女性からデートに誘うのはダメ?男性心理や成功率UPの誘い方

リタ・トーコ ライター
更新日:2020-02-24 15:01
投稿日:2020-02-24 06:00
 気になる男性との仲を深めたいなら、手っ取り早く2人きりでデートするのが◎。とはいえ、女性から男性をデートに誘うって、なかなか勇気がいることですよね。そこで、女性から誘われた時の男性心理や、成功率をアップさせる誘い方のポイントをご紹介します。

女性からデートに誘うのはダメ?男性心理をチェック

どうやって彼をデートに誘う?(写真:iStock)
どうやって彼をデートに誘う? (写真:iStock)

 世の男性方は、女性からデートに誘われることをどう思うのでしょうか?まずは、男性心理をチェックしていきましょう。

基本的には嬉しい

 女性から誘われたら「基本的には嬉しい」と、比較的好意的に受け取る男性が多数。中には、女性からの不意打ちのような誘いにドキドキしてしまい、そこではじめて「女性として」意識し始める方もいるようです。

自分から誘いたかった……

 女性からのせっかくのお誘いにも関わらず、「自分から誘いたかった……」と面白くない気持ちになる男性もいるよう。こういったタイプの男性は、自分がリードしたい俺様タイプが多いでしょう。

好みの女性ではない&関係性によっては面倒だと思う場合もある

 自分の好みではない女性であったり、職場や仕事先で出会ったなど、関係性によっては、女性からの誘いを面倒だと思う男性もいるようです。

 告白されたのであれば「断る」という選択肢もありますが、食事のお誘いなどに適当な対応をするわけにもいきません。「忙しいので、また今度」など、社交辞令で返答をするケースも多いよう。

彼と自分との距離を客観的に見極めることが大切

 上記のことから、「デートに誘った時の男性心理は、人によって違う!」というのが分かりますね。女性だって急にお誘いを受けた時に「この人だったら良いかな?」「この人とは2人きりで食事なんて行きたくない!」という線引きがあるのと同じことです。

 つまりは、彼と自分との距離がどの程度なのか、誘ってOKだと思われるのかを客観的に見つめて見極めることが大切でしょう。

 とはいえ、人の気持ちなんて分かりません。「当たって砕けろ!」の覚悟でアプローチしてみることで、予想外の展開が待っているかもしれませんよ。

女性からデートに誘うなら?成功率をUPさせる誘い方

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 せっかく思い立ってデートに誘うのですから、「成功させたい!」と思うのは当たり前のこと。そこで、成功率をアップさせる誘い方をお伝えしていきます。

具体的な日付を提案する

 女性からデートに誘う時、男性に予定を合わせることは大切ですが、具体的な日付を提案するのは成功率アップの秘訣です。

 たとえば、「私は◯日、◯日、◯日……が空いています」というように提示すると、男性側もデートに行くor行かないということを深く考えるのではなく、「◯日だったら行けるかも」と、気軽に返答しやすくなります。

デート以外の理由を用意する

 大人の男女が2人きりで会うというのは、男性側から見てもなかなかハードルが高いことでしょう。あまり意識させずに会うためには、デート以外の理由を用意して誘いましょう。「相談事がある」「1人では行きづらい焼肉屋さんに付き合って」など、理由はなんでも良いです。

 たとえ見えすいた理由であったとしても、「こういった理由があるから会う」という名目は、お互いにとって安全パイになるはずです。

誘ってからデートまでの期間は短い方が良い

 誘ってからデートまでの期間は、できるだけ短い方が良いでしょう。盛り上がっているベストタイミングでデートに誘うことができても、1カ月先には面倒になっていたり、妙に気恥ずかしくなってしまったりしますから。また、急な予定などでキャンセルとなる場合も考えられますね。

 少なくとも10日以内を目安に、デートのお誘いをしてみると良いと思います。

女性から男性をデートに誘う時の注意点

ある程度距離を縮めてからのほうが◎(写真:iStock)
ある程度距離を縮めてからのほうが◎ (写真:iStock)

 成功率をアップさせる方法で男性をデートに誘っても、NGな時はNG。これは仕方がないこと。最後に、男性をデートに誘う時の注意点についても確認してみましょう。

ある程度仲良くなってから誘う

 知り合ってすぐの女性からデートに誘われたら、男性は身構えたり、困惑してしまうかもしれません。少なくともプライベートの話をできるなど、ある程度仲良くなってから誘うことは鉄則でしょう。

 デートまでこじつけても緊張してガチガチになってしまうような関係性だと、うまくいくものもうまくいきません。デートに誘うまでに接点を作って、時には冗談を言い合えるような間柄になってからだと、デート中にも楽しく過ごせるはずですよ。

男性のタイミングを見計らって誘う

 男性の仕事が忙しかったり、彼女ができたばかり、など、難しいタイミングでデートに誘ってしまっても断られる確率は高くなってしまいます。

 仕事が忙しそうであれば、落ち着くのを待つこと。「今、忙しい?」など、男性の予定を聞いて無理なく誘うのもポイントです。彼女がいる彼であれば、まずは共通の友人を誘っての飲み会をセッティングしてみるのもありかもしれませんね。

とにかく気軽に誘う

 ありがちなのが、女性からデートに誘うことを深く考えすぎて、必要以上に重たい誘いとなってしまうこと。これだと、男性が身構えてしまいます。

「ご飯行こう!」と明るく誘えるのであれば良いですが、もしも、気持ちを悟られたくないなどの理由があれば、LINEなどのツールを使用して気軽に誘うのもおすすめです。万が一断られても、あたふたせずに返答できますね。

断られたら一定期間をおく

 理由はなんであれ、もしも誘いを断れてしまったら一定期間をおきましょう。断られたことへのショックでいっぱいになるかもしれませんが、現状、相手が自分のことをどう思っているかを知ることができた!と、次の対策を練れば良いのです。(恋愛を継続したいのであれば)

 良くも悪くも、デートに誘う前と誘った後では相手があなたに持つ感情は変わるはず。「気にしてないよ」と、気さくな態度で大人の女性らしい対応を見せることが、次のデートチャンスに繋がる秘訣かもしれません。

1回目のデートを成功させる頭に切り替えて

次のデートに繋げられるように♡(写真:iStock)
次のデートに繋げられるように♡ (写真:iStock)

 気になる彼をデートに誘うというミッションは、女性にとってとてもドキドキするものです。でも、実のところ、大人の男性であればデートの誘いを無下に断るようなことは、なかなかないと思います。女性に対して何の感情もなくても、2人で会う男性はたくさんいますから。

 大切なのは、1回目のデートの最中やその後の対応。気になる存在へとステップアップしたいなら、いかに楽しく2人の時間を過ごせるかということに頭を向けましょう。また、デートの後に感謝の気持ちを伝えることはお忘れなく。

 2回目のデートはきっと男性からのお誘いですよ♡明るくポジティブに、恋愛の始まりを満喫してくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:04 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
 出会った頃はラブラブだったのに、1年も経つと扱いがだんだん雑になってきて、彼氏から「別れたいオーラ」が漂うように……。...
若林杏樹 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 女性はついつい自分の彼氏と友達の彼氏を比べて、優劣をつけてしまうことがあります。比べても意味がないことはわかっているの...
恋バナ調査隊 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 はじめまして。相談をさせてください。私は通勤の電車で会う方が気になっています。  その方とは乗り降りする駅がとも...
神崎メリ 2020-09-20 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性に送るLINE。顔が見えない分、積極的にアプローチできるからと、相手の気持ちも考えずにLINEを送っていま...
恋バナ調査隊 2020-09-20 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-19 06:00 ラブ