略奪愛は浮気とどう違うの?守るべきルール&成功させる方法

リタ・トーコ ライター
更新日:2020-03-13 06:00
投稿日:2020-03-13 06:00
「好きな人にパートナーがいた」、こんな時あなたはどうしますか?諦められるなら良いものの、「パートナーと別れさせてでも付き合いたい」という気持ちが芽生えたのであれば、「略奪愛」という茨の道を進むことになりますね。そんな略奪愛について、今回は掘り下げてみます。

略奪愛はいけないこと?浮気との違いは?

誰かの恋人でも…(写真:iStock)
誰かの恋人でも… (写真:iStock)

 略奪愛と聞くと、「してはいけないこと」というイメージを持つ方は多いかもしれませんね。そもそも「略奪愛」とは、すでに本命のパートナーがいる相手を好きになってしまった時に、相手に本命のパートナーと別れさせて自分と恋愛関係を始めることを言います。

 まずは、そんな略奪愛がどんなものなのかを確認してみましょう。

略奪愛と浮気との違い

 体だけの関係であったり、利害関係が一致した都合の良い関係ではなく、1対1の恋人関係になることが略奪愛と浮気の違いです。つまりは、自分がその後「本命の女性」になりたいと願い、略奪という行動を起こすかどうか、ということですね。

 フリー同士の恋愛と違って難しいのは、好きになった彼にも自分を「本命のパートナー」として認めてもらわなければ略奪愛は成立しないということでしょう。

状況によっては「いけないこと」

 略奪愛がいけないことかどうか、それは、状況によって変わってきます。たとえば、もしも好きになった彼が既婚者である場合には、体の関係を持つなど必要以上の接触を行ってしまったら必然的に「不倫」という関係になり、「いけないこと」となります。

 ただし、まだ相手が彼氏彼女の恋人関係であるとしたら、必ずしも「いけないこと」だとは言い切れません。事実婚など、特別な関係性のカップルでない限りは罰を受けるリスクは少なくなるでしょう。

略奪愛を成功させるために守るべきルール

最終決定は男性に(写真:iStock)
最終決定は男性に (写真:iStock)

「好きになってしまった男性を自分のものにしたい!」そう思ってしまう気持ちは分かります。でも、略奪愛を成功させるためには、最低限守るべきルールがあるのです。

本命のパートナーを陥れるようなことはしない

 略奪愛になってしまった時に絶対にやってはいけないことが、本命のパートナーを陥れるようなことです。

 たとえそのパートナーといて彼が幸せそうでなかったとしても、悪口などを言うのはやめましょう。あくまでも、今は「彼が選んだパートナー」なのですから、尊重する心を持つことは大切です。

最終的な決断は男性にさせる

 略奪愛を試みる時、焦りや不安などからアピールを過剰にしてしまう方がいます。でも、どんなに距離が縮まったと感じていたとしても、最終的な決断は男性にさせるのが◎。

 好きな気持ちを分かってもらうことは大事ですが、自分本位に「彼女と別れて」なんて言ってしまうと、途端に面倒になってしまうのが男心。「今まで付き合ってきたパートナーとの別れ」は、辛いことでもあります。常に、彼がどんな気持ちかを考えるようにしましょう。

周りの人にできるだけ話さない

 恋愛中、誰かに好きな人の惚気や相談を聞いてもらいたいと思う女性は多いですが、略奪愛中には周りの人に相談をするのをできるだけ話さない方が良いでしょう。

 なぜなら、あなたから略奪愛を持ちかけたとしても、周りからしたら「ただの二股をかけている男性」にしか見られないからです。万が一、噂が広まってしまった時にあなたとの関係を切って、もともといるパートナーへと戻る選択をする可能性もあるため、十分に注意が必要です。

略奪愛を成功させるための方法

本当にその彼がほしい?「人のもの」だからじゃなくて?(写真:iStock)
本当にその彼がほしい?「人のもの」だからじゃなくて? (写真:iStock)

 略奪愛は普通の恋愛と違って、複雑で難しいものです。成功させるためには、どうすれば良いのでしょうか?

癒しと愛情を与え続ける

 男性が女性に求めるものは、「癒し」や「愛情」だと言われます。いつでもニコニコと彼のサポートをしてあげたり、味方になってあげたり、時には愚痴を聞いてあげるなど、深くてまっすぐな癒しと愛情を与える存在になりましょう。

 よっぽどの浮気性でもない限り、浮気をする男性は本来のパートナーに対して不満を持っていることがほとんどです。だからこそ、一緒にいる時に楽しく癒される相手を、本命のパートナーにしたいと考え始める男性は多いのです。

冷静な視点を常に持つ

 誰かを好きになることは素晴らしいことですが、あまりに執着したり、依存をしたりするのはあまり良い結果を生みません。特に略奪愛の場合には、もとからハードルが高いため、長期戦になったり、諦めざるを得ないこともあるでしょう。

 だからこそ、常に冷静な視点で「本当に欲しいのか?」と問い続けることが大切。本命のパートナーがいる「人のもの」だからこそ、燃え上がっているだけではないか?彼といて、自分は本当に幸せなのか?と、時に立ち止まって見つめることが肝心です。

略奪愛が成功しても幸せになれるかは分からない

後悔しない道を選ぼう(写真:iStock)
後悔しない道を選ぼう (写真:iStock)

 略奪愛が成立する時、男性側はもともと付き合っていたパートナーとの別れを選択することになります。奪うという行為であることは否めませんし、本命だったパートナーは傷つくことになるかもしれません。

 でも、お互いに惹かれ合った結果、略奪愛という形になり、そのまま結婚をしたりなど結ばれるカップルも多くいるのが現状。幸せになるケースはもちろんあります。ただし、もちろんその逆も然り。

 つまりは、略奪愛が成功しても、幸せになれるかは分かりません。でも、それって略奪愛も一般的な恋愛も同じことなんですけどね。正々堂々と明るい未来を夢見て突き進んでみるのもよし、引き返すもよし。後悔のないよう、責任を持って行動しましょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 飛び抜けて美人なわけではないのに、なぜかモテる女性っていますよね。そんな女性は、感覚で男性の心を鷲掴みにする法則を身に...
恋バナ調査隊 2020-10-02 06:00 ラブ
FILM
 元夫とは決定的な価値観の違いがあってうまくいかなかった。ならば今度は、その価値観が合致する人と付き合えば上手くいくんじ...
七味さや 2020-10-02 06:00 ラブ
FILM
 密になることを避け気味になっていた最近の社会では、よりパーソナルなサービスを利用する人が増えたと感じています。たとえば...
内藤みか 2020-10-01 06:00 ラブ
FILM
 男性の中には、本命彼女がいるのにそのことを隠してアプローチしてくる人がいます。そんな男性には、共通する特徴があるような...
恋バナ調査隊 2020-10-01 06:00 ラブ
FILM
 LINEでの恋の駆け引きテクニックはいろいろありますが、意外にみんな使いこなせていないのが、スタンプテクニック。実は、...
恋バナ調査隊 2020-09-30 06:00 ラブ
FILM
 新型コロナウイルスによって始まったテレワークにより、コロナ破局や同棲解消が増えている、という話が取りざたされています。...
ミクニシオリ 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
 10〜20代の頃は好きな人のためにオシャレをして、髪をかわいく盛って、毎日楽しかった……。しかし、オトナ女子になった今...
若林杏樹 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性とやっとLINEを交換できたのに、あまりにそっけないと連絡を続けるべきかやめるべきか迷ってしまいますよね。...
恋バナ調査隊 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少な...
リタ・トーコ 2020-09-29 06:54 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-28 17:53 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ