別れの予感…彼氏が密かに出すサイン&関係修復させる対処法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-03-10 06:00
投稿日:2020-03-10 06:00
 突然、彼氏の態度が冷たくなったら「もしかして別れのサイン?」と、不安になってしまいますよね?男性は、「別れたい」と思う時にどんな行動を取るのでしょうか。そこで今回は、彼氏の注意すべき行動と対処法をご紹介します。

別れの予感!?彼氏が密かに出している5つのサイン

もう終わりなのかな(写真:iStock)
もう終わりなのかな (写真:iStock)

 どんなにラブラブなカップルでも、時に「別れ」を感じてしまう瞬間があるでしょう。彼氏の行動がいつもと違うのは、ただの気まぐれ?それとも別れのサイン?見極めるのは至難の業です。

 では、彼氏が密かに出す「別れを予感させるサイン」とはどのような行動なのでしょうか。

1. LINEや電話の回数が減った

 付き合い始めは頻繁に連絡を取るのは当たり前のことですが、付き合う期間が長くなるにつれて、少しずつ連絡を取る回数が減ってくるカップルは多いでしょう。

 しかし、急激にLINEや電話の回数が減ったのであれば、それは「別れ」の前兆かも。連絡が途絶えるのは、彼氏が関わることを「拒否」している可能性があります。

2. デートが少なくなった

 最近、彼氏からデートのお誘いが少なくなっていませんか?男女問わず、好意を持っている相手とは、頻繁に「会いたい」と思うものです。

 仕事などで忙しい場合は別ですが、あからさまに時間があるのに会おうとしないのは、別れのサインかもしれません。

3. 会っていても楽しくなさそう

 好きな人とのデートは、いつ会っても最高に楽しいものでしょう。でも、会っていても笑顔が少なかったり、「全然楽しくなさそう......」と感じるのであれば、別れを考えている可能性も。

 相手を気遣う気持ちがあるなら、、楽しそうに振る舞うこともできるはず。あえて態度に出すのは、恋愛感情が薄れてしまっていると考えられるでしょう。

4. 会話が減った

 気がつくと、いつも自分ばかり喋っていませんか?2人でいるのに、「会話がない」状態が続くのは危険信号です。

 彼がもともと無口なタイプの男性であればさほど気にする必要はありませんが、急に無口になったのであれば、少し注意した方が良さそうです。

5. 何をしていても無関心

 好きな人のことは、どんなことでも気になってしまうもの。しかし、相手に興味がなくなって無関心になってしまうのは、「好き」という気持ちが薄れてきた証拠です。

「話しかけてもいつも空返事」「一緒にいるのにいつも別のことをしている」などの行動には要注意です。

別れの予感を感じてしまった時の対処法

つらいけど…自分の欠点を聞いてみる(写真:iStock)
つらいけど…自分の欠点を聞いてみる (写真:iStock)

 もしも彼が「別れたいサイン」を送ってきた時、一体どのように対応したら良いのでしょう。続いては、別れの予感を感じてしまった時の対処法を見ていきましょう。

彼の気持ちになって考えてみる

 別れの予感を感じてしまうと、不安になって自分のことだけで頭がいっぱいになってしまいがち。でも、そんな時こそ「彼はなぜこんな行動を取ったのか」と、相手の気持ちになって考えてみましょう。

 冷静に彼の気持ちを考えてみると、原因が見えてくるかもしれません。彼に「私のことが嫌いになったの?」と問い詰めるのはNG。少し距離を置いてみた方が良いこともあります。

直すべき部分があれば教えてもらう

 彼が優しいからといって、わがままばかり言っていませんでしたか?「別れたくない」と思っているなら、彼になぜ態度が変わったのかをそれとなく聞いてみましょう。

 ただし、これは自分の悪い部分を「直す前提」の話。「これからも付き合っていきたい」と思う時だけ有効な方法です。

2人が楽しめるデートプランを考える

 長く付き合っていると、避けて通れないのが「マンネリ」。マンネリ化が原因で、「別れ」を意識し始めるカップルも多いですよね。

「いつもと違う場所に行く」「たまには彼の趣味に合わせてみる」など、2人が楽しめるデートを計画してみましょう。いつもと違うデートは良い刺激になって、2人の距離を縮めてくれる可能性大です。

「また会いたい」と思われるように努力する

 彼から距離を置かれてしまうのは、あなたに「新鮮さ」がなくなったからかもしれません。相手の悪い部分を責める前に、自分自身を見つめ直すことも大切です。「最近、自分磨きをさぼっている」という人は、要注意で。

 彼に会う時は、今の自分を最大限に可愛く見せることが大事。「また会いたいなぁ」と思われる素敵な女性を目指しましょう。

今の自分としっかり向き合って危機を乗り越えよう!

案外機嫌が悪かっただけ…なんてことも(写真:iStock)
案外機嫌が悪かっただけ…なんてことも (写真:iStock)

 長い期間付き合っていると、時には彼の態度が冷たく感じることもありますよね。機嫌が悪いだけなのか、別れたいと思っているのか、見極めることはとても難しく感じるかもしれません。

 大切なことは、彼のサインから目を背けないこと。関係を修復するのか、きっぱり別れるのか、自分なりによく考えて後悔のないようなお付き合いができたら良いですね。

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

ラブ 新着一覧


お金に執着する女が結婚できない理由3つ 大切なことを見失った悲しい末路
 婚活中は、改めて自分がどんな男性に惹かれるのかを見つめ直す機会になりますよね。性格や趣味、価値観や見た目にこだわる人も...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
だから「媚びる女」は嫌い! 男性の本音と“媚び認定”する女の言動とは
 恋愛で「媚びる」を武器にしている女性はいませんか? でもその武器は、嫌われるきっかけになる恐れもあるため注意が必要です...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
更生して一途に?それとも性病に苦しむ?遊びだった人の明暗を分ける瞬間
 遊び人の男性にもてあそばれ、つらい思いをした女性もいるでしょう。しかし、遊び人でも年齢や経験を重ねて更生する場合がある...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
30代40代「婚活の後悔」4選 あのときどうして気づかなかったんだろう
 婚活に励んでいる女性は必見! 「あのときこうしておけば…」と、自身の婚活に後悔がある女性たちの話を集めてみました。 ...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
甘い新婚生活なんて誰が言った?ラブラブ一転イライラ爆発エピソード5選
「新婚」と聞くと、誰もがラブラブな生活を想像するでしょう。 でも、共同生活を始めて間もない新婚は、イライラする機会も多い...
恋バナ調査隊 2024-02-25 06:00 ラブ
男「冗談はよしこちゃん」女「は?」年の差カップルはすれ違い日常茶飯事
 近年、10歳以上の年の差カップルが増えていますよね。年の差があると、相手を尊敬できたり、落ち着いて安定した恋愛ができた...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
肉体より精神的なつながりに“利”があるよね? 51歳経営者が女を選ぶ条件
「冷酷と激情のあいだvol.183〜女性編〜」では、夜の営みをしないことを条件にプロポーズをしてきた恋人・ジュンジさん(...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
性交渉一生ナシ?裕福な経営者から提示された結婚の条件に戸惑う47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
女に困らないチャラ男に聞いた! 本命に選ぶ女性の特徴3つ
 好きになった男性がチャラ男だったら「真面目に恋愛する気はないよね…」と落ち込むかもしれません。  でも、チャラ男だっ...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
女性から家デートに誘うのはアリなの? 超自然な誘い方と男性の本音
 なかなか家に呼んでくれない彼。もっと仲を深めたいけど「女性から家デートに誘うのはナシかも…」と悩んでいる人は多いはず。...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
年の差婚は“1億円プレーヤー”の特権に…婚活のプロが見た同世代婚の現場
 年の離れた若い女性と結婚したい――。結婚相談所には今も夢見る中年男性が訪れるそうだが、時代は変わったようだ。  ...
モテる女が選ぶ男はセンスなし? 美人が陥りがちな恋愛の失敗傾向3つ
 あなたは、男性にモテますか? 答えがイエスなら、恋愛で選ぶ男に注意したほうがいいかもしれません。  なぜなら、美人で...
恋バナ調査隊 2024-02-23 06:00 ラブ
年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ