義母の前で鬼嫁全開! 夫には気苦労しかなかった年末年始3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-01-09 06:00
投稿日:2020-01-09 06:00
 鬼嫁のなかには、義母の前でも平然と牙を剥くツワモノもいるようです。魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、鬼嫁ととともに帰省した夫が嘆いたという、気苦労の絶えなかった年末年始休暇エピソードを3選ご紹介します。

1:頭が悪い息子さん…!?

義母からしてみたら大切な息子なのに…(写真:iStock)
義母からしてみたら大切な息子なのに… (写真:iStock)

「ウチの嫁は、俺の母親の前でも言いたいことをズケズケ言うので、いつも母親のほうが嫁に遠慮してる感じです。

 どうやら、この正月休みには、“俺の頭が悪い”と言いつけたみたいで、帰省中ずっと母親が『頭の悪い息子で、申し訳ない』って嫁に言っていて、そのたびに嫁の満足そうな顔を見るのがうんざりでした。

 でも嫁がいないところでは『あの嫁は、自分が頭がいいと思っていて、鼻につく』って母親がこぼしてましたね…。しかも『本当に無理だなと思ったら、離婚という選択肢もあるからね』と母親に耳打ちされました。母親的にもウチの嫁はきつすぎると思っているみたいでドッと疲れました」(37歳男性/IT)

 義母の前で息子の頭の良し悪しを平然と口にするとは、さすがの鬼嫁。仮にそう思っていたとしても、普通はなかなか言えるものではありませんし、辛辣な性格にも、ほどがありますよね…。

2:矛盾しているんですけど…

おせちを食べずにポテチを食べる(写真:iStock)
おせちを食べずにポテチを食べる (写真:iStock)

「妻は、やたら食べ物の添加物にうるさくて、こだわりが強いんです。でも、外食はファストフードにも普通に行くから、基準がよくわからないんですけどね。

 それで、年末年始に俺の実家で、母が手作りのおせち料理を出してくれたんですが、妻は『私は、こんな何にも考えていない食材で作ったおせち料理は食べられません。お義母さん、もうちょっと考えて作ってくれませんか?』と言い出しました。母は泣きそうな顔になるし、その言い方があまりに辛辣で、その場にいたみんなが一瞬、固まりましたよ。

 姉夫婦もそんな妻にドン引きだったみたいで、後日LINEで『あんなこと言ってたけど、紅白見ながら添加物たっぷりのポテチを美味しそうに食べてたじゃん。めんどくさい女を嫁にしたね』って呆れてました。今年の正月もまた、妻は自ら自分の評判を落としてました……」(35歳男性/スポーツ関係)

 矛盾した行動をしつつ、偉そうな鬼嫁には誰もが呆れるでしょう。鬼嫁には、自らあえて敵をつくるタイプも存在するようです。

3:「あんた」呼ばわり

母親から結婚生活を心配される始末(写真:iStock)
母親から結婚生活を心配される始末 (写真:iStock)

「年末年始には2日間だけ僕の実家に帰省しましたが、滞在中はずっと嫁が俺にアレコレと指図していました。

 嫁は年々毒々しくなっていて、もはや僕の実家でも猫を被らず、やりたい放題。それで、母親が嫁に食事の支度を手伝ってほしいとお願いしたら、嫁は『あんたの親の手伝いなんだから、あんたがやれば?』と大声で俺に言う始末。その言い方が下品すぎて、母親がドン引きしてましたね。

 母親からは、僕が嫁に『あんた』って呼ばれていることで心配されちゃったし、言わせっぱなしにするからエスカレートするんだって怒られたし。東京に戻ったら嫁ときちんと話し合えと言われましたが、いつも逆ギレしかされないから、恐ろしくて話し合いなんてできないです……」(38歳男性/服飾関係)

 義母の前では夫を立てる妻も多いなか、鬼嫁ほど自分スタイルを貫くのかも。年々毒々しさを増す妻がいると、休暇中も、さぞかし気苦労が絶えないでしょうね。

 義母には好かれたいと考える女性も少なくないのが実態ですが、帰省中にも牙を剥く鬼嫁たちは、義実家からの評価なんて、どうでもいいようです。義母としても、息子が心配でしょうし、親族に鬼嫁がいるだけで波乱の休暇となるようですね。

ラブ 新着一覧


“本当の恋”と男性が感じる5つの瞬間&そう思わせるテクニック
 好きな男性から好意を抱かれるのは嬉しいことですが、相手が本気で思ってくれていなければ意味がありません。実は、男性は女性...
恋バナ調査隊 2021-08-05 06:00 ラブ
男性が遊びの女性に送るずるいLINE5選!本性を見極めて
 男性の中には、遊びで女性と付き合う人もいます。でも、そういった男性は女性にモテる人が多く、遊びの女性に対しての上手な扱...
恋バナ調査隊 2021-08-05 06:00 ラブ
女性からの告白は大アリ! 成功率を高めるシチュエーション
 気になるカレとデートを重ね、連絡のやりとりも続いているけど、進展しそうでなかなか進展しない時ってありますよね。「付き合...
若林杏樹 2021-08-04 06:00 ラブ
厄介…男性に近づく“相談女”の特徴&彼を狙われた時の対処法
 男性に相談を持ちかけて、無理に恋愛に持っていこうとする「相談女」。厄介な彼女たちには、どのような特徴があるのでしょうか...
恋バナ調査隊 2021-08-04 06:00 ラブ
離れたいのに離れられない男性の特徴5つ&関係を解消するには
 彼氏がいるからといって、誰もが幸せというわけではありません。中には、「彼氏と離れたいのに離れられない……」と、苦しんで...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
大人の恋愛がしたい…進め方の4つのコツ&避けるべきNG行動
 若い頃は、後先考えずに恋愛していた人も多いでしょう。しかし、大人になるにつれて、勢い任せで恋愛することって難しくなりま...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
悲しみから立ち直るために…自分を責めることをやめてみよう
 喪失のどん底にいるときって、ついつい自分を責めてしまいますよね。自分に自信がなくなって、耐えられない後悔に胸がちぎれそ...
七味さや 2021-08-02 06:00 ラブ
長続きの秘訣かも♡ 彼と“ちょうどいい関係”の作り方4つ
 恋愛での男女の距離感って、とても難しいですよね。好きだからこそもっと近くにいたいのに、求めれば求めるほど不安になったり...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:01 ラブ
本当にモテるのは性格美人な女性♡ 特徴&心がけるべきこと
 モテるために、外見を磨こうとする女性は多いですよね。でも、外見と内面を天秤にかけたら、最終的には内面が美しい女性が選ば...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:00 ラブ
告白の返事はどのくらい待つべき?男性が保留にする4つの理由
 勇気を出して告白した彼に「少し考えさせてほしい……」と言われたら、がっかりしてしまう人も多いでしょう。しかし、保留にさ...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
ひどい男に仕返しする5つの方法&怒りと悲しみの乗り越え方
「二股をかけられた」「お金だけ払わされてフラれた」など、本当にひどい男はいます。仕返ししたい!と思うのも無理ありませんが...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ