俺がルールだ!ドン引きしたモラハラ夫の狂気言動ワースト3

犬田さちこ シンママライター
更新日:2019-12-30 06:34
投稿日:2019-12-30 06:00

交際20年間で悟った狂気エピソード

ぎょっとする話かもですが…読んでください!(写真:iStock)
ぎょっとする話かもですが…読んでください! (写真:iStock)

 こんにちは、モラハラ夫と10年間の交際期間に加え、約10年間もの地獄の結婚生活してしまった犬田です。前回は結婚してしまったいきさつや、結婚したとたん支配的になった話などさせていただきました。今回は、結婚後ドン引きしたモラハラ夫の行動実例を詳報しますね。多々ある最低エピソードの中でも、狂気を感じる3つをご紹介します。

 いつもは仕事(本当か!?)で留守にしがちな夫なんだけれど……というご夫婦も、年末年始はいつもより一緒にいる時間が増えるかと思います。程度の差はあれど、ちょっと、振り返ってみませんか? もちろん、結婚前提で交際中のカップルの方も。本当、これらの言動、全部ガチなんです……(涙)。

1. インフルエンザにかかった妻をクローゼットに閉じ込める

 これは子どもがまだ1歳ぐらいだったときのこと。私がインフルエンザになってしまい、高熱が出た日がありました。フラフラになりながらもワンオペで育児を頑張ったところに、仕事を終えた夫が深夜帰宅。ああ、助かった~と思いきや!

「予防できるインフルエンザにかかるなんて、自己責任。大黒柱の俺に移すな」

 と言われ、主寝室のベッドを追放されました。真横にあったウォークインクローゼットに布団を敷いて閉じ込められ、子どもに授乳するときだけ寝室へ入れるシステム……。

 いや、地獄。いびられてる使用人ですか? フィクション並みのいじめ!

 具合が悪くて反論も抵抗もできませんでしたが、もう悲しいとか悔しいを飛び越えて、人間の心持ってないぞアイツ……っていう恐怖を感じました。絶対離婚しようと決意した日でもあります。

 後日、モラハラ夫は、「寝室がもうひとつあって、ベッドがもう1台あればクローゼットで寝る必要はなかった。俺がクレイジーなわけではなく、間取りが悪いだけ」と、部屋のせいにしましたが、だからってクローゼットに押し込めることをためらわないところが本当に悪魔。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


付き合って後悔する男性の5つの特徴&後悔した時の対処方法
 ずっと思い続けていた男性と付き合えることになれば、誰だって嬉しいものです。しかし、中には彼のことをよく知らないまま好き...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
彼氏がほしくなる5つの時期♡ ほしくなったらすべきこと
 彼氏がほしいと思っている人の中には、「今まで、そんなことまったく思わなかったのに……」という人もいるでしょう。実は、彼...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
自分で引き寄せて♡ モテ期を呼びこむスピリチュアル行動4選
 人生に何度か訪れる「モテ期」を経験したことがある人も多いでしょう。中には「私のモテ期は終わった」なんて、思っている人も...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
見た目重視な「面食い男性」に隠れた心理&落とすテクニック
 女性と同じく、男性にもそれぞれ好みやタイプがあります。「人は見た目じゃない」とも言いながらも、中には明らかに女性を見た...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
恋人未満な関係はもうウンザリ…セフレと本命彼女の違いとは
「セフレと本命の彼女の違いってなんだろう……」  友人のアラサー女子に相談されたのですが、皆さんはどう答えますか? そ...
若林杏樹 2021-12-01 06:00 ラブ
仕事を優先する彼氏の隠れた心理&うまく付き合う5つの方法
 彼氏ができたら休日のたびにデートしたり、まったりとおうちで過ごしたいと考えている女性が多いでしょう。しかし、男性の中に...
恋バナ調査隊 2021-12-01 06:25 ラブ
浮ついた心に刺さる! 彼氏に浮気をやめさせる効果的な言葉
 大好きな彼氏がほかの女性と浮気をしていたら、本当に辛く、傷つきますよね。でも、感情に任せて責めたところで、逆効果になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-30 06:00 ラブ
自分のお金は自分だけのもの! 鬼嫁たちの呆れた金銭感覚
 鬼嫁は常に自分のことしか考えず、夫は「自分のために存在している人」でしかない様子。金銭的な面についても、“結婚”という...
並木まき 2021-11-30 06:00 ラブ
思わず胸キュン♡ 彼氏が彼女を「可愛い」と思う瞬間5選!
 世の中の男性たちは、彼女のことを「可愛い」と思う瞬間、愛情がさらに深まっていくそう。そこで今回は、彼氏が彼女を「可愛い...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
彼女持ちの男性の4つの脈ありサイン&上手なアプローチ方法
 人を好きになる気持ちは、自分でコントロールできるものではありません。たまたま好きな人が彼女持ちだった……なんてこともあ...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
片思いが辛い…距離を置くべきタイミング&意外なメリット♡
 片思いがなかなか進展しないと「辛い」と感じてしまう人もいるでしょう。また、相手の男性との距離感がわからず、悩んでいる人...
恋バナ調査隊 2021-11-28 06:00 ラブ
女性から誘うのはアリ?男性が喜ぶ夜の誘い方&NG行動♡
 女性から男性に夜のお誘いをするのは、なかなか勇気がいるもの。「断られたらどうしよう」「ドン引きさせるのでは?」と不安に...
恋バナ調査隊 2021-11-28 06:05 ラブ
もし離婚したらこのまま…再婚を迫る浮気相手に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.66〜女性編〜」では、夫の浮気が発覚し、別居までは進んだものの、離婚には応じてもらえず苦悩を...
並木まき 2021-11-27 06:00 ラブ
夫は浮気相手と同棲中も…離婚話が進まず苦悩を抱える女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-11-27 06:00 ラブ
男性は女性の涙に弱いとは限らない? 状況で変わる男性心理
 昔から、男性は「女性の涙に弱い」と言われてきました。でも実は、“女性の涙”といっても、状況によって男性が感じる感情は大...
恋バナ調査隊 2021-11-27 06:00 ラブ
“縁がある人”って? 5つの特徴&出会いのタイミング♡
 あなたは今まで、「この人とは、なんだか不思議と縁を感じる……」と思った経験はありますか? そんなふうに“縁”を感じられ...
恋バナ調査隊 2021-11-26 06:00 ラブ