仕事にも悪影響が…“夫の飲み会”への鬼嫁からの仰天指令3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-01-27 06:00
投稿日:2020-01-27 06:00
 鬼嫁がつくる家庭ルールの中には、思わず夫に同情したくなるほど過酷なものも少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな鬼嫁ルールから、飲み会にまつわる仰天な指令をご紹介します。

1:飲み会と同額のお小遣い要求ルール

俺の飲み会会費と同額のお小遣いを要求されて…(写真:iStock)
俺の飲み会会費と同額のお小遣いを要求されて… (写真:iStock)

「ウチの嫁は俺が飲み会に行くとなると、かなり露骨に不機嫌になりヒステリックに俺を罵ります。

 以前はイヤミや文句を言ってくるだけだったのが、最近になって、トンデモルールを設定してきました。

 その内容がかなりヤバくて、俺の飲み会会費と同額のお小遣いを自分が使うという内容。たとえば飲み会で5,000円かかったら、嫁も翌日には5,000円をお小遣いにするわけです。

 稼ぎがあればいいんだろうけど、嫁は『働きたくない』だけを理由に専業主婦だし、俺の稼ぎはそこまで良くないし……。

 遊びで飲み会に出てるわけではないのに、嫁のトンデモルールのせいで、我が家はどんどん困窮しています」(34歳男性/建設)

 ◇  ◇  ◇

 夫だけが楽しい思いをするのを許せない女性ほど、“飲み会”に関するトンデモルールを提案しがち。仕事の付き合いで仕方なく参加している飲み会に対して、勝手なルールを設けられれば、ウンザリするのも夫の心理でしょう。

2:参加者の写真送信と交友関係へのダメ出しルール

写真撮らなきゃ…(写真:iStock)
写真撮らなきゃ… (写真:iStock)

「浮気疑惑なのかわからないんですが、気が強い妻から、飲み会に参加したときは全員の集合写真と、参加者ひとりずつとの2ショットをすべてLINEするよう指示されています。

 おかげで、仕事仲間からは、俺が無類の写真好きだと思われていますね。

 それで、その写真を見た妻から『この人は人相が悪いから、縁を切れ』とか『この人はお金がありそうだから、近づいて、うまく付き合え』とか俺の交友関係に意見してきて、マジでウザい。

 だけど言い返すとヒステリックに騒ぐので、仕方ないから言われるがままにしていますが、何様だよって感じです」(34歳男性/製造)

 ◇  ◇  ◇

 飲み会の写真を強要するだけでも鬼嫁っぽさがありますが、その上、交友関係にも口出し……となると、かなり厄介な雰囲気。鬼嫁の勝手なダメ出しのせいで、仕事のチャンスを逃さないといいのですが……!?

3:営業飲み会すら年に3回までの身勝手ルール

仕事に欠かせない飲み会なのに(写真:iStock)
仕事に欠かせない飲み会なのに (写真:iStock)

「ウチの妻は、自分は家で毎晩晩酌するくせに、僕がお酒を飲むのは極端に嫌がります。

 それで、結婚して2年めには、妻から“飲み会参加は年に3回まで”という、謎のルールを一方的に言い渡されました。

 当時、僕から反論はしたものの、屁理屈を言ってギャーギャーと僕を攻撃してきたので、面倒で受け入れたルールです。

 だけど今年から営業に配属になり、飲み会に出ないと仕事にならない状況。それなのに妻に相談しても、相変わらず『年3回以上は禁止に決まってるでしょ』と言って、聞く耳をもってくれません。

 仕事だからと説明していますが『なら転職すれば?』と、どこまでも自分勝手な発言ばかり。自分のことしか考えていない妻の態度には、本気でウンザリです」(32歳男性/不動産)

 ◇  ◇  ◇

 酒席に出るのが仕事でも、それを許さない鬼嫁も。勝手なルールのせいで仕事に制約が出るのは避けたいですよね……。

まとめ

「飲み会」というだけで自分勝手なルールを一方的に押し付ける妻がいると、夫は苦悩を抱えがちです。仕事上、どうしても出たい飲み会にすら自由に参加できないとなれば、夫のストレスは相当なものでしょうね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-06-06 06:29 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-06-06 06:28 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。あの人気俳優の竹内涼真さん(27)との熱愛が報じられていたビズリーチのCM女...
山崎世美子 2020-06-06 06:30 ラブ
FILM
「バツイチ」――。この言葉、結構重い響きですよね。他意はなくとも、バツイチって言われるとうっすらと傷ついてしまいます。 ...
七味さや 2020-06-05 06:00 ラブ
FILM
 好きな人ができた時、自分からアプローチしていいのかと悩んでしまう女性は多いでしょう。でも、男性は意外と女性からのアプロ...
恋バナ調査隊 2020-06-05 06:00 ラブ
FILM
 あなたは、どんな男性に惹かれますか? 「ガツガツしていて男らしい人がいい」と答える女性も多いかもしれませんね。しかし、...
恋バナ調査隊 2020-06-04 06:00 ラブ
FILM
 外出自粛により、さまざまな「リモート」での交流が予想以上に広がりました。仕事に始まり、料理、飲み会、運動など……。たぶ...
ミクニシオリ 2020-06-04 06:00 ラブ
FILM
 ステイホーム中にも、不倫に明け暮れた男性は、決して少なくない様子。非常事態を迎えて不倫を清算した人も多いなか、自由な時...
並木まき 2020-06-03 06:00 ラブ
FILM
 関東出身の女性というと、「センスがよく、流行の先端!」「お嬢様が多い」というイメージを持っている方は多いでしょう。でも...
FILM
 コロナ禍で3密を避けるため、合コンのオンライン化がものすごい勢いで進んでいる昨今。すでに多くの男女がオンライン上で出会...
田中絵音 2020-06-02 06:00 ラブ
FILM
 好きな人に女性からアプローチするって、なかなか勇気がいるものです。でも、LINEを使えば、恋愛経験が少ない人でも気軽に...
恋バナ調査隊 2020-06-02 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性や大好きなカレにLINEでガンガン連絡し、返ってこないとモヤモヤしていませんか? ホレた人にLINEしたく...
若林杏樹 2020-06-01 06:00 ラブ
FILM
 理想の男性との運命的な出会いをする……そんなシチュエーションを夢見る女性は多いでしょう。でも、星の数ほどいる男性の中で...
恋バナ調査隊 2020-06-01 06:00 ラブ
FILM
 付き合って4年、別れてから2年が経つ元彼がいます。  すでに元彼には2年、付き合ってる彼女がいます。元彼とは定期...
神崎メリ 2020-05-31 06:24 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。緊急事態宣言は解除されましたが、外出時にマスクは必須、ソーシャルディスタンス...
山崎世美子 2020-05-30 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があり...
並木まき 2020-05-30 06:22 ラブ