遠距離カップルを続ける7つのポイント&注意したいNG行動

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-04-12 06:00
投稿日:2020-04-12 06:00
 カップルのどちらかの都合で、地方に転勤や引越しが強いられることもあります。そんな時、遠距離恋愛をうまくいかせるにはどうすれば良いのでしょうか? そこで、遠距離カップルを長続きさせるポイント&NG行動をご紹介します。

遠距離カップルが交際を続ける7つのポイント

遠距離恋愛を長続きさせるコツは?(写真:iStock)
遠距離恋愛を長続きさせるコツは? (写真:iStock)

「遠距離恋愛なんて寂しくて無理!」と、思う人も多いかもしれません。しかし、実際に自分がその立場になったら、簡単に別れることはできないものです。そんな遠距離恋愛でも、交際を長続きさせるにはどうすれば良いのでしょうか?

1. 連絡はマメに取り合う

 遠距離恋愛となれば、そう簡単に会うことができません。そのため、マメに連絡を取り合っていくことが長続きの秘訣になります。

 離れていても、きちんとコミュニケーションをとっていれば不安になることもありませんし、相手のちょっとした変化にも気づくことができるでしょう。

2. 定期的に会う

 遠距離といっても、カップルによってその距離感はさまざま。数時間、新幹線などに乗れば会える人もいれば、十数時間、飛行機に乗らなければ会えない人もいるでしょう。

 しかし、どんなに距離が離れていたとしても、交際を続けるためには定期的に会うことが必要です。待ち望んだその日を楽しみに、励まし合って仕事や日々の生活をこなしていけるはずです。

3. 離れていても記念日などは大切にする

 恋人と気軽に会えない遠距離恋愛では、「どうせ会えないから」とお付き合いを疎かにしてしまう人もいるでしょう。

 しかし、二人の関係を維持していくためには、離れている時でも記念日などを互いに祝うことが大切です。お互いを大切に思う気持ちを再認識する機会にもなりますし、相手の存在を忘れることもないでしょう。

4. 自分磨きは忘れない

 遠距離恋愛になったことで、「突然会いに来るようなことはないし」と、自分磨きを怠ってしまう人がいます。その状態に慣れてしまうと、久々に会った時に彼はがっかりしてしまうかもしれません。

 いつでも会えるカップルのように、常にメイクやファッションに気を使ったり、内面を磨き続けることが大切です。

デートの予定を決めておこう(写真:iStock)
デートの予定を決めておこう (写真:iStock)

5. 交通費などの負担は半分ずつ

 遠距離恋愛で負担となってくるのが、交通費。離れている距離によっては、かなり大きな負担となる場合もあります。

 金銭的負担をカバーするためには、どちらか一方だけに負担がかからないように工夫することが必要。毎回割り勘にする、交互に行き来するといった工夫をしましょう。

6. 次のデートの計画を立てておく

 いつも離れて生活をしていると、寂しさも募るものです。そんな遠距離恋愛時には、楽しいことを考えることがおすすめです。

 たとえば、次のデートでどこに行くか、何をするかなど計画を立てていくことで、会えない間のモチベーションも上げることができるでしょう。

7. お揃いのものを身に着ける

 何カ月と会わずにいると、「彼に忘れられてしまうのでは?」といった不安を感じる人もいるはず。

 そんな人は、彼とお揃いのものを身に着けることも一案。それを見るたび、触れるたびに互いに相手の存在を思い出すことでしょう。

遠距離カップルがダメになる!3つのNG行動

不満やわがままは控えて(写真:iStock)
不満やわがままは控えて (写真:iStock)

 遠距離恋愛は、「長続きしないもの」というイメージがある人も多いでしょう。確かに、遠距離恋愛になったことで、別れてしまうカップルも少なくありません。 

 そこで、遠距離になった際に気を付けたい3つのNG行動をご紹介します。

1. 不満やわがままをいう

 いつでも会えた相手が気軽に会えなくなると、「寂しい」と思うのは当然のこと。しかし、好きで離れ離れの状況を作った訳ではありません。

 それにも関わらず不満やわがままばかり言っていると、「これでは恋愛どころではない」と思われ、別れる結果に。会えないからこそ、連絡を取った時には楽しいことや互いに癒し合える会話を楽しむことが大切です。

2. 浮気を疑う

 電話やLINEで頻繁に連絡を取っていても、簡単に会えないとなると「今、どこで何をしているんだろう」と、不安になることもあるでしょう。

 だからといって、相手を信頼せず、すぐに浮気を疑うような行動や発言は控える必要があります。遠距離恋愛を続けるには、何よりも信頼関係がなければ成り立ちません。

3. 自分勝手な行動をする

 常に離れていると、「どうしても会いたい」「今、声が聞きたい」と思うこともあるでしょう。そんな自分の気持ちだけを優先し、行動に移してしまうのも別れの原因に。

 突然会いに行ったり、夜中に電話するなどの行動は相手にとって負担になる場合があります。恋人であっても、彼の生活を乱すような行動はやめましょう。

遠距離恋愛を乗り越えて、理想のカップルを目指そう!

きっと乗り越えられる(写真:iStock)
きっと乗り越えられる (写真:iStock)

 遠距離恋愛を続けるというのは、そうそう簡単なものではありません。しかし、互いに信頼し、愛情を持っていればきっと乗り越えられるはず! 辛い遠距離恋愛ですが、離れているからこそ気づけることがあるかもしれません。

 ご紹介したポイントを押さえ、NG行動に注意して、理想のカップルを目指してくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ