恋愛にドライな“D男子”にハマる? 特徴や攻略法をチェック♪

リタ・トーコ ライター
更新日:2020-03-19 06:00
投稿日:2020-03-19 06:00
 “草食男子”や“ドS男子”など「◯◯男子」という言葉が、近年流行っていますね。その中でも巷で話題の、“D男子”ってご存知でしょうか? “D男子”とは「恋愛に対してドライな男子」のことを言いますが、実は意外にもハマってしまう女性が多いのだとか。そんな“D男子”の特徴や攻略法を、今回はご紹介します!

意外と周りにいるのかも? “D男子”の5つの特徴

恋愛に対してドライな男子(写真:iStock)
恋愛に対してドライな男子 (写真:iStock)

「恋愛に対してドライな男性ってどうなの?」と、思ってしまう方は多いでしょう。でも、D男子の特徴を見ると、「意外と周りにいるのかも?」と思えるはず。まずは、5つの特徴を押さえていきましょう。

1. 物事に対してあまり執着しない

 物事に対してあまり執着しないのが、D男子の大きな特徴でしょう。固執や依存が少なく、こだわりなども少ないです。「あっさりしすぎている」というイメージが、ぴったり来るかもしれません。

 お付き合いしている彼女から別れを切り出されても、「去るもの追わず」で引き止めたりはしません。無理してそうしているわけではないため、彼女側からすると「好きじゃなかったのかな」と、物足りない気持ちになってしまうこともあるでしょう。

2. 無口でシャイ、感情が乱れにくい

 D男子は無口でシャイ。アンニュイな雰囲気を纏っているため、特に初対面だと「何を考えているのか分からない」と、思われがちです。

 感情表現は少ないですが、イライラや喜びなどの感情を隠しているわけではなく、そもそも感情が乱れにくい性格なのです。何が起きてもどーんとしていて慌てないため、女性から見ると「男らしい」と思えるかもしれません。

3. 趣味や仕事に打ち込むことを好む

 D男子は1つのことに打ち込んだり、追求をするのが好きなため、生活の中で趣味や仕事に対する比重が大きいです。恋愛よりも、趣味や仕事を楽しむ時間の方が大切だと思っている方も多く、恋愛体質の女性からすると寂しさを感じてしまうこともあるでしょう。

 また、比較的インドア傾向にあるため、お家デートの割合が多く、アクティブ派な女性はつまらなさを感じてしまうかもしれません。

4. プライドは高め、草食男子ではない

 柔和な雰囲気を持つD男子ですが、意外にもプライドは高め。そして、面倒くさがり屋ですので、女性からアプローチをしかけないと恋愛にすら発展しない可能性が高いです。

 しかし、厄介なことにD男子は草食男子ではありません。そのため「告白は自分からしたい」と、思っていたりもします。超マイペースな上、ガツガツアプローチされるのも苦手、駆け引きも嫌いなため、D男子への片思いは長期戦になる可能性もあるでしょう。

5. 騒がしいのは嫌いだけど寂しがり屋

 団体行動だったり、大勢での飲み会など騒がしいことが苦手なのもD男子の特徴。でも、誘われると少なからず嬉しい気持ちになり、大抵の場合断りません。要は、寂しがり屋な一面も持ち合わせているのです。

 さらに、面倒くさがりなため、好きでもない女性と関係を持ったり遊ぶこともしません。異性の友達よりは、同性の友達と少人数で集まってしっぽり飲みに行くなど、自分にストレスがない環境を好みます。

“D男子”との恋愛は? 上手に付き合うための攻略法

返信が遅くても気にしないこと(写真:iStock)
返信が遅くても気にしないこと (写真:iStock)

「押してもダメだし、引いてもダメ」、そんなD男子とのお付き合いって疲れそうですよね。でも、実は攻略するコツさえ掴めば、すごく気楽で良い関係を築くことができるかもしれませんよ!

駆け引きなし! 時間をかけて心を近づける

 大人の恋愛に駆け引きは必須!の風潮ですが、残念ながらD男子には通用しません。なぜなら、引いたところで乗ってこない可能性が高いからです。

 それよりも、D男子の心に届くのは素直なアプローチだったりします。時間をかけて心を近づけていきましょう。基本的に警戒心が強いD男子がリラックスしている様子を見せてくれるようになれば、かなり脈ありでしょう。

時には聞き役に! 話を引き出してあげる

 あまりおしゃべりではなく、言葉が足りないD男子。冷たいと思われがちですが、逆に性格は優しく穏やかなため、普段は聞き役に徹していることが多いです。

 でも、趣味や仕事への情熱が人一倍強いD男子は、将来の夢や目標をしっかり持っていたりもします。不意に、自分の話をしてきた時はチャンス! あなたが聞き役となって、思い切り話を引き出してあげましょう。きっと、ぐっと距離が近づくはずですよ。

連絡は自分から! 返信の遅さは気にしない

 面倒くさがり屋なD男子は、基本的に自分から連絡をしません。「たまには連絡をしてほしい」と思ってしまう気持ちは分かりますが、待つだけ無駄でしょう。好きな気持ちと連絡の頻度が、比例しないのです。

 そのため、「どっちの方が連絡が多い」なんて考えずに、連絡は自分からしましょう。また、返信が遅くても気にせずに。律儀なところがあるD男子ですから、待っていれば必ず連絡が来るはずです。

察してちゃん!? 居心地の良い環境を提供してあげる

 D男子には「察してほしい」と思っている節があります。「わざわざ言わなくても分かってほしい」「忙しい時はそっとしてほしい」など、彼女に求めることが多いのです。要はわがままなんですね。女性でいうところの「察してちゃん」なのかも。

 でも、だからこそ、D男子を攻略したいのであれば、とにかく居心地の良い環境を提供してあげるのが大切だったりします。そのためには、女性側に余裕があることが肝心! 無理なく程よい距離やペースを掴めたら、穏やかな関係が築けるでしょう。

子どもっぽい部分も! 寛容な心で受け止める

 ドライなD男子だって、恋に落ちることはもちろんあります。そんな時、どんな風にアプローチをすれば良いのか分からず、わざと冷たい態度を取ったりなど、ぎこちない駆け引きをしてきたりもするでしょう。

 そんな時には、ぜひ寛容な心で受け止めてあげましょう。争うことを過度に嫌いますから、女性側が常に冷静な視点を持っていることも大事です。ちなみに、D男子は年上女性を好む傾向にあるそう。これも、年上女性ならではの落ち着きや余裕に魅力を感じるからかもしれませんね。

ドライなD男子は一途! 攻略したら意外と扱いやすいのかも♡

付き合い方のコツを掴めば扱いやすい?(写真:iStock)
付き合い方のコツを掴めば扱いやすい? (写真:iStock)

 一見、攻略が難しそうなD男子。確かに、D男子の精一杯の愛情表現は、ほかの男性と比べると不十分だと感じるかもしれません。でも、実はD男子は誠実で真面目なため、好きな人に一途であるのも特徴だったりもするんですよ。

 理想の距離感が掴めたら、最高のパートナーになれるかも! ぜひ、D男子を好きになったら、ご紹介した攻略法を試してみてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“女子アナ”上等!結婚願望が叶わないトホホ女性の共通点とは
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする、「40代50代の大人婚」連載の番外編。インタビュアー・内埜(うちの)...
内埜さくら 2021-03-09 06:15 ラブ
男性にモテる癒し系女性になりたい♡ 性格&外見9つの特徴
 男性は、付き合う女性に癒しを求めているもの。そのため、一緒にいて安心できるふんわりした印象の「癒し系女性」は、いつの時...
恋バナ調査隊 2021-03-09 06:04 ラブ
不安が尽きない彼…別れるべき?安心をくれる人との違いとは
 パートナーによって人生って変わりますよね。相性の良いパートナーを得て以前よりも幸せそうになった人、パートナーとうまくい...
七味さや 2021-03-08 12:34 ラブ
誠実な男性の5つの見分け方♡ 選ばれる女性になる準備とは?
 多くの女性が、理想の男性に求める条件として挙げるのが「誠実さ」でしょう。だって、誠実に向き合ってくれる男性となら、「幸...
恋バナ調査隊 2021-03-08 06:00 ラブ
あざとい女性がモテるのはなぜ?理由&真似したい5つの特徴
 “あざとい女性”というと、「計算高そう」というイメージが強いですよね。少し前まで、そんなあざとい女性は、同性からだけで...
恋バナ調査隊 2021-03-07 06:00 ラブ
男が依存してしまう…離れられなくなる女性の“絶対法則”4選
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。世界人口74億人。パートナーとの出会いはすごいご縁です。できれば仲良くやって...
山崎世美子 2021-03-06 06:00 ラブ
夫婦に言葉は必要?妻のダメ出しが理解できずレスに苦しむ夫
「冷酷と激情のあいだvol.33〜女性編〜」では、心のこもっていない言葉を交わす夫にうんざりしている妻・Fさんの疲弊をご...
並木まき 2021-03-06 05:04 ラブ
ロボットといるみたい…薄っぺらい夫の言葉に疲弊する女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-03-06 05:06 ラブ
他人を不快にする“非モテ行為5選”!自分の格まで下げないで
 緊急事態宣言の解除の日が待ち遠しい昨今。桜の開花とともに、かつてのようなリアル対面での交流が増えてくるかもしれません。...
蒼井凜花 2021-03-05 06:00 ラブ
よい出会いのために…超スローマッチンング時代にできること
 2度目の緊急事態宣で出会いや恋愛の機会を奪われた人が大勢います。長引くコロナ禍により、男女のマッチングにかなりのスロー...
内藤みか 2021-03-04 06:00 ラブ
付き合う前に見極めて! 嘘つき男性の特徴&見破るポイント
 どんなにタイプの男性でも、嘘つきと分かれば気持ちは冷めてしまうもの。付き合ってから、信用できない相手だと知るのは辛いで...
恋バナ調査隊 2021-03-04 06:00 ラブ
そんなに頑張らなくてもOK!男性の気を引く簡単な方法って?
 皆さんは「カレを落としたい!」と思った時、どんな行動を取りますか? 美容にお金をかけたり、ボディラインがきれいに見える...
若林杏樹 2021-03-03 06:00 ラブ
成婚数No.1仲人姉さんが告白!大人婚できる人は質問でわかる
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする、「40代50代の大人婚」連載の番外編。インタビュアー・内埜(うちの)...
内埜さくら 2021-03-03 06:00 ラブ
思わずゾワ〜ッ…勘違い男性からの“背筋が寒くなるLINE”6選
 LINEに届く内容の中でも、特に困るのが男性からのちょっと痛いLINEです。相手を傷つけたり、面倒なことになったりしな...
結婚相手の選び方♡重視するポイント&男性が求めている条件
結婚は、女性にとって人生を大きく変える最大のイベントです。そのため、結婚願望はあっても「本当にこの人でいいのか……」と、...
恋バナ調査隊 2021-03-02 06:21 ラブ
離婚って人生の汚点なの…? 失敗をチャンスに変える考え方
 離婚するなんて、夢にも思わなかった。離婚経験者の大半はそう思っているでしょう。幸せになるつもりで結婚したのに失敗してし...
七味さや 2021-03-01 06:00 ラブ