“そこそこの美人”ほど悪い男に騙されやすい理由とその回避術

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2020-01-25 06:00
投稿日:2020-01-25 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の相談室に来られる方の3大テーマは、「浮気された」「離婚を考えている」「彼の気持ちがわからない」――。この3つのうち、特に「彼の気持ちがわからない」という女性は離婚や浮気の悩みと違い、相手を信じようと努力して振り回されています。
 そういう方に共通するのが、何故か“そこそこ美人”でダマされているということ。言い方は悪いですが、“そこそこ美人”はなぜダマされるのでしょうか。その心理を読み解いて、遊ばれていることに気づくコツをご紹介しましょう。

軽い褒め言葉にご注意

「かわいいよね」「めっちゃ美人」

 飲み会やコンパで男性からそんなふうに褒められる女性は、どんな人だと思いますか。誰もが認めるような超美人さんではありません。“そこそこ美人”です。もちろん、面倒くさそうな男性なら、嫌でしょうが、そうでなくても嫌な気はしません。マズマズな顔の男性なら女性も受け入れやすいですね。

 トラブルもなく異性から時々チヤホヤされる。そんな経験を重ねると女性は次第に自信が芽生えます。その自信が、男性受けするオーラに磨きをかけ、声をかけられると「私に気があるのかな」という思考回路がスムーズにつながりやすく、相手に気を許すのです。

 男性目線で考えてみましょう。男性が「めっちゃかわいい」と気軽に声をかける女性は、とりあえず落とすため。その日のうちの肉体関係を望んでいるかはともかく、落とすための文句です。好きとか惚れているという段階ではありません。

 女優の北川景子さんのような女性に向かって、「美人ですね」「かわいいねー」と声をかけることはないはずです。一つ目の教訓として、軽い褒め言葉は挨拶代わりだと思い聞き流せということです。

古今東西、簡単にカラダを許すべからず

 男性も女性も本気で相手に好意が芽生えたら、デートに誘うときは緊張します。当然、入念に下調べしたり、準備したりするでしょう。そんな心理を踏まえると、「お願いだから1回だけデートして!」という男性の軽い誘いは、本気度が低い証拠です。ところが、“そこそこ美人”は、相手の言葉をほとんど疑いません。褒められたときに、たまたま彼氏がいなかったり、会社でトラブってイラついていたりすると、「1回くらいならいいかぁ」と受け入れると相手の思うツボです。

 ここが最初の関門で、男性の言葉を疑わない“スルーハート”が「彼の気持ちが分からない」状態の根底にあります。さらに突っ込んで説明しましょう。

 ヤリモクの男性と一度関係を持つと、立場が逆転します。“そこそこ美人”はデートを受け入れたことで「交際がスタートした」と思う反面、マズマズ男の頭の中は「エッチできてミッション完了」です。のらりくらりとした態度になり、“そこそこ美人”の会いたいという要求をかわすために“忙しい”という言葉を頻繁に使うようになります。

 スタート当初は「彼が私に惚れているはず」と女性は思い、その前提があるから、ちょっとした違和感があるたびに、「私のこと好きなはず」なのに、彼の気持ちが分からないとなるわけです。それで彼を振り向かせようと、追いかける恋愛にシフトしていき苦しさが募ります。

 今も昔も変わらない恋愛のコツ。簡単にカラダを許すのはやめること。月並みですがこれに尽きます。女性は値打ちを上げてナンボです。

山崎世美子
記事一覧
男女問題研究家
「平成の駆け込み寺」として、人間関係、男と女をテーマとし、さまざまな悩みを抱える相談者に的確なアドバイスを送り、心のケア・親身なカウンセリングで一躍人気者となる。TV、ラジオ、雑誌、さらに講演会などからも依頼が多数。いま最も注目されている専門家である。YouTube「せみこの恋愛大学」毎週水曜配信中。
公式HPブログInstagramTikTok

関連キーワード

ラブ 新着一覧


マチアプに“借金男子”が増殖中!生活苦を訴え、カネを無心。助けを求められたら即すべきことは…
 マッチングアプリで近ごろ見かけるのが「借金男子」です。支払いが大変なので、支援してくれる女性いませんか、と呼びかけてい...
内藤みか 2024-07-25 06:00 ラブ
夫婦喧嘩は“自ら折れる”で片付ける!賢い妻は謝罪感謝をポチってハイ終了
 夫婦喧嘩をする時、自分から折れるのは悔しいと感じてしまいがち…。  でも実は、夫婦喧嘩は自ら謝ったほうが問題は解...
恋バナ調査隊 2024-07-24 06:00 ラブ
「レス離婚」は夫に慰謝料請求可能?弁護士に相談したら意外な答えが…
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  実は先日...
豆木メイ 2024-07-23 06:00 ラブ
封筒の中からオンナの毛髪が…もう恋愛したくない! ゾッとした体験談4選
 あなたは、恋愛で怖い思いをした経験があるでしょうか?  今回は、女性たちに“ゾッとした体験談”について話してもらいま...
恋バナ調査隊 2024-07-22 06:00 ラブ
すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ