ドS男性が好き♡特徴や恋愛傾向を知ってドS心をくすぐろう

リタ・トーコ ライター
更新日:2020-02-21 17:31
投稿日:2020-01-10 06:00
 基本的に強引でワガママ、でも、そんなドS男性に惹かれる女性は多いよう。「ドM女性がモテるのはなぜ? 10項目で分かるドM女性診断♪」で、ドM女性について書いたばかりですが、対極にいるドS男性についても今回は丸裸に♪特徴や恋愛傾向をチェックしていきましょう。

ドS男性の性格は?おもな特徴

「顎クイ」ってドSっぽくないですか?(写真:iStock)
「顎クイ」ってドSっぽくないですか? (写真:iStock)

 まずは、ドS男性の特徴から見ていきましょう。

クールでプライドが高い

 ドS男性を一言で言うとすると、「クール」という言葉がしっくりくるかもしれません。慌てることが嫌いで、どこかいつも余裕でいたいと思っています。「とっつきにくい」と思われることもありますが、柔軟に周りに合わせられる器用さを持っています。

 また、人一倍プライドが高いのもドS男性の特徴。誰に対してもズバッと意見を言うくせに、自分が傷つけられたり、けなされることを極端に嫌います。

リーダー気質で努力家

 リーダー気質なのもドS男性の特徴でしょう。誰に対しても主導権を握っていたいという願望があるため、指示をしたり教えたりという立場でこそ力を発揮しやすいでしょう。

 また、ドS男性は負けず嫌いで努力家なため、仕事でも秀でている人が多いです。自分に強い自信を持っていますが、大きな挫折や失敗が起こった時に全てを投げ出したくなるような打たれ弱い部分もあります。

弱みを見せない

 ドS男性は、そのプライドの高さゆえ弱みを見せません。他人に甘えたり、頼ったりするくらいなら、自分だけで解決しようと頑張ってしまうこともあります。

 でも、逆に相手に弱みを見せられるのは嫌いではありません。お願いや相談をされると、責任を持って面倒を見てあげるなどのサービス精神旺盛な面も持っています。

意地っぱりで素直になれない

「人がどう思おうと関係ない!」と言いつつも、相手からの評価を気にしてしまったり、謝りたいのになかなか素直になれないのも、ドS男性の特徴でしょう。

「言わなくても察して欲しい」と思っている節がありますが、周囲の人はそこまで察することができないことがほとんど。気づけば「孤高の人」になってしまい、疎外感を感じてしまうこともあります。

ドS男性の恋愛傾向!気になる彼はどう?

ドS気質同士だと喧嘩が絶えなくなることも(写真:iStock)
ドS気質同士だと喧嘩が絶えなくなることも (写真:iStock)

 次は、ドS男性の恋愛傾向です。ドS男性というと「女性をいじめる」というイメージがあるかもしれませんが、それだけではないんです。気になるドS男性に当てはまりますか?

主導権を握りたい

 支配欲や征服欲が強いドS男性は、彼女より主導権を握りたいと思う傾向にあります。プライドが高く、自分の思い通りにならないと気が済まないため、ドS気質がある女性だと意見を聞き入れてもらえなくて喧嘩が絶えなくなってしまうかもしれません。

 とはいえ、男性らしくいつでもリードしてくれるドS男性を見て「この人についていけば大丈夫」と、安心感を覚える女性も多いようです。

独占欲が強く一途

 ドS男性は付き合う彼女に対して「自分のもの」と考える気持ちが強いです。一言で言うと独占欲が強く、嫉妬も激しいのが特徴。でも、逆を返せば、好きな人だけを強く愛するという一途さも持ち合わせているということなのです。

 ただし、ドS男性は女性に対しても一途さを求める部分があります。束縛がやや激しいため、覚悟して付き合う必要があるでしょう。

刺激的な恋愛を好む

 ドS男性は、刺激的な恋愛を好む傾向にあります。女性に追われる傾向にあるものの、実は追いかけたいという願望が強いでしょう。

 好きな女性がほかの男性と仲良く話しているだけで嫉妬心が湧き上がるものの、それも恋愛における1つのスパイスだと感じたりもします。でも、その反面、強く愛されたいという願望も持っているため、女性は「支配されすぎずに独占させてあげる」という難しいミッションをこなさなければならなくなります。

仲良くなるとドSぶりを発揮する

 出会ってすぐに強引で横柄な態度を取る男性を「ドS」だと勘違いしてしまう女性は多いですが、実は、本当のドS男性は仲良くなるまでドSぶりを見せない場合が多いです。

 ドSの男性は、持ち前の観察力で「Sな部分を見せても嫌われない」と判断した人にだけドSぶりを発揮します。得意なのはMっ気のある女性を見抜くこと。自分に対して従順でいてくれる女性かどうかを判断する能力に長けています。

実は分かりやすい!ドS男性の好きな女性のタイプ

「尽くすのが好き」(写真:iStock)
「尽くすのが好き」 (写真:iStock)

 ある意味ワガママとも言えるドS男性ですが、なぜか魅力的で女性にモテることが多いです。実は、そんなドS男性が好きな女性のタイプは分かりやすかったり。特徴を見てみましょう。

常識的で自立心が強い女性

 賢さを持ち合わせているドS男性は、突拍子のない行動や発言をする女性よりも、ある程度教養があって常識的な女性を好む傾向にあります。自分が好きな少し難しい会話や、ひねった内容でもしっかりキャッチしてくれる相手の方が、話しやすかったりするのです。

 また、恋愛に刺激を求めるドS男性は、簡単に自分に依存せず、逆に「自分がいなくても生きていけそう」だと思う自立心が強い女性に惹かれます。強い女性が自分にだけ弱さを見せる、そんな部分をいじらしく、愛おしく感じるようです。

実は恥ずかしがり屋な女性

 人前では堂々としているのに、2人きりになると途端に恥ずかしがる、そんな女性の表情を見るのも大好物なドS男性。

「私はドMです」と言う女性よりも、一見ドSとも取れる行動をするのに女性らしく恥じらう部分を持っている、そんな“自分だけ”に見せる顔がたまらないと感じる人も多いよう。要は、自分を特別視してくれる、そんな女性が好きなんですね。

自分を立ててくれる女性

 常に女性よりも優位に立ちたいドS男性は、昔ながらの「男性を立てる女性」に好意を抱きやすいです。気持ちを察して気を回してくれたり、人知れず頑張っているところを見ていて褒めてくれる、そんな自分の全てを受け入れてくれる女性が好きなのです。

 逆に、「そんなことも知らないの?」など、プライドを傷つけてしまうような女性は敬遠されてしまいます。売り言葉に買い言葉には要注意。ムキにならずに、いつでも一歩引いて付いていける女性であることも、ドS男性に好かれるポイントかもしれません。

素直に言うことを聞いてくれるドM気質の女性

 何度も言うようですが、ドSの男性は支配欲が高いため、素直に言うことを聞いて従ってくれるドM気質の女性を好みます。

 ドM気質の女性は、基本的に尽くしたがり。いつも相手の欲求を満たしたいと思っているため、需要と供給がバッチリ合ってしまうのです。

 命令されてもドキドキしたり、むしろカッコ良いと思ってしまうような根っからのドM女性は、ドS男性と上手に付き合えるでしょう。

ドS男性の本当の魅力は「ギャップ感」だったり?

深く付き合うと見えてくるギャップがたまらない(写真:iStock)
深く付き合うと見えてくるギャップがたまらない (写真:iStock)

 いかがでしょうか?ドS男性というと、「雄々しくてワガママ、クールで冷たい」というイメージを持つ人も多いと思いますが、実は、隠れた優しさや情熱を持っているんです。

 ただし、若干面倒なところがあるのも事実。でも、その考え方や特徴を理解することで、より良い関係を築くことができるはず。

 ドS男性の本当の魅力、それは深く付き合うことで知ることができるギャップ感なのかも?ぜひ、ドS男性の本心を見抜いて、恋愛を楽しんでくださいね♪

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「彼氏を大事にしているはずなのに、なぜか浮気されやすい……」そんなお悩みはありませんか? 今回は、そんな女性に共通する特...
リタ・トーコ 2020-07-14 06:00 ラブ
FILM
 日本の生涯未婚率が上昇傾向にある一方で、「3組に1組が離婚している」と言われる昨今。新型コロナウィルスによる自粛期間に...
田中絵音 2020-07-14 06:00 ラブ
FILM
 職場でもパーティーでも気になるカレに対しても、男性から魅力的に見られたいですよね。「この人、なんか素敵かも」と思わせる...
若林杏樹 2020-07-13 06:00 ラブ
FILM
「尽くす女性」は、一昔前までは「いい女」の象徴のような言葉だったと思います。しかし、現在では「重そう」「恋愛が下手そう」...
孔井嘉乃 2020-07-13 22:49 ラブ
FILM
 ど本命の彼とのお付き合いを3年間続けています。ですが、つい先日、不安からくるど本命クラッシャー(※)をしてしまいました...
神崎メリ 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 長く付き合っていると、遅かれ早かれ二人の関係はマンネリをする傾向にあります。しかし、時に男性は女性に惚れ直す瞬間がある...
恋バナ調査隊 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の元に来られる相談者さんの7割近く占めるのが、「浮気問題」です。出会った男...
山崎世美子 2020-07-11 06:54 ラブ
FILM
 義母の性格に「難」があると、息子の妻は頭を抱えがちに…。嫁姑の人間関係は自分では選べないために、結婚後に想定外の悩みの...
並木まき 2020-07-11 06:47 ラブ
FILM
 用事を頼んだときに「子どものおつかい」しかできない夫と結婚してしまった妻は、日常生活でも苦労が絶えないようです。何もし...
並木まき 2020-07-11 06:43 ラブ
FILM
 離婚は当事者の人生史上、なかなかにシビアな局面です。かくいう筆者も人生の大ピンチに直面し「あ、これ一人じゃ戦えない……...
七味さや 2020-07-10 06:00 ラブ
FILM
 強気な態度やアプローチに惹かれてお付き合いを始めた男性が、実は「俺様系」だったなんてことはありませんか? あまりの俺様...
リタ・トーコ 2020-07-09 06:00 ラブ
FILM
 女性の中には、告白経験がない人もいます。「ひたすら、男性からの告白を待つ」という人もいるでしょう。しかし、せっかく好き...
恋バナ調査隊 2020-07-08 06:00 ラブ
FILM
「今の恋人はすべてが完璧!」そんな風に思える方は、ほんの一握り。きっと多くは、「かまってくれないけど、仕事面では尊敬して...
孔井嘉乃 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 コロナ禍の中で迎えた今年の夏は、いわば前代未聞の夏です。恋愛だっていつも通りというわけにはいきません。昨年と同じことを...
ミクニシオリ 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 20代の頃は多少ワガママを言っても許されたのに、30歳を超えてから急に風当たりが強くなりますよね。それでも私たちは妥協...
若林杏樹 2020-07-06 06:00 ラブ
FILM
 片思い中の女性は、「できることなら彼から告白されたい」と思っているでしょう。「彼も私に気がある」と、察しているのであれ...
恋バナ調査隊 2020-07-05 06:00 ラブ