料理は切り札にならない? 婚活で男性が反応する趣味に異変

内藤みか 作家
更新日:2020-02-06 06:00
投稿日:2020-02-06 06:00
 ひと昔前まで、婚活の場で「趣味」として挙げるのなら料理がいい、という話が一般的でした。料理上手な女性と結婚したい男性が多かったからです。しかし令和の時代、切り札だった料理は効果をあまり発揮しなくなりました。それはなぜなのでしょう。

料理が得意な男性が増えた

料理にこだわる男性もめずらしくない(写真:iStock)
料理にこだわる男性もめずらしくない (写真:iStock)

 まず理由のひとつとして挙げられるのは、共働き志向の男性が増えたこと。専業主婦の女性が手のこんだ料理を作って夫の帰りを待つという状況を望まなくなっているのです。自分だけの収入では妻を養えないかもしれないという負い目もあるからなのか、女性に料理をさせるよりは、一緒に料理を作る、もしくは男性が料理を作る、という傾向に変化しつつあるのです。

 特に都心部は平均初婚年齢が30歳を超え、長い一人暮らしを経てのゴールインとなる人が増えています。そのため、男性でも料理ができる人が増えているのです。むしろ料理の面白さにハマり、女性以上に美味しく作れる人もいるほど。

 なので、料理が得意です、とアピールしても、それだけで男性のテンションが上がるというわけにはいかなくなっています。

保育士人気にもやや陰りが

子ども好きなイメージで人気だけど…(写真:iStock)
子ども好きなイメージで人気だけど… (写真:iStock)

 そして、今まで結婚するとなったらかなり人気があった保育士についても、決して万能ではなくなっています。なぜ男性は保育士の女性と結婚したがるかというと、子どもが好きであろうから。いずれは子どもを育てるのだから、子育て上手な女性のほうがいいと考えてのことでした。

 しかし今やどんどん晩婚化してきており、また、子どもを1人育てると1000万円以上かかるなどとも言われていることから、子どもを絶対作りたいと意気込む男性も少なくなっています。子育てで苦労するよりは夫婦2人の生活を楽しみたいと考える男性の場合、保育士の女性はむしろ「子ども産みたいと言われるのでは」と心配になってしまうのです。

人気があったピアノの趣味も……

こちらはお嬢様っぽいイメージ(写真:iStock)
こちらはお嬢様っぽいイメージ (写真:iStock)

 また、以前は、お嬢様っぽいということで、趣味がピアノです、などという女性を男性は好んだものですが、今は大歓迎という感じではなくなっています。なぜならば、狭いマンション暮らしの場合、ピアノを弾きたい女性と結婚したら、置く場所はあるだろうか、防音はどうなるのか、などと考えてしまうからなのです。

 これと同様に、スペースを取るような趣味を持つ女性は、自宅が広くない男性は腰が引き気味になりがち。着道楽で、洋服やバッグをたくさん持っていてクローゼットの大量収納が必要な女性も、そんなスペースはあるだろうかと悩んでしまうのだとか。あまり荷物が多くない、シンプルな暮らしをしている女性が喜ばれる傾向のように感じます。

今一番人気の趣味は、実はコレ!?

癒やされたい…!(写真:iStock)
癒やされたい…! (写真:iStock)

 それでは、今、どのような趣味を持つと、婚活の場で男性ウケがいいのでしょう。私が聞いて回ったところ、絶大な人気があったのが、マッサージでした。マッサージと書くと専門職のようですしそのような女性はまずいません。けれど、たとえばアロマが趣味です、などと伝えれば、男性のほうからマッサージもできますか? と食らいついてくるのです。

 なぜマッサージなのでしょう。それはもちろん疲れた時に優しく癒してもらいたいという気持ちもあるのでしょうけれど、どうやら目的はそこだけではないようです。「マッサージをしてほしい」と伝えれば、自然と横たわるような場所での施術となります。つまりはベッドにすぐたどり着ける口実となるわけです。

 近頃の男性はチキンだと言われ、女性を誘うことに苦手意識を持つ人も少なくありません。けれど、マッサージを通してなら、スムーズに男女の関係になれるかもしれない、という期待を抱いているのでしょう。ということで、趣味がアロマの女性は男性からのウケがかなりいいのです。

 とはいえ男性の口実に乗って、知り合ったばかりですぐいマッサージを始めたら、軽く見られてしまうかも。いつそのテクを披露するかは知恵の使いどころかもしれません。 

内藤みか
記事一覧
作家
著書80冊以上。大学時代に作家デビューし、一貫して年下男性との恋愛小説を書き綴る。ケータイ小説でも話題に。近年は電子媒体を中心に活動。著書に「あなたに抱かれたいだけなのに」など。イケメン評論家として、ホストや出張ホストなどにも詳しい。
XInstagram

ラブ 新着一覧


大学生の一人息子にべったりな再婚妻。子離れと浪費癖改善を画策する夫
「冷酷と激情のあいだvol.196〜女性編〜」では、結婚後に“鬼夫”と化したマコトさん(仮名)に不快感が深まっている妻・...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
入籍後に本性見せたモラハラ鬼夫と離婚したい、でも…。躊躇する47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
自宅の別室で“不倫未満”に溺れる夫。ギリギリ行動5つ、どこまで許せる?
 夫が不倫していたら「許せない!」と怒る女性がほとんどですよね。でも“不倫未満”の関係なら…⁉  あなたは夫のこんな行...
恋バナ調査隊 2024-05-25 06:00 ラブ
古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
まめ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-24 15:14 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ