結婚すれば離婚も苦労 「疫病神でしかないダメ男」特徴3つ

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-03-28 06:12
投稿日:2019-02-23 06:01

“ホンモノのダメ男”を選んだら最後…

とりあえずゴールインしちゃいたくても(写真:iStock)
とりあえずゴールインしちゃいたくても (写真:iStock)

 婚活を意識していらっしゃる読者のみなさまのなかには「もう、こうなったらダメ男でもいいから、とりあえずゴールインしちゃいたいわ!」とお考えの女性もいると思います。

 人間、大なり小なり欠点はありますし、どんなにラブラブでゴールインした友人夫婦でも、少し時間が経つと夫の愚痴ばかり言っている……というのもありがちだけに「多少のダメ男なら、結婚相手の候補にできる」のも、あながち間違ってはいないはずです。

 しかし“多少のダメ男”のつもりで結婚した相手が、筋金入りのダメ男だった場合には、離婚するのにも困難がつきまとうのも常。

 そう、“ホンモノのダメ男”を選んでしまうと「ダメだったときには、離婚すればいいや」の目論見さえも、計画どおりに進まなくなる落とし穴が潜むのです。

 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、絶対に結婚するべきではない疫病神のようなダメ男、つまり“ホンモノのダメ男”にまつわる特徴に迫ります。

結婚より離婚のほうが大変(写真:iStock)
結婚より離婚のほうが大変 (写真:iStock)

1:サイコパスちっくな面がある

 少し前に「サイコパス」という言葉が流行りましたが、サイコパス気質なダメ男は、基本的に他者の痛みが理解できず、とにかく自分のことしか考えることができません。

 そのため利害が一致しているときには“いい人”でも、ひとたび妻と対立する関係になれば、容赦ない言動の数々で妻を苦しめる存在に。

 さらにはそこで妻が離婚したい、夫は離婚したくないというケースでは、夫はサイコパスらしさを前面に出し、離婚の話には応じようとしないまま、ただひたすらに妻への嫌がらせを繰り返し追い詰めるという、地獄のような展開に至りがちです。

 私が知るサイコパス夫と離婚調停した女性は、協議離婚の間、決して話し合いに応じてもらえることなく、健康保険証を取り上げられたり生活費を打ち切ったりといった嫌がらせをされた揚げ句、「俺を怒らせると、どうなるかわかったか?」と、今どきサスペンスドラマでも耳にしない陳腐なセリフを吐かれるという戦慄の体験をしています。

2:いい歳してマザコン

 男は大なり小なりマザコンだと言われますが、いい歳したマザコン男は極度のダメ男に分類して間違いないと思います。40代や50代など、それなりの年齢でマザコンな男は、結婚生活や離婚などにおいても、すべてマザーの言いなり。

 平たく言ってしまえば、人生の大事な局面において自分の意見がなく、すべてマザーの意向で決定したがるだけに、超絶面倒くさいダメ男に分類されます。

 私が知る50代マザコン男と結婚した女性は、結婚生活で散々、姑にいびられた結果、「もう耐えられない!」と離婚を決意しますが、夫がいちいちマザーの意見を尊重するために妻が本来もらえる財産分与でも難航。話し合いがいっこうに進まず、結局「もう何もいらないから、離婚届に判だけ押して!」と、マザーとマザコン男の粘り勝ちとも映る形での離婚しか勝ち得ませんでした。

3:根がいい加減でリスクヘッジができない男

 性根がいい加減で、リスクヘッジができない男も、絶対に結婚すべきではないダメ男です。

 このタイプは交際期間中には「おおらかでいい人」なんて評価されることもあるだけに、侮れない存在。しかしながら、いざ結婚生活を始めると、そのいい加減な性分に妻がイライラしてストレスフルな日々を送るケースも多いです。

 また、こういったダメ男は、離婚をするとなっても“根がズボラ”なゆえに話し合いがまったく進まず、かつ“リスクヘッジができない”ゆえに自らに不利になることの計算ができないことから、駆け引きも苦手で交渉も難航しがち。

 私が知るこの手の男と離婚したケースでは、協議では話がまとまらず調停に持ち込むも、夫が期日に来なかったり、調停員と約束した書類を一切提出しなかったりといった奇行が多く、調停員も呆れかえるなか離婚成立を優先した妻が、“取れるべきものも取らずに”別れた話があります。

「ダメ男と結婚したとしても、いざとなれば離婚すればいいし」と、婚活成就を狙うあまりに妥協をしてしまうのは博打のような決断でもあります。

 少々のダメ男なら、生活していくうちに矯正も叶いそうですが、筋金入りのダメ男となると、離婚するのも苦労が伴うリスクを念頭に置いておいて損はなさそうです。

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM