20代だけじゃない パパ活市場でアラフォー女性が人気のワケ

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2019-12-24 06:00
投稿日:2019-12-24 06:00
 女性が男性と食事やデートをし、その対価としてお金やプレゼントをもらう「パパ活」。ほとんどの場合、20代前半の女子が若さを切り売りして行うものだと思われていますが、パパ活市場ではアラフォー女性も意外と人気があるのです。ウケがいいアラフォー女性の特徴やアラフォー女性がパパ活をする理由などについて見てみましょう。

50代以上の男性からは「落ち着いた女性」が人気

アラフォーでも需要アリ!(写真:iStock)
アラフォーでも需要アリ! (写真:iStock)

 パパ活市場では、30〜70代以上の男性までがパパ活をしてくれる女性を探しています。もちろん若い女子の需要が高いのは確かですが、これは主に30〜40代の男性がパパである場合に多いようです。

 若い女子には20代の時にしか出せないピチピチ感や可愛らしさがありますが、例えば50代以上の男性にとっては「ジェネレーションギャップがありすぎてツライ」「何を話していいか分からない」存在であったりもするのです。

 そんな落ち着いた“パパ”からの需要が高いのがアラフォー女性。彼らがアラフォー女性に求めるのは「落ち着いていて話しやすい」「ジェネレーションギャップもなく会話がスムーズ」なことなどです。

 パパとなる男性の好みや関心、トピックに合わせて会話を合わせられる落ち着いた女性なら、アラフォーでもパパからの需要があるようです。

アンチエイジングや子育て費用を理由に

子どもの教育費に充てる人も(写真:iStock)
子どもの教育費に充てる人も (写真:iStock)

 20代の女子に比べると、アラフォー世代では経済力を持つ女性も多いでしょう。しかし、結婚や出産というステージに移行し、子育てや家事にお金を取られすぎて自分のお金が持てない、という女性も少なくありません。

 パパ活をするアラフォー女性の中には、そんな理由から「自分の服を買うお小遣いが欲しい」「アンチエイジング費用がほしい」とパパ活を始める女性もいるようです。

 また、子育て資金を貯めるためにという女性もいます。「子どもの中学受験のため」「浪人費用のため」など、アラフォーならではのお金の使い方を考えているのです。

 アラフォーでもパパ活する女性にはそれなりの理由があり、だからこそ、一定数の供給もあるわけです。

ミクニシオリ
記事一覧
フリーライター
フリーランスの取材ライター・コラムニスト。ファッション誌や週刊誌、WEBSITEメディアなどで幅広く活動。女性向けのインタビュー取材や、等身大なコラム執筆を積極的に行う。いくつになってもキュンとしたい、恋愛ドラマと恋バナ大好き人間。
XInstagram

ライフスタイル 新着一覧


【45歳からの歯科矯正】ワイヤー装着し14カ月、別のワイヤー着けた!?
 昨年4月に歯科矯正(表側のワイヤー矯正)を始め、14カ月が経ちました。「やり始めてしまえば、あっという間ですよ」(主治...
【独自】ホスト嫌いのラッパーが歌舞伎町に喝!「ポンコツどもを俺が鍛える」RYKEY DADDY DIRTYインタ
 東京・八王子に生まれ、中学生の頃から暴走族やギャングといったアウトローの世界を生きてきたラッパー、RYKEY DADD...
【独自】全身タトゥーや元受刑者も⁉️ 歌舞伎町に誕生したラッパーだらけのホストクラブが異次元だった
 なにかと悪評が絶えないホストクラブ業界の聖地、新宿・歌舞伎町に斬新すぎるお店が誕生。人気ラッパーで発信力も持ち、インフ...
大バズり流行語5選、理解してる?40代でも話についていけるように解説
 2024年も半分が過ぎ、振り返ると今年の上半期もさまざまな流行語が登場しました。40代の皆さんが聞き馴染みのない言葉も...
330円って本気? 職人が作る高見えグッズ、ダイソー姉妹店で見つけた!
 ダイソーが提案する新しいブランド「スタンダードプロダクツ」で、日本が誇る職人技の商品をコスパ良くゲットしてきました。 ...
現金より危険な面も…「電子マネートラブル」よくある事例と3つの対策法
 近年、現金を持ち歩かず、電子マネーを利用する人が増えていますが、それに伴って急増しているのが、電子マネートラブルです。...
親子でしっぽシマシマ隊! チビ“たまたま”がすくすく育ちますように
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
命がけで庭の雑草駆除、今年もやるの?ローメンテを叶える夏の雑草対策
 雑草が気になる季節になりました。「雑草」という植物なんて無いねえ~と言われちゃえばそれまでですが、道端はまぁいいとして...
トレンド入り「猫ミーム」インフルエンサーの投稿じゃないのになぜバズる
 2024年春、突如日本のSNSシーンで流行し始めた「猫ミーム」というカルチャー。日本だけでなく、今世界で流行し、そして...
え、ハブられてる? ママ友に嫌われる言動ランキング&上手に付き合う術
 子育て中の女性が必ず直面する「ママ友との付き合い」。気の合う人に出会えれば、情報交換や悩みごとを共有できる仲間として心...
カスハラとクレームの違い 料理が30分経っても出ないから文句言ったら?
 パワハラ、セクハラ、モラハラ…。最近何かと「ハラスメント」という言葉を耳にしますよね。その中でもここ数年でよく見聞きす...
「風呂キャンセル界隈」失敗談 足の臭いでバレ!自分を奮い立たせる方法
 ネットスラングで「風呂キャンセル界隈」というワードが話題になっています。読者の皆さんの中にも、その日の入浴をキャンセル...
丸見え族、参上! うさぎシッポの“たまたま”君にロックオン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
何をそんなに怒っているのだ?
 何をそんなに怒っているのだ?  東京都庁近くにて。
ほっこり癒し漫画/第75回「ヘルプみーこ」(後編)
【連載第75回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
【難解女ことば】「小女子」ってなんて読む? ヒントはご飯が進むもの。
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...