浮気調査開始!最凶&最狂アプリで精神崩壊「人間だもの」

小悪魔ドルチェ寿司 編集者
更新日:2020-03-06 11:35
投稿日:2020-02-21 06:00
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイットボーイというより、じわじわ低温やけどさせる傘寿系脳みそ性器は、女の子大好き。初めての浮気発覚について語ります。

どんな善人でも何かは必ず見つかる「パンドーラーの箱」

時には花束を贈ってくれるひろし(写真:小悪魔ドルチェ寿司)
時には花束を贈ってくれるひろし (写真:小悪魔ドルチェ寿司)

【vol.44】

 午前様で帰宅したひろしが無理やりセックスでなだめ、うやむやになった浮気疑惑。ここで、何年も前のあの時のことを考えていると、恋人の携帯電話をこっそり覗き見るという行為がもたらす結果は、すべて終わりの始まりにしかならないのだな、ということがしみじみ思われます。

 よく携帯電話はパンドーラーの箱、といわれます。

 パンドーラーとは、プロメーテウスが人類に火を与えたことに怒った全知全能の神ゼウスが、人類に災いをもたらすために作らせた人類最初の「女性」。決して開けてはいけないといわれた箱を持ってエピメーテウス(プロメーテウスの弟)の元に送り込まれたパンドーラーは、一目惚れされたエピメーテウスと結婚し幸せに暮らしていたのですが、あるとき好奇心に負けてその箱を開けてしまいます。

 その途端、あらゆる悪、疫病、争い、悲観、不安、憎悪、犯罪、欠乏など、災いが人間界に蔓延しました。人間に“すべての災いをもたらすモノ”が詰まった箱だったわけですが、パンドーラーが慌てて箱を閉めたので、あるひとつの災いだけが箱に残りました。その最後に残った災いというのがエルピスです。

 “予兆”という意味を持つエルピスは、「未来がすべて見える」災いといわれ、その未来が見える災いが飛び出して行かなかったことで、人類は希望を持つことができる、といわれています。

最凶にして最狂アプリといわれた「ケルベロス」

離れていても丸裸なの(写真:iStock)
離れていても丸裸なの (写真:iStock)

 携帯電話に話を戻しましょう。これは絶対に見てはいけないもの。絶対に開いてはいけないものです。最凶にして最狂アプリといわれていた「ケルベロス」を、ひろしの携帯電話にこっそりダウンロードしていたわたしがいうのだから、間違いありません。

 このケルベロスというアプリはアップデートされて今では浮気調査に使える機能もそう多くはないのですが、わたしがひろしの浮気で心身ともに疲弊していた頃は、大まかにいうと下記の機能がありました。

・スマホのカメラ機能を遠隔操作して静止画、動画の撮影が可能
・スマホ周囲の音を遠隔操作で録音が可能
・スマホのデータをメールで転送が可能
・スマホの通話履歴やSMSの通信記録が遠隔操作で取得可能(現在はできません)
・遠隔操作でスマホのスクリーンショットが可能
・スマホの現在位置、位置情報のログが閲覧可能
・ストレージ内で非表示設定が可能

(出典:浮気調査NP)

携帯電話を見ることは、おわりのはじまり

「コレはコレ、ソレはソレ」「人間だもの」(写真:iStock)
「コレはコレ、ソレはソレ」「人間だもの」 (写真:iStock)

 今現在浮気しているお方なら、これがこっそりダウンロードされている恐怖は筆舌に尽くしがたいものがあると思います。自分の携帯電話が“勝手に☆監視カメラ”として機能していたり、カメラ機能が遠隔で起動されて、浮気相手と出向いたホテルで何気なくベッドサイドテーブルに置いた携帯電話が部屋の内部の写真を撮影していたりするわけです。

 ちなみに持ち主の許可を得ずに、疑心暗鬼に陥った恋人が相手の携帯電話にインストールして勝手に位置情報を検索したり、スマホのロックを解除して起動させたり通話したりなどの行為は刑法168条『不正指令電磁的記録供用罪』という罪で罰せられる可能性がありますし、パスワードを勝手に入手してログインした行為には不正アクセス禁止法違反に当たります。

 法律上の妻なら、罪は軽くなると聞いたことがありますが敏腕弁護士がついていればの話。この不法行為で入手したやりとりは、不貞行為の証拠になり得ませんからリスクだけが高まります。なぜならイチャイチャLINEだけでは性行為をした、という証拠にならないからです。

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎のトリプル地獄

 そのときのわたしは憔悴し切っていて、不貞行為の証拠を集めて裁判で有利にしたいとかそういうことでなく、捕まってもいいから真実を知りたいと覚悟して徹底的に監視した結果、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎のトリプル地獄に陥りました。

 サレ側、シタ側、両方を経験しているわたしが唯一いえるのは、「コレはコレ、ソレはソレ」なんですよね。そして「人間だもの」。このふたつの金言が狂おしくも一番刺さります。

 恋人には自分以外の人を魅力的だと思って欲しくない、自分以外の人を大切に思って欲しくない。でも社会的動物である人間は、ふたりっきりでカプセルの中に閉じこもっているわけにもいかず、魅力的な人に毎日出会うことができます。

 そこで、あなたの恋人にとって、あなたが一番大事であるという不文律が揺らがなかったら、目くじらをたてる案件でないということ、携帯電話を見て自らぶち壊しにいってはいけないということなのですが……。まぁ、渦中にいると絶対にそうは思えませんよね。

エロコク 新着一覧


一見すると口紅! すべての人に持ってほしい気配りローター
 これを見てすぐに「ラブグッズだ」と分かる人は少ないのではないでしょうか。「マジックモーション マジック ロトス」は、れ...
桃子 2021-09-19 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#6
「同じ敷地内に立つマンションの別棟」に不倫相手と住むH美さん(27歳・派遣)。LINEでの連絡は毎日、そして3日に一度は...
蒼井凜花 2021-09-17 06:00 エロコク
いかつい雰囲気を裏切る優しく繊細な刺激で極上オーガズムへ
 不良少年が捨て犬を保護した……そんな現場を目撃したら「超~いい人!」と思っちゃうのが人情というもの。好印象から悪印象へ...
桃子 2021-09-12 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#5
 不倫相手と同じ敷地内のマンションで新生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。しかしある日、分譲のA棟に住む彼と賃貸のB棟...
蒼井凜花 2021-09-10 06:00 エロコク
精密ロボット機能搭載!“押す”&“こする”を備えた最新バイブ
 女性の性感帯はいまだ謎に包まれたところが多く、中でも最もミステリアスなのがGスポットでしょう。ラブグッズ界もこれまで、...
桃子 2021-09-05 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#4
 ついに不倫相手と同じマンションでの生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。引っ越し当日は彼を部屋に招き入れ、新居で甘いセ...
蒼井凜花 2021-09-03 06:00 エロコク
レトロだけど新しい! ほかのバイブにはない気持ち良さ♡
 昨今はハイデザインなラブグッズが増える一方で、レトロなものはいつのまにやら少数派。「桃色GENERATION」は、10...
桃子 2021-08-29 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#3
 不倫相手のマンションに引っ越すことになった派遣OLのE美さん(27)。あまりにもリスキーな不倫だが、目くるめく快楽を知...
蒼井凜花 2021-08-29 21:10 エロコク
元カレでもいい…「リサイクルセックス」に走る女性の心理
 コロナ禍により、男女の出会いの機会が一気に減ったこの頃。あまりの出会いのなさに、元カレや元ダンナと再び関係を持つ女性が...
内藤みか 2021-08-26 06:00 エロコク
力で快感を引き出す電マしか知らない人ほど試してほしい一品
 エッチな目的のために電マを購入。でもそれだけでなく肩や腰のマッサージにも使っている女性、少なくないですよね。電マはパワ...
桃子 2021-08-22 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#2
 いまや日常にありふれている不倫。今回取材に応じてくれたE美さん(27歳・派遣)も、妻子ある男性と不倫をしている女性の一...
蒼井凜花 2021-08-20 06:00 エロコク
吸引グッズ火付け役の“妹分”が日本上陸!初心者もすぐ使える
 アパレルやコスメの世界では“姉妹ブランド”というものがよくあります。メインのブランドよりも価格帯が低めなのが“妹”。そ...
桃子 2021-08-15 06:00 エロコク
クリを内側にしっかり収めるよう計算され尽くされた吸引系
 上品なラベンダー色、無駄をそぎ落としたようなフォルム。クリトリスを覆って振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系”の人気...
桃子 2021-08-08 06:00 エロコク
40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#6
 これまで5回にわたって綴ってきた「夫婦交換」の内情。「性と生」を謳歌するべく、二組の夫婦がもつれあう光景は、Wさん(4...
蒼井凜花 2021-08-06 06:00 エロコク
カップルにも♡小さな面でクリを刺激する“一点集中ローター”
 最近、私がクリトリスをピンポイントで刺激するグッズを探しているからでしょうか。一点集中! 小さな接地面でクリをしっかり...
桃子 2021-08-01 06:00 エロコク
40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#5
 互いのパートナーを変える「夫婦交換」のセックス。今回、取材に応じてくれたWさん(46歳・外資系IT)は、自分の妻が他の...
蒼井凜花 2021-07-30 06:00 エロコク