20代だけじゃない パパ活市場でアラフォー女性が人気のワケ

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2019-12-24 06:00
投稿日:2019-12-24 06:00
 女性が男性と食事やデートをし、その対価としてお金やプレゼントをもらう「パパ活」。ほとんどの場合、20代前半の女子が若さを切り売りして行うものだと思われていますが、パパ活市場ではアラフォー女性も意外と人気があるのです。ウケがいいアラフォー女性の特徴やアラフォー女性がパパ活をする理由などについて見てみましょう。

50代以上の男性からは「落ち着いた女性」が人気

アラフォーでも需要アリ!(写真:iStock)
アラフォーでも需要アリ! (写真:iStock)

 パパ活市場では、30〜70代以上の男性までがパパ活をしてくれる女性を探しています。もちろん若い女子の需要が高いのは確かですが、これは主に30〜40代の男性がパパである場合に多いようです。

 若い女子には20代の時にしか出せないピチピチ感や可愛らしさがありますが、例えば50代以上の男性にとっては「ジェネレーションギャップがありすぎてツライ」「何を話していいか分からない」存在であったりもするのです。

 そんな落ち着いた“パパ”からの需要が高いのがアラフォー女性。彼らがアラフォー女性に求めるのは「落ち着いていて話しやすい」「ジェネレーションギャップもなく会話がスムーズ」なことなどです。

 パパとなる男性の好みや関心、トピックに合わせて会話を合わせられる落ち着いた女性なら、アラフォーでもパパからの需要があるようです。

アンチエイジングや子育て費用を理由に

子どもの教育費に充てる人も(写真:iStock)
子どもの教育費に充てる人も (写真:iStock)

 20代の女子に比べると、アラフォー世代では経済力を持つ女性も多いでしょう。しかし、結婚や出産というステージに移行し、子育てや家事にお金を取られすぎて自分のお金が持てない、という女性も少なくありません。

 パパ活をするアラフォー女性の中には、そんな理由から「自分の服を買うお小遣いが欲しい」「アンチエイジング費用がほしい」とパパ活を始める女性もいるようです。

 また、子育て資金を貯めるためにという女性もいます。「子どもの中学受験のため」「浪人費用のため」など、アラフォーならではのお金の使い方を考えているのです。

 アラフォーでもパパ活する女性にはそれなりの理由があり、だからこそ、一定数の供給もあるわけです。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


お母さんのおもしろ誤字LINE5選!なんでそうなっちゃった?
 現代の家族間での連絡手段といえば、やはり主流は「LINE」でしょう。そんな家族LINEには、面白い内容がたくさん! 特...
デキる大人は見逃さない!メンタルが弱っているサイン6選
 あなたは自分のことをどのくらいよく分かっているでしょうか。私はそろそろ大人歴(20歳が大人のスタート)が10年になろう...
ぐっすり眠る“にゃんたま”をクンクン…乙女心の行方は?
 きょうは、無防備に眠るにゃんたま君に忍び寄る……の巻。  ゆっくりゆっくり、にゃんたまωにそ~っと顔を近づけるの...
アナタの観葉植物は大丈夫? 不調の原因&冬のお手入れ3カ条
 今年もなんだかんだで残すところ、あと1カ月ちょっと。  思えばほとんどが緊急事態宣言下だった今年、ようやく少し賑...
息子のお友達から“シングルマザーだもんね!”と言われた日
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
11月22日~28日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
自分の魅力を熟知! クールな視線がかっこいい“にゃんたま”
 カッコいいにゃんたまωポーズ、クールな視線、キマッてるね!  にゃんたま君は自分の魅力を知っていて、写真の撮られ...
多頭飼いは“つかず離れず”がちょうどいい 2021.11.21(日)
 我が家には2匹の猫がいます。マンチカンのもん様こと主水、スコティッシュフォールドのこっちゃんことコロナ。  もん...
恥ずかしすぎて消えたい…職場グループに送った誤爆LINE5選
 職場のグループLINEは、仕事を円滑に進めるために、今や欠かせないものでしょう。でも、あろうことかそんな職場LINEに...
破壊力ありすぎ! おばあちゃんから届いた“勘違いLINE”5選
 いろんな時代や多くの困難を経験して乗り越えてきたおばあちゃんたちって、本当にたくましいですよね。ガラケー時代をなんなく...
無意味どころか不可能?!他人との比較が無駄といわれるワケ
 他人と比較しても意味がない——。そんな言葉を毎日のように目にします。この認識が広まるのはとても大切だと思いますし、みん...
まるでドラえもん! もふもふのお腹が魅力的な"にゃんたま”
 きょうは、ふしぎなポッケを持っていそうな、ドラえもんみたいなにゃんたま君です。  丁寧な毛繕いで、ふわっふわにな...
見た目のインパクトがすごい!「フウセントウワタ」の魅力
 近年、猫の細かなパーツに特化した、写真やグッズが人気のようでございます。  猫の肉球やお尻、足、シッポなどいわゆ...
嫌いな同僚と上手に付き合うには?6つのポイント&NG行動
 職場にはさまざまな年代、価値観の人が働いているため、中には「どうしても、気が合わない」と思う人もいるでしょう。中には、...
「激坂最速王決定戦2021」参戦レポ 2021.11.16(火)
 緊急事態宣言も解除され、徐々にスポーツイベントも開催されるようになりましたね。マラソンが趣味の筆者は、11月13日に行...
“離婚”をどう話す? 4歳の息子は「仲直りしたら?」と言った
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...