「昨日何食べた?」に学ぶ アラフォーの幸せな恋愛の秘訣

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2020-03-11 08:40
投稿日:2020-03-11 06:00
 日々アラフォーへと近づいている、しめさば子です。ご機嫌いかがでしょうか?
 突然ですが、このアラフォーという年齢はですね、近づくにつれて若い頃には感じなかったような感覚に気づくことがあるわけです。
 加齢臭とともに訪れる哀愁……。本日はそんなお話をさせていただきたいと思います。

「昨日何食べた?」はアラフォーの恋愛のバイブル

アラフォーだから分かる「昨日何食べた?」の見所とは(写真:iStock)
アラフォーだから分かる「昨日何食べた?」の見所とは (写真:iStock)

 皆さんは、「昨日何食べた?」という漫画をご存じでしょうか? ドラマにもなった、巨匠よしながふみさんの人気作品なので知っている方は多いと思います。

 こちらの漫画、アラフォーだからこそわかる、素晴らしい恋愛への示唆を与えてくれる名作であり、まさに「恋愛のバイブル」として皆さんにきちんと読み込んでいただきたいものなのです。

 今回は、恋愛のバイブルとしての「昨日何食べた?」の見どころをご紹介させていただきます。

昨日何食べた?はそもそもどんなお話?

旬の食材を使うシーンも(写真:iStock)
旬の食材を使うシーンも (写真:iStock)

 まずは「昨日何食べた?」を知らないという方に向けて、簡単にご紹介をさせていただきます。

 主要な登場人物は2名! シロさんとケンジのゲイのカップルの同棲生活を描いているのですが、いわゆるBL漫画のような色っぽいシーンは皆無です。

 弁護士で40歳オーバーにもかかわらずイケメンで年齢を感じさせないシロさんは、高収入ながらスーパーで安い食材をゲットすることに情熱を燃やす家庭的タイプ。ドラマでは西島秀俊さんが演じており、イメージもぴったり。

 ケンジは美容師でマインド乙女のこちらもアラフォーのゲイ。内野聖陽さんが意外なはまり役でした。

 さすがにアラフォーカップルだけあって、ドキドキ、ハラハラな胸キュンエピソードは全くありません(笑)。料理に主軸を置いた漫画でもあるので、日常と料理のエピソードが淡々とつづられていきます。

 ところがです!
 
 この漫画、アラフォーにはものすごく刺さるんですよ! アラフォーという年代は、自分の仕事のキャリアやライフスタイルがほぼ確立されて、子育てや老後といった現実的な問題と向き合う必要が出てくる年代。将来の夢などフワフワしたものが入り込む余地はなく、もう毎日が「現実!」の繰り返し。

 そんな中でこそ、必要となってくるパートナーとの関係性がこの漫画にはたんまり含まれているのです。

 それでは、個人的名シーンご紹介します。

賞味期限ギレの食品を処理してくれることは高価なプレゼントより大切?

賞味期限ってついつい忘れちゃうけど(写真:iStock)
賞味期限ってついつい忘れちゃうけど (写真:iStock)

 シロさん:「ありがとうケンジ!『のりの賞味期限が切れそうだ~~』の俺のつぶやきを拾ってくれたのか!」

 こちら、忙しいシロさんに代わって、珍しくケンジが料理をするシーン。シロさんがふとした時につぶやいた「のりの賞味期限」をケンジはしっかり覚えていて、ちゃんとのりを使ったメニューを作ったのです。

 シロさんはケンジの気配りに感激。特別なプレゼントなどなくても、こうした日常の気配りができるパートナーは最高だ!という気持ち、わかります。

 のりの賞味期限 > エルメスのバックなんですよ、実際。

食材をうっかり使ってしまったときの最適な行動は?

あると思っていた食材がないとショックだよね(写真:iStock)
あると思っていた食材がないとショックだよね (写真:iStock)

 たまにしか料理をしない彼氏や旦那が、今日の献立で使おうと思った食材を使い切ってしまい、冷蔵庫を開けて「あれ? ない?」ってなることありますよね。

 献立をちゃんと前もって考えるタイプの方にとって、これはかなりイライラがたまるケースでしょう。

 シロさんがケンジからのリクエストで玉ねぎをたっぷり使ったハンバーグを作るときも、いざ作ろうとすると玉ねぎがないことが判明。どうやらケンジが前日に使い切ってしまっていたようです。

 さて、ここでケンジがとった行動は、

 “シロさんがほかの準備をしてる間に、近くに玉ねぎを買いに行く”

 でした。

 嫌々買いに行くのではなく、自ら進んで提案してさっと買ってくるのです。シロさん、ここで過去に付き合った男との出来事がフラッシュバックします。

 その男は、自分が使ったにもかかわらず、「俺も金出して買ってる食材なんだから、使って何が悪い!?」と逆ギレ。シロさんはその元彼が好みのタイプで、好き度が高かったことから、しぶしぶ自分が折れて、買いにいっちゃいます。

 そのことを思い出し、シロさんはこう思うのです。

「見れば見るほど俺の好みじゃないんだけど、四十になる頃にこいつに出会えて本当によかったんだな」

 結局、幸せな恋愛をするには、自分が好きな見た目やフィーリングより、日々の生活をどうストレスなく過ごすことができるか、ということに集約されてくるんですよね。

ハイスぺなのに、スーパーの割引に幸せになれるコスパ力

日常のちょっとしたことを大切に(写真:iStock)
日常のちょっとしたことを大切に (写真:iStock)

 シロさんは弁護士としてそれなりの地位と収入を得ているわけですが、仕事でもっと成功したい!とか社会的に認められたい!といった欲求は皆無。それよりも、スーパーの割引で家計を1円でも安く抑えることに幸せを感じることができます。

 そして、買った食材を無駄にしなかった、という充実感に満ちた生活を送っています。

 快適に時間を過ごすことができるパートナーと美味しい食事で食卓を囲むことができれば、人生の幸せの大部分は実現できるのでは、と「昨日何食べた?」は教えてくれます。

 向上心を持ったり、新しいことにチャレンジしたりして、上を目指していくことも大事ではありますが、何気ない日常をパートナーときちんと共有できることも、とても大切なことなんだな、としみじみと感じました。

 恋愛やパートナーとの関係に悩んでる方は、ぜひこの漫画をそういう目線で読み直してみてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


年上を狙うハイエナに注意!アプリで出会った自己中心浮気男
 近ごろ、マッチングアプリで年下男性を希望する女性が急増しています。  若い男性とのスイートな真剣交際を夢見る女性に忍...
内藤みか 2022-07-07 06:00 ラブ
復縁後の彼氏が冷たいって何なん? “地獄の過ち”二度は嫌!
 別れた元彼と復縁をした経験がある人は少なくありません。別れを後悔し、念願叶ってやっと復縁できたとなれば、当然嬉しいです...
恋バナ調査隊 2022-07-07 06:00 ラブ
元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ