仕事にも悪影響が…“夫の飲み会”への鬼嫁からの仰天指令3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-01-27 06:00
投稿日:2020-01-27 06:00
 鬼嫁がつくる家庭ルールの中には、思わず夫に同情したくなるほど過酷なものも少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな鬼嫁ルールから、飲み会にまつわる仰天な指令をご紹介します。

1:飲み会と同額のお小遣い要求ルール

俺の飲み会会費と同額のお小遣いを要求されて…(写真:iStock)
俺の飲み会会費と同額のお小遣いを要求されて… (写真:iStock)

「ウチの嫁は俺が飲み会に行くとなると、かなり露骨に不機嫌になりヒステリックに俺を罵ります。

 以前はイヤミや文句を言ってくるだけだったのが、最近になって、トンデモルールを設定してきました。

 その内容がかなりヤバくて、俺の飲み会会費と同額のお小遣いを自分が使うという内容。たとえば飲み会で5,000円かかったら、嫁も翌日には5,000円をお小遣いにするわけです。

 稼ぎがあればいいんだろうけど、嫁は『働きたくない』だけを理由に専業主婦だし、俺の稼ぎはそこまで良くないし……。

 遊びで飲み会に出てるわけではないのに、嫁のトンデモルールのせいで、我が家はどんどん困窮しています」(34歳男性/建設)

 ◇  ◇  ◇

 夫だけが楽しい思いをするのを許せない女性ほど、“飲み会”に関するトンデモルールを提案しがち。仕事の付き合いで仕方なく参加している飲み会に対して、勝手なルールを設けられれば、ウンザリするのも夫の心理でしょう。

2:参加者の写真送信と交友関係へのダメ出しルール

写真撮らなきゃ…(写真:iStock)
写真撮らなきゃ… (写真:iStock)

「浮気疑惑なのかわからないんですが、気が強い妻から、飲み会に参加したときは全員の集合写真と、参加者ひとりずつとの2ショットをすべてLINEするよう指示されています。

 おかげで、仕事仲間からは、俺が無類の写真好きだと思われていますね。

 それで、その写真を見た妻から『この人は人相が悪いから、縁を切れ』とか『この人はお金がありそうだから、近づいて、うまく付き合え』とか俺の交友関係に意見してきて、マジでウザい。

 だけど言い返すとヒステリックに騒ぐので、仕方ないから言われるがままにしていますが、何様だよって感じです」(34歳男性/製造)

 ◇  ◇  ◇

 飲み会の写真を強要するだけでも鬼嫁っぽさがありますが、その上、交友関係にも口出し……となると、かなり厄介な雰囲気。鬼嫁の勝手なダメ出しのせいで、仕事のチャンスを逃さないといいのですが……!?

3:営業飲み会すら年に3回までの身勝手ルール

仕事に欠かせない飲み会なのに(写真:iStock)
仕事に欠かせない飲み会なのに (写真:iStock)

「ウチの妻は、自分は家で毎晩晩酌するくせに、僕がお酒を飲むのは極端に嫌がります。

 それで、結婚して2年めには、妻から“飲み会参加は年に3回まで”という、謎のルールを一方的に言い渡されました。

 当時、僕から反論はしたものの、屁理屈を言ってギャーギャーと僕を攻撃してきたので、面倒で受け入れたルールです。

 だけど今年から営業に配属になり、飲み会に出ないと仕事にならない状況。それなのに妻に相談しても、相変わらず『年3回以上は禁止に決まってるでしょ』と言って、聞く耳をもってくれません。

 仕事だからと説明していますが『なら転職すれば?』と、どこまでも自分勝手な発言ばかり。自分のことしか考えていない妻の態度には、本気でウンザリです」(32歳男性/不動産)

 ◇  ◇  ◇

 酒席に出るのが仕事でも、それを許さない鬼嫁も。勝手なルールのせいで仕事に制約が出るのは避けたいですよね……。

まとめ

「飲み会」というだけで自分勝手なルールを一方的に押し付ける妻がいると、夫は苦悩を抱えがちです。仕事上、どうしても出たい飲み会にすら自由に参加できないとなれば、夫のストレスは相当なものでしょうね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 あなたは過去に彼氏に浮気された経験はありますか? 一度でもそのような経験があると、恋愛に奥手になってしまうもの。トラウ...
恋バナ調査隊 2020-02-17 06:00 ラブ
FILM
「性欲が強いか弱いかは、付き合ってみないと分からない」と、そんな風に思っていませんか?実は性欲が強い男女には、共通した特...
FILM
「自分の顔のここが許せない!」――。誰しも、自分の容姿に対して一つや二つ、コンプレックスや不満を抱いている箇所は持ってい...
七海 2020-02-16 06:00 ラブ
FILM
 スマホを開くたびに目に入る「不倫」をテーマにしたレディコミの広告。世の中の多くの人が、それらの問題に悩んでいるというこ...
ミクニシオリ 2020-02-16 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。文春砲によって不倫が暴露された俳優の東出昌大さん(31)は、妻子が住む自宅を...
山崎世美子 2020-02-15 06:00 ラブ
FILM
 雑談が致命的につまらない夫との会話では、ストレスを感じる妻も少なくないみたいです。それをきっかけに、夫婦のコミュニケー...
並木まき 2020-02-15 06:00 ラブ
FILM
 身長差のバランスが取れたカップルは、まわりから見てもとてもスタイリッシュに映るため、憧れの気持ちを抱く方も多いでしょう...
恋バナ調査隊 2020-02-15 06:00 ラブ
FILM
 ドライブデートというと、狭い車内で2人きり……。男性から誘われたら、ドキドキしますよね。しかも、相手が気になる男性なら...
恋バナ調査隊 2020-02-14 06:00 ラブ
FILM
 今年は暖冬だなあ、なんて思っていたら、あっという間にすぐそこまで春がやってきています。春といえば桜の季節、別れの季節、...
ミクニシオリ 2020-02-14 06:05 ラブ
FILM
 最近の若い男性は、筋トレに励む人がとても増えています。もちろん筋トレしてモテたいという気持ちは大きいのでしょうけれど、...
内藤みか 2020-02-13 06:00 ラブ
FILM
「出会った瞬間に一目惚れした!」そんな経験がある方は、どれくらいいるでしょうか。でも実は、一目惚れって、意図的に相手にし...
リタ・トーコ 2020-02-13 06:00 ラブ
FILM
 男女共にモテる人の共通点といえば「一途さ」。特に一途な女性は、男性陣が手に入れたいと思うポイントをたくさん持っているん...
恋バナ調査隊 2020-02-12 14:03 ラブ
FILM
「蛙の子は蛙」という言葉もありますが、鬼嫁の母親も同類で、辟易した体験をもつ夫もいるみたいです。  魑魅魍魎(ちみもう...
並木まき 2020-02-12 06:00 ラブ
FILM
 SNSで思いがけずイケメンに絡まれて「え、もしかして彼、私のことが好き?」とドキドキしてしまった、という話をよく聞きま...
内藤みか 2020-02-11 06:00 ラブ
FILM
 今回登場するのは“#ザン恋史上最大の残念男かもしれません!  普段の振る舞いは紳士的で、女性には華麗なエスコートをし...
田中絵音 2020-02-12 16:59 ラブ
FILM
 多くの男性は「女性には恥じらいを持って欲しい」と思っているようです。恥ずかしがって頬を赤らめる様子に、キュンとしてしま...
孔井嘉乃 2020-02-10 07:08 ラブ