これぞジジ殺し! オジサンにやたらと好かれる女子の特徴4つ

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2020-03-10 06:00
投稿日:2020-03-10 06:00
 同世代の男性からのウケはそこそこなのに、なぜか一回り以上年上の男性にやたらモテる女子って一定数いるんですよね。そんな女子たちは、夜な夜な行われている合コンにおいても、本人の知らぬところでおじさんたちを大いに喜ばせてきました。
 そこで今回は、日頃からおじさん研究をライフワークとしている筆者が「おじさんに好かれる女子の特徴」についてご紹介していきます。

 職場で上司のおじさんに、はたまた気になる年上男性に“好かれたい”と思う女子は是非取り入れるといいテクニックですし、その一方で自分はそんな気ないのに“なぜかおじさんに好かれてしまう”と困っている女子も必見です!

おじさんに好かれる女子の特徴4つ

1. パンケーキより刺身が好き

 おじさんは自分の味覚に合う女子が現れると、とても喜びます。ただし、イマドキの女子の多くが好みそうなパンケーキやタピオカには、なかなか馴染みがないのがジジ舌です。

 やっぱりおじさんは和食が好き! 特に年齢を重ねてくると、お肉系は胃もたれしやすくなることもあり、お刺身や焼き魚などの“魚派”が断然多いので、赤提灯系居酒屋に付き合ってくれるような女子は好かれます。しかも決して無理して合わせるのではなく、純粋に「パンケーキより刺身が好き」という渋好みな味覚をもった女子がウケていますね。

2. 時間はきっちり守る

 社会人として時間を守ることは大前提ですが、おじさんになると「10分前行動の、さらに10分前に到着」といった現象が起こりがちです。

 男性は「年齢を重ねるごとにせっかちになる」という説もあるくらいですから、きっちり時間を守る女子が好きですね。できれば10分前行動だと、よりおじさんウケ抜群! 大幅な遅刻や無断キャンセルなんかは御法度です。


3. 定型フレーズは「初めて」と「教えて」

 男性が言われると弱い言葉として「初めて」と「教えて」の2つが挙げられるのは往年の法則ですが、このフレーズを2段活用すると、さらにおじさんは喜びます。

 たとえば、「生のホタルイカ、食べるの初めて〜!」からの「これ、どこから食べればいいんですか?教えてください♡」という流れが黄金ルート! おじさんが「初めて」「教えて」と言われることは、長年生きてきた功績を称えるようなもの。どんどん言っていきましょう!

4. 昭和の曲が歌える

 おじさんはカラオケ好きが多い! ここで微妙なジジ心としては、若い女子との「ジェネレーションギャップを感じたい」という気持ちもある一方で、「同じ曲で盛り上がりたい」という、相反するワガママな欲望が入り交じっています。

 なので、カラオケ序盤では若い世代の女性アーティストの歌を歌いつつ、後半ではおじさんの年齢に合わせた選曲ができるとベスト! そのおじさんの世代にもよりますが、たとえば「お母さんがよく歌ってたから知ってる♪」と言ってテレサ・テンが歌えるとか、「愛が生まれた日」や「銀座の恋の物語」などのデュエット曲が歌えると、もう万々歳です。

まとめ

 少子高齢化が進む日本は今後、おじさんも増え続ける一方。そんな中で、おじさんと上手に付き合っていくことも大事になってくるかと思います。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

田中絵音
記事一覧
日本合コン協会会長
一般社団法人日本合コン協会会長、恋愛アドバイザー。2000回以上の合コンイベントに携わり、男女の恋愛心理に精通する。また一児の母であり、ママ向けイベントを行う「東京ママパーティー」の主宰も務める。著書に「こじらせ男子の取扱説明書(トリセツ)」
(双葉社)など。
ブログXInstagram

ラブ 新着一覧


すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ
友情か恋愛か。友達と同じ人が好きになり“カマかけLINE”を送ったら…
 友達と同じ人が好きになってしまい、友情か恋愛かを選べずに苦しんでいる人は多いようです。  中には、自分の気持ちを...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ
「元妻とマッチング」の後悔 即ブロせずにベッドインした47歳男の決意
「冷酷と激情のあいだvol.204〜女性編〜」では、5年間前に離婚した元夫とマッチングアプリで再会し、よりを戻したいと考...
並木まき 2024-07-13 06:00 ラブ
別れた元夫とマッチング成立!デートで確信、ガチ復縁望む44歳女の心痛
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-13 06:00 ラブ
【写真でプレイバック】表情がくるくると変わる石丸伸二氏
【この写真の本文に戻る⇒】 彼が『石丸伸二さん』『ひろゆき氏』推し…論破系男性との結婚でうまくいく女性と回避法は?