どうして結婚できないの…?8つの原因&結婚を叶える方法!

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-04-05 06:00
投稿日:2020-04-05 06:00
 結婚願望があるにも関わらず、「恋人ができても結婚話が出ない」「結婚相手が見つからない」という人もいるでしょう。でも実は、結婚できない原因は、あなた自身にあるかもしれません。ここでは、結婚できない8つの原因や、結婚を叶える3つのポイントをご紹介します。

婚活しても叶わない……結婚できない8つの原因!

本気で結婚したいなら自分を分析することから(写真:iStock)
本気で結婚したいなら自分を分析することから (写真:iStock)

「結婚したい」と思っているのに、なかなか結婚に恵まれない人がいます。恋人がいても、なぜか結婚話になる前に別れてしまう人もいるでしょう。

 理由は人によってさまざまですが、もしかしたら、あなたに原因が隠れているかもしれません。本気で結婚したいのであれば、そんな原因を知ることも大切ですよ。

1. そもそも恋愛が苦手

 結婚したいのにできない人の中には、「そもそも、結婚の前に恋愛経験が少ない」という人も多いはず。恋愛経験が少ないことで異性との接し方や付き合い方が分からず、せっかく恋人ができたのに早い段階で別れてしまう人もいます。

 自分を良く見せようと思うのではなく、気負わずに好きな人との時間を楽しむことを意識しましょう。 

2. 理想が高い

「理想通りの相手が見つからない」と、結婚どころかパートナーがなかなかできない人もいますが、もしかしたら理想が高すぎることに原因があるかもしれません。結婚相手に関しての理想は、あなたが相手に求めるもの。当然、求めるものが多ければ多いほど、叶う可能性は少なくなります。

3. 自分の考えを押し付ける

 恋人ができても、「交際が長続きしない」という人もいるはず。そんな人は、自分の考えを相手に押し付けていないでしょうか?

 どんなに愛し合っている恋人同士であっても、育った環境が異なれば価値観は違うのは当たり前です。それを、「私の考えが正しい」と思って考えを強制してしまうと、相手は嫌になってあなたから離れていく可能性も考えられるでしょう。

4. 常に受け身の姿勢

 恋人ができると、「このまま結婚までこぎつけたい」という思いから、相手に嫌われないようにと気を使ってしまう人がいます。そんな人は、常に受け身の姿勢。

 確かに、相手の全てを許して受け入れれば、相手も悪い気がしないかもしれません。しかし、常に受け身でいると「自分の意見がない面白味のない人」と、思われてしまう恐れがあります。

5. 女性としての意識が低い

 婚活しているにも関わらず、結婚できない人の中には、「このままの自分を好きになってくれる人が良い」と、自分磨きをせずにいる人もいます。

 しかし、メイクやファッションなど手抜きするなど女性としての意識が低いままだと、男性から魅力的な存在だと思ってもらえるチャンスが減ってしまいます。

6. 経済的に自立している

 なかなか結婚に恵まれなかった人の中には、仕事に一生懸命取り組んできた人もいるでしょう。そういう人は、それなりの地位や収入を得ていて経済的に自立しているはずです。経済的な不安が少ないことで、婚活に本気になれない人もいるでしょう。

7. 没頭する仕事や趣味がある

 仕事や趣味に没頭しすぎるあまり、結婚が遅れてしまう人もいるでしょう。気が付いたら、「周りがみんな結婚していた」なんてこともありますね。

 没頭できる仕事や趣味がある人は、「両立させることが難しい」と考えてしまい、どうしても恋愛を後回しにしがち。「今は仕事がやりたいから」と、結婚のチャンスを棒に振ってしまう人もいます。

8. 友達が多く寂しさを感じていない

 友達がたくさんいる人は、休日ごとにさまざまな友達と遊んでいるでしょう。常に友達との予定が入っていれば、「寂しい」と感じることはありません。また、その友達も結婚をする様子がなかったりすると、結婚できないことへの焦りもなくなってしまいます。

結婚するにはどうしたらいい? 3つの方法

自分磨きは自信にもなる(写真:iStock)
自分磨きは自信にもなる (写真:iStock)

 ある程度の年齢になれば、将来のことを考え、結婚を本気で考えるようになるものです。しかし、結婚は「結婚しよう」と思って、簡単にできるものではありません。では、結婚するにはどうすれば良いのか、ポイントをご紹介しましょう。

1. 出会いの幅を広げる

 本気で結婚したいと思うのであれば、行動を起こすしかありません。恋人がいないのであれば、まずは出会いを探すことが必要です。お見合いパーティー、SNS、友達の紹介など様々な方法を使って、出会いの場を広げていきましょう。

2. 理想相手を見直す

 恋人、結婚相手に求めるものがあるのは当然のこと。ある程度の理想を掲げるのは、大切なことです。しかし、理想をいくつも上げるのは、それだけ可能性を狭めることになります。「これだけは、どうしても譲れない」というポイントに絞ることで、結婚の可能性も広げることができるでしょう。

3. 自分磨きをする

 あなたが理想通りの結婚相手を探しているように、相手だって理想の相手を探しています。当然、魅力的があればあるほど、相手の心を射止めやすくなるでしょう。そのためには、今恋をしていなくても自分磨きをして、いつ運命の相手が現れても良いように準備しておくことが大切です。

結婚を諦めず、婚活に正面から向き合おう!

いつ出会いが訪れても良いように…(写真:iStock)
いつ出会いが訪れても良いように… (写真:iStock)

 なかなか理想通りの相手と巡り合えないと、「結婚は無理だろう」と諦めてしまう人もいます。しかし、出会いなんていつ、どこにあるか分かりません。チャンスを逃さないためには、いつ出会いが訪れても良いように準備しておくことが必要です。

 ぜひ、この記事を参考に、結婚できない理由を客観的に受け入れて結婚できる環境を整えていきましょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ