義母の前で鬼嫁全開! 夫には気苦労しかなかった年末年始3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-01-09 06:00
投稿日:2020-01-09 06:00
 鬼嫁のなかには、義母の前でも平然と牙を剥くツワモノもいるようです。魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、鬼嫁ととともに帰省した夫が嘆いたという、気苦労の絶えなかった年末年始休暇エピソードを3選ご紹介します。

1:頭が悪い息子さん…!?

義母からしてみたら大切な息子なのに…(写真:iStock)
義母からしてみたら大切な息子なのに… (写真:iStock)

「ウチの嫁は、俺の母親の前でも言いたいことをズケズケ言うので、いつも母親のほうが嫁に遠慮してる感じです。

 どうやら、この正月休みには、“俺の頭が悪い”と言いつけたみたいで、帰省中ずっと母親が『頭の悪い息子で、申し訳ない』って嫁に言っていて、そのたびに嫁の満足そうな顔を見るのがうんざりでした。

 でも嫁がいないところでは『あの嫁は、自分が頭がいいと思っていて、鼻につく』って母親がこぼしてましたね…。しかも『本当に無理だなと思ったら、離婚という選択肢もあるからね』と母親に耳打ちされました。母親的にもウチの嫁はきつすぎると思っているみたいでドッと疲れました」(37歳男性/IT)

 義母の前で息子の頭の良し悪しを平然と口にするとは、さすがの鬼嫁。仮にそう思っていたとしても、普通はなかなか言えるものではありませんし、辛辣な性格にも、ほどがありますよね…。

2:矛盾しているんですけど…

おせちを食べずにポテチを食べる(写真:iStock)
おせちを食べずにポテチを食べる (写真:iStock)

「妻は、やたら食べ物の添加物にうるさくて、こだわりが強いんです。でも、外食はファストフードにも普通に行くから、基準がよくわからないんですけどね。

 それで、年末年始に俺の実家で、母が手作りのおせち料理を出してくれたんですが、妻は『私は、こんな何にも考えていない食材で作ったおせち料理は食べられません。お義母さん、もうちょっと考えて作ってくれませんか?』と言い出しました。母は泣きそうな顔になるし、その言い方があまりに辛辣で、その場にいたみんなが一瞬、固まりましたよ。

 姉夫婦もそんな妻にドン引きだったみたいで、後日LINEで『あんなこと言ってたけど、紅白見ながら添加物たっぷりのポテチを美味しそうに食べてたじゃん。めんどくさい女を嫁にしたね』って呆れてました。今年の正月もまた、妻は自ら自分の評判を落としてました……」(35歳男性/スポーツ関係)

 矛盾した行動をしつつ、偉そうな鬼嫁には誰もが呆れるでしょう。鬼嫁には、自らあえて敵をつくるタイプも存在するようです。

3:「あんた」呼ばわり

母親から結婚生活を心配される始末(写真:iStock)
母親から結婚生活を心配される始末 (写真:iStock)

「年末年始には2日間だけ僕の実家に帰省しましたが、滞在中はずっと嫁が俺にアレコレと指図していました。

 嫁は年々毒々しくなっていて、もはや僕の実家でも猫を被らず、やりたい放題。それで、母親が嫁に食事の支度を手伝ってほしいとお願いしたら、嫁は『あんたの親の手伝いなんだから、あんたがやれば?』と大声で俺に言う始末。その言い方が下品すぎて、母親がドン引きしてましたね。

 母親からは、僕が嫁に『あんた』って呼ばれていることで心配されちゃったし、言わせっぱなしにするからエスカレートするんだって怒られたし。東京に戻ったら嫁ときちんと話し合えと言われましたが、いつも逆ギレしかされないから、恐ろしくて話し合いなんてできないです……」(38歳男性/服飾関係)

 義母の前では夫を立てる妻も多いなか、鬼嫁ほど自分スタイルを貫くのかも。年々毒々しさを増す妻がいると、休暇中も、さぞかし気苦労が絶えないでしょうね。

 義母には好かれたいと考える女性も少なくないのが実態ですが、帰省中にも牙を剥く鬼嫁たちは、義実家からの評価なんて、どうでもいいようです。義母としても、息子が心配でしょうし、親族に鬼嫁がいるだけで波乱の休暇となるようですね。

ラブ 新着一覧


本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-22 17:37 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ
不倫がバレて“二度としない男”と“また繰り返す男”の違いとは
 近ごろ、芸能ニュースで「4年ぶり2度目の不倫」などとスクープされているのは記憶に新しいかと思いますが、これは芸能人に限...
田中絵音 2021-01-19 06:00 ラブ
もっと私に興味を持って!パートナーへの関心がなくなるナゼ
 私のパートナー、自分に関心を持ってくれていないかも……そう感じた経験はありますか? 離婚の原因は元パートナーの無関心が...
七味さや 2021-01-18 06:00 ラブ
彼氏に仕返ししたい! 効果的な方法6選&確認するべき気持ち
 好きな人と付き合いはじめたばかりの頃には、何をしていても楽しく、幸せに感じるもの。しかし、交際期間が長くなると構っても...
恋バナ調査隊 2021-01-18 06:00 ラブ
男性とLINEの会話が続かない…原因&会話を広げるコツ♡
 気になる男性とせっかくLINEを交換したのに、全然会話が続かなくて困っていませんか? 何回送ってもそっけない返事や同じ...
恋バナ調査隊 2021-01-17 06:00 ラブ
尽くし上手!九州出身女性の特徴&恋愛観や好みの男性タイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の女性についてリサーチしました。九州は、...
人生最悪の運気かも…そんな時に出会う人には注意すべき理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。身も心もボロボロの時に何かのキッカケで知りあった相手。その出会いで一時的に元...
山崎世美子 2021-01-16 06:00 ラブ
彼氏といちゃいちゃする6つの方法!サインを見逃さないで♡
恋人といちゃいちゃする時間は、とても幸せな時間です。どんなに付き合いが長くなっても、日々のいちゃいちゃタイムがあれば、マ...
恋バナ調査隊 2021-01-16 06:00 ラブ
いまだに関白宣言?九州出身男性の特徴&好きな女性のタイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の男性についてご紹介します。九州は、福岡...
彼氏が「キスしたい」と思うのはいつ? 6つの瞬間&サイン
 女性にとって、彼氏からの不意打ちのキスは驚きながらも嬉しいものです。しかし、時には「なぜこのタイミングで?」なんて思う...
恋バナ調査隊 2021-01-15 06:00 ラブ