護士)

  ◇  ◇  ◇

 一昔前に植えつけられた、“男として”の定義が労働環境や長い不況から変わりつつありますよね。そんな時に定義だけ押し付けられることは、男性としてとても自信を失うものです。結婚の申し出は、“自分と一生一緒にいてくれ”と申し出ることですから、自分に自信がないとプロポーズしようと思えないもの。彼女からの評価にビクビクしているので、頭ごなしに否定したり意見を封じ込むのはやめましょう。

彼女から結婚して妻になることは意外と簡単!?

男心を理解することが結婚への近道(写真:iStock)
男心を理解することが結婚への近道 (写真:iStock)

 彼氏が結婚を決意してくれないことで、「私のどこがダメなの?」と疑心暗鬼になってしまう人も多いのではないでしょうか。その結果、少しでも“結婚したいほどイイ女”になるために頑張ろうとします。

 しかし、その女磨きが彼氏のツボを押さえていなければ、ただの空回りになってしまいます。男性が、彼女との結婚を決意する瞬間は、私たちが想像するよりピュアで単純なものかもしれませんよ。

東城ゆず
記事一覧
ライター・エディター
1994年生まれ。11歳の頃からブログを運営。ライターやエディターとして、女性誌メディアや地元新聞のコラム枠まで幅広く活躍中。恋愛やママ友問題、介護士であった経験からリアルな介護問題まで幅広い知見がある。年子兄弟を連れ離婚の経験があり、現在は再婚に至る。

ラブ 新着一覧


マンネリ? 彼じゃない感? 「理由ないけど別れたい」4つのフシギ
「浮気された」「喧嘩が絶えない」など、カップルが別れるにはきっかけや原因があるもの。ですが、「理由はないけど別れたい」と...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
旦那の帰りが早い時は「ママ友とホムパ中♪」と嫌がる系をぶっ込んで操縦
 世間には旦那の帰りが遅くてストレスを抱える女性もいる一方、旦那の帰りが早いことでつらい気持ちになる人もいるようです。 ...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
大学生の一人息子にべったりな再婚妻。子離れと浪費癖改善を画策する夫
「冷酷と激情のあいだvol.196〜女性編〜」では、結婚後に“鬼夫”と化したマコトさん(仮名)に不快感が深まっている妻・...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
入籍後に本性見せたモラハラ鬼夫と離婚したい、でも…。躊躇する47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
自宅の別室で“不倫未満”に溺れる夫。ギリギリ行動5つ、どこまで許せる?
 夫が不倫していたら「許せない!」と怒る女性がほとんどですよね。でも“不倫未満”の関係なら…⁉  あなたは夫のこんな行...
恋バナ調査隊 2024-05-25 06:00 ラブ
古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
まめ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-24 15:14 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ