同窓会から恋愛が始まる…♡恋に落ちる6つの瞬間&メリット

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-04-13 06:00
投稿日:2020-04-13 06:00
「出会いがない」と嘆いている方、最近はビデオ通話を使った“ビデオ同窓会”もちょっとしたブームになっているとか。実は、同窓会は、恋愛が生まれる場所でもあるんですよ。そこで、同窓会で恋に落ちる瞬間や、同級生との恋愛メリットをご紹介します。

同窓会で恋愛に発展!? 恋に落ちる6つの瞬間

かつての同級生と…(写真:iStock)
かつての同級生と… (写真:iStock)

「彼氏がほしい」と思いながらも出会いが見つからない女性にとって、同窓会というのはワクワクするもの。同窓会での再会から、恋愛に発展するというケースも少なくありません。

 では、同窓会で恋愛に発展している人は、どんな瞬間に恋に落ちるのでしょうか?

1. イケメンになっていた

 同級生というと学生時代の印象が強く、「どうせ、冴えない男子ばかり」と、決めつけていませんか?

 でも、学生から社会人になれば、それぞれが経験を積み、成長しています。中には、学生時代はパッとしなかった彼がイケメンになっていることも。そんな変化を見ると、ドキッとしてしまう女性も多いでしょう。

2. 男らしくなっていた

 学生時代は、同級生の男子は頼りなく見えてしまうもの。「どうして、男子って子どもなんだろう?」なんて、思っていた人も多いでしょう。

 でも、そんな男子は成長と共に、立派な「男性」になっています。男らしくなった同級生に、意識してしまう女性もいると思います。

3. 話してみると意外と気が合った

 同級生といっても、必ずしも全員と仲良くしていた訳ではないでしょう。中には、「学生時代は、一度も話さなかった」という同級生もいるかもしれませんね。

 そのため、同窓会で交流ができた時に、「意外と気が合うな」と気づくこともあります。大人の男女として会話をすることができるため、恋愛関係にスムーズに発展するケースも多いでしょう。

4. 学生時代も好意を抱いていた彼に会った

 同窓会では、初恋の相手に会うこともあります。中には、同窓会に参加する目的が「好きだったあの人に会ってみたい」と、いう理由であったりもします。

 そんな学生時代に行為を抱いていた彼が、相変わらず素敵だったりすると、再び恋心に火がついてしまう人も少なくありません。

5. 仕事で成功していた

 女性にとって仕事をバリバリこなす男性というのは、魅力的に映るもの。学生時代は何とも思っていなかった相手でも、仕事で成功している姿を見ると、学生時代とのギャップに驚き、心惹かれる女性も多いでしょう。

6. 学生時代、好きだったと告白された

 同窓会では、学生時代の話に花が咲くものです。中には、「実は、昔好きだった」なんて告白されることもあるでしょう。そんな告白をきっかけに、今まで意識していなかった相手でも異性として、意識してしまう可能性は高いはずです。

同窓会から恋愛に発展した時の6つのメリット

思い出話には事欠かない(写真:iStock)
思い出話には事欠かない (写真:iStock)

 学生時代の印象が強いと、「同級生との恋愛なんて、考えられない」と思う人もいるでしょう。しかし、同級生との恋愛にはメリットも多いんですよ。

1. 安心感がある

 同級生との恋愛は、何といっても「安心感がある」という大きなメリットがあります。気心が知れており、身元も素行も知っている相手だからこそ、不安や不信を抱くことがありません。

2. 共通の思い出がある

 学生時代一緒に過ごしてきた同級生には、当然、共通の思い出がたくさんあります。

「あの時はこうだったよね」なんて、学生時代の話題も豊富なため、思い出を分かち合えて親近感が湧くでしょう。

3. 互いの成長を確認できる

 社会人になってからの出会いも素敵ですが、互いに「現在の状態」しか知ることができません。写真などで過去を知ることができても、相手がこれまでどんな経験をしてきたのかというのは、話さなければ分からないのです。

 その点、同級生であれば、どんなことを経験して成長してきたのかを確認することができます。学生時代とのギャップを見つけて、尊敬につながることもあるでしょう。

4. 共通の友人がいる

 同級生との恋愛となれば、共通の友人が多いというのもメリットのひとつ。互いを知っている友人がいれば、何かあった時に相談しやすいですし、一緒にデートを楽しむこともできるでしょう。

5. 互いの実家が近い

 同級生であれば、互いの実家が近いことが多いはず。「それが、メリットになるの?」と不思議に思う人もいるかもしれませんが、交際が順調に進み、晴れて結婚に至った時には、帰省も楽ですし、子どもができた時などにもサポートしてもらいやすくなります。

6. 育った環境が似ているため価値観が近い

 同じ学校に通っているということは、育ってきた環境が似ているということ。その土地ならではの食べ物であったり、考え方などの価値観が近いと、交際に発展した時にも揉めることが少なくなるでしょう。

 もちろん、親の転勤などで途中で引越しをしていたり、社会人になって違う環境下で生活している人もいます。ただ、同じ時期を同じ土地で過ごしたという経験は、マイナスにはならないはずです。

同窓会からの恋愛はアリ! 同級生だからこそのメリットがある

参加する価値あり!(写真:iStock)
参加する価値あり! (写真:iStock)

「同級生と恋愛するなんて、考えられない!」と思っている人も多いでしょう。しかし、同級生との恋愛や結婚にはメリットがたくさんあります。固定概念をなくせば、見方が変わってくるかもしれません。

 これから同窓会の予定がある人は、最初から「ない!」と決めつけず、新たな出会いの1つの場として考えてみてはいかがでしょうか?

関連キーワード

ラブ 新着一覧


運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ
レスの彼との未来はある? 乗り越えるためのおすすめ解消法
 友達同士でもなかなか語り合えない「セックスの頻度」。皆さんはどれくらいでしょうか? パートナーとの夜の営みがない期間が...
若林杏樹 2021-06-16 06:00 ラブ
愛され女子のほっこりLINE♡ 彼氏の仕事の疲れを癒す内容5つ
 仕事が忙しくて、なかなか会えない彼氏……。そんな時には、「なんで会えないの!?」なんて拗ねたLINEよりも、彼氏を癒す...
恋バナ調査隊 2021-06-16 06:00 ラブ
冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ
別居してお互い自由にしているし…離婚に応じない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.42〜女性編〜」では、別居をして何度も離婚の話をするも、夫が合意してくれない女性・Sさんの苦...
並木まき 2021-06-13 22:12 ラブ
冷え切った関係なのに…夫に離婚を認めてもらえない妻の悲嘆
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-12 06:09 ラブ
キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデート...
恋バナ調査隊 2021-06-11 06:05 ラブ
見極めが肝心! 不倫をする男性の7つの特徴&行動パターン
 永遠の愛を誓って結婚したはずが、夫の不倫で人生どん底……そんな目にあいたくないのは皆同じ。でも、リサーチしたところによ...
リタ・トーコ 2021-06-11 10:49 ラブ