義母の前で鬼嫁全開! 夫には気苦労しかなかった年末年始3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-01-09 06:00
投稿日:2020-01-09 06:00
 鬼嫁のなかには、義母の前でも平然と牙を剥くツワモノもいるようです。魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、鬼嫁ととともに帰省した夫が嘆いたという、気苦労の絶えなかった年末年始休暇エピソードを3選ご紹介します。

1:頭が悪い息子さん…!?

義母からしてみたら大切な息子なのに…(写真:iStock)
義母からしてみたら大切な息子なのに… (写真:iStock)

「ウチの嫁は、俺の母親の前でも言いたいことをズケズケ言うので、いつも母親のほうが嫁に遠慮してる感じです。

 どうやら、この正月休みには、“俺の頭が悪い”と言いつけたみたいで、帰省中ずっと母親が『頭の悪い息子で、申し訳ない』って嫁に言っていて、そのたびに嫁の満足そうな顔を見るのがうんざりでした。

 でも嫁がいないところでは『あの嫁は、自分が頭がいいと思っていて、鼻につく』って母親がこぼしてましたね…。しかも『本当に無理だなと思ったら、離婚という選択肢もあるからね』と母親に耳打ちされました。母親的にもウチの嫁はきつすぎると思っているみたいでドッと疲れました」(37歳男性/IT)

 義母の前で息子の頭の良し悪しを平然と口にするとは、さすがの鬼嫁。仮にそう思っていたとしても、普通はなかなか言えるものではありませんし、辛辣な性格にも、ほどがありますよね…。

2:矛盾しているんですけど…

おせちを食べずにポテチを食べる(写真:iStock)
おせちを食べずにポテチを食べる (写真:iStock)

「妻は、やたら食べ物の添加物にうるさくて、こだわりが強いんです。でも、外食はファストフードにも普通に行くから、基準がよくわからないんですけどね。

 それで、年末年始に俺の実家で、母が手作りのおせち料理を出してくれたんですが、妻は『私は、こんな何にも考えていない食材で作ったおせち料理は食べられません。お義母さん、もうちょっと考えて作ってくれませんか?』と言い出しました。母は泣きそうな顔になるし、その言い方があまりに辛辣で、その場にいたみんなが一瞬、固まりましたよ。

 姉夫婦もそんな妻にドン引きだったみたいで、後日LINEで『あんなこと言ってたけど、紅白見ながら添加物たっぷりのポテチを美味しそうに食べてたじゃん。めんどくさい女を嫁にしたね』って呆れてました。今年の正月もまた、妻は自ら自分の評判を落としてました……」(35歳男性/スポーツ関係)

 矛盾した行動をしつつ、偉そうな鬼嫁には誰もが呆れるでしょう。鬼嫁には、自らあえて敵をつくるタイプも存在するようです。

3:「あんた」呼ばわり

母親から結婚生活を心配される始末(写真:iStock)
母親から結婚生活を心配される始末 (写真:iStock)

「年末年始には2日間だけ僕の実家に帰省しましたが、滞在中はずっと嫁が俺にアレコレと指図していました。

 嫁は年々毒々しくなっていて、もはや僕の実家でも猫を被らず、やりたい放題。それで、母親が嫁に食事の支度を手伝ってほしいとお願いしたら、嫁は『あんたの親の手伝いなんだから、あんたがやれば?』と大声で俺に言う始末。その言い方が下品すぎて、母親がドン引きしてましたね。

 母親からは、僕が嫁に『あんた』って呼ばれていることで心配されちゃったし、言わせっぱなしにするからエスカレートするんだって怒られたし。東京に戻ったら嫁ときちんと話し合えと言われましたが、いつも逆ギレしかされないから、恐ろしくて話し合いなんてできないです……」(38歳男性/服飾関係)

 義母の前では夫を立てる妻も多いなか、鬼嫁ほど自分スタイルを貫くのかも。年々毒々しさを増す妻がいると、休暇中も、さぞかし気苦労が絶えないでしょうね。

 義母には好かれたいと考える女性も少なくないのが実態ですが、帰省中にも牙を剥く鬼嫁たちは、義実家からの評価なんて、どうでもいいようです。義母としても、息子が心配でしょうし、親族に鬼嫁がいるだけで波乱の休暇となるようですね。

ラブ 新着一覧


FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-08-15 06:28 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-08-15 06:26 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。昨今の夫婦の話題といえば浮気や不倫ばかりで、世の男性はみんな浮気するというイ...
山崎世美子 2020-08-15 06:00 ラブ
FILM
 新型コロナウイルスの影響で、美容整形業界が賑わっています。テレワークの普及などにより、術後のダウンタイムをゆっくりと過...
ミクニシオリ 2020-08-14 06:00 ラブ
FILM
 好きな男性との食事デートとなると、誰だって「失敗したくない」と思うはず。万が一、失態を犯してしまえば、そのまま疎遠にな...
恋バナ調査隊 2020-08-14 06:00 ラブ
FILM
 恋人や旦那と同棲しているという人の中には、「テレワークや外出の自粛で二人の時間が取れて仲良くなった」という人もいれば、...
ミクニシオリ 2020-08-13 06:00 ラブ
FILM
 日本にいながらにして海外在住の外国人男性と知り合えるマッチングアプリがいくつかあります。語学の勉強にもなるかなと思い、...
内藤みか 2020-08-13 06:00 ラブ
FILM
「好きな人と仲良くなっても、いつも“いい人止まり”」そんな悩みはありませんか? 嫌われているわけではないのに、なぜかお付...
孔井嘉乃 2020-08-12 06:00 ラブ
FILM
 いいなと思った男性が「実は既婚者だった」というパターン、よくありますよね。 実際、付き合って1年経ってから気づいたとか...
田中絵音 2020-08-11 06:00 ラブ
FILM
 郊外に念願の一軒家を手に入れた、1組の「パワー夫婦」。会社への通勤には少々不便な地でも、テレワークがメインの今は「少し...
並木まき 2020-08-11 06:00 ラブ
FILM
 20代のころは年上男性が好みでしたが、年齢が上がっていくにつれて、自分より年下の男の子にときめくことが増えました。仕事...
若林杏樹 2020-08-10 06:00 ラブ
FILM
 付き合い方の理想は人によって異なるものですが、多くの場合、「コソコソした恋愛はしたくない」と思っているはず。しかし、カ...
恋バナ調査隊 2020-08-10 06:00 ラブ
FILM
 家庭内で問題が勃発したときに、話し合いで解決を図る夫婦は多いもの。ところが鬼嫁には、話し合いが意味をなさないタイプも散...
並木まき 2020-08-10 06:00 ラブ
FILM
 私は遠距離で長年付き合った遠方在住の彼と婚約し、結婚式まであと2カ月となった頃に以前から憧れていた同じ職場のAさんに告...
神崎メリ 2020-08-09 06:00 ラブ
FILM
 告白をしようと考える時、「フラれたらどうしよう?」と、誰もが不安になるものです。しかし、待ってばかりでは二人の関係は進...
恋バナ調査隊 2020-08-09 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。世の中、勘が鈍く察しの悪い人もいれば直感が鋭く物事の本質をすぐに察してしまう...
山崎世美子 2020-08-10 16:49 ラブ