“7秒の法則”がすごい♡ 男性に一目惚れさせる秘密の方法

リタ・トーコ ライター
更新日:2020-02-13 06:00
投稿日:2020-02-13 06:00
「出会った瞬間に一目惚れした!」そんな経験がある方は、どれくらいいるでしょうか。でも実は、一目惚れって、意図的に相手にしてもらうことができるそうなんです! これを叶える「7秒の法則」について、今回はお伝えします。

「7秒の法則」って? 一目惚れさせるメカニズム

一目惚れには法則がある(写真:iStock)
一目惚れには法則がある (写真:iStock)

 人の気持ちはそう簡単にコントロールできるものではないですが、一目惚れをさせる「7秒の法則」には脳と心理が関わるメカニズムがあるよう。

人は一目惚れをすると無意識に5〜7秒間見つめている

 人は一目惚れをすると、無意識に相手のことを5〜7秒間見つめています。5〜7秒って結構長い時間ですが、「なんかあの人いいかも!」と思って見つめる自分にとっては、ほんの一瞬のように感じるのでしょう。ちなみに、これはもちろん、一方的に見つめる場合にも当てはまります。

第一印象は視覚による情報が55%を占める

「人が誰かに会った時、第一印象は視覚による情報が55%を占める」というアメリカの心理学者の研究結果があります。これが有名な「メラビアンの法則」です。

 第一印象の情報だけで印象が決まってしまうなんて信じがたいものがありますが、でも実際、「一目惚れ」にもこのメラビアンの法則が関わっています。

5〜7秒見つめ合えれば一目惚れさせる可能性が高くなる

 上記2項目をチェックしたところで、いざ本題です。一目惚れさせるためにはどうすれば良いのかというと、気になる相手と5〜7秒見つめ合えれば良いということなんです。

 見つめ合うということは、当然相手は自分のことを5〜7秒間見つめているということ。この時相手は、「好きだから見つめた」のか、「見つめたから好きになった」のかを判断することができません。つまりは、相手の脳に錯覚を起こさせるんです。

 また、言うまでもないですが、この時の第一印象が良いに越したことはありません。7秒の法則に加えてメラビアンの法則を上手に使うこと、これが一目惚れを促すヒントになります。

シーンごと「7秒の法則」を活かした一目惚れさせる見つめ方

待ち合わせをする時がチャンス!(写真:iStock)
待ち合わせをする時がチャンス! (写真:iStock)

 一目惚れのメカニズムが分かっても、「気になる相手とそんなに目を合わせることなんてできない!」と思う方は多いでしょう。そこで、シーンごと「7秒の法則」を活かした見つめ方をご紹介します。

待ち合わせ

 一番簡単なのが、待ち合わせをする時です。待ち合わせ場所から少し離れた所で相手に自分を発見してもらって、5〜7秒間かけてゆっくりと近づくというもの。これだったら5〜7秒間見つめ合うことは、比較的簡単ではないでしょうか?

 混んでいる場所よりも、空いている場所の方が成功率は上がるでしょう。気づいてもらえないようであれば、電話をかけるなど工夫をしてみると良いですね。

目に注目させる

 少し難易度が上がりますが、相手を自分の目に注目させるというのも有効でしょう。たとえば、「今日、目が腫れているけどおかしいかな?」とか、「まつエクをしてみたんだけど、どうかな?」というように。

 ドキドキしてしまうかもしれませんが、適度な距離があれば大丈夫。自然に目を見てもらえるように仕向けてみましょう。

ド直球で教えてみるのもあり?

 自分と相手の距離が近づいていると感じているのであれば、「7秒間見つめ合ったら、好きになるんだって!」なんて、ド直球で教えてみるのもありかもしれません。

 気持ちが相手に伝わってしまうかもしれませんが、これでうまくいけば万々歳。相手は不意打ちを食らって、ドキッとしてしまうはずです。

男性は視覚で恋をする!第一印象を良くする工夫も必要!

笑顔がすてきな人になりたい(写真:iStock)
笑顔がすてきな人になりたい (写真:iStock)

 “男性は視覚で恋をする”と言われますが、これは、男性は女性の魅力を見た目で判断する本能が備わっていることが関係しています。7秒の法則を試す時、あなたの第一印象がより良くなるように整えておきましょう。

清潔感がある女性らしい雰囲気&香り

 清潔感がある女性らしい雰囲気は、男性ウケすること間違いなし。メイクやファッションもカジュアルやボーイッシュなものよりは、女性らしい優しい雰囲気の方が好かれる傾向にあります。

 また、香りも重要。香水をつけるなら、フローラルや石鹸の香りなど、女性らしい香りをチョイスしましょう。ただし、香水臭くなってしまうのは逆にNG。ふわっと香る程度にしておいてくださいね。

スタイルもやっぱり大切

 女性がどんな体型をしているか、男性はこっそりチェックしています。太りすぎ、痩せすぎの女性は、自己管理ができない、だらしない印象を与えてしまう可能性がありますね。

「結局、見た目か!」なんて思ってしまいますが……でも、自分のためにも、スタイルをキープするのは悪いことではありません。ファッションを楽しめますし、なにより健康でいられますから。バランスの取れた自分にとっての理想の体型を目指すこと、これは女性として心がけておきたいですね。

笑顔は最大の武器

 第一印象に限ったことではないですが、やはり女性の笑顔は最大の武器になります。誰だって、初対面でムスッとされるより、ニコニコされたいもの。

 ポジティブな印象を与えることができると、男性も話しかけやすくなります。「最近あまり笑っていないなぁ」という方、鏡の前で笑顔の練習を始めてみてはいかがでしょうか。

恋人同士でも「7秒の法則」を! 見つめ合って深めよう

すでに交際中のカップルにも有効です(写真:iStock)
すでに交際中のカップルにも有効です (写真:iStock)

 一目惚れを促す「7秒の法則」ですが、実は、見つめ合うという行為は、お付き合いを始めてからもとても大切なこと。

 実は、恋愛で盛り上がっている2人は、一緒にいる時に70%以上の時間見つめ合っているというデータがあります。これは、“親和欲求”という「相手と仲良くなりたい」という気持ちの現れなんだとか。逆に考えれば、両思いになってからも見つめ合い続けることができれば、恋愛感情を高め続けていられるということなんですね。

 信じるも信じないもあなた次第! 惚れさせたい男性に、試してみる価値はあると思いますよ♪

ラブ 新着一覧


女性からの告白は大アリ! 成功率を高めるシチュエーション
 気になるカレとデートを重ね、連絡のやりとりも続いているけど、進展しそうでなかなか進展しない時ってありますよね。「付き合...
若林杏樹 2021-08-04 06:00 ラブ
厄介…男性に近づく“相談女”の特徴&彼を狙われた時の対処法
 男性に相談を持ちかけて、無理に恋愛に持っていこうとする「相談女」。厄介な彼女たちには、どのような特徴があるのでしょうか...
恋バナ調査隊 2021-08-04 06:00 ラブ
離れたいのに離れられない男性の特徴5つ&関係を解消するには
 彼氏がいるからといって、誰もが幸せというわけではありません。中には、「彼氏と離れたいのに離れられない……」と、苦しんで...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
大人の恋愛がしたい…進め方の4つのコツ&避けるべきNG行動
 若い頃は、後先考えずに恋愛していた人も多いでしょう。しかし、大人になるにつれて、勢い任せで恋愛することって難しくなりま...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
悲しみから立ち直るために…自分を責めることをやめてみよう
 喪失のどん底にいるときって、ついつい自分を責めてしまいますよね。自分に自信がなくなって、耐えられない後悔に胸がちぎれそ...
七味さや 2021-08-02 06:00 ラブ
長続きの秘訣かも♡ 彼と“ちょうどいい関係”の作り方4つ
 恋愛での男女の距離感って、とても難しいですよね。好きだからこそもっと近くにいたいのに、求めれば求めるほど不安になったり...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:01 ラブ
本当にモテるのは性格美人な女性♡ 特徴&心がけるべきこと
 モテるために、外見を磨こうとする女性は多いですよね。でも、外見と内面を天秤にかけたら、最終的には内面が美しい女性が選ば...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:00 ラブ
告白の返事はどのくらい待つべき?男性が保留にする4つの理由
 勇気を出して告白した彼に「少し考えさせてほしい……」と言われたら、がっかりしてしまう人も多いでしょう。しかし、保留にさ...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
ひどい男に仕返しする5つの方法&怒りと悲しみの乗り越え方
「二股をかけられた」「お金だけ払わされてフラれた」など、本当にひどい男はいます。仕返ししたい!と思うのも無理ありませんが...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ