不倫からの略奪愛に長けた女性に見られる“危ない傾向3つ”

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-04-14 03:08
投稿日:2019-03-11 18:00
 不倫をしている女性の中には、「いつかは正妻から彼を略奪したい」と目論む女性も珍しくないようです。人の家庭をぶち壊してまで得たい幸せなんて、幻想にしか過ぎないかもしれないのに、それでも男を独り占めしたくなるのは、ある種の“サガ”なのでしょう。略奪愛を画策し、計画通りに進んでしまうツワモノも存在します。今回は、そんな女性にありがちな傾向を分析してまいります。

略奪マスターにはこんな傾向がある

略奪マスターってどんな女性?(写真:iStock)
略奪マスターってどんな女性? (写真:iStock)

1:演じるのが得意

「この男は、こんなキャラの女が好き」を理解したときに、その理想像にハマる女性を演じるのに長けている女性は、不倫でなくとも恋愛が思い通りに進みやすい傾向です。

 不倫関係からの略奪マスターであればなおのこと、彼が妻に抱いているであろう不満を解消できるキャラ、あるいは彼が潜在意識で求めている理想の女性像を早い段階でキャッチし、“妻以上の女”になりきるスキルに長けています。

 このタイプの女性に引っかかった男は、自分が見ている浮気相手の姿が“演技のたまもの”であるとも気づかず、まんまと離婚→再婚へのレールに気づかぬまま乗せられがちなのです。

2:意外とクール

「男は追いかけられるよりも、追いかけたい生き物」は、もはや定説ですが、これは不倫関係とて例外ではありません。

 よって「あなたがいなくちゃ、私はダメなの!」「あなたが離婚してくれなければ死ぬ!」などとメロドラマ的な依存を見せる女性は、結果として略奪には至らない傾向が強い反面、クールな振る舞いが得意な不倫女ほど、あっさりと略奪婚に至っている実態も。

 このケースでは、男が「手に入らない女」を求めたい本能が働き、女が望まなくとも自発的に離婚に着手するパターンも多く、女性がなんらの特別な行動を起こすわけでもないのに、気づけば略奪に成功しちゃった! という苦々しい展開を迎える傾向もあります。

3:自立しようと思えばできる経済力がある

 自立できない不倫女ほど、浮気相手の経済力を頼り「最終的には正妻になって、安泰の人生を送りたい」などと妄想をふくらませます。

 しかし浮気男とてバカではないので、浮気相手の女がカネ目当てなのかは、意外と冷静に判断できていることが多く、こういった依存心が垣間見える女には本気になれない傾向も。

 他方で、自立しようと思えば男の力など借りなくとも生活できるだけの経済力がある不倫女は「いざとなれば、いつでも別れられる」だけの余裕を醸し出すせいか、結果としての略奪婚に至りやすい実情もあります。

 このあたりは「自分に依存しない女だからこそ、手に入れたい」という男の本能が働く側面もありそうですが、それ以上に、経済の先行きが不透明な現代だからこそ「一緒になったら生活基盤が今より安定するかも」と、男なりの打算が働きやすいことも影響しているのかもしれません。

不倫は道ならぬ恋、それでも恋愛模様は…

略奪愛の裏で傷つく人も…(写真:iStock)
略奪愛の裏で傷つく人も… (写真:iStock)

 不倫は言うまでもなく「道ならぬ恋」であり、略奪婚ともなれば、その陰で傷つく人がいる、人の道を外れた行為であるのは間違いありません。

 さりとて、男女の恋愛模様とはときに魑魅魍魎(ちみもうりょう)で、世間には略奪愛に長けている女というのも存在するから怖いのです。

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

関連キーワード

ラブ 新着一覧


夫の不倫相手はまだ独身w 離婚を思いとどまってよかった~な、瞬間5つ
 喧嘩、不倫、借金、教育方針の違いなど理由はさまざまありますが、現在進行形で「夫と離婚しようかな」と考える女性もいるので...
恋バナ調査隊 2024-05-28 06:00 ラブ
妻だけが知る夫の正体「つまらない男なのよ~」は愚痴か、それとも惚気か
 よく既婚女性から「うちの夫ったらつまらない男なのよ〜」なんて愚痴を耳にしますよね。でもつまらないから離婚したいと言う人...
恋バナ調査隊 2024-05-27 06:00 ラブ
マンネリ? 彼じゃない感? 「理由ないけど別れたい」4つのフシギ
「浮気された」「喧嘩が絶えない」など、カップルが別れるにはきっかけや原因があるもの。ですが、「理由はないけど別れたい」と...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
旦那の帰りが早い時は「ママ友とホムパ中♪」と嫌がる系をぶっ込んで操縦
 世間には旦那の帰りが遅くてストレスを抱える女性もいる一方、旦那の帰りが早いことでつらい気持ちになる人もいるようです。 ...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
大学生の一人息子にべったりな再婚妻。子離れと浪費癖改善を画策する夫
「冷酷と激情のあいだvol.196〜女性編〜」では、結婚後に“鬼夫”と化したマコトさん(仮名)に不快感が深まっている妻・...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
入籍後に本性見せたモラハラ鬼夫と離婚したい、でも…。躊躇する47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
自宅の別室で“不倫未満”に溺れる夫。ギリギリ行動5つ、どこまで許せる?
 夫が不倫していたら「許せない!」と怒る女性がほとんどですよね。でも“不倫未満”の関係なら…⁉  あなたは夫のこんな行...
恋バナ調査隊 2024-05-25 06:00 ラブ
古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
まめ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ