不倫からの略奪愛に長けた女性に見られる“危ない傾向3つ”

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-04-14 03:08
投稿日:2019-03-11 18:00
 不倫をしている女性の中には、「いつかは正妻から彼を略奪したい」と目論む女性も珍しくないようです。人の家庭をぶち壊してまで得たい幸せなんて、幻想にしか過ぎないかもしれないのに、それでも男を独り占めしたくなるのは、ある種の“サガ”なのでしょう。略奪愛を画策し、計画通りに進んでしまうツワモノも存在します。今回は、そんな女性にありがちな傾向を分析してまいります。

略奪マスターにはこんな傾向がある

略奪マスターってどんな女性?(写真:iStock)
略奪マスターってどんな女性? (写真:iStock)

1:演じるのが得意

「この男は、こんなキャラの女が好き」を理解したときに、その理想像にハマる女性を演じるのに長けている女性は、不倫でなくとも恋愛が思い通りに進みやすい傾向です。

 不倫関係からの略奪マスターであればなおのこと、彼が妻に抱いているであろう不満を解消できるキャラ、あるいは彼が潜在意識で求めている理想の女性像を早い段階でキャッチし、“妻以上の女”になりきるスキルに長けています。

 このタイプの女性に引っかかった男は、自分が見ている浮気相手の姿が“演技のたまもの”であるとも気づかず、まんまと離婚→再婚へのレールに気づかぬまま乗せられがちなのです。

2:意外とクール

「男は追いかけられるよりも、追いかけたい生き物」は、もはや定説ですが、これは不倫関係とて例外ではありません。

 よって「あなたがいなくちゃ、私はダメなの!」「あなたが離婚してくれなければ死ぬ!」などとメロドラマ的な依存を見せる女性は、結果として略奪には至らない傾向が強い反面、クールな振る舞いが得意な不倫女ほど、あっさりと略奪婚に至っている実態も。

 このケースでは、男が「手に入らない女」を求めたい本能が働き、女が望まなくとも自発的に離婚に着手するパターンも多く、女性がなんらの特別な行動を起こすわけでもないのに、気づけば略奪に成功しちゃった! という苦々しい展開を迎える傾向もあります。

3:自立しようと思えばできる経済力がある

 自立できない不倫女ほど、浮気相手の経済力を頼り「最終的には正妻になって、安泰の人生を送りたい」などと妄想をふくらませます。

 しかし浮気男とてバカではないので、浮気相手の女がカネ目当てなのかは、意外と冷静に判断できていることが多く、こういった依存心が垣間見える女には本気になれない傾向も。

 他方で、自立しようと思えば男の力など借りなくとも生活できるだけの経済力がある不倫女は「いざとなれば、いつでも別れられる」だけの余裕を醸し出すせいか、結果としての略奪婚に至りやすい実情もあります。

 このあたりは「自分に依存しない女だからこそ、手に入れたい」という男の本能が働く側面もありそうですが、それ以上に、経済の先行きが不透明な現代だからこそ「一緒になったら生活基盤が今より安定するかも」と、男なりの打算が働きやすいことも影響しているのかもしれません。

不倫は道ならぬ恋、それでも恋愛模様は…

略奪愛の裏で傷つく人も…(写真:iStock)
略奪愛の裏で傷つく人も… (写真:iStock)

 不倫は言うまでもなく「道ならぬ恋」であり、略奪婚ともなれば、その陰で傷つく人がいる、人の道を外れた行為であるのは間違いありません。

 さりとて、男女の恋愛模様とはときに魑魅魍魎(ちみもうりょう)で、世間には略奪愛に長けている女というのも存在するから怖いのです。

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM