“そこそこの美人”ほど悪い男に騙されやすい理由とその回避術

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2020-01-25 06:00
投稿日:2020-01-25 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の相談室に来られる方の3大テーマは、「浮気された」「離婚を考えている」「彼の気持ちがわからない」――。この3つのうち、特に「彼の気持ちがわからない」という女性は離婚や浮気の悩みと違い、相手を信じようと努力して振り回されています。
 そういう方に共通するのが、何故か“そこそこ美人”でダマされているということ。言い方は悪いですが、“そこそこ美人”はなぜダマされるのでしょうか。その心理を読み解いて、遊ばれていることに気づくコツをご紹介しましょう。

軽い褒め言葉にご注意

軽い褒め言葉に浮かれてはいけない(写真:iStock)
軽い褒め言葉に浮かれてはいけない (写真:iStock)

「かわいいよね」「めっちゃ美人」

 飲み会やコンパで男性からそんなふうに褒められる女性は、どんな人だと思いますか。誰もが認めるような超美人さんではありません。“そこそこ美人”です。もちろん、面倒くさそうな男性なら、嫌でしょうが、そうでなくても嫌な気はしません。マズマズな顔の男性なら女性も受け入れやすいですね。

 トラブルもなく異性から時々チヤホヤされる。そんな経験を重ねると女性は次第に自信が芽生えます。その自信が、男性受けするオーラに磨きをかけ、声をかけられると「私に気があるのかな」という思考回路がスムーズにつながりやすく、相手に気を許すのです。

 男性目線で考えてみましょう。男性が「めっちゃかわいい」と気軽に声をかける女性は、とりあえず落とすため。その日のうちの肉体関係を望んでいるかはともかく、落とすための文句です。好きとか惚れているという段階ではありません。

 女優の北川景子さんのような女性に向かって、「美人ですね」「かわいいねー」と声をかけることはないはずです。一つ目の教訓として、軽い褒め言葉は挨拶代わりだと思い聞き流せということです。

古今東西、簡単にカラダを許すべからず

関係を持ったことで立場が逆転?(写真:iStock)
関係を持ったことで立場が逆転? (写真:iStock)

 男性も女性も本気で相手に好意が芽生えたら、デートに誘うときは緊張します。当然、入念に下調べしたり、準備したりするでしょう。そんな心理を踏まえると、「お願いだから1回だけデートして!」という男性の軽い誘いは、本気度が低い証拠です。ところが、“そこそこ美人”は、相手の言葉をほとんど疑いません。褒められたときに、たまたま彼氏がいなかったり、会社でトラブってイラついていたりすると、「1回くらいならいいかぁ」と受け入れると相手の思うツボです。

 ここが最初の関門で、男性の言葉を疑わない“スルーハート”が「彼の気持ちが分からない」状態の根底にあります。さらに突っ込んで説明しましょう。

 ヤリモクの男性と一度関係を持つと、立場が逆転します。“そこそこ美人”はデートを受け入れたことで「交際がスタートした」と思う反面、マズマズ男の頭の中は「エッチできてミッション完了」です。のらりくらりとした態度になり、“そこそこ美人”の会いたいという要求をかわすために“忙しい”という言葉を頻繁に使うようになります。

 スタート当初は「彼が私に惚れているはず」と女性は思い、その前提があるから、ちょっとした違和感があるたびに、「私のこと好きなはず」なのに、彼の気持ちが分からないとなるわけです。それで彼を振り向かせようと、追いかける恋愛にシフトしていき苦しさが募ります。

 今も昔も変わらない恋愛のコツ。簡単にカラダを許すのはやめること。月並みですがこれに尽きます。女性は値打ちを上げてナンボです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
男性が追いかけたくなる女性の特徴&虜にするLINEテク♡
 どうせ恋愛をするなら、追いかける恋よりも追われる恋をしてみたいですよね♡ でも、そのためにはまず、「男性が追いかけたく...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
年下男性の6つの脈なしサイン…諦めずに射止める方法は?
 近年、年下男性と付き合う女性が増えています。年下男性というと、一見、頼りなさそうなイメージですが、だからこそ母性をくす...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
彼はどう? 結婚に向いていない男性の特徴5つ&今後の選択肢
 結婚できたからといって、必ずしも幸せになれるとは限りません。理想の結婚生活を叶えるためには、相手選びが重要! そこで今...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
モテる♡ “あざと可愛い”女性の5つの特徴&目指すポイント
 “あざと可愛い”女性というと、同性から見るとあまり良いイメージは湧かないかもしれません。でも、あざと可愛い女性は男性に...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:00 ラブ
彼からのサプライズの結婚指輪が気に入らない…対処法4つ
 結婚指輪は、一生つけるもの。だからこそ、妥協せずに選びたいですよね。でも、中には彼がサプライズで用意してくれていたとい...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:01 ラブ
失恋から立ち直る時間が早い人と遅い人の違い&立ち直る方法
 失恋は、誰にとっても辛いもの。どんなにモテる人でも、愛する人との別れはダメージが大きいでしょう。しかし、その失恋から立...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
まさかのプロポーズ失敗…相手をがっかりさせた体験談5選
 プロポーズは男性からする場合も女性からする場合も、一世一代の大勝負!でも、念入りに計画を立てて、いざプロポーズをしたの...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
脈なしかも…片思いを諦めるべきタイミング&諦める方法
 片思いを続けていると、諦めるタイミングがわからなくなることがあります。そこで今回は、辛い片思いを諦める方法や、諦めるべ...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
男性がうんざりする女性の行動7選!LINE方法にも要注意
 男性は、女性の行動にうんざりしてしまうことがあります。女性側としては、男性に一生懸命尽くしているつもりでも、かえって逆...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
浮気じゃないと言うけど…女性部下を可愛がる夫に募る苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
妻が嫌がるのは承知も…女性部下はソウルメイトと開き直る夫
「冷酷と激情のあいだvol.48〜女性編〜」では、特定の女性部下を特別扱いする夫に苦慮する妻・Fさんの悲痛な声をご紹介し...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
ナルシスト男性を攻略♡ 上手な落とし方&疲れない付き合い方
 ナルシストな男性と聞くと、悪いイメージを持つ人も多いですよね。でも中には、努力家で自信に満ちている魅力的な男性も多いの...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ
彼からずっと愛される女性は何が違う? 5つの特徴&NG行動
 多くの女性が、大好きな彼からずっと愛される女性でいたいと思っているでしょう。しかし、現実は価値観の違いやマンネリ化が原...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ
逆効果! 間違いモテ仕草4つ&モテるorモテないの境界線は?
 男性がドキッとする「モテ仕草」は、多くの雑誌やサイトでも紹介されていますよね。でも実はそれ、男性から見るとただの下心見...
恋バナ調査隊 2021-07-22 06:00 ラブ