解決策はコレ! 働く女性が実践すべきカレの浮気を防ぐ方法

若林杏樹 漫画家
更新日:2020-02-03 15:06
投稿日:2020-02-03 06:00
 30歳を過ぎると、浮気されて怒る側から浮気相手として求められる側に立つことが多いです。不倫じゃんと思うことも……許すまじ!
 できれば本命になりたいものですが、男性から「いま付き合ってる子は25歳で~」とか言われると、ため息しか出ません。
 もし付き合っているカレがいるのであれば、絶対に浮気させたくないですよね。まあ、浮気する人は一生浮気するとは思いますが、できるだけ防ぐ方法があります。

(漫画:若林杏樹)
(漫画:若林杏樹)

相手に余裕を持たせないこと、自分が成長すること

 まず、恋愛体質な方に多いのですが、自分の人生の中でカレの存在が大きくなり過ぎてしまっていませんか。そんな方は束縛してしまったり、嫌われるかも……とカレに本音が言えなくなることも。

「こいつは俺のことが好きだから何を言っても大丈夫」と思われると、男性に余裕が出てきてしまい、ほかの女性と遊ばれてしまいます。

 解決策としては、やはり自分の成長がカギ。

 見た目の努力もありますが、どちらかというと中身。できれば収入が上がるものがいいとは思いますが、好きなことや得意なことがいいです。

 仕事の業績を伸ばしてみたり、副業を始めてみたり、習い事を始めてみたり。読書でビジネス書なども読んでみると前向きに仕事に打ち込めるマインドが手に入ります。

「俺も頑張らないと振られちゃうかもしれない」と思わせれば、男性に余裕なんてなくなります。もしそこで別れたとしても、次に会う人はもっと上のステージの人に会えるはずですよ。

登場人物紹介

(漫画:若林杏樹)
(漫画:若林杏樹)

だら先輩
正月太りで3キロ増えて2キロ戻したが1キロが戻らない……と言いながら、福岡の友人から美味しいポテチが届いて食べてしまう。ポテトハウスさんのポテチ美味しいです。

ギャルちゃん
仕事に燃える週と、ガス欠になる週が交互に来ている。マルチタスクが苦手なのに、なんだかんだいろんな仕事に手を上げてパンク中。

ピカ子
営業部所属のバリキャリ女子。付き合っているカレは4年目になる。最近連絡が取れない時間が増えて不安。な、何もないよね?

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 日本のいくつかの猫島は、すっかり海外でも有名になりました。  私の住む東京からでも遠いなぁ……と思う島にも、はる...
FILM
「今年も無事に収穫が終わったよ~」  秋の収穫シーズンになると、ご来店くださったお客様から毎年こんな会話が聞こえて...
FILM
 毎日定時で帰る人を見ると「羨ましいな」と思う半面、「定時で帰るなんて、ちゃんと仕事をしているのだろうか?」と思う人も多...
FILM
 にゃんたま君は、日が沈むこの時間が大好き。  地面はお日様のぬくもりが残っていてほんわか温かくて、海を渡って来る...
FILM
 SNSが当たり前の時代。今では、ほとんどの人がSNSを活用しているでしょう。しかし、SNSは便利な半面、トラブルに巻き...
FILM
 好感度の高い女性というと、「美人でスタイルが良い女性」というイメージを持っている人が多いでしょう。しかし、どんなに見た...
FILM
 きょうは、職業・猫フェチカメラマンのつぶやき。  神が作った最高傑作と云われる「にゃんたま」を、どのように記録し...
FILM
 ただいま世の中、「ドライフラワー流行り」でございます。  以前は、お花屋さんの片隅にちょっぴり「スキマ商売」感覚...
FILM
 “女の友情はハムより薄い”という言葉があるように、女性同士の交友関係はとても複雑で、難しいものですよね。昨日まで「私た...
FILM
 きょうも、にゃんたまωにロックオン♪  キリっとしたクールな眼差しに、栗饅頭のような癒しのフォルムω……。 ...
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。学生時代から付き合いがある相手なのに、なんとなく最近話が合わない。一緒にいる...
FILM
 この夏は新型コロナ禍の外出自粛で溜まったストレスの羽を伸ばす人たちが散見されました。しかし、秋、冬とインフルエンザの流...
FILM
 きょうは、にゃんたまを探せ!  写真の中に、にゃんたまωをスグに見つけたアナタはもう立派なニャンタマニアです。 ...
FILM
 猫店長「さぶ」率いる我が花屋に、某有名私立男子校の先生が本日もご来店でございます。  この先生、その筋では大変に...
FILM
 外出しなくても、おうちの中で気分転換する方法があるととっても便利です。自分に合ったストレス発散方法があると、気分の切り...
FILM
「機嫌悪い人がいると気になってしまう」「LINEを送ったら既読スルー、怒らせちゃったかな」「もはや生きているだけで疲れる...