“7秒の法則”がすごい♡ 男性に一目惚れさせる秘密の方法

リタ・トーコ ライター
更新日:2020-02-13 06:00
投稿日:2020-02-13 06:00
「出会った瞬間に一目惚れした!」そんな経験がある方は、どれくらいいるでしょうか。でも実は、一目惚れって、意図的に相手にしてもらうことができるそうなんです! これを叶える「7秒の法則」について、今回はお伝えします。

「7秒の法則」って? 一目惚れさせるメカニズム

一目惚れには法則がある(写真:iStock)
一目惚れには法則がある (写真:iStock)

 人の気持ちはそう簡単にコントロールできるものではないですが、一目惚れをさせる「7秒の法則」には脳と心理が関わるメカニズムがあるよう。

人は一目惚れをすると無意識に5〜7秒間見つめている

 人は一目惚れをすると、無意識に相手のことを5〜7秒間見つめています。5〜7秒って結構長い時間ですが、「なんかあの人いいかも!」と思って見つめる自分にとっては、ほんの一瞬のように感じるのでしょう。ちなみに、これはもちろん、一方的に見つめる場合にも当てはまります。

第一印象は視覚による情報が55%を占める

「人が誰かに会った時、第一印象は視覚による情報が55%を占める」というアメリカの心理学者の研究結果があります。これが有名な「メラビアンの法則」です。

 第一印象の情報だけで印象が決まってしまうなんて信じがたいものがありますが、でも実際、「一目惚れ」にもこのメラビアンの法則が関わっています。

5〜7秒見つめ合えれば一目惚れさせる可能性が高くなる

 上記2項目をチェックしたところで、いざ本題です。一目惚れさせるためにはどうすれば良いのかというと、気になる相手と5〜7秒見つめ合えれば良いということなんです。

 見つめ合うということは、当然相手は自分のことを5〜7秒間見つめているということ。この時相手は、「好きだから見つめた」のか、「見つめたから好きになった」のかを判断することができません。つまりは、相手の脳に錯覚を起こさせるんです。

 また、言うまでもないですが、この時の第一印象が良いに越したことはありません。7秒の法則に加えてメラビアンの法則を上手に使うこと、これが一目惚れを促すヒントになります。

シーンごと「7秒の法則」を活かした一目惚れさせる見つめ方

待ち合わせをする時がチャンス!(写真:iStock)
待ち合わせをする時がチャンス! (写真:iStock)

 一目惚れのメカニズムが分かっても、「気になる相手とそんなに目を合わせることなんてできない!」と思う方は多いでしょう。そこで、シーンごと「7秒の法則」を活かした見つめ方をご紹介します。

待ち合わせ

 一番簡単なのが、待ち合わせをする時です。待ち合わせ場所から少し離れた所で相手に自分を発見してもらって、5〜7秒間かけてゆっくりと近づくというもの。これだったら5〜7秒間見つめ合うことは、比較的簡単ではないでしょうか?

 混んでいる場所よりも、空いている場所の方が成功率は上がるでしょう。気づいてもらえないようであれば、電話をかけるなど工夫をしてみると良いですね。

目に注目させる

 少し難易度が上がりますが、相手を自分の目に注目させるというのも有効でしょう。たとえば、「今日、目が腫れているけどおかしいかな?」とか、「まつエクをしてみたんだけど、どうかな?」というように。

 ドキドキしてしまうかもしれませんが、適度な距離があれば大丈夫。自然に目を見てもらえるように仕向けてみましょう。

ド直球で教えてみるのもあり?

 自分と相手の距離が近づいていると感じているのであれば、「7秒間見つめ合ったら、好きになるんだって!」なんて、ド直球で教えてみるのもありかもしれません。

 気持ちが相手に伝わってしまうかもしれませんが、これでうまくいけば万々歳。相手は不意打ちを食らって、ドキッとしてしまうはずです。

男性は視覚で恋をする!第一印象を良くする工夫も必要!

笑顔がすてきな人になりたい(写真:iStock)
笑顔がすてきな人になりたい (写真:iStock)

 “男性は視覚で恋をする”と言われますが、これは、男性は女性の魅力を見た目で判断する本能が備わっていることが関係しています。7秒の法則を試す時、あなたの第一印象がより良くなるように整えておきましょう。

清潔感がある女性らしい雰囲気&香り

 清潔感がある女性らしい雰囲気は、男性ウケすること間違いなし。メイクやファッションもカジュアルやボーイッシュなものよりは、女性らしい優しい雰囲気の方が好かれる傾向にあります。

 また、香りも重要。香水をつけるなら、フローラルや石鹸の香りなど、女性らしい香りをチョイスしましょう。ただし、香水臭くなってしまうのは逆にNG。ふわっと香る程度にしておいてくださいね。

スタイルもやっぱり大切

 女性がどんな体型をしているか、男性はこっそりチェックしています。太りすぎ、痩せすぎの女性は、自己管理ができない、だらしない印象を与えてしまう可能性がありますね。

「結局、見た目か!」なんて思ってしまいますが……でも、自分のためにも、スタイルをキープするのは悪いことではありません。ファッションを楽しめますし、なにより健康でいられますから。バランスの取れた自分にとっての理想の体型を目指すこと、これは女性として心がけておきたいですね。

笑顔は最大の武器

 第一印象に限ったことではないですが、やはり女性の笑顔は最大の武器になります。誰だって、初対面でムスッとされるより、ニコニコされたいもの。

 ポジティブな印象を与えることができると、男性も話しかけやすくなります。「最近あまり笑っていないなぁ」という方、鏡の前で笑顔の練習を始めてみてはいかがでしょうか。

恋人同士でも「7秒の法則」を! 見つめ合って深めよう

すでに交際中のカップルにも有効です(写真:iStock)
すでに交際中のカップルにも有効です (写真:iStock)

 一目惚れを促す「7秒の法則」ですが、実は、見つめ合うという行為は、お付き合いを始めてからもとても大切なこと。

 実は、恋愛で盛り上がっている2人は、一緒にいる時に70%以上の時間見つめ合っているというデータがあります。これは、“親和欲求”という「相手と仲良くなりたい」という気持ちの現れなんだとか。逆に考えれば、両思いになってからも見つめ合い続けることができれば、恋愛感情を高め続けていられるということなんですね。

 信じるも信じないもあなた次第! 惚れさせたい男性に、試してみる価値はあると思いますよ♪

ラブ 新着一覧


自分で引き寄せて♡ モテ期を呼びこむスピリチュアル行動4選
 人生に何度か訪れる「モテ期」を経験したことがある人も多いでしょう。中には「私のモテ期は終わった」なんて、思っている人も...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
見た目重視な「面食い男性」に隠れた心理&落とすテクニック
 女性と同じく、男性にもそれぞれ好みやタイプがあります。「人は見た目じゃない」とも言いながらも、中には明らかに女性を見た...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
恋人未満な関係はもうウンザリ…セフレと本命彼女の違いとは
「セフレと本命の彼女の違いってなんだろう……」  友人のアラサー女子に相談されたのですが、皆さんはどう答えますか? そ...
若林杏樹 2021-12-01 06:00 ラブ
仕事を優先する彼氏の隠れた心理&うまく付き合う5つの方法
 彼氏ができたら休日のたびにデートしたり、まったりとおうちで過ごしたいと考えている女性が多いでしょう。しかし、男性の中に...
恋バナ調査隊 2021-12-01 06:25 ラブ
浮ついた心に刺さる! 彼氏に浮気をやめさせる効果的な言葉
 大好きな彼氏がほかの女性と浮気をしていたら、本当に辛く、傷つきますよね。でも、感情に任せて責めたところで、逆効果になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-30 06:00 ラブ
自分のお金は自分だけのもの! 鬼嫁たちの呆れた金銭感覚
 鬼嫁は常に自分のことしか考えず、夫は「自分のために存在している人」でしかない様子。金銭的な面についても、“結婚”という...
並木まき 2021-11-30 06:00 ラブ
思わず胸キュン♡ 彼氏が彼女を「可愛い」と思う瞬間5選!
 世の中の男性たちは、彼女のことを「可愛い」と思う瞬間、愛情がさらに深まっていくそう。そこで今回は、彼氏が彼女を「可愛い...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
彼女持ちの男性の4つの脈ありサイン&上手なアプローチ方法
 人を好きになる気持ちは、自分でコントロールできるものではありません。たまたま好きな人が彼女持ちだった……なんてこともあ...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
片思いが辛い…距離を置くべきタイミング&意外なメリット♡
 片思いがなかなか進展しないと「辛い」と感じてしまう人もいるでしょう。また、相手の男性との距離感がわからず、悩んでいる人...
恋バナ調査隊 2021-11-28 06:00 ラブ
女性から誘うのはアリ?男性が喜ぶ夜の誘い方&NG行動♡
 女性から男性に夜のお誘いをするのは、なかなか勇気がいるもの。「断られたらどうしよう」「ドン引きさせるのでは?」と不安に...
恋バナ調査隊 2021-11-28 06:05 ラブ
もし離婚したらこのまま…再婚を迫る浮気相手に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.66〜女性編〜」では、夫の浮気が発覚し、別居までは進んだものの、離婚には応じてもらえず苦悩を...
並木まき 2021-11-27 06:00 ラブ
夫は浮気相手と同棲中も…離婚話が進まず苦悩を抱える女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-11-27 06:00 ラブ
男性は女性の涙に弱いとは限らない? 状況で変わる男性心理
 昔から、男性は「女性の涙に弱い」と言われてきました。でも実は、“女性の涙”といっても、状況によって男性が感じる感情は大...
恋バナ調査隊 2021-11-27 06:00 ラブ
“縁がある人”って? 5つの特徴&出会いのタイミング♡
 あなたは今まで、「この人とは、なんだか不思議と縁を感じる……」と思った経験はありますか? そんなふうに“縁”を感じられ...
恋バナ調査隊 2021-11-26 06:00 ラブ
彼女がいる人を略奪愛したその後とは? 続かない理由&対処法
 恋は、いつどんなタイミングではじまるかわからないもの。中には、好きになった人に彼女がいて、図らずも略奪愛という形になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-26 06:00 ラブ
感染症対策もバッチリ! 出不精な彼と外で楽しむ冬デート3選
 今年のクリスマスもウイルスに気をつけながら過ごさなくてはならないのかもしれません。感染対策の面倒くささからか「彼がデー...
内藤みか 2021-11-25 06:00 ラブ