ストレスフリー!手抜き料理がカップル円満の秘訣になる理由

七海 ライター
更新日:2020-01-29 06:00
投稿日:2020-01-29 06:00
「わたし、お料理が得意なんです!」なんてアピールが結婚に有利だった時代はとうに過ぎ去り、むしろ重い、なんて避けられるようになった現代。
 とはいえ、料理が上手いか下手かにかかわらず、同棲や結婚ともなると「日々のごはんどうする?問題」は避けては通れないですよね。
 一緒に暮らすことになったら料理ももう少し頑張らないと……と気合いを入れる人もいるかと思いますが、実はそうしない方がいいこともあるんです。

毎日の料理が喧嘩の理由になってない?

せっかく作ってあげたのに!!(写真:iStock)
せっかく作ってあげたのに!! (写真:iStock)

「きょう飲み会なんて知らなかった。せっかくごはん作ったのに。そもそも、私ばっかり作ってるのはなんだか不公平。私も働いてるのに!」

 本当によくあるこの手の喧嘩。毎日の積み重ねなので、どんなカップルも大小差はあれど喧嘩したりストレスを抱えていたことはあるはず。

「せっかく私が○○してあげたのに××だった」

 そう、この期待して打ち砕かれるという構図が厄介なんです。料理がとにかく趣味で、ルーティンなのであれば別かもしれませんが、たいていの人にとっては面倒なこと。

 だったら、「せっかく」と恩を着せたくなるような料理をしなければいい。手抜き料理で十分なんです。

毎日料理を一緒に食べる必要は本当にあるの?

時間が合えば一緒に(写真:iStock)
時間が合えば一緒に (写真:iStock)

「結婚したからには、夫婦は毎日一緒にごはんを食べないといけない」

 そんな頑ななルールは現代のカップルにはそぐわないですし、自分たちを縛りつけるだけ。

「仲良くするために週に○回は家で一緒に食べよう」

 一見素敵なルールですが、臨機応変とは言えないですよね。いっそ、こんなルールはどうでしょう。

「ごはんは各自。時間が合えば一緒に食べることもあり」

 実際、このルールが筆者の実家のルールです。ごはんはたくさん炊いておいて、食事の好みが違うそれぞれが別のおかずを用意し、時に共有しながら食べています。

 かなり珍しい家庭ですが、個人の自由が尊重されており、意外と現代のあり方にフィットしていると思います。

 気を遣うからストレスに思う人が出てくるんです。

手抜き料理こそ得意であれ!

丼ものは洗い物も減るしね(写真:iStock)
丼ものは洗い物も減るしね (写真:iStock)

 チャーハン、丼もの、パスタ……10分〜15分で作れるテキトーな手抜き料理のバリエーションを増やすと、突然「一緒に食べよう」イベントが起こっても対応できます。

「彼にびっくりしてもらうために、本格スペイン料理を作るぞ!」と言って意気込んだのに今日は残業で……なんてことが起こるとお互いに不幸です。

 手抜き料理であれば、「作ってあげている」という感覚も薄まります。料理の義務感から解放されたいなら、手抜きごはんこそ採用すべし。

終わりに

ハードルを下げて機嫌よく過ごそう(写真:iStock)
ハードルを下げて機嫌よく過ごそう (写真:iStock)

 同棲にしろ結婚にしろ、誰かと一緒に暮らすことには生活を分かち合う楽しみもあれば、日々のしんどさもあります。

 毎日のことだからこそ、できるだけルールのハードルを下げることこそ円満カップルの秘訣になります。

 毎日気合を入れて料理をするなんて、仕事をしていなかったとしても負担になってしまいますよね。

「奥さん料理が上手くてさ〜」とのろけるよりも、「奥さんいつも機嫌がいい人でさ〜」という自慢の方が、実は現代の価値観にはあっているのかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


女性からの告白は大アリ! 成功率を高めるシチュエーション
 気になるカレとデートを重ね、連絡のやりとりも続いているけど、進展しそうでなかなか進展しない時ってありますよね。「付き合...
若林杏樹 2021-08-04 06:00 ラブ
厄介…男性に近づく“相談女”の特徴&彼を狙われた時の対処法
 男性に相談を持ちかけて、無理に恋愛に持っていこうとする「相談女」。厄介な彼女たちには、どのような特徴があるのでしょうか...
恋バナ調査隊 2021-08-04 06:00 ラブ
離れたいのに離れられない男性の特徴5つ&関係を解消するには
 彼氏がいるからといって、誰もが幸せというわけではありません。中には、「彼氏と離れたいのに離れられない……」と、苦しんで...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
大人の恋愛がしたい…進め方の4つのコツ&避けるべきNG行動
 若い頃は、後先考えずに恋愛していた人も多いでしょう。しかし、大人になるにつれて、勢い任せで恋愛することって難しくなりま...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
悲しみから立ち直るために…自分を責めることをやめてみよう
 喪失のどん底にいるときって、ついつい自分を責めてしまいますよね。自分に自信がなくなって、耐えられない後悔に胸がちぎれそ...
七味さや 2021-08-02 06:00 ラブ
長続きの秘訣かも♡ 彼と“ちょうどいい関係”の作り方4つ
 恋愛での男女の距離感って、とても難しいですよね。好きだからこそもっと近くにいたいのに、求めれば求めるほど不安になったり...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:01 ラブ
本当にモテるのは性格美人な女性♡ 特徴&心がけるべきこと
 モテるために、外見を磨こうとする女性は多いですよね。でも、外見と内面を天秤にかけたら、最終的には内面が美しい女性が選ば...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:00 ラブ
告白の返事はどのくらい待つべき?男性が保留にする4つの理由
 勇気を出して告白した彼に「少し考えさせてほしい……」と言われたら、がっかりしてしまう人も多いでしょう。しかし、保留にさ...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
ひどい男に仕返しする5つの方法&怒りと悲しみの乗り越え方
「二股をかけられた」「お金だけ払わされてフラれた」など、本当にひどい男はいます。仕返ししたい!と思うのも無理ありませんが...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ