男女の嫉妬は違う! 4つの特徴&男性の嫉妬心との向き合い方

リタ・トーコ ライター
更新日:2020-03-31 06:00
投稿日:2020-03-31 06:00
「好きだから嫉妬する」、これは当たり前の感情です。でも、嫉妬をすると不安や罪悪感などネガティブな感情になってしまう……と悩んでしまう方も多いよう。そんなつらい「嫉妬」はなぜ起こるのか、男女の違いや嫉妬深い男性との向き合い方をご紹介します。

男女の嫉妬は違う! 男性の嫉妬と女性の嫉妬の4つの特徴

どうしても不安になってしまう(写真:iStock)
どうしても不安になってしまう (写真:iStock)

 誰しもが持つ感情である「嫉妬」ですが、男女の嫉妬は特性が少し違うよう。そこで、男女の嫉妬の特徴を見てみましょう。

【態度】男性は「隠す」、女性は「見せる」

 基本的にプライドの高い男性は、嫉妬心を恥じる気持ちが大きく、「隠す」傾向にあります。しかし、「黙る」「怒る」など態度に表れることが多いため、女性側も嫉妬に気付きやすいでしょう。

 対して女性は、嫉妬心を言葉や態度で「見せる」傾向にあります。悲しんだり怒ったりしながら男性や相手の女性に対して、ひどい暴言を吐いてしまったりもします。

【感情】男性は「怒り」、女性は「悲しみ」

 嫉妬をした時、男性が最初に感じるのは「怒り」という強い感情です。暴力的になったり、束縛という形でストーカー化することもあるため、人によっては注意が必要でしょう。

 逆に女性は、怒りはもちろんあっても「悲しみ」の感情が先に立ちます。どうにもならない感情に苦しみ、その後の恋愛に影響するようなトラウマになってしまうこともあります。

【対象】男性は「対:彼女」、女性は「対:相手女性」

 男性は彼女が浮気をした時、嫉妬の対象は「彼女」に向きます。プライドが高いため、「自分を裏切った彼女のことを許せない!」という感情になるのです。

 対して女性は、彼氏が浮気をした時の嫉妬の対象は「相手女性」です。「私と彼女、どっちが良いの?」なんて、相手女性と張り合ったり、蹴落としたいという気持ちに駆られます。

【質】男性は「身体的」、女性は「精神的」

 よく言われることですが、男性は「身体的」、女性は「精神的」に嫉妬をします。たとえば相手が浮気をしたとして、男性が注目するのは「一線を超えたかどうか」、対して女性は「心が動いたのか」を重要視するそう。

 これは、生物学的に見て不思議なことではありません。子孫を残したい男性は女性が他の男性との子どもを妊娠をする行為を嫌う、自分や子どもを養ってもらいたい女性は男性がほかの女性に心を移すことを嫌うため、嫉妬を起こすのです。

 とはいえ、ここは現代ですから、そう簡単にはいきません。「体の浮気はいいけど、心はダメ」なんて言う女性は、ほとんどいませんよね。

嫉妬深い男性との上手な付き合い方! 4つのポイント

自分の気持ちを素直に伝えてみる(写真:iStock)
自分の気持ちを素直に伝えてみる (写真:iStock)

 男性の嫉妬の対象は彼女に向くことが多いため、突然不機嫌になったり、時には激しく束縛してきたりすることもあります。そんな嫉妬深い男性との、上手な付き合い方を見てみましょう。自分の嫉妬心と向き合うポイントにもなるはずですよ。

1. 愛情表現を欠かさない

 嫉妬心が強い女性であれば分かると思いますが、嫉妬ってほんの些細な不安からムクムクと育っていくもの。ほかの女性と比べて自分を卑下したり、「嫌われたらどうしよう」と、どうしようもなく不安になってしまったりもします。これは、自分に自信がないことの表れ。これは男性も同じです。

「自信のある自分」へと自己改善することができれば良いのですが、なかなかそうもいきません。だからこそ、彼女であるあなたが手を貸してあげましょう。

 ポイントは、男性への愛情表現を欠かさずに行うことです。「好き」という言葉はもちろん、スキンシップをしたり、お世話をしてあげたりと愛情をたっぷり与えることが嫉妬心を和らげることに繋がります。

2. 隠し事を作らない

 女性の交友関係を把握することができないことへの不安から、嫉妬心が大きくなってしまうケースもあります。この場合には少々面倒ですが、隠し事を作らないのも大切なことかもしれません。

 普段から、自分のプライベートについて詳しく話しておくこと、また、男性が聞いてこなくても、今週の予定などを伝えるのも相手の安心材料になるはずです。警戒心を無くしてあげると、男性の気持ちはだんだんと楽になるでしょう。

3. 自分も嫉妬することを伝える

 相手が自分のことをどのくらい好きなのかなんて、一生分からないものです。だからこそ、嫉妬心が強い人は「自分ばっかりが好きなのではないか?」と、ネガティブな思考に陥りがち。

 厄介なことに男性はプライドが高いため、嫉妬心を「かっこ悪いこと」だと隠します。そのため、急に不機嫌になったり、最悪の場合には陰湿なストーカー行為に走るのでしょう。

 だからこそ、そんな男性に対しては「嫉妬心は誰にでもあるもの」と、教えてあげましょう。「私も嫉妬をするよ」と伝えてあげるのも1つの手。「好きだから当たり前だもん!」と付け加えてあげると、相手も安心して心を開いてくれるはずです。

4. 信用してもらえないことが悲しいと伝える

 嫉妬心は別の側面から見ると、「相手の気持ちを信用できないから起こる感情」でもあります。しかし、嫉妬をしている渦中にいる人は、このことになかなか気づけません。

 男性のあまりの嫉妬に疲れてしまうのであれば、最終手段として「自分を信用してもらえないことが悲しい」と、まっすぐに伝えてみましょう。愛情からの嫉妬であれば「あなたを悲しませるようなことはしない!」と、考え方を変えてくれるはず。もしも何も変わらず、「もう付き合いきれない」と感じたら、新しい恋を探すまでです。

嫉妬心は愛情の一部! 上手にコントロールしよう

人は誰かの所有物ではないから(写真:iStock)
人は誰かの所有物ではないから (写真:iStock)

 相手のことを好きだからこそ「嫉妬」という感情は起こりますが、少なからず「自分のものだから離したくない」という独占欲が湧いているのも事実でしょう。

 でも、人は誰かの所有物にはなれません。嫉妬心をあらわにすると関係がうまくいかなくなるケースが多いのは、「誰かの所有物」だと強制されることにあるのでしょう。でも、相手を縛り付けて「所有物」にするよりも、自由の中でお互いを裏切らない気持ちを持つことの方が、本当の意味での「所有物」になると思うのです。

 嫉妬心は愛情の一部! 自分の嫉妬心だけではなく、相手の嫉妬心までもを上手にコントロールして、居心地の良い関係を築けたら良いですね。

リタ・トーコ
記事一覧
ライター
引きこもり既婚ライター。夫とのゆるい幸せを楽しみつつ、つい浮つく。類は友を呼ぶのか、周りに似た友人が多い。人生1回きり。興味に負け続ける女。好きな言葉は「自己責任」。

ラブ 新着一覧


お金に執着する女が結婚できない理由3つ 大切なことを見失った悲しい末路
 婚活中は、改めて自分がどんな男性に惹かれるのかを見つめ直す機会になりますよね。性格や趣味、価値観や見た目にこだわる人も...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
だから「媚びる女」は嫌い! 男性の本音と“媚び認定”する女の言動とは
 恋愛で「媚びる」を武器にしている女性はいませんか? でもその武器は、嫌われるきっかけになる恐れもあるため注意が必要です...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
更生して一途に?それとも性病に苦しむ?遊びだった人の明暗を分ける瞬間
 遊び人の男性にもてあそばれ、つらい思いをした女性もいるでしょう。しかし、遊び人でも年齢や経験を重ねて更生する場合がある...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
30代40代「婚活の後悔」4選 あのときどうして気づかなかったんだろう
 婚活に励んでいる女性は必見! 「あのときこうしておけば…」と、自身の婚活に後悔がある女性たちの話を集めてみました。 ...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
甘い新婚生活なんて誰が言った?ラブラブ一転イライラ爆発エピソード5選
「新婚」と聞くと、誰もがラブラブな生活を想像するでしょう。 でも、共同生活を始めて間もない新婚は、イライラする機会も多い...
恋バナ調査隊 2024-02-25 06:00 ラブ
男「冗談はよしこちゃん」女「は?」年の差カップルはすれ違い日常茶飯事
 近年、10歳以上の年の差カップルが増えていますよね。年の差があると、相手を尊敬できたり、落ち着いて安定した恋愛ができた...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
肉体より精神的なつながりに“利”があるよね? 51歳経営者が女を選ぶ条件
「冷酷と激情のあいだvol.183〜女性編〜」では、夜の営みをしないことを条件にプロポーズをしてきた恋人・ジュンジさん(...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
性交渉一生ナシ?裕福な経営者から提示された結婚の条件に戸惑う47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
女に困らないチャラ男に聞いた! 本命に選ぶ女性の特徴3つ
 好きになった男性がチャラ男だったら「真面目に恋愛する気はないよね…」と落ち込むかもしれません。  でも、チャラ男だっ...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
女性から家デートに誘うのはアリなの? 超自然な誘い方と男性の本音
 なかなか家に呼んでくれない彼。もっと仲を深めたいけど「女性から家デートに誘うのはナシかも…」と悩んでいる人は多いはず。...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
年の差婚は“1億円プレーヤー”の特権に…婚活のプロが見た同世代婚の現場
 年の離れた若い女性と結婚したい――。結婚相談所には今も夢見る中年男性が訪れるそうだが、時代は変わったようだ。  ...
モテる女が選ぶ男はセンスなし? 美人が陥りがちな恋愛の失敗傾向3つ
 あなたは、男性にモテますか? 答えがイエスなら、恋愛で選ぶ男に注意したほうがいいかもしれません。  なぜなら、美人で...
恋バナ調査隊 2024-02-23 06:00 ラブ
年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ