プロが指南!浮気調査を依頼する前にやってはいけないNG行動

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2020-02-29 06:00
投稿日:2020-02-29 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。浮気調査専門の探偵社代表の筆者にとって、今回のテーマはごく当たり前のことなので、これまで記事にしていませんでしたが、「そこが聞きたいのです!」という声をたくさん頂きました。今回は、「女性が浮気調査を依頼する前にやってはいけない行動」を取り上げます。

「怪しい」と思った時ほど冷静に

「オマエの勘違いだ」(写真:iStock)
「オマエの勘違いだ」 (写真:iStock)

 タレントの紗栄子さん(33)は23日、自らのインタスタグラムで浮気を肯定する一部の日本人男性の考え方に「今の時代はもうまかり通らない」と記しています。まったくその通りですが、古今東西、男女トラブルのトップが浮気問題であることは変っていません。

 夫や彼氏の“異変”に気づいたら、どう対処するか。初動を誤ると、男性に逃げられたり、「オマエの勘違いだ」と言い訳されたりしてしまいます。自分のことを棚に上げて、逆ギレされたら、女性としては、はらわたが煮えくり返る思いでしょうが、なぜそんな結末を招くのかといえば、ズバリ、初動のミスが原因。では、どんな行動がよくないのでしょうか。

最初の証拠で相手を問い詰めてはいけない

最初に問い詰めてしまうのはNG(写真:iStock)
最初に問い詰めてしまうのはNG (写真:iStock)

 相談者の女性の9割が、私のところに来られる前に相手を問い詰めています。何気なくスーツのポケットから出てきた、怪しげなレシートやメモを見つけて、「これ、何なの?」と言ってしまった。酔い潰れて放置したスマホが気になって、夫の指紋でロックを解除し、知らない女性とのやり取りを見つけ、翌朝、「説明して」と言ってしまった。程度の差はありますが、まずは男性を問い詰めて、尻尾が掴めなくなってから相談に訪れるという流れです。

 パートナーに女の影を察知した女性はすぐ問い詰めますが、男性はウソや言い訳で逃げようとするのがお約束。「こいつは浮気相手で魔が差した……」と、正直に説明を始めることはまずありません。この段階では聞くだけムダ。一つの証拠で問い詰めても無意味なのです。

 重要なのは、問い詰めてからの男性の行動。妻や彼女に問い詰められた後は、男性は「いかにバレないように彼女と会うか」を学習します。女性に「もう浮気はしない」と誓っても、すんなりやめることはありません。

 そうなると、女性は地獄の始まりです。なんとなく浮気の影がチラホラ見えるのに、トカゲの尻尾のように、証拠をつかみ切れなくなるのです。女性が素性を知らない相手との浮気なら、なおさらでしょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


女性からの告白は大アリ! 成功率を高めるシチュエーション
 気になるカレとデートを重ね、連絡のやりとりも続いているけど、進展しそうでなかなか進展しない時ってありますよね。「付き合...
若林杏樹 2021-08-04 06:00 ラブ
厄介…男性に近づく“相談女”の特徴&彼を狙われた時の対処法
 男性に相談を持ちかけて、無理に恋愛に持っていこうとする「相談女」。厄介な彼女たちには、どのような特徴があるのでしょうか...
恋バナ調査隊 2021-08-04 06:00 ラブ
離れたいのに離れられない男性の特徴5つ&関係を解消するには
 彼氏がいるからといって、誰もが幸せというわけではありません。中には、「彼氏と離れたいのに離れられない……」と、苦しんで...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
大人の恋愛がしたい…進め方の4つのコツ&避けるべきNG行動
 若い頃は、後先考えずに恋愛していた人も多いでしょう。しかし、大人になるにつれて、勢い任せで恋愛することって難しくなりま...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
悲しみから立ち直るために…自分を責めることをやめてみよう
 喪失のどん底にいるときって、ついつい自分を責めてしまいますよね。自分に自信がなくなって、耐えられない後悔に胸がちぎれそ...
七味さや 2021-08-02 06:00 ラブ
長続きの秘訣かも♡ 彼と“ちょうどいい関係”の作り方4つ
 恋愛での男女の距離感って、とても難しいですよね。好きだからこそもっと近くにいたいのに、求めれば求めるほど不安になったり...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:01 ラブ
本当にモテるのは性格美人な女性♡ 特徴&心がけるべきこと
 モテるために、外見を磨こうとする女性は多いですよね。でも、外見と内面を天秤にかけたら、最終的には内面が美しい女性が選ば...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:00 ラブ
告白の返事はどのくらい待つべき?男性が保留にする4つの理由
 勇気を出して告白した彼に「少し考えさせてほしい……」と言われたら、がっかりしてしまう人も多いでしょう。しかし、保留にさ...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
ひどい男に仕返しする5つの方法&怒りと悲しみの乗り越え方
「二股をかけられた」「お金だけ払わされてフラれた」など、本当にひどい男はいます。仕返ししたい!と思うのも無理ありませんが...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ