同窓会から恋愛が始まる…♡恋に落ちる6つの瞬間&メリット

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-04-13 06:00
投稿日:2020-04-13 06:00
「出会いがない」と嘆いている方、最近はビデオ通話を使った“ビデオ同窓会”もちょっとしたブームになっているとか。実は、同窓会は、恋愛が生まれる場所でもあるんですよ。そこで、同窓会で恋に落ちる瞬間や、同級生との恋愛メリットをご紹介します。

同窓会で恋愛に発展!? 恋に落ちる6つの瞬間

かつての同級生と…(写真:iStock)
かつての同級生と… (写真:iStock)

「彼氏がほしい」と思いながらも出会いが見つからない女性にとって、同窓会というのはワクワクするもの。同窓会での再会から、恋愛に発展するというケースも少なくありません。

 では、同窓会で恋愛に発展している人は、どんな瞬間に恋に落ちるのでしょうか?

1. イケメンになっていた

 同級生というと学生時代の印象が強く、「どうせ、冴えない男子ばかり」と、決めつけていませんか?

 でも、学生から社会人になれば、それぞれが経験を積み、成長しています。中には、学生時代はパッとしなかった彼がイケメンになっていることも。そんな変化を見ると、ドキッとしてしまう女性も多いでしょう。

2. 男らしくなっていた

 学生時代は、同級生の男子は頼りなく見えてしまうもの。「どうして、男子って子どもなんだろう?」なんて、思っていた人も多いでしょう。

 でも、そんな男子は成長と共に、立派な「男性」になっています。男らしくなった同級生に、意識してしまう女性もいると思います。

3. 話してみると意外と気が合った

 同級生といっても、必ずしも全員と仲良くしていた訳ではないでしょう。中には、「学生時代は、一度も話さなかった」という同級生もいるかもしれませんね。

 そのため、同窓会で交流ができた時に、「意外と気が合うな」と気づくこともあります。大人の男女として会話をすることができるため、恋愛関係にスムーズに発展するケースも多いでしょう。

4. 学生時代も好意を抱いていた彼に会った

 同窓会では、初恋の相手に会うこともあります。中には、同窓会に参加する目的が「好きだったあの人に会ってみたい」と、いう理由であったりもします。

 そんな学生時代に行為を抱いていた彼が、相変わらず素敵だったりすると、再び恋心に火がついてしまう人も少なくありません。

5. 仕事で成功していた

 女性にとって仕事をバリバリこなす男性というのは、魅力的に映るもの。学生時代は何とも思っていなかった相手でも、仕事で成功している姿を見ると、学生時代とのギャップに驚き、心惹かれる女性も多いでしょう。

6. 学生時代、好きだったと告白された

 同窓会では、学生時代の話に花が咲くものです。中には、「実は、昔好きだった」なんて告白されることもあるでしょう。そんな告白をきっかけに、今まで意識していなかった相手でも異性として、意識してしまう可能性は高いはずです。

同窓会から恋愛に発展した時の6つのメリット

思い出話には事欠かない(写真:iStock)
思い出話には事欠かない (写真:iStock)

 学生時代の印象が強いと、「同級生との恋愛なんて、考えられない」と思う人もいるでしょう。しかし、同級生との恋愛にはメリットも多いんですよ。

1. 安心感がある

 同級生との恋愛は、何といっても「安心感がある」という大きなメリットがあります。気心が知れており、身元も素行も知っている相手だからこそ、不安や不信を抱くことがありません。

2. 共通の思い出がある

 学生時代一緒に過ごしてきた同級生には、当然、共通の思い出がたくさんあります。

「あの時はこうだったよね」なんて、学生時代の話題も豊富なため、思い出を分かち合えて親近感が湧くでしょう。

3. 互いの成長を確認できる

 社会人になってからの出会いも素敵ですが、互いに「現在の状態」しか知ることができません。写真などで過去を知ることができても、相手がこれまでどんな経験をしてきたのかというのは、話さなければ分からないのです。

 その点、同級生であれば、どんなことを経験して成長してきたのかを確認することができます。学生時代とのギャップを見つけて、尊敬につながることもあるでしょう。

4. 共通の友人がいる

 同級生との恋愛となれば、共通の友人が多いというのもメリットのひとつ。互いを知っている友人がいれば、何かあった時に相談しやすいですし、一緒にデートを楽しむこともできるでしょう。

5. 互いの実家が近い

 同級生であれば、互いの実家が近いことが多いはず。「それが、メリットになるの?」と不思議に思う人もいるかもしれませんが、交際が順調に進み、晴れて結婚に至った時には、帰省も楽ですし、子どもができた時などにもサポートしてもらいやすくなります。

6. 育った環境が似ているため価値観が近い

 同じ学校に通っているということは、育ってきた環境が似ているということ。その土地ならではの食べ物であったり、考え方などの価値観が近いと、交際に発展した時にも揉めることが少なくなるでしょう。

 もちろん、親の転勤などで途中で引越しをしていたり、社会人になって違う環境下で生活している人もいます。ただ、同じ時期を同じ土地で過ごしたという経験は、マイナスにはならないはずです。

同窓会からの恋愛はアリ! 同級生だからこそのメリットがある

参加する価値あり!(写真:iStock)
参加する価値あり! (写真:iStock)

「同級生と恋愛するなんて、考えられない!」と思っている人も多いでしょう。しかし、同級生との恋愛や結婚にはメリットがたくさんあります。固定概念をなくせば、見方が変わってくるかもしれません。

 これから同窓会の予定がある人は、最初から「ない!」と決めつけず、新たな出会いの1つの場として考えてみてはいかがでしょうか?

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“女子アナ”上等!結婚願望が叶わないトホホ女性の共通点とは
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする、「40代50代の大人婚」連載の番外編。インタビュアー・内埜(うちの)...
内埜さくら 2021-03-09 06:15 ラブ
男性にモテる癒し系女性になりたい♡ 性格&外見9つの特徴
 男性は、付き合う女性に癒しを求めているもの。そのため、一緒にいて安心できるふんわりした印象の「癒し系女性」は、いつの時...
恋バナ調査隊 2021-03-09 06:04 ラブ
不安が尽きない彼…別れるべき?安心をくれる人との違いとは
 パートナーによって人生って変わりますよね。相性の良いパートナーを得て以前よりも幸せそうになった人、パートナーとうまくい...
七味さや 2021-03-08 12:34 ラブ
誠実な男性の5つの見分け方♡ 選ばれる女性になる準備とは?
 多くの女性が、理想の男性に求める条件として挙げるのが「誠実さ」でしょう。だって、誠実に向き合ってくれる男性となら、「幸...
恋バナ調査隊 2021-03-08 06:00 ラブ
あざとい女性がモテるのはなぜ?理由&真似したい5つの特徴
 “あざとい女性”というと、「計算高そう」というイメージが強いですよね。少し前まで、そんなあざとい女性は、同性からだけで...
恋バナ調査隊 2021-03-07 06:00 ラブ
男が依存してしまう…離れられなくなる女性の“絶対法則”4選
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。世界人口74億人。パートナーとの出会いはすごいご縁です。できれば仲良くやって...
山崎世美子 2021-03-06 06:00 ラブ
夫婦に言葉は必要?妻のダメ出しが理解できずレスに苦しむ夫
「冷酷と激情のあいだvol.33〜女性編〜」では、心のこもっていない言葉を交わす夫にうんざりしている妻・Fさんの疲弊をご...
並木まき 2021-03-06 05:04 ラブ
ロボットといるみたい…薄っぺらい夫の言葉に疲弊する女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-03-06 05:06 ラブ
他人を不快にする“非モテ行為5選”!自分の格まで下げないで
 緊急事態宣言の解除の日が待ち遠しい昨今。桜の開花とともに、かつてのようなリアル対面での交流が増えてくるかもしれません。...
蒼井凜花 2021-03-05 06:00 ラブ
よい出会いのために…超スローマッチンング時代にできること
 2度目の緊急事態宣で出会いや恋愛の機会を奪われた人が大勢います。長引くコロナ禍により、男女のマッチングにかなりのスロー...
内藤みか 2021-03-04 06:00 ラブ
付き合う前に見極めて! 嘘つき男性の特徴&見破るポイント
 どんなにタイプの男性でも、嘘つきと分かれば気持ちは冷めてしまうもの。付き合ってから、信用できない相手だと知るのは辛いで...
恋バナ調査隊 2021-03-04 06:00 ラブ
そんなに頑張らなくてもOK!男性の気を引く簡単な方法って?
 皆さんは「カレを落としたい!」と思った時、どんな行動を取りますか? 美容にお金をかけたり、ボディラインがきれいに見える...
若林杏樹 2021-03-03 06:00 ラブ
成婚数No.1仲人姉さんが告白!大人婚できる人は質問でわかる
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする、「40代50代の大人婚」連載の番外編。インタビュアー・内埜(うちの)...
内埜さくら 2021-03-03 06:00 ラブ
思わずゾワ〜ッ…勘違い男性からの“背筋が寒くなるLINE”6選
 LINEに届く内容の中でも、特に困るのが男性からのちょっと痛いLINEです。相手を傷つけたり、面倒なことになったりしな...
結婚相手の選び方♡重視するポイント&男性が求めている条件
結婚は、女性にとって人生を大きく変える最大のイベントです。そのため、結婚願望はあっても「本当にこの人でいいのか……」と、...
恋バナ調査隊 2021-03-02 06:21 ラブ
離婚って人生の汚点なの…? 失敗をチャンスに変える考え方
 離婚するなんて、夢にも思わなかった。離婚経験者の大半はそう思っているでしょう。幸せになるつもりで結婚したのに失敗してし...
七味さや 2021-03-01 06:00 ラブ