男性が彼女に作ってほしい料理は?絶対外さないポイント♡

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2020-01-07 06:00
投稿日:2020-01-07 06:00
 お付き合いをしていれば、彼氏に料理を作るタイミングがあるでしょう。そんな時、どんなものを作ろうかと悩んでしまう方は多いはず。自分の得意料理だったとしても、男性の好みかどうかってまた別の話なんですよね。どんな料理を作ったら喜んでくれるのか、そのコツをご紹介します!

男性が彼女に作ってほしい料理の3つのポイント

おしゃれよりもボリューム!(写真:iStock)
おしゃれよりもボリューム! (写真:iStock)

 まずは、男性が彼女に作ってほしい料理のポイントからチェックしていきましょう。

1. おしゃれ料理よりもボリュームとスタミナ重視

 女子会を企画して喜ばれるのは、チーズフォンデュのような華やかなメニューや見た目が豪華なスイーツなど、カフェご飯のような“おしゃれ料理”でしょう。

 でも、男性にここぞの一品を作るとしたら、おしゃれさよりもボリュームとスタミナがあるものが理想。なぜなら、普段から男性は女性ほど食事に時間をかけず、さっと満腹感を得られる料理を求めている場合が多いからです。

 肉料理や揚げ物、丼物などのがっつりボリュームがある料理は良いですね。また、一汁三菜と言いますが、パッと作れる前菜やサラダなどを添えると満足感はもちろん、食事をより楽しんでもらえます。

2. 自分で作らなさそう&誰もが知る定番料理も◎

 料理をする男性は増えていますが、じっくりコトコト煮込むような料理や、凝った料理というのはなかなか作らないもの。そのため、自分で作らなさそうな料理を彼女に作ってほしいと思っている男性は多いようです。

 でも、フレンチのような難しいものを求めているわけではありません。カレーや唐揚げ、オムライス、ハンバーグなど、一手間かかるけれど誰もが知る定番料理はきっと喜ばれるはず。

 個人的なおすすめは、魚料理や揚げ物料理。手間がかかるように見えて、意外と行程も少なく手軽にさっと作れますよ。

3. 女性らしい丁寧な料理を心がける

「丁寧さ」は、料理をする上で大切な要素。たとえば、玉ねぎのくし切りをするにしても、同じ大きさで切り分けることで、火の通り方はもちろん、盛り付けた時の美しさは違うでしょう。

 また、じゃがいもの角を落とすだけで煮崩れを防ぐことができるなど、丁寧な料理は最終的に味にも見た目にも影響してきます。

 そして、この「丁寧さ」は、男性にはなかなかできないことであったりもします。魚の下処理や揚げ物の下味など、一手間をかけることを忘れないようにすると、より美味しい料理に仕上がりますよ。

絶対外さない!男性が好きな料理を作るには?

人気レシピを参考にするのもアリ!(写真:iStock)
人気レシピを参考にするのもアリ! (写真:iStock)

 味の好みや好きな料理は人によって違います。好きな男性がどんな料理を好きなのか、以下のことに注目して見極めましょう。

味付けは好みに合わせる

 パートナーを選ぶ上で「味覚」はとても大切なもの。味覚は、幼少期からの食生活が大いに関係してくるものでもあります。たとえば、インスタントばかり食べてきた男性だと、きちんと出汁を取るよりも顆粒出汁の方が美味しいと感じる場合もあるそう。

 一般的に男性は、女性よりも味付けが濃いものを好む傾向にあるため、気持ち濃い目に味をつけると良いかもしれませんね。ネットで検索すると人気レシピが簡単に出てくるため、参考になります。

 もしも味が不安であれば、料理中に「ちょっと味を見てくれる?」とお願いしてみると、より男性の好みに近い味を作ることができるでしょう。

一緒に行くお店やメニューで味の好みを知る

 男性と普段一緒に行くお店や、頼むメニューを見て、味の好みをこっそり把握するのもおすすめです。

 和食好きなのか、それとも洋食好きなのか。味付けは控えめな方が良いのか、濃い味が好きなのか。外食を楽しむ中で男性の味の好みを知ることができると、料理を作る時の参考になるはずです。

 また、地方出身者の男性であれば、その地方の郷土料理を勉強して、チャレンジしてみるのもアリですね。

大人の男性ほど「母の味」が最強かも♪

やっぱり「母の味」が最強かも(写真:iStock)
やっぱり「母の味」が最強かも (写真:iStock)

 男性が彼女に作ってほしい料理をリサーチしてみたところ、カレー、肉じゃが、お味噌汁、オムライス、ハンバーグ、餃子、唐揚げなどが人気のようでした。

 これらの料理は、おそらく世の男性が幼少期から食べてきた、いわゆる「母の味」。男性が将来、結婚を考えているのであれば、飽きがこない定番料理をさっと作れる彼女を求めるのも分かる気がしますね。

 慣れ親しんだ料理を食べると、心が落ち着きます。普段頑張っている大人の男性ほど、やっぱり母の味が最強なのではないでしょうか。

 おしゃれな料理、高価な食材もたまには良いですが、基本的な料理をマスターすることは大事かも。ぜひ、愛情たっぷりのお家ご飯作りを楽しんでくださいね。

ラブ 新着一覧


男性に「一緒にいたい」と思わせる!手っ取り早くモテる方法
 特定の彼氏ができなかったり、付き合ってもすぐに別れて長続きしないと、目標にしている「結婚」まで辿り着けずにどんどん落ち...
若林杏樹 2021-04-14 06:19 ラブ
男性から届いた“意味深LINE”5選…これってどういう意味!?
 男性から届く意味深LINE……。「これって、いったいどういう意味!?」と、一喜一憂していませんか? そんなLINEメッ...
恋バナ調査隊 2021-04-14 06:15 ラブ
「Clubhouse」で明暗…彼氏ができた人と離婚危機に陥った人
 近ごろはブームもひと段落した感のある、アメリカ発の音声SNS「Clubhouse(クラブハウス)」。iPhone利用者...
田中絵音 2021-04-13 06:07 ラブ
どうしてモテるの?小悪魔女性の特徴&5つのモテテクニック♡
 女性からすると、小悪魔女性は「あざとい」と思われがち。しかし、男性はそんなあざとさを感じていても、心惹かれてしまうこと...
恋バナ調査隊 2021-04-13 06:10 ラブ
良いギャップのある女性になるためには? 小手先テクはNG!
 ギャップのある女性って素敵ですよね。ギャップに惹かれて恋に落ちる……というシチュエーションはもはや定番パターンです。で...
七味さや 2021-04-12 06:00 ラブ
理想は成長し合えるカップル♡ 彼を尊敬できなくなったら?
 大人の男女のお付き合いでは、「成長し合える関係」を理想とする人が増えてきます。実は、お互いに成長し合える関係でいること...
孔井嘉乃 2021-04-12 06:00 ラブ
好きな人に“わざと誤送信”LINE♡したたか女性の究極テク5選
 好きな人に、“わざとLINE”を誤送信したことはありますか? 多くの女性は「きっとバレてる」「逆効果だと思う」と、送信...
恋バナ調査隊 2021-04-11 06:00 ラブ
こうなると手遅れ…夫が離婚を本気で考えた時の3つのサイン
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。離婚を切り出すのは女性からというイメージが強いかもしれませんが、家庭裁判所で...
山崎世美子 2021-04-10 12:39 ラブ
「運命かも…」不倫相手の妊娠で離婚を決めた元夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.35〜女性編〜」では、コロナ禍でも浮気をやめなかった夫と離婚したものの、その浮気や離婚にまつ...
並木まき 2021-04-11 06:00 ラブ
不倫相手は妊娠まで…元夫の浮気の真実を知りたい女性の悲痛
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-04-10 06:16 ラブ
男性より女性が稼ぐ「逆パワーカップル」がうまくいくコツ
 あなたは、自分より稼ぎの少ない男性との同棲を考えられますか? 昔ながらのイメージだと「男性は女性より稼いでいるもの」で...
ミクニシオリ 2021-04-09 06:00 ラブ
彼氏から大切にされる彼女の特徴6つ&男性がそう思う瞬間♡
せっかく大好きな男性とお付き合いできても、大切にされている実感がないと不安な気持ちになってしまいますよね。そこで今回は、...
恋バナ調査隊 2021-04-09 06:00 ラブ
イケメンはなぜイケメンとカップリングするのか考察してみた
 いわゆるBLものでは、イケメン同士が恋愛することが多く、その様子を女性たちはうっとりと見つめている。そして実は、現実世...
内藤みか 2021-04-08 06:00 ラブ
価値観が合うと恋愛がうまくいく理由♡5つのチェックポイント
 彼氏ができれば、当然「関係を長続きさせたい」と思うもの。しかし、交際がスタートしてから、「こんな人だったんだ……」と気...
恋バナ調査隊 2021-04-08 06:00 ラブ
カレを傷つけない!焦らしてモテちゃう“夜の断りテクニック”
 カレのことは好きだけど、今日はなんだか疲れているし、気分じゃない……。でもカレはやる気満々だし、どうしよう〜。そんな時...
若林杏樹 2021-04-07 06:00 ラブ
このまま独身? 女性が結婚に焦る6つの瞬間&上手な対処方法
 結婚に憧れている女性は多いでしょう。しかし、結婚願望があるのに、なかなか叶えられずにいると不安になってしまうもの。でも...
恋バナ調査隊 2021-04-07 06:00 ラブ