恋愛&出会い運アップに期待大!春の門出の「スイートピー」

斑目茂美 開運花師
更新日:2020-01-23 15:46
投稿日:2020-01-18 06:00

女性として夢のような年の重ね方

花市場のショーウィンドーには今イチオシ商品が並びます
花市場のショーウィンドーには今イチオシ商品が並びます

 昨年末の紅白歌合戦をご覧になった方、大変多いと思います。ワタクシは仕事中でございましたので、お正月にゆっくりと拝見させていただきました。

 綾瀬さんのMCも今回で3回目。ハラハラドキドキ、綾瀬さんが完全に主役になっていたあのシビれる初回伝説MCに比べるとだんだん無難になってきて、個人的にはイケナイのですがちょっぴり寂しくもありました(*´∀`*) 

 king&princeを見れば「ジャニーズに新種の妖精が現れた」と狂喜乱舞し、ビートたけしさんの歌を拝聴しながら号泣し、氷川きよしさんの「カミングアウトなの?」吹っ切れ熱唱に感心し……しかし、トリに近いところで松田聖子さんがご登場なさった時にはワタクシ思わずメガネをかけて何度も繰り返し登場シーンの静止画面を見てしまいました。

「この方はもはや地球人にあらず……」

 剥きたてのツルツルゆで卵のような白い肌。美しく艶やかな髪、全く無理なく着られるあのヒラヒラドレス……ワタクシの記憶が正しければ、確かあとわずか数年で昔だったら「GO TO 姥捨て山」のお年のはずの方なのに、昔と変わらないキーで懐かしのヒットソングメドレーを歌いながら踊っていらっしゃる。いよいよ動画を見ながらワタクシも聖子ちゃんと一緒にノリノリで歌っちゃったりして~。

 一体何を食べたら、ああなるのか。もしや生き血でも飲んでいるのではなかろうか……などと思いながら「赤いスイートピー」を一緒に歌う気満々で心の準備をしていたら……一向に歌わねぇ……ジリジリしながら結局歌わないうちに終了。入れといて~メドレーに「赤いスイートピー」を〜!

 ……ということで、今週は「連理の花 スイートピー」の解説でございます。

恋愛・出会い運を引き寄せる、門出の花

さぶ店長、甘い香りにうっとり
さぶ店長、甘い香りにうっとり

 寒い冬のさなか、お花屋さんを覗くとピンクや黄色の柔らかくて可愛らしいスイートピーが並び始めます。甘く(sweet)香るマメ科(pea)のお花「スイートピー」は、今や冬から春にかけての品種ばかりではなく、「サマースイートピー」をはじめ一年中楽しめる品種も登場してまいりました。

 17世紀にイタリアのシシリー島で発見されたスイートピーが日本にやってきたのは江戸時代末期。そして栽培が行われたのは大正時代からだといわれております。スイートピーをよく見ると、ヒラヒラとした可愛らしい花の様がまるで今にも飛び立つ直前の蝶のように見えることから、花言葉も「門出」や「別離」「優しい思い出」「私を忘れないで」などなど……ネガティブな別れというより「旅立ち」を意味する、前向きな印象の花言葉のお花のようでございます。

 トップシーズンがちょうど今頃から3月の「卒業式」シーズンという部分や、素敵な花言葉とあいまってスイートピーは卒業式、卒園式の会場装飾や花束、そして会社の異動の花束にと大活躍。お作りする商品に我々お花屋さんの気持ちも込めてスイートピーは非常に使用頻度の高いお花なのでございます。

 スイートピーの特徴はなんといっても、柔らかく可愛らしい花弁と優しい香り。日本名は素敵な香りという部分で「ジャコウエンドウ」や「ジャコウレンリソウ」と呼ばれます。野原で見かけるマメ科のなんとも可愛らしく小さなスイートピーのようなお花「連理草」も同じ仲間でございます。

 ワタクシが子供の頃、学校の校庭の片隅に咲く花を摘んで作った小さな花束をお家に持ち帰ると、「食べるものがない時、茹でておひたしにしてよく食べたわよ、この花」と母が言っていたのが「ハマエンドウ」と呼ばれた「連理草」でございました。

「連理」というと連想するのが「比翼連理」。「比翼の鳥」と「連理の枝」つまりは男女の深い契りのたとえでございます。「連理草」は小葉が繋がった一本の対生する葉のように見え、「連理の枝」をイメージすることからこの名前がついたようでございますが、スイートピーの和名「麝香連理草」(ジャコウレンリソウ)は香りのする連理(男女の契り)草なのだと思うと、そんな名を付けるセンスの昔の人が本当に叙情的で素晴らしい……とムラムラ感心してしまいます。

 風水的にいってもスイートピーは恋愛運や出会い運をアップすると言われております。しかも飾れば人間関係もスムーズになるとも言われておりますので、パートナーとちょっぴり喧嘩しちゃったアナタ。オレンジ色のスイートピーを飾ってみてはいかがでしょうか?

1月21日はスイートピーの日

これだけポスターがあれば嫌でも忘れません
これだけポスターがあれば嫌でも忘れません

 1月21日は「スイートピー日」でございます。花弁が左右対称で3種類の花弁が各々1枚、2枚、1枚であることから「121」で1月21日になったとのことでございます。くしくも、この日は聖子ちゃんのあの名曲「赤いスイートピー」の発売当日でございます!

 そして、なんと当時はスイートピーに赤なんぞ微塵も存在していなかった!というこの事実! 偶然なのにこのミラクル。もうね、売れるって運命だったのでござんすよ、きっと……「持ってる人」はやっぱり違います。

 スイートピーの本領発揮はこれから。恋愛運、出会い運をアップさせたいアナタ。優しく可愛らしいスイートピーをお迎えしたアナタに、素敵な出会いがありますように……遠いお空の向こうからお祈りしておりますよ~。

ライフスタイル 新着一覧


日常生活、無理…! しんどいことがあったときの持ち直し方
 失恋、離婚、対人関係、仕事の失敗……悲しいかな、大人になっても打ちのめされてしまうようなショックな出来事は時折やってき...
7月26日~8月1日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
中に入れるかにゃ?カメラバッグをチェックする“にゃんたま”
 きょうは、猫に大人気のカメラバッグに忍び寄るにゃんたまω君。  カメラバッグの蓋を開けたら、猫が入って眠っている...
熟年夫婦のLINEが面白すぎる♡ 誰もが憧れるやりとり5選
 世の中には数多くの夫婦がいますが、ラブラブ夫婦が長い年月を一緒に過ごして熟年夫婦になると、2人だけにしかわからない世界...
町田薬師池公園で大賀ハスのロマンに酔う 2021.7.24(土)
 東京・町田市の薬師池公園の大賀ハスが見ごろということで、早起きして行ってきました! 「大賀ハス」は植物学者・大賀...
これもダメ?年下に“おばさんLINE”と思われる特徴5つ
 普段、何気なく送っているLINE、もしかしたら年下の友人や彼氏に「おばさんLINE」だと思われているかもしれません。流...
初恋の気持ちを思い出す…ミステリアスな“にゃんたま”青年
 いつかどこかで出逢ったにゃんたまω青年は、美しい佇まいにセンチメンタルな眼差しでした。ちょっとミステリアスな雰囲気で、...
コロナ禍で転業を考え始めたイケメンカフェ店員の胸の内
 緊急事態宣言が発令され、街の人出が減るなか、密やかに営業を続けて穴場となっているスポットはいくつもあります。実は、イケ...
大きな葉っぱが幸運を招き入れる「モンステラ」のスゴイ威力
「あんたが寝てる部屋の下には、水脈が走っている」  実年齢の割に元気に働くことが自慢だったワタクシでございますが、...
真似できる気がしない…お手入れ中の猫ヨガな“にゃんたま”
 きょうは、お腹いっぱいごはん後の、お手入れにゃんたまωにロックオン。  これぞ、“本家”猫ヨガ?……真似できる気...
7月19日~7月26日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
猫がとろける季節になりました 2021.7.19(月)
 7月も半ばを過ぎ、暑い日も増えてきました。気温の上昇とともに、だらしなくなっていく我が家の猫たちをご紹介します。
幸せホルモン放出!猫と一緒にいるだけで多幸感に包まれる♡
 樹木希林さんの遺作映画「日日是好日」の原作者として知られる森下典子さんのエッセイに「猫といっしょにいるだけで」という作...
思わず吹き出しちゃう♡ センスに溢れるLINE返信5選
 文章でやりとりするLINEは、声も聞こえず、表情も見えないけれど、相手の性格が出るもの。特に、頭の回転が早い人は、「お...
何も続かない…熱しやすく冷めやすい女性の特徴6つ&対処法
「恋愛が長く続かない……」「これ!という趣味が見つからない」と感じている女性には、熱しやすく冷めやすい性格の人が多いです...
お母さんが帰ってくる!早く甘えたくて駆け寄る“にゃんたま”
 夕刻の船着き場で出会ったにゃんたま君。  汽笛が聞こえ、もうすぐみんなの大好きなお母さんが帰ってくる!  ...