夫も「恥ずかしい…」 鬼嫁が家族以外に繰り出す“鬼対応3選”

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-01-18 06:00
投稿日:2020-01-18 06:00
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。
クレーマーや勘違い女になっている妻に対し、夫たちが「恥ずかしい」とまで感じたという鬼嫁の暴走を、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきがご紹介します。

1:宅配便の配達員に早口でクレーム…

宅配員のスルースキルに感謝(写真:iStock)
宅配員のスルースキルに感謝 (写真:iStock)

「ウチの嫁は、虫のいどころが悪いと誰に対してもイライラをぶつけるんです。それでこの前は、宅配便の配達員が休日の朝9時に来たことがよほど気に入らなかったみたいで、せっかく配達に来てくれた人を相手に『人の安眠を勝手に妨害するな』『休日なんだから、午前指定の荷物でも来る時間を少しは考えて』って早口で文句を言っていました。

 宅配員は慣れているのか、サラッと流してくれてホッとしましたが、そのやりとりを聞いていて、嫁がただのクレーマーにしか思えず、配達の人に申し訳なかったし、僕が恥ずかしかったです」(39歳男性/SE)

 ◇  ◇  ◇

 お門違いとも言えるクレームを、早口でまくしたてる妻を目の当たりにすれば、恥だと感じるのが一般的な感覚……。妻の代わりに謝りたいと思う夫がいても、不思議ではありません。

2:夫も呆れる大声のイヤミ…

「開」ボタン一つで大騒ぎ(写真:iStock)
「開」ボタン一つで大騒ぎ (写真:iStock)

「マンションに住んでいますが、妻と一緒にいるときにエレベーターで他の居住者と一緒になると、僕はいつも気が気ではありません。

 と言うのも、妻は自分が乗るときにエレベーターの“開ボタン”を、誰かに押してもらわないと文句を言うんです。

 この前は、先に乗っていた居住者がそのボタンを押していなかったというだけで『世の中、自分さえ良ければいい人が増えたのね。嘆かわしい世の中だわ!』『エレベーターのボタンくらい、押してくれてもバチは当たらないのにね〜』だのって、その人に聞こえるように愚痴っていましたね。

 ぶっちゃけ、“開ボタン”を押してなくても余裕で乗れたし、そんなふうに自分の思い通りにならないと、大声でイヤミを言う性格は、一緒にいる僕が恥ずかしいし、本気でついていけないなって思います…」(42歳男性/飲食)

 ◇  ◇  ◇

 図太い性格になってしまった鬼嫁ほど、辛辣なイヤミを他人にも繰り出しがち。夫婦とはいえ、他人から、そんな鬼嫁と同類だとは思われたくない夫も多いことでしょう。

3:わがままな姫になりきる年増の妻…

なぜそんなに偉そうになれるのか(写真:iStock)
なぜそんなに偉そうになれるのか (写真:iStock)

「我が奥さんは、いつも自分だけを特別扱いしてほしいタイプ。僕に対してもそうですが、最近は歳をとってふてぶてしくなったのか、他人にも偉そうに姫対応を要求していて恥ずかしいです。

 この前、奥さんが誰かと電話しているのが聞こえてきて『私はみんなより年上だし、ママ友たちにはもうちょっと尊重してもらわないと面白くないのよね』と言ったあと、『だから雑用係みたいなのは若いママたちだけでやってくれる?』と偉そうにイミフな要求をしていました。

 子供の関係で知り合ったママ友に、根拠もなく偉そうに接している実態を目の当たりにしてしまい、奥さんの心の狭さに恥ずかしいと思ってしまったし、子供の人間関係が心配になりました……」(43歳男性/サービス)

 ◇  ◇  ◇

 他人に対し姫対応を平然と求める鬼嫁は、“恥”の概念が消えてしまいがち? 我が妻ながらも、そんな姿を呆れて眺めている夫も少なくなさそうです。

まとめ

 家族のみならず、他人に対しても鬼対応を繰り出す鬼嫁たち。明らかに面倒くさい発言を平然と口にできるのは、鬼嫁だからこそと言えるのかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 マッチアップ編集長伊藤です!  女性からの恋愛相談や恋バナでよく話題に上がるのが「付き合う前に彼に体を求められた...
伊藤早紀 2020-02-27 06:00 ラブ
FILM
 公園や街中で、パパとママが子どもを連れている光景は、微笑ましいですよね。そのファミリーが放つ幸せオーラに、ついつい目尻...
田中絵音 2020-02-26 06:00 ラブ
FILM
 彼氏とのデートは、本来楽しいもの。しかし、何らかの原因で気まずい空気になってしまうこともあります。そんな時、どう対応し...
恋バナ調査隊 2020-02-26 06:00 ラブ
FILM
 妻の鬼嫁っぷりに頭を抱える夫の中には「なんとかして、鬼になるのを、やめてもらえないだろうか……」と試行錯誤する人もいる...
並木まき 2020-02-26 06:00 ラブ
FILM
 お付き合いをする上で「癒し」ってとても大切なものでしょう。でも、あなたがもしも彼氏に「癒しを与えてあげられるかな?」と...
孔井嘉乃 2020-02-25 06:00 ラブ
FILM
「モラハラ」は精神的な暴力とも言われ、長い間モラハラを受け続けると心に深い傷ができてしまいます。一人で我慢しすぎると「強...
恋バナ調査隊 2020-02-25 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性との仲を深めたいなら、手っ取り早く2人きりでデートするのが◎。とはいえ、女性から男性をデートに誘うって、な...
リタ・トーコ 2020-02-24 15:01 ラブ
FILM
 私は3年半、彼女がいる方と付き合っていました。  同じ職場の人で、彼女も同じ会社でした。3年半のうち約1年は一緒...
神崎メリ 2020-02-23 11:30 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる女性でも、ふとした瞬間に「かわいげ」が、垣間見えることもあるみたいです。  魑魅魍魎(ちみもうりょう)...
並木まき 2020-02-23 06:00 ラブ
FILM
 どんなに理想的な相手と出会い、交際できたとしても、別れるという結果を迎えてしまうことがあります。付き合ってみなければ分...
恋バナ調査隊 2020-02-23 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。昨年11月に離婚が報じられたタレントのSHELLYさん(35)が、バラエティ...
山崎世美子 2020-02-22 06:00 ラブ
FILM
「ハックシュン! ズビズビ、ぶしゅ!」  2月の頭ごろから眠気や日差しとともにやってくる悩みのタネ……それは「花粉症」...
七海 2020-02-21 06:00 ラブ
FILM
 結婚相談所というと、「モテない人のいくところ」と思っている人もいるでしょう。そんなイメージから、興味があっても利用でき...
恋バナ調査隊 2020-02-21 06:00 ラブ
FILM
 不倫はなるべくなら避けたいもの。  でも、好きな男性ができ、男性も自分に想いを寄せているのであれば、燃え上がる恋...
うかみ綾乃 2020-02-21 06:00 ラブ
FILM
 最近の婚活パーティーは細分化され「バツイチ同士」が集まるものもあれば、「マンガ好き」同士が集まるもの、それから「ぽっち...
内藤みか 2020-02-20 06:00 ラブ
FILM
 好きな人と付き合った当初は別れなんて想像することもないでしょう。しかし、どんなに気の合うカップルも、別れが訪れることが...
恋バナ調査隊 2020-02-20 06:00 ラブ