類は友を呼ぶ…鬼嫁同士で群れる妻が繰り出す夫への奇行3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-02-21 18:06
投稿日:2020-01-21 06:00
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、群れ出した鬼嫁に頭を抱える夫の苦悩をご紹介します。

1:比較対象は自分よりひどい鬼嫁……

「うちのほうがまだマシでしょ!」(写真:iStock)
「うちのほうがまだマシでしょ!」 (写真:iStock)

「子供が新しいスクールに入ったんですが、妻はそこで知り合ったとあるママ友と親しくなってから、鬼嫁っぷりが加速。

 それまでもかなり気が強い部類でしたが、家事も育児もテキトーでご主人のためには何にもしないというそのママ友の影響で、我が妻の家庭への貢献度もどんどん下がっています。

 目に余るので話し合いをしたところ『でも、○○ちゃんママよりマシでしょ!』と逆ギレ。家庭のことは誰かと比較する話じゃないと言っても、聞き入れてもらえません。

 とんでもないママ友とつるみ始めたと、ウンザリしています」(34歳男性/経営)

 ◇  ◇  ◇

 夫婦喧嘩の際、知人や友人を引き合いに出すのはルール違反だと感じる男性も少なくありません。それが自分よりひどい鬼嫁の話となれば、呆れるのも夫の心理でしょう。

2:よその鬼嫁が我が家に入り浸る……

家事そっちのけでおしゃべりばかり(写真:iStock)
家事そっちのけでおしゃべりばかり (写真:iStock)

「転職した嫁に親しい同僚ができたのはいいんですが、まるで女子高生の仲良しごっこのようにベタベタした付き合いを始めました。

 家が近いこともあり、最近では、仕事が終わった平日夜や週末にまで、その同僚がウチに入り浸り、嫁とつるんでいます。

 ウチに来る回数が増えるたび、その女性は我が家で我が物顔で振る舞うようになっている上に、ウチの嫁はその人とのおしゃべりに夢中で家事を手抜き。料理をしなくなり、帰宅しても俺の食事を作っていない日も増えています。

 その同僚女性も既婚らしいのですが、ご主人の海外転勤に『行きたくない』だけを理由に付いて行かず、独身生活を謳歌中だとか。

 もともと家事を手抜きしたがり屁理屈ばかりこねる嫁でしたが、最近はその人からの悪影響がハンパないので、どうやって距離を置いてもらおうか悩んでいます……」(37歳男性/団体職員)

 ◇  ◇  ◇

 親しくなった友人の影響を受ける女性も少なくないため、妻の交友関係によって鬼嫁っぷりが加速するケースも。夫には悩みのタネでしょう。

3:夫の言葉より鬼嫁仲間の言葉が優先……

猫には罪はないけど…(写真:iStock)
猫には罪はないけど… (写真:iStock)

「俺が猫アレルギーなのを嫁は知っているのに、最近嫁が仲のいいママ友から勝手にもらってきた猫を、俺に相談なく飼い出し、困っています。

 俺のアレルギー対策として、猫はマンション内の1室で飼っていますが、最近ちょっとアレルギー症状っぽいのが出始めたので嫁に相談したのですが……。

 猫をくれたママ友から『別部屋なら、アレルギーが出るわけない』などと言われたらしく、その人の言葉を鵜呑みにして、俺の話に聞く耳をもってくれません。

 もともと性格のキツい嫁でしたが、その人と親しくなってからは、さらに俺への態度がキツくなっている気がするし、猫のこともなんとかしたい。

 まずは、そのママ友と離れてほしいので説得中です」(38歳男性/IT)

 ◇  ◇  ◇

 夫の言葉より親しい友人の言葉を優先する妻には、夫が頭を抱えても当然でしょう。早い段階で目が覚めてくれるといいのですが……。

まとめ

 鬼嫁気質の女性が、筋金入りの鬼嫁な女性と仲良くなると、家庭への影響は計り知れません。妻の交友関係が苦悩のもととなっている夫に、早く平穏な日々が戻りますように。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


10歳差でも…年上好きの男性は母親との関係が影響している?
 年上の彼女を求める男性が増えています。年上女性志向が高まっている理由には、社会不安による生活安定欲求や、地位向上を目指...
内藤みか 2021-07-29 06:00 ラブ
高学歴女子はなぜモテないの?4つの理由&あるあるな悩み
 努力して勉強をして、いい大学を卒業し、きちんとした仕事に就いている「高学歴女子」。一見、悩みのない人生を送っているよう...
恋バナ調査隊 2021-07-29 06:00 ラブ
知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
男性が追いかけたくなる女性の特徴&虜にするLINEテク♡
 どうせ恋愛をするなら、追いかける恋よりも追われる恋をしてみたいですよね♡ でも、そのためにはまず、「男性が追いかけたく...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
年下男性の6つの脈なしサイン…諦めずに射止める方法は?
 近年、年下男性と付き合う女性が増えています。年下男性というと、一見、頼りなさそうなイメージですが、だからこそ母性をくす...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
彼はどう? 結婚に向いていない男性の特徴5つ&今後の選択肢
 結婚できたからといって、必ずしも幸せになれるとは限りません。理想の結婚生活を叶えるためには、相手選びが重要! そこで今...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
モテる♡ “あざと可愛い”女性の5つの特徴&目指すポイント
 “あざと可愛い”女性というと、同性から見るとあまり良いイメージは湧かないかもしれません。でも、あざと可愛い女性は男性に...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:00 ラブ
彼からのサプライズの結婚指輪が気に入らない…対処法4つ
 結婚指輪は、一生つけるもの。だからこそ、妥協せずに選びたいですよね。でも、中には彼がサプライズで用意してくれていたとい...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:01 ラブ
失恋から立ち直る時間が早い人と遅い人の違い&立ち直る方法
 失恋は、誰にとっても辛いもの。どんなにモテる人でも、愛する人との別れはダメージが大きいでしょう。しかし、その失恋から立...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
まさかのプロポーズ失敗…相手をがっかりさせた体験談5選
 プロポーズは男性からする場合も女性からする場合も、一世一代の大勝負!でも、念入りに計画を立てて、いざプロポーズをしたの...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
脈なしかも…片思いを諦めるべきタイミング&諦める方法
 片思いを続けていると、諦めるタイミングがわからなくなることがあります。そこで今回は、辛い片思いを諦める方法や、諦めるべ...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
男性がうんざりする女性の行動7選!LINE方法にも要注意
 男性は、女性の行動にうんざりしてしまうことがあります。女性側としては、男性に一生懸命尽くしているつもりでも、かえって逆...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
浮気じゃないと言うけど…女性部下を可愛がる夫に募る苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
妻が嫌がるのは承知も…女性部下はソウルメイトと開き直る夫
「冷酷と激情のあいだvol.48〜女性編〜」では、特定の女性部下を特別扱いする夫に苦慮する妻・Fさんの悲痛な声をご紹介し...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
ナルシスト男性を攻略♡ 上手な落とし方&疲れない付き合い方
 ナルシストな男性と聞くと、悪いイメージを持つ人も多いですよね。でも中には、努力家で自信に満ちている魅力的な男性も多いの...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ