ドM女性がモテるのはなぜ? 10項目で分かるドM女性診断♪

リタ・トーコ ライター
更新日:2020-01-08 16:50
投稿日:2020-01-05 06:00
 飲み会などで必ずと言っても良いほど話題になるのが、「SかMか」という話。なんとなく「私、M!」って答えている女性は多いと思いますが、この機会に自分が生粋のドM女性かどうか診断してみませんか?

そもそも、SとMの定義って?

ドM女性はモテる?(写真:iStock)
ドM女性はモテる? (写真:iStock)

 よく耳にする「S」と「M」について。まずは、基礎知識としてSとMの定義をチェックしていきましょう。

SとMの定義

 本来「S(サディズム)」とは、相手を支配したりすることで興奮を得る傾向にある人のこと。対して 「M(マゾヒズム)」とは、相手に支配されることで興奮を得る傾向にある人のことを指します。

 また、「SM」は性的なシーンだけに適用されるものではありません。普段の性格もS傾向にある人、M傾向にある人と分かれます。

一見、Sに見えてMの人は「反転のM」

 性的シーンでも普段でも「M」というストレートな人も多いですが、一見“Sに見えてM”という人は「反転のM」と呼ばれます。

 ストレートなMの人は肉体的・精神的に支配されることを好みますが、実は痛い思いをしたり、否定をされることは好みません。逆に、反転のMの場合には、存在価値を否定されるような暴力的な支配を好む人が多いです。

ドM女性がモテる理由

 あるデータによると、ドMの女性を好きな男性は7割もいるんだとか。ドM女性が男性に人気なのは、なんといっても「支配できそうだから」という理由があるでしょう。

 昔から日本には、「女性は一歩下がって男性を立てる」ことが良しとされてきた文化がありますね。今では随分と男女平等の社会になっているとはいえ、やはり日本男性は「女性をコントロールしたい」という深層心理が残っているようなんです。

 だからこそ、忠実で控えめなドM女性がモテるのでしょう。

10項目で分かる「ドM女性診断」!あなたはどう?

男性にリードされたい……(写真:iStock)
男性にリードされたい…… (写真:iStock)

 男性を前にして、「Mと言っておけばモテる!」と、“なんちゃってM”を名乗っている女性も多いでしょう。でも、本当はどうなのか?ぜひ、以下の項目で判断してください。

1. 尽くすことが嬉しい

 お付き合いを始めると、おそらく多くの人が「恋人を喜ばせてあげたい」と思うでしょう。でも、ドM女性は、その域を超えています。男性に尽くすこと自体が、嬉しくて仕方ないのです。

 でも、つい尽くしすぎてしまうため、相手によっては「重い」と思われることもあるのが難点。そこも含めて相性ですので、受け入れてくれる相手かどうかを見極めることも大切です。

2. 追い込まれるのは嫌じゃない

 恋愛に限ったことではありませんが、ドM女性は追い込まれる状況が嫌いではありません。仕事やプライベートなどでスケジュールがパンパンになっても、自分にタスクを課して1つずつ乗り越えていくことに達成感を感じます。

 常に安定した環境よりも、困難の中でこそ成長できると感じている人も多いでしょう。妙にポジティブなのも、ドM女性の特徴です。

3. よく謝ってしまう

 男性に対してだけではなく、同性にもよく謝ってしまう女性はドM女性である可能性が高いです。これは、無理に自分が上に立とうとしないという性格の表れ。

 また、あまりイライラしないのもドM女性の特性でしょう。基本的に気が長いため、相手と小さなことで喧嘩になりにくいです。ただし、我慢強い分、本当の怒りを覚えた時には手がつけられなくなることも。

4. 好きな人の欲求にはどんなことでも応えたい

 好きな人の欲求にはどんなことでも応えたくなるのも、ドM女性の特徴。むしろ、大変な欲求であればあるほど燃えてしまうでしょう。

 ただし、そこには絶対的な信頼関係が必要で、ないがしろにされるのはあまり得意ではありません。「愛情がある上での欲求」であれば、どこまでも応えようとします。

5. 指示&命令されるとキュンとする

 ドM女性は「◯◯してよ」なんて、クールに指示&命令されるのが大好き。ただ、対極にいるドS男性であればよいものの、モラハラタイプで自分の思い通りにならないと満足しない男性に引っかかってしまうと、大変苦労します。

 気づけば金銭的な援助をしてあげたり、暴力的な支配さえも受け入れてしまう場合もあるため、注意が必要でしょう。

6. 押しに弱い

 ドM女性は押しに弱く、断れないところがあります。たとえやりたくないことでも、断ることを申し訳なく思ってしまったり、むしろ「頼まれたから頑張らないと!」なんて妙な正義感を持って応えてしまいます。

 悪く言えば「流されやすい」ものの、人の意見を寛容に捉えることができるのは長所と言えるかもしれません。

7. リードされる恋愛を好む

「君を幸せにする」と言われるよりも、「俺が幸せにしたい」と言われる方が響くのがドM女性。多少強引でもリードされるような恋愛を好み、自分よりも相手がどう思うかに重きを置きます。「俺のもの」と、所有物のように扱われることで、きゅんとしてしまうことも。

 ただしこれは誰でも良いというわけではなく、自分が尽くしたいと認めた男性に対してのみ。ドMでいさせてもらえる相手でないと、興味が湧かないことも多くあります。

 また、精神的な苦痛は好まないため、不当な扱いを受けると途端に「尽くすべきではない相手」だと判断することも。

8. メニューをなかなか決められない

 レストランのメニューをなかなか決められない女性は多いですが、男性から「これはどう?」と提案があると、「それもいいけど……」とか「それは食べたくない」など、実は意見を持っている場合がほとんどでしょう。

 しかし、ドM女性は「お任せ」をするのが好き。男性の頼んだものに心から満足して、さらには美味しそうに食べている姿を嬉しく思います。心底、“男性を満足させたい”というサービス精神に溢れているのです。

9. 特別扱いが好き

 先に挙げた「反転のM」ではない限り、ドM女性は支配されながらも尊重されることを好む傾向にあるでしょう。

 そのため、定番のようですが「みんなの前ではそっけないのに、二人きりになると急に優しい」など、特別扱いをされると嬉しくて仕方なくなります。放置されるのは苦手で、いじられても構われたいと思っています。

10. 打たれ強い

 ドMの女性というと、か弱いイメージがあるかもしれませんが、実は精神的にかなりタフ。普通の人であれば落ち込んでしまいそうなシーンでも、持ち前の打たれ強さでなんなく乗り切ります。

 我慢強いことで損をしたり、気の毒がられることもありますが、本人はあまり気にしないことがほとんどでしょう。

生粋のドM女性は「自分がドM」だと言わない

隠れたドM特性を知って楽しんで♪(写真:iStock)
隠れたドM特性を知って楽しんで♪ (写真:iStock)

 ドM診断、いかがでしたか?ドMを名乗っていても、人によっては「そこまでじゃないかも?」と思う部分があったかもしれませんね。

 個人的に、生粋のドM女性は「自分でドMだと言わない」ことが最大の特徴ではないかと思っています。なぜなら、ドMの女性にとっては全てが自然体。「尽くしている」という自覚すらないのです。

 ぜひ、隠れた自分の特性を知って、ドM街道を楽しんでくださいね♪

ラブ 新着一覧


FILM
 マッチアップ編集長伊藤です!  女性からの恋愛相談や恋バナでよく話題に上がるのが「付き合う前に彼に体を求められた...
伊藤早紀 2020-02-27 06:00 ラブ
FILM
 公園や街中で、パパとママが子どもを連れている光景は、微笑ましいですよね。そのファミリーが放つ幸せオーラに、ついつい目尻...
田中絵音 2020-02-26 06:00 ラブ
FILM
 彼氏とのデートは、本来楽しいもの。しかし、何らかの原因で気まずい空気になってしまうこともあります。そんな時、どう対応し...
恋バナ調査隊 2020-02-26 06:00 ラブ
FILM
 妻の鬼嫁っぷりに頭を抱える夫の中には「なんとかして、鬼になるのを、やめてもらえないだろうか……」と試行錯誤する人もいる...
並木まき 2020-02-26 06:00 ラブ
FILM
 お付き合いをする上で「癒し」ってとても大切なものでしょう。でも、あなたがもしも彼氏に「癒しを与えてあげられるかな?」と...
孔井嘉乃 2020-02-25 06:00 ラブ
FILM
「モラハラ」は精神的な暴力とも言われ、長い間モラハラを受け続けると心に深い傷ができてしまいます。一人で我慢しすぎると「強...
恋バナ調査隊 2020-02-25 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性との仲を深めたいなら、手っ取り早く2人きりでデートするのが◎。とはいえ、女性から男性をデートに誘うって、な...
リタ・トーコ 2020-02-24 15:01 ラブ
FILM
 私は3年半、彼女がいる方と付き合っていました。  同じ職場の人で、彼女も同じ会社でした。3年半のうち約1年は一緒...
神崎メリ 2020-02-23 11:30 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる女性でも、ふとした瞬間に「かわいげ」が、垣間見えることもあるみたいです。  魑魅魍魎(ちみもうりょう)...
並木まき 2020-02-23 06:00 ラブ
FILM
 どんなに理想的な相手と出会い、交際できたとしても、別れるという結果を迎えてしまうことがあります。付き合ってみなければ分...
恋バナ調査隊 2020-02-23 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。昨年11月に離婚が報じられたタレントのSHELLYさん(35)が、バラエティ...
山崎世美子 2020-02-22 06:00 ラブ
FILM
「ハックシュン! ズビズビ、ぶしゅ!」  2月の頭ごろから眠気や日差しとともにやってくる悩みのタネ……それは「花粉症」...
七海 2020-02-21 06:00 ラブ
FILM
 結婚相談所というと、「モテない人のいくところ」と思っている人もいるでしょう。そんなイメージから、興味があっても利用でき...
恋バナ調査隊 2020-02-21 06:00 ラブ
FILM
 不倫はなるべくなら避けたいもの。  でも、好きな男性ができ、男性も自分に想いを寄せているのであれば、燃え上がる恋...
うかみ綾乃 2020-02-21 06:00 ラブ
FILM
 最近の婚活パーティーは細分化され「バツイチ同士」が集まるものもあれば、「マンガ好き」同士が集まるもの、それから「ぽっち...
内藤みか 2020-02-20 06:00 ラブ
FILM
 好きな人と付き合った当初は別れなんて想像することもないでしょう。しかし、どんなに気の合うカップルも、別れが訪れることが...
恋バナ調査隊 2020-02-20 06:00 ラブ