類は友を呼ぶ…鬼嫁同士で群れる妻が繰り出す夫への奇行3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-02-21 18:06
投稿日:2020-01-21 06:00
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、群れ出した鬼嫁に頭を抱える夫の苦悩をご紹介します。

1:比較対象は自分よりひどい鬼嫁……

「うちのほうがまだマシでしょ!」(写真:iStock)
「うちのほうがまだマシでしょ!」 (写真:iStock)

「子供が新しいスクールに入ったんですが、妻はそこで知り合ったとあるママ友と親しくなってから、鬼嫁っぷりが加速。

 それまでもかなり気が強い部類でしたが、家事も育児もテキトーでご主人のためには何にもしないというそのママ友の影響で、我が妻の家庭への貢献度もどんどん下がっています。

 目に余るので話し合いをしたところ『でも、○○ちゃんママよりマシでしょ!』と逆ギレ。家庭のことは誰かと比較する話じゃないと言っても、聞き入れてもらえません。

 とんでもないママ友とつるみ始めたと、ウンザリしています」(34歳男性/経営)

 ◇  ◇  ◇

 夫婦喧嘩の際、知人や友人を引き合いに出すのはルール違反だと感じる男性も少なくありません。それが自分よりひどい鬼嫁の話となれば、呆れるのも夫の心理でしょう。

2:よその鬼嫁が我が家に入り浸る……

家事そっちのけでおしゃべりばかり(写真:iStock)
家事そっちのけでおしゃべりばかり (写真:iStock)

「転職した嫁に親しい同僚ができたのはいいんですが、まるで女子高生の仲良しごっこのようにベタベタした付き合いを始めました。

 家が近いこともあり、最近では、仕事が終わった平日夜や週末にまで、その同僚がウチに入り浸り、嫁とつるんでいます。

 ウチに来る回数が増えるたび、その女性は我が家で我が物顔で振る舞うようになっている上に、ウチの嫁はその人とのおしゃべりに夢中で家事を手抜き。料理をしなくなり、帰宅しても俺の食事を作っていない日も増えています。

 その同僚女性も既婚らしいのですが、ご主人の海外転勤に『行きたくない』だけを理由に付いて行かず、独身生活を謳歌中だとか。

 もともと家事を手抜きしたがり屁理屈ばかりこねる嫁でしたが、最近はその人からの悪影響がハンパないので、どうやって距離を置いてもらおうか悩んでいます……」(37歳男性/団体職員)

 ◇  ◇  ◇

 親しくなった友人の影響を受ける女性も少なくないため、妻の交友関係によって鬼嫁っぷりが加速するケースも。夫には悩みのタネでしょう。

3:夫の言葉より鬼嫁仲間の言葉が優先……

猫には罪はないけど…(写真:iStock)
猫には罪はないけど… (写真:iStock)

「俺が猫アレルギーなのを嫁は知っているのに、最近嫁が仲のいいママ友から勝手にもらってきた猫を、俺に相談なく飼い出し、困っています。

 俺のアレルギー対策として、猫はマンション内の1室で飼っていますが、最近ちょっとアレルギー症状っぽいのが出始めたので嫁に相談したのですが……。

 猫をくれたママ友から『別部屋なら、アレルギーが出るわけない』などと言われたらしく、その人の言葉を鵜呑みにして、俺の話に聞く耳をもってくれません。

 もともと性格のキツい嫁でしたが、その人と親しくなってからは、さらに俺への態度がキツくなっている気がするし、猫のこともなんとかしたい。

 まずは、そのママ友と離れてほしいので説得中です」(38歳男性/IT)

 ◇  ◇  ◇

 夫の言葉より親しい友人の言葉を優先する妻には、夫が頭を抱えても当然でしょう。早い段階で目が覚めてくれるといいのですが……。

まとめ

 鬼嫁気質の女性が、筋金入りの鬼嫁な女性と仲良くなると、家庭への影響は計り知れません。妻の交友関係が苦悩のもととなっている夫に、早く平穏な日々が戻りますように。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 マッチアップ編集長伊藤です!  女性からの恋愛相談や恋バナでよく話題に上がるのが「付き合う前に彼に体を求められた...
伊藤早紀 2020-02-27 06:00 ラブ
FILM
 公園や街中で、パパとママが子どもを連れている光景は、微笑ましいですよね。そのファミリーが放つ幸せオーラに、ついつい目尻...
田中絵音 2020-02-26 06:00 ラブ
FILM
 彼氏とのデートは、本来楽しいもの。しかし、何らかの原因で気まずい空気になってしまうこともあります。そんな時、どう対応し...
恋バナ調査隊 2020-02-26 06:00 ラブ
FILM
 妻の鬼嫁っぷりに頭を抱える夫の中には「なんとかして、鬼になるのを、やめてもらえないだろうか……」と試行錯誤する人もいる...
並木まき 2020-02-26 06:00 ラブ
FILM
 お付き合いをする上で「癒し」ってとても大切なものでしょう。でも、あなたがもしも彼氏に「癒しを与えてあげられるかな?」と...
孔井嘉乃 2020-02-25 06:00 ラブ
FILM
「モラハラ」は精神的な暴力とも言われ、長い間モラハラを受け続けると心に深い傷ができてしまいます。一人で我慢しすぎると「強...
恋バナ調査隊 2020-02-25 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性との仲を深めたいなら、手っ取り早く2人きりでデートするのが◎。とはいえ、女性から男性をデートに誘うって、な...
リタ・トーコ 2020-02-24 15:01 ラブ
FILM
 私は3年半、彼女がいる方と付き合っていました。  同じ職場の人で、彼女も同じ会社でした。3年半のうち約1年は一緒...
神崎メリ 2020-02-23 11:30 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる女性でも、ふとした瞬間に「かわいげ」が、垣間見えることもあるみたいです。  魑魅魍魎(ちみもうりょう)...
並木まき 2020-02-23 06:00 ラブ
FILM
 どんなに理想的な相手と出会い、交際できたとしても、別れるという結果を迎えてしまうことがあります。付き合ってみなければ分...
恋バナ調査隊 2020-02-23 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。昨年11月に離婚が報じられたタレントのSHELLYさん(35)が、バラエティ...
山崎世美子 2020-02-22 06:00 ラブ
FILM
「ハックシュン! ズビズビ、ぶしゅ!」  2月の頭ごろから眠気や日差しとともにやってくる悩みのタネ……それは「花粉症」...
七海 2020-02-21 06:00 ラブ
FILM
 結婚相談所というと、「モテない人のいくところ」と思っている人もいるでしょう。そんなイメージから、興味があっても利用でき...
恋バナ調査隊 2020-02-21 06:00 ラブ
FILM
 不倫はなるべくなら避けたいもの。  でも、好きな男性ができ、男性も自分に想いを寄せているのであれば、燃え上がる恋...
うかみ綾乃 2020-02-21 06:00 ラブ
FILM
 最近の婚活パーティーは細分化され「バツイチ同士」が集まるものもあれば、「マンガ好き」同士が集まるもの、それから「ぽっち...
内藤みか 2020-02-20 06:00 ラブ
FILM
 好きな人と付き合った当初は別れなんて想像することもないでしょう。しかし、どんなに気の合うカップルも、別れが訪れることが...
恋バナ調査隊 2020-02-20 06:00 ラブ