類は友を呼ぶ…鬼嫁同士で群れる妻が繰り出す夫への奇行3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-02-21 18:06
投稿日:2020-01-21 06:00
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、群れ出した鬼嫁に頭を抱える夫の苦悩をご紹介します。

1:比較対象は自分よりひどい鬼嫁……

「うちのほうがまだマシでしょ!」(写真:iStock)
「うちのほうがまだマシでしょ!」 (写真:iStock)

「子供が新しいスクールに入ったんですが、妻はそこで知り合ったとあるママ友と親しくなってから、鬼嫁っぷりが加速。

 それまでもかなり気が強い部類でしたが、家事も育児もテキトーでご主人のためには何にもしないというそのママ友の影響で、我が妻の家庭への貢献度もどんどん下がっています。

 目に余るので話し合いをしたところ『でも、○○ちゃんママよりマシでしょ!』と逆ギレ。家庭のことは誰かと比較する話じゃないと言っても、聞き入れてもらえません。

 とんでもないママ友とつるみ始めたと、ウンザリしています」(34歳男性/経営)

 ◇  ◇  ◇

 夫婦喧嘩の際、知人や友人を引き合いに出すのはルール違反だと感じる男性も少なくありません。それが自分よりひどい鬼嫁の話となれば、呆れるのも夫の心理でしょう。

2:よその鬼嫁が我が家に入り浸る……

家事そっちのけでおしゃべりばかり(写真:iStock)
家事そっちのけでおしゃべりばかり (写真:iStock)

「転職した嫁に親しい同僚ができたのはいいんですが、まるで女子高生の仲良しごっこのようにベタベタした付き合いを始めました。

 家が近いこともあり、最近では、仕事が終わった平日夜や週末にまで、その同僚がウチに入り浸り、嫁とつるんでいます。

 ウチに来る回数が増えるたび、その女性は我が家で我が物顔で振る舞うようになっている上に、ウチの嫁はその人とのおしゃべりに夢中で家事を手抜き。料理をしなくなり、帰宅しても俺の食事を作っていない日も増えています。

 その同僚女性も既婚らしいのですが、ご主人の海外転勤に『行きたくない』だけを理由に付いて行かず、独身生活を謳歌中だとか。

 もともと家事を手抜きしたがり屁理屈ばかりこねる嫁でしたが、最近はその人からの悪影響がハンパないので、どうやって距離を置いてもらおうか悩んでいます……」(37歳男性/団体職員)

 ◇  ◇  ◇

 親しくなった友人の影響を受ける女性も少なくないため、妻の交友関係によって鬼嫁っぷりが加速するケースも。夫には悩みのタネでしょう。

3:夫の言葉より鬼嫁仲間の言葉が優先……

猫には罪はないけど…(写真:iStock)
猫には罪はないけど… (写真:iStock)

「俺が猫アレルギーなのを嫁は知っているのに、最近嫁が仲のいいママ友から勝手にもらってきた猫を、俺に相談なく飼い出し、困っています。

 俺のアレルギー対策として、猫はマンション内の1室で飼っていますが、最近ちょっとアレルギー症状っぽいのが出始めたので嫁に相談したのですが……。

 猫をくれたママ友から『別部屋なら、アレルギーが出るわけない』などと言われたらしく、その人の言葉を鵜呑みにして、俺の話に聞く耳をもってくれません。

 もともと性格のキツい嫁でしたが、その人と親しくなってからは、さらに俺への態度がキツくなっている気がするし、猫のこともなんとかしたい。

 まずは、そのママ友と離れてほしいので説得中です」(38歳男性/IT)

 ◇  ◇  ◇

 夫の言葉より親しい友人の言葉を優先する妻には、夫が頭を抱えても当然でしょう。早い段階で目が覚めてくれるといいのですが……。

まとめ

 鬼嫁気質の女性が、筋金入りの鬼嫁な女性と仲良くなると、家庭への影響は計り知れません。妻の交友関係が苦悩のもととなっている夫に、早く平穏な日々が戻りますように。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 飛び抜けて美人なわけではないのに、なぜかモテる女性っていますよね。そんな女性は、感覚で男性の心を鷲掴みにする法則を身に...
恋バナ調査隊 2020-10-02 06:00 ラブ
FILM
 元夫とは決定的な価値観の違いがあってうまくいかなかった。ならば今度は、その価値観が合致する人と付き合えば上手くいくんじ...
七味さや 2020-10-02 06:00 ラブ
FILM
 密になることを避け気味になっていた最近の社会では、よりパーソナルなサービスを利用する人が増えたと感じています。たとえば...
内藤みか 2020-10-01 06:00 ラブ
FILM
 男性の中には、本命彼女がいるのにそのことを隠してアプローチしてくる人がいます。そんな男性には、共通する特徴があるような...
恋バナ調査隊 2020-10-01 06:00 ラブ
FILM
 LINEでの恋の駆け引きテクニックはいろいろありますが、意外にみんな使いこなせていないのが、スタンプテクニック。実は、...
恋バナ調査隊 2020-09-30 06:00 ラブ
FILM
 新型コロナウイルスによって始まったテレワークにより、コロナ破局や同棲解消が増えている、という話が取りざたされています。...
ミクニシオリ 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
 10〜20代の頃は好きな人のためにオシャレをして、髪をかわいく盛って、毎日楽しかった……。しかし、オトナ女子になった今...
若林杏樹 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性とやっとLINEを交換できたのに、あまりにそっけないと連絡を続けるべきかやめるべきか迷ってしまいますよね。...
恋バナ調査隊 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少な...
リタ・トーコ 2020-09-29 06:54 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-28 17:53 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ