男女の嫉妬は違う! 4つの特徴&男性の嫉妬心との向き合い方

リタ・トーコ ライター
更新日:2020-03-31 06:00
投稿日:2020-03-31 06:00
「好きだから嫉妬する」、これは当たり前の感情です。でも、嫉妬をすると不安や罪悪感などネガティブな感情になってしまう……と悩んでしまう方も多いよう。そんなつらい「嫉妬」はなぜ起こるのか、男女の違いや嫉妬深い男性との向き合い方をご紹介します。

男女の嫉妬は違う! 男性の嫉妬と女性の嫉妬の4つの特徴

どうしても不安になってしまう(写真:iStock)
どうしても不安になってしまう (写真:iStock)

 誰しもが持つ感情である「嫉妬」ですが、男女の嫉妬は特性が少し違うよう。そこで、男女の嫉妬の特徴を見てみましょう。

【態度】男性は「隠す」、女性は「見せる」

 基本的にプライドの高い男性は、嫉妬心を恥じる気持ちが大きく、「隠す」傾向にあります。しかし、「黙る」「怒る」など態度に表れることが多いため、女性側も嫉妬に気付きやすいでしょう。

 対して女性は、嫉妬心を言葉や態度で「見せる」傾向にあります。悲しんだり怒ったりしながら男性や相手の女性に対して、ひどい暴言を吐いてしまったりもします。

【感情】男性は「怒り」、女性は「悲しみ」

 嫉妬をした時、男性が最初に感じるのは「怒り」という強い感情です。暴力的になったり、束縛という形でストーカー化することもあるため、人によっては注意が必要でしょう。

 逆に女性は、怒りはもちろんあっても「悲しみ」の感情が先に立ちます。どうにもならない感情に苦しみ、その後の恋愛に影響するようなトラウマになってしまうこともあります。

【対象】男性は「対:彼女」、女性は「対:相手女性」

 男性は彼女が浮気をした時、嫉妬の対象は「彼女」に向きます。プライドが高いため、「自分を裏切った彼女のことを許せない!」という感情になるのです。

 対して女性は、彼氏が浮気をした時の嫉妬の対象は「相手女性」です。「私と彼女、どっちが良いの?」なんて、相手女性と張り合ったり、蹴落としたいという気持ちに駆られます。

【質】男性は「身体的」、女性は「精神的」

 よく言われることですが、男性は「身体的」、女性は「精神的」に嫉妬をします。たとえば相手が浮気をしたとして、男性が注目するのは「一線を超えたかどうか」、対して女性は「心が動いたのか」を重要視するそう。

 これは、生物学的に見て不思議なことではありません。子孫を残したい男性は女性が他の男性との子どもを妊娠をする行為を嫌う、自分や子どもを養ってもらいたい女性は男性がほかの女性に心を移すことを嫌うため、嫉妬を起こすのです。

 とはいえ、ここは現代ですから、そう簡単にはいきません。「体の浮気はいいけど、心はダメ」なんて言う女性は、ほとんどいませんよね。

嫉妬深い男性との上手な付き合い方! 4つのポイント

自分の気持ちを素直に伝えてみる(写真:iStock)
自分の気持ちを素直に伝えてみる (写真:iStock)

 男性の嫉妬の対象は彼女に向くことが多いため、突然不機嫌になったり、時には激しく束縛してきたりすることもあります。そんな嫉妬深い男性との、上手な付き合い方を見てみましょう。自分の嫉妬心と向き合うポイントにもなるはずですよ。

1. 愛情表現を欠かさない

 嫉妬心が強い女性であれば分かると思いますが、嫉妬ってほんの些細な不安からムクムクと育っていくもの。ほかの女性と比べて自分を卑下したり、「嫌われたらどうしよう」と、どうしようもなく不安になってしまったりもします。これは、自分に自信がないことの表れ。これは男性も同じです。

「自信のある自分」へと自己改善することができれば良いのですが、なかなかそうもいきません。だからこそ、彼女であるあなたが手を貸してあげましょう。

 ポイントは、男性への愛情表現を欠かさずに行うことです。「好き」という言葉はもちろん、スキンシップをしたり、お世話をしてあげたりと愛情をたっぷり与えることが嫉妬心を和らげることに繋がります。

2. 隠し事を作らない

 女性の交友関係を把握することができないことへの不安から、嫉妬心が大きくなってしまうケースもあります。この場合には少々面倒ですが、隠し事を作らないのも大切なことかもしれません。

 普段から、自分のプライベートについて詳しく話しておくこと、また、男性が聞いてこなくても、今週の予定などを伝えるのも相手の安心材料になるはずです。警戒心を無くしてあげると、男性の気持ちはだんだんと楽になるでしょう。

3. 自分も嫉妬することを伝える

 相手が自分のことをどのくらい好きなのかなんて、一生分からないものです。だからこそ、嫉妬心が強い人は「自分ばっかりが好きなのではないか?」と、ネガティブな思考に陥りがち。

 厄介なことに男性はプライドが高いため、嫉妬心を「かっこ悪いこと」だと隠します。そのため、急に不機嫌になったり、最悪の場合には陰湿なストーカー行為に走るのでしょう。

 だからこそ、そんな男性に対しては「嫉妬心は誰にでもあるもの」と、教えてあげましょう。「私も嫉妬をするよ」と伝えてあげるのも1つの手。「好きだから当たり前だもん!」と付け加えてあげると、相手も安心して心を開いてくれるはずです。

4. 信用してもらえないことが悲しいと伝える

 嫉妬心は別の側面から見ると、「相手の気持ちを信用できないから起こる感情」でもあります。しかし、嫉妬をしている渦中にいる人は、このことになかなか気づけません。

 男性のあまりの嫉妬に疲れてしまうのであれば、最終手段として「自分を信用してもらえないことが悲しい」と、まっすぐに伝えてみましょう。愛情からの嫉妬であれば「あなたを悲しませるようなことはしない!」と、考え方を変えてくれるはず。もしも何も変わらず、「もう付き合いきれない」と感じたら、新しい恋を探すまでです。

嫉妬心は愛情の一部! 上手にコントロールしよう

人は誰かの所有物ではないから(写真:iStock)
人は誰かの所有物ではないから (写真:iStock)

 相手のことを好きだからこそ「嫉妬」という感情は起こりますが、少なからず「自分のものだから離したくない」という独占欲が湧いているのも事実でしょう。

 でも、人は誰かの所有物にはなれません。嫉妬心をあらわにすると関係がうまくいかなくなるケースが多いのは、「誰かの所有物」だと強制されることにあるのでしょう。でも、相手を縛り付けて「所有物」にするよりも、自由の中でお互いを裏切らない気持ちを持つことの方が、本当の意味での「所有物」になると思うのです。

 嫉妬心は愛情の一部! 自分の嫉妬心だけではなく、相手の嫉妬心までもを上手にコントロールして、居心地の良い関係を築けたら良いですね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


甘えたくなる〜!男子が弱いところを見せたくなる女子の特徴
 いつもは仕事などでキリッとしているカレが、素の顔や弱いところを見せてくるとキュンと来ちゃいますよね。仕事のできる男性に...
若林杏樹 2021-05-12 06:00 ラブ
男性は記念日を忘れる生き物?納得の理由&忘れさせない方法
 誕生日や付き合った記念日、結婚記念日など、女性が大切にしたい「記念日」。でも、そんな記念日を、あっさり忘れてしまうのが...
孔井嘉乃 2021-05-11 06:00 ラブ
遠距離恋愛中こそLINEを活用♡ 愛が深まる送り方5つ
 遠距離恋愛中のカップルは、会えないぶんだけ絆が深まっていくか、物理的に距離が離れた生活に心も離れてしまうかのどちらかで...
恋バナ調査隊 2021-05-11 06:00 ラブ
実は幸せかも♡ ドキドキしない恋愛の魅力&見極めポイント
「恋愛するなら、思いっきりドキドキしたい♡」と、思っている人は多いでしょう。確かに、ドキドキする恋愛は刺激的です。しかし...
恋バナ調査隊 2021-05-10 06:01 ラブ
いい匂いの女は記憶に残る…男性を魅了する香りのテクニック
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。嫌でも汗ばむ季節の到来です。今年こそ香りを操れる素敵な女性になりたいものです...
山崎世美子 2021-05-08 06:00 ラブ
男性が恐怖を感じる女性の恋愛暴走LINE…あなたは大丈夫?
 恋愛中の女性って、ついつい妄想してしまいがち。特に、LINEでのやりとりでは、相手の顔が見えないぶん、1人で勝手に暴走...
恋バナ調査隊 2021-05-08 06:00 ラブ
愛はなかった…離婚に同意するも話し合いで揉める夫の本心
「冷酷と激情のあいだvol.38〜女性編〜」では、コロナ禍だからこそ、別居婚を経て同居婚になった途端に、離婚を選ばざるを...
並木まき 2021-05-08 05:57 ラブ
同居した途端…夫への愛がないことを悟ってしまった妻の決断
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-08 05:56 ラブ
好きじゃない男性と付き合う5つのメリット&ポイントとは
「彼氏がいる」と聞くと、多くの人は「彼のことが好きだから付き合っている」と思うでしょう。しかし、恋愛のはじまり方はさまざ...
恋バナ調査隊 2021-05-07 06:00 ラブ
キスの場所には意味がある♡ パーツ別に隠れた14の男性心理
 恋人同士が愛情を伝えるために交わす、「キス」。実は、キスには場所ごとに意味があるのをご存知でしょうか? 今回は、厳選し...
リタ・トーコ 2021-05-07 06:00 ラブ
年下男性からの好感度アップ!年上女性のLINEメッセージテク
 最近、LINEでのモテメッセージの傾向に変化が起きています。スタンプを散りばめた派手なメッセージよりも、落ち着いたオト...
内藤みか 2021-05-06 06:00 ラブ
結婚に失敗する人の特徴&後悔しないためのチェックポイント
「いつか素敵な人と結婚して幸せになりたい」と、思っている人は多いでしょう。しかし、現実はそう甘くはありません。今では、3...
恋バナ調査隊 2021-05-06 06:00 ラブ
同棲彼氏とのマンネリに悩まない!ラブラブに過ごす方法とは
 カレと同棲を初めてある程度月日が経過すると、お互いにいい意味でも悪い意味でも慣れてしまい、コミュニケーションが少なくな...
若林杏樹 2021-05-05 06:00 ラブ
いくつ当てはまる? モテない女性の共通点5つ&卒業する方法
 女性の中には、「どうして私はモテないのだろう?」と、疑問を抱いている人がいます。自分のことは1番分かっているつもりでも...
恋バナ調査隊 2021-05-05 06:01 ラブ
付き合っていることを隠す彼氏の男性心理5つ&NG行動は?
 せっかく彼氏ができても、付き合っていることを周囲に隠されていると、「もしかして遊ばれているのかな……」「私を紹介するの...
恋バナ調査隊 2021-05-04 06:00 ラブ
一番に顔が思い浮かぶのは…? パートナーとの価値観の違い
 うれしいことやつらいことがあった時に、いちばんに思い浮かぶのは誰の顔ですか? 誰に真っ先に伝えたいと思うでしょうか? ...
七味さや 2021-05-03 06:00 ラブ