不倫からの略奪愛に長けた女性に見られる“危ない傾向3つ”

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-04-14 03:08
投稿日:2019-03-11 18:00
 不倫をしている女性の中には、「いつかは正妻から彼を略奪したい」と目論む女性も珍しくないようです。人の家庭をぶち壊してまで得たい幸せなんて、幻想にしか過ぎないかもしれないのに、それでも男を独り占めしたくなるのは、ある種の“サガ”なのでしょう。略奪愛を画策し、計画通りに進んでしまうツワモノも存在します。今回は、そんな女性にありがちな傾向を分析してまいります。

略奪マスターにはこんな傾向がある

略奪マスターってどんな女性?(写真:iStock)
略奪マスターってどんな女性? (写真:iStock)

1:演じるのが得意

「この男は、こんなキャラの女が好き」を理解したときに、その理想像にハマる女性を演じるのに長けている女性は、不倫でなくとも恋愛が思い通りに進みやすい傾向です。

 不倫関係からの略奪マスターであればなおのこと、彼が妻に抱いているであろう不満を解消できるキャラ、あるいは彼が潜在意識で求めている理想の女性像を早い段階でキャッチし、“妻以上の女”になりきるスキルに長けています。

 このタイプの女性に引っかかった男は、自分が見ている浮気相手の姿が“演技のたまもの”であるとも気づかず、まんまと離婚→再婚へのレールに気づかぬまま乗せられがちなのです。

2:意外とクール

「男は追いかけられるよりも、追いかけたい生き物」は、もはや定説ですが、これは不倫関係とて例外ではありません。

 よって「あなたがいなくちゃ、私はダメなの!」「あなたが離婚してくれなければ死ぬ!」などとメロドラマ的な依存を見せる女性は、結果として略奪には至らない傾向が強い反面、クールな振る舞いが得意な不倫女ほど、あっさりと略奪婚に至っている実態も。

 このケースでは、男が「手に入らない女」を求めたい本能が働き、女が望まなくとも自発的に離婚に着手するパターンも多く、女性がなんらの特別な行動を起こすわけでもないのに、気づけば略奪に成功しちゃった! という苦々しい展開を迎える傾向もあります。

3:自立しようと思えばできる経済力がある

 自立できない不倫女ほど、浮気相手の経済力を頼り「最終的には正妻になって、安泰の人生を送りたい」などと妄想をふくらませます。

 しかし浮気男とてバカではないので、浮気相手の女がカネ目当てなのかは、意外と冷静に判断できていることが多く、こういった依存心が垣間見える女には本気になれない傾向も。

 他方で、自立しようと思えば男の力など借りなくとも生活できるだけの経済力がある不倫女は「いざとなれば、いつでも別れられる」だけの余裕を醸し出すせいか、結果としての略奪婚に至りやすい実情もあります。

 このあたりは「自分に依存しない女だからこそ、手に入れたい」という男の本能が働く側面もありそうですが、それ以上に、経済の先行きが不透明な現代だからこそ「一緒になったら生活基盤が今より安定するかも」と、男なりの打算が働きやすいことも影響しているのかもしれません。

不倫は道ならぬ恋、それでも恋愛模様は…

略奪愛の裏で傷つく人も…(写真:iStock)
略奪愛の裏で傷つく人も… (写真:iStock)

 不倫は言うまでもなく「道ならぬ恋」であり、略奪婚ともなれば、その陰で傷つく人がいる、人の道を外れた行為であるのは間違いありません。

 さりとて、男女の恋愛模様とはときに魑魅魍魎(ちみもうりょう)で、世間には略奪愛に長けている女というのも存在するから怖いのです。

ラブ 新着一覧


マッチングアプリで選ぶべき男性は? ポイント3つを押さえる
 感染症が拡大すると増えるのが、マッチングアプリをする女性たち。婚活イベントが中止になったり、規模が縮小され、出会いの機...
内藤みか 2022-08-11 06:00 ラブ
【苦痛】夫婦喧嘩、マジ疲れた…意外な原因を知っていますか
 大好きな人との結婚生活とはいえ、時には喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。しかし、夫婦喧嘩が増えていくにつれて関係が悪...
恋バナ調査隊 2022-08-11 06:00 ラブ
私のことまだ好き? 彼氏との温度差を感じちゃった時の対処法
「尽くしていても、相手からは気持ちが感じられない……」  交際中、自分とパートナーとの間に気持ちの温度差を感じると不安...
若林杏樹 2022-08-10 06:00 ラブ
「この人はATM」夫が大嫌いでも絶対に離婚しない妻の本音
 まったく家事をする気がない、何歳になってもマザコン……。結婚生活を経て「年々夫を嫌いになっていく」なんて人もいるでしょ...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
彼氏の体臭がきつい(涙)傷つかない3つの対処法を考えた
 40代の同世代カップルに多い悩みが「彼氏の体臭がきつい」というもの。理由は、40代を過ぎた男性は、特に加齢臭も強くなり...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
ハロワで不採用続出!子育て真っ最中・転勤族妻の働き方事情
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
少女漫画さながら“胸キュン”シチュエーションで心に栄養を!
 恋愛では「シチュエーション」って大切ですよね。告白シーンなんかも、どんなシチュエーションかによって成功率が変わってくる...
恋バナ調査隊 2022-08-09 06:00 ラブ
おもちゃを使いたくて…彼氏へのプレゼントで失敗しちまった
 誕生日や記念日には、プレゼントで彼氏を喜ばせようと考える人が多いですよね。しかし彼の気持ちを汲み取ることができないと、...
恋バナ調査隊 2022-08-08 18:22 ラブ
男性が思わず周囲に紹介したくなる女性の特徴~行動&外見編
 長くお付き合いをしているのに、彼がなかなか友達や家族に紹介してくれなかったら、なんだか不安になってしまいますよね。男性...
恋バナ調査隊 2022-08-08 06:00 ラブ
“在宅ワーク+歯医者”の謎解き 不倫発覚妻のボロ出たLINE3選
 不倫をしている女性って「絶対にバレない」という謎の自信がある人が多いようです。でも、そう思っていたのに、些細なLINE...
恋バナ調査隊 2022-08-07 06:00 ラブ
愛情表現or独占欲? “やたらとキス魔な男性”特徴5つと対処法
 大好きな男性からキスをされると嬉しいもの。でも、場所や状況を考えずに何度もキスをされると、さすがに嫌気がさしてしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-08-07 06:00 ラブ
浮気を見破るプロが分析!“絶対に浮気しない”男たちの共通点
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。男女の問題はさまざまですが、一番胸を痛めてしまうのは「浮気」かもしれません。...
山崎世美子 2022-08-06 06:00 ラブ
「喧嘩より100倍マシ」恋人に何でも確認するバツ1男性の理屈
「冷酷と激情のあいだvol.102〜女性編〜」では、恋人のコウジさん(仮名・39歳)がなんでも自分に質問をしてからでなけ...
並木まき 2022-08-06 06:00 ラブ
「今日はする?」夜の生活も指示待ちする恋人に面食らう女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-06 06:00 ラブ
男を見る目ない自分にイラッ! 無神経な彼氏に冷めたエピ3選
 今回は、女性の「無神経な彼氏に冷めたエピソード」をご紹介します。あなたも、付き合ったあとに「そんな人だったの……?」と...
恋バナ調査隊 2022-08-06 06:00 ラブ
初めての女が激白!息子のカテキョは“童貞大学生”でした #1
 オスカー・ワイルドの喜劇「つまらぬ女」に次のような格言がある。 「男はいつも最初の男になりたがり、女は最後の女に...
蒼井凜花 2022-08-05 06:00 ラブ