別れの予感…彼氏が密かに出すサイン&関係修復させる対処法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-03-10 06:00
投稿日:2020-03-10 06:00
 突然、彼氏の態度が冷たくなったら「もしかして別れのサイン?」と、不安になってしまいますよね?男性は、「別れたい」と思う時にどんな行動を取るのでしょうか。そこで今回は、彼氏の注意すべき行動と対処法をご紹介します。

別れの予感!?彼氏が密かに出している5つのサイン

もう終わりなのかな(写真:iStock)
もう終わりなのかな (写真:iStock)

 どんなにラブラブなカップルでも、時に「別れ」を感じてしまう瞬間があるでしょう。彼氏の行動がいつもと違うのは、ただの気まぐれ?それとも別れのサイン?見極めるのは至難の業です。

 では、彼氏が密かに出す「別れを予感させるサイン」とはどのような行動なのでしょうか。

1. LINEや電話の回数が減った

 付き合い始めは頻繁に連絡を取るのは当たり前のことですが、付き合う期間が長くなるにつれて、少しずつ連絡を取る回数が減ってくるカップルは多いでしょう。

 しかし、急激にLINEや電話の回数が減ったのであれば、それは「別れ」の前兆かも。連絡が途絶えるのは、彼氏が関わることを「拒否」している可能性があります。

2. デートが少なくなった

 最近、彼氏からデートのお誘いが少なくなっていませんか?男女問わず、好意を持っている相手とは、頻繁に「会いたい」と思うものです。

 仕事などで忙しい場合は別ですが、あからさまに時間があるのに会おうとしないのは、別れのサインかもしれません。

3. 会っていても楽しくなさそう

 好きな人とのデートは、いつ会っても最高に楽しいものでしょう。でも、会っていても笑顔が少なかったり、「全然楽しくなさそう......」と感じるのであれば、別れを考えている可能性も。

 相手を気遣う気持ちがあるなら、、楽しそうに振る舞うこともできるはず。あえて態度に出すのは、恋愛感情が薄れてしまっていると考えられるでしょう。

4. 会話が減った

 気がつくと、いつも自分ばかり喋っていませんか?2人でいるのに、「会話がない」状態が続くのは危険信号です。

 彼がもともと無口なタイプの男性であればさほど気にする必要はありませんが、急に無口になったのであれば、少し注意した方が良さそうです。

5. 何をしていても無関心

 好きな人のことは、どんなことでも気になってしまうもの。しかし、相手に興味がなくなって無関心になってしまうのは、「好き」という気持ちが薄れてきた証拠です。

「話しかけてもいつも空返事」「一緒にいるのにいつも別のことをしている」などの行動には要注意です。

別れの予感を感じてしまった時の対処法

つらいけど…自分の欠点を聞いてみる(写真:iStock)
つらいけど…自分の欠点を聞いてみる (写真:iStock)

 もしも彼が「別れたいサイン」を送ってきた時、一体どのように対応したら良いのでしょう。続いては、別れの予感を感じてしまった時の対処法を見ていきましょう。

彼の気持ちになって考えてみる

 別れの予感を感じてしまうと、不安になって自分のことだけで頭がいっぱいになってしまいがち。でも、そんな時こそ「彼はなぜこんな行動を取ったのか」と、相手の気持ちになって考えてみましょう。

 冷静に彼の気持ちを考えてみると、原因が見えてくるかもしれません。彼に「私のことが嫌いになったの?」と問い詰めるのはNG。少し距離を置いてみた方が良いこともあります。

直すべき部分があれば教えてもらう

 彼が優しいからといって、わがままばかり言っていませんでしたか?「別れたくない」と思っているなら、彼になぜ態度が変わったのかをそれとなく聞いてみましょう。

 ただし、これは自分の悪い部分を「直す前提」の話。「これからも付き合っていきたい」と思う時だけ有効な方法です。

2人が楽しめるデートプランを考える

 長く付き合っていると、避けて通れないのが「マンネリ」。マンネリ化が原因で、「別れ」を意識し始めるカップルも多いですよね。

「いつもと違う場所に行く」「たまには彼の趣味に合わせてみる」など、2人が楽しめるデートを計画してみましょう。いつもと違うデートは良い刺激になって、2人の距離を縮めてくれる可能性大です。

「また会いたい」と思われるように努力する

 彼から距離を置かれてしまうのは、あなたに「新鮮さ」がなくなったからかもしれません。相手の悪い部分を責める前に、自分自身を見つめ直すことも大切です。「最近、自分磨きをさぼっている」という人は、要注意で。

 彼に会う時は、今の自分を最大限に可愛く見せることが大事。「また会いたいなぁ」と思われる素敵な女性を目指しましょう。

今の自分としっかり向き合って危機を乗り越えよう!

案外機嫌が悪かっただけ…なんてことも(写真:iStock)
案外機嫌が悪かっただけ…なんてことも (写真:iStock)

 長い期間付き合っていると、時には彼の態度が冷たく感じることもありますよね。機嫌が悪いだけなのか、別れたいと思っているのか、見極めることはとても難しく感じるかもしれません。

 大切なことは、彼のサインから目を背けないこと。関係を修復するのか、きっぱり別れるのか、自分なりによく考えて後悔のないようなお付き合いができたら良いですね。

ラブ 新着一覧


年上を狙うハイエナに注意!アプリで出会った自己中心浮気男
 近ごろ、マッチングアプリで年下男性を希望する女性が急増しています。  若い男性とのスイートな真剣交際を夢見る女性に忍...
内藤みか 2022-07-07 06:00 ラブ
復縁後の彼氏が冷たいって何なん? “地獄の過ち”二度は嫌!
 別れた元彼と復縁をした経験がある人は少なくありません。別れを後悔し、念願叶ってやっと復縁できたとなれば、当然嬉しいです...
恋バナ調査隊 2022-07-07 06:00 ラブ
元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ