ストレスフリー!手抜き料理がカップル円満の秘訣になる理由

七海 ライター
更新日:2020-01-29 06:00
投稿日:2020-01-29 06:00
「わたし、お料理が得意なんです!」なんてアピールが結婚に有利だった時代はとうに過ぎ去り、むしろ重い、なんて避けられるようになった現代。
 とはいえ、料理が上手いか下手かにかかわらず、同棲や結婚ともなると「日々のごはんどうする?問題」は避けては通れないですよね。
 一緒に暮らすことになったら料理ももう少し頑張らないと……と気合いを入れる人もいるかと思いますが、実はそうしない方がいいこともあるんです。

毎日の料理が喧嘩の理由になってない?

せっかく作ってあげたのに!!(写真:iStock)
せっかく作ってあげたのに!! (写真:iStock)

「きょう飲み会なんて知らなかった。せっかくごはん作ったのに。そもそも、私ばっかり作ってるのはなんだか不公平。私も働いてるのに!」

 本当によくあるこの手の喧嘩。毎日の積み重ねなので、どんなカップルも大小差はあれど喧嘩したりストレスを抱えていたことはあるはず。

「せっかく私が○○してあげたのに××だった」

 そう、この期待して打ち砕かれるという構図が厄介なんです。料理がとにかく趣味で、ルーティンなのであれば別かもしれませんが、たいていの人にとっては面倒なこと。

 だったら、「せっかく」と恩を着せたくなるような料理をしなければいい。手抜き料理で十分なんです。

毎日料理を一緒に食べる必要は本当にあるの?

時間が合えば一緒に(写真:iStock)
時間が合えば一緒に (写真:iStock)

「結婚したからには、夫婦は毎日一緒にごはんを食べないといけない」

 そんな頑ななルールは現代のカップルにはそぐわないですし、自分たちを縛りつけるだけ。

「仲良くするために週に○回は家で一緒に食べよう」

 一見素敵なルールですが、臨機応変とは言えないですよね。いっそ、こんなルールはどうでしょう。

「ごはんは各自。時間が合えば一緒に食べることもあり」

 実際、このルールが筆者の実家のルールです。ごはんはたくさん炊いておいて、食事の好みが違うそれぞれが別のおかずを用意し、時に共有しながら食べています。

 かなり珍しい家庭ですが、個人の自由が尊重されており、意外と現代のあり方にフィットしていると思います。

 気を遣うからストレスに思う人が出てくるんです。

手抜き料理こそ得意であれ!

丼ものは洗い物も減るしね(写真:iStock)
丼ものは洗い物も減るしね (写真:iStock)

 チャーハン、丼もの、パスタ……10分〜15分で作れるテキトーな手抜き料理のバリエーションを増やすと、突然「一緒に食べよう」イベントが起こっても対応できます。

「彼にびっくりしてもらうために、本格スペイン料理を作るぞ!」と言って意気込んだのに今日は残業で……なんてことが起こるとお互いに不幸です。

 手抜き料理であれば、「作ってあげている」という感覚も薄まります。料理の義務感から解放されたいなら、手抜きごはんこそ採用すべし。

終わりに

ハードルを下げて機嫌よく過ごそう(写真:iStock)
ハードルを下げて機嫌よく過ごそう (写真:iStock)

 同棲にしろ結婚にしろ、誰かと一緒に暮らすことには生活を分かち合う楽しみもあれば、日々のしんどさもあります。

 毎日のことだからこそ、できるだけルールのハードルを下げることこそ円満カップルの秘訣になります。

 毎日気合を入れて料理をするなんて、仕事をしていなかったとしても負担になってしまいますよね。

「奥さん料理が上手くてさ〜」とのろけるよりも、「奥さんいつも機嫌がいい人でさ〜」という自慢の方が、実は現代の価値観にはあっているのかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


長く付き合えないナゼ? 男性が一生大事にしたい女子の特徴
 最初はラブラブだったのに、3カ月くらいで付き合いが終わってしまう……なんてことありますよね。あんなにイチャイチャしてい...
若林杏樹 2021-04-21 06:01 ラブ
恋愛にも使える♡ 今すぐ試したいLINEの便利機能5選!
 連絡ツールとしてとても便利なLINEには、恋愛に使える便利な機能がたくさんあることをご存知ですか? 多くのアプリを使い...
恋バナ調査隊 2021-04-21 06:00 ラブ
男性が手に入れたいと思う女性の特徴&本命相手にする行動♡
 男性から「絶対手に入れたい」と思われるような魅力的な女性って、憧れてしまいますよね。そんな女性には、いったいどんな特徴...
恋バナ調査隊 2021-04-20 06:23 ラブ
モテ仕草にドキッ♡ 男性の心を鷲掴みにする4つのテクニック
 モテる女性を観察してみると、女性目線でもドキっとするようなモテ仕草が身についていたりしますよね。逆に、どんなに美人な女...
恋バナ調査隊 2021-04-19 06:30 ラブ
恋愛に溺れる女性の共通点…自分を大切にしつつ恋をする方法
 恋愛といっても、いろいろな形がありますよね。中には、恋愛をするたびに、食事も喉を通らなくなり、自分のすべてを後回しにし...
恋バナ調査隊 2021-04-18 06:00 ラブ
結婚相談所の知っておくべき3つの実態&よくあるトラブル
 近年の婚活ブームで結婚相談所を利用する人が増加する中、それに伴ってトラブルも増えているようです。せっかく出会いを求めて...
恋バナ調査隊 2021-04-18 06:00 ラブ
片想い中の彼に送った残念な失敗LINE…恋が終わった内容5つ
 片想い中の彼とのLINEって、感情が舞い上がってしまって大失敗をしてしまいがち! 冷静な状態ではないから、つい不自然な...
恋バナ調査隊 2021-04-18 06:00 ラブ
おかん2号になってない? 男性の魂を揺さぶる女性になる秘訣
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。恋愛が下手な人は「わがままが非常に苦手」です。一方、モテる女性は「わがままが...
山崎世美子 2021-04-17 06:00 ラブ
一緒にいると落ち着く男性の5つの特徴&付き合うメリット♡
 刺激的でドキドキする情熱的な恋や、一緒にいると落ち着くほのぼの系の恋など、恋愛のタイプは人によってさまざま。恋にはある...
恋バナ調査隊 2021-04-17 06:00 ラブ
自己肯定感低め女子必見! 本命以外と疑似恋愛を楽しむテク
 男性からちやほやされたり甘やかされたりすると、どこか心が満たされる時がありますよね。本命の恋愛がなかなかうまくいかない...
ミクニシオリ 2021-04-16 06:00 ラブ
男性の低い声が好き♡思わずキュンとしてしまう3つの女性心理
 恋愛と声に関する研究によると、「男性は女性の声の高さにあまり影響を受けないけれど、女性は大きく影響を受ける」という結果...
恋バナ調査隊 2021-04-16 06:00 ラブ
いきなり結婚前提も…恋活アプリで男性が敬遠するメール3選
 なかなか外出しづらい状況の時期は、恋活や婚活などの出会いの場も限られてしまいがち。苦肉の策でアプリを始める人も少なくあ...
内藤みか 2021-04-15 06:00 ラブ
彼氏に疲れると思わせる彼女の特徴6つ&気を付けるポイント
 彼氏がいる人の中には、「最近、彼の様子がおかしい」「デート中、なんだかつまらなそうにしている」と感じている女性もいるで...
恋バナ調査隊 2021-04-15 06:00 ラブ
男性に「一緒にいたい」と思わせる!手っ取り早くモテる方法
 特定の彼氏ができなかったり、付き合ってもすぐに別れて長続きしないと、目標にしている「結婚」まで辿り着けずにどんどん落ち...
若林杏樹 2021-04-21 05:25 ラブ
男性から届いた“意味深LINE”5選…これってどういう意味!?
 男性から届く意味深LINE……。「これって、いったいどういう意味!?」と、一喜一憂していませんか? そんなLINEメッ...
恋バナ調査隊 2021-04-14 06:15 ラブ
「Clubhouse」で明暗…彼氏ができた人と離婚危機に陥った人
 近ごろはブームもひと段落した感のある、アメリカ発の音声SNS「Clubhouse(クラブハウス)」。iPhone利用者...
田中絵音 2021-04-13 06:07 ラブ