プロが指南!浮気調査を依頼する前にやってはいけないNG行動

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2020-02-29 06:00
投稿日:2020-02-29 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。浮気調査専門の探偵社代表の筆者にとって、今回のテーマはごく当たり前のことなので、これまで記事にしていませんでしたが、「そこが聞きたいのです!」という声をたくさん頂きました。今回は、「女性が浮気調査を依頼する前にやってはいけない行動」を取り上げます。

「怪しい」と思った時ほど冷静に

「オマエの勘違いだ」(写真:iStock)
「オマエの勘違いだ」 (写真:iStock)

 タレントの紗栄子さん(33)は23日、自らのインタスタグラムで浮気を肯定する一部の日本人男性の考え方に「今の時代はもうまかり通らない」と記しています。まったくその通りですが、古今東西、男女トラブルのトップが浮気問題であることは変っていません。

 夫や彼氏の“異変”に気づいたら、どう対処するか。初動を誤ると、男性に逃げられたり、「オマエの勘違いだ」と言い訳されたりしてしまいます。自分のことを棚に上げて、逆ギレされたら、女性としては、はらわたが煮えくり返る思いでしょうが、なぜそんな結末を招くのかといえば、ズバリ、初動のミスが原因。では、どんな行動がよくないのでしょうか。

最初の証拠で相手を問い詰めてはいけない

最初に問い詰めてしまうのはNG(写真:iStock)
最初に問い詰めてしまうのはNG (写真:iStock)

 相談者の女性の9割が、私のところに来られる前に相手を問い詰めています。何気なくスーツのポケットから出てきた、怪しげなレシートやメモを見つけて、「これ、何なの?」と言ってしまった。酔い潰れて放置したスマホが気になって、夫の指紋でロックを解除し、知らない女性とのやり取りを見つけ、翌朝、「説明して」と言ってしまった。程度の差はありますが、まずは男性を問い詰めて、尻尾が掴めなくなってから相談に訪れるという流れです。

 パートナーに女の影を察知した女性はすぐ問い詰めますが、男性はウソや言い訳で逃げようとするのがお約束。「こいつは浮気相手で魔が差した……」と、正直に説明を始めることはまずありません。この段階では聞くだけムダ。一つの証拠で問い詰めても無意味なのです。

 重要なのは、問い詰めてからの男性の行動。妻や彼女に問い詰められた後は、男性は「いかにバレないように彼女と会うか」を学習します。女性に「もう浮気はしない」と誓っても、すんなりやめることはありません。

 そうなると、女性は地獄の始まりです。なんとなく浮気の影がチラホラ見えるのに、トカゲの尻尾のように、証拠をつかみ切れなくなるのです。女性が素性を知らない相手との浮気なら、なおさらでしょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ