妻は毎日イライラ…“意識低い系の夫”の呆れた感染症対策3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-02-26 17:14
投稿日:2020-02-18 06:00
 例年の恐怖であるインフルエンザだけでなく、新型コロナウィルスも脅威となっている今は、しっかりとした感染症対策が求められています。
 ところが、“意識低い系の夫”の行動によって、毎日イライラが募っている女性も…。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、残念な夫の残念すぎる感染症対策に迫ります。

1:たった10秒で手洗い完了⁉︎

丁寧な手洗いが推奨されているのに…(写真:iStock)
丁寧な手洗いが推奨されているのに… (写真:iStock)

「ウチの夫は、40代半ばにもなって驚くほどガサツな性格なんですが、外回りの仕事だし新型コロナウィルスが怖いので、帰宅後にはきちんと手洗いとうがいをしてもらうことにしました。

 ところが、うがいは3秒、手洗いはわずか5秒で終わり……という信じられない行動をしていて、見ていた私が唖然。

 手洗いは指先や指の間だけでなく、爪先や手首までしっかり洗うこと、と何かの記事で読んだので、夫にもそう伝えたところ『最近のは殺菌力のある石けんなんだから、5秒で大丈夫だろ。仕事で疲れてるのに、チマチマと手洗いなんてできない』と逆ギレされました。

 あんなのは手洗いって言えないはず。夫がウィルスを運んできそうで、怖くて近づきたくないのがホンネです……」(35歳女性/パート)

 ◇  ◇  ◇

 うがいは数回、手洗いも手の甲や指の間、手首まで丁寧に行うよう推奨されています。雑に済ませた場合、その効果が薄れると言われますので、妻としては不安が募りますよね……。

2:ドアや壁にベタベタと触れてから!?

手を洗ってから触って欲しいのだけど(写真:iStock)
手を洗ってから触って欲しいのだけど (写真:iStock)

「夫は、帰宅後には手洗いやうがいをしてはくれるのですが、帰宅後すぐではなく、家の中を歩き回ったあとなんです。バッグをクローゼットにしまい、冷蔵庫にある飲み物を飲んで、部屋着に着替えをした後に洗面所に行くので、それじゃあ意味がないんじゃないのって感じです。

 帰ってきてから家のドアや家具をベタベタ触っているわけだから、ウィルスを持っていたら、すぐ家族にも移りそうじゃないですか⁉︎

 あまりに怖いので、夫に指摘したんですけど『なら、俺が歩いたところと触ったところに、除菌スプレーしてよ』と言われて終わり。

 せっかくちゃんと対策するなら、タイミングも考えてほしい……」(40歳女性/音楽関係)

 ◇  ◇  ◇

 手洗いやうがいによって、ウィルスを家庭内に持ち込まない効果が見込めると言われますよね。帰宅後すぐが鉄則ながら、意識低い系の夫ほど「自分がやりたいこと」を優先させがちかもしれません。

3:使い回しマスクのマイルール!?

これ、新品だよね…?(写真:iStock)
これ、新品だよね…? (写真:iStock)

「マスクが品薄なことに、頭を悩ませています。

 それで、我が家の買い置きマスクにも限りがあるので、夫は勝手にマスクの使い回しを始めたんですが、見ていたら、表裏を1日ずつ使って捨てているみたい。

 それだけでなく、1日使ったマスクを新品が入っている箱に戻して、翌日また使っているのを目撃してしまいました…。

 使い捨てマスクは、清潔なものを使わなくては意味がないと思うし、表裏で使い回すだけでも気持ち悪いのに、使用済みのものを箱に戻す神経がわかりません。

 モラハラ夫なので面と向かっては言いにくいために、やんわり指摘したら『そんなこと言うなら、君が駆け回ってマスクを買ってこいよ!』と怒られました」(38歳女性/専業主婦)

 ◇  ◇  ◇

 感染症対策は、正しくおこなってこそ効果があるもの。意識が低い上にモラハラな夫がいると、とんでもないマイルールに巻き込まれる場合もあるようですね…。

まとめ

 きちんとした感染症対策が求められている今は、正しい情報をもとに一人ひとりが適切に予防する心がけが大切。しかし意識の低い夫がいることで、毎日密かに頭を抱えている妻も存在します。こんな夫たちの意識改革をするのは、なかなか難しいのも、また現実なのかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 10〜20代の頃は好きな人のためにオシャレをして、髪をかわいく盛って、毎日楽しかった……。しかし、オトナ女子になった今...
若林杏樹 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性とやっとLINEを交換できたのに、あまりにそっけないと連絡を続けるべきかやめるべきか迷ってしまいますよね。...
恋バナ調査隊 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少な...
リタ・トーコ 2020-09-27 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:04 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
 出会った頃はラブラブだったのに、1年も経つと扱いがだんだん雑になってきて、彼氏から「別れたいオーラ」が漂うように……。...
若林杏樹 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 女性はついつい自分の彼氏と友達の彼氏を比べて、優劣をつけてしまうことがあります。比べても意味がないことはわかっているの...
恋バナ調査隊 2020-09-21 06:00 ラブ