恋愛体質の女性がやりがちな行動!交際を長続きさせるには?

リタ・トーコ ライター
更新日:2019-11-10 06:00
投稿日:2019-11-10 06:00
 恋愛体質の女性は、いつも彼氏が途切れずにウキウキとしているようで、恋愛難民の方から見ると羨ましい存在かもしれません。でも、その反面、恋愛体質の女性は男性との交際が長続きしないというデメリットもあるんです。
 そこで、そんな恋多き女性がついやってしまいがちな行動とともに、交際を長続きさせるポイントを見ていきましょう。

恋愛体質の女性がやりがちな4つの行動

会いたくなったら即行動!(写真:iStock)
会いたくなったら即行動! (写真:iStock)

「恋愛がないと生きていけない!」そんな恋愛体質の女性がやりがちな4つの行動をお伝えします。

1. 恋愛の一部始終をSNSで公開してしまう

 恋愛体質の女性は、彼氏と一緒に写っている写真、もらったプレゼントやそのときの気持ちなどをSNSなどで逐一世間に晒したくなってしまうという特徴があります。

 たとえ片思いでも恋愛の一部始終を公開したり、痛い思いをした苦しさを暴露したり。時に男性からすると要注意人物だと思われがちですが、周りが見えなくなっている本人にとって、さほど気にするような様子はありません。

2. いつどんな時にでも会いに行くパワーがある

 恋愛体質の女性は、とにかくいつでも恋愛が生活の中心にあります。そのため、ひとたび好きな人ができると、早朝でも深夜でも、いつどんな時にでも会いにいく底無しのパワーを持っています。たとえ寝なくても、食べなくても、好きな人に会えるだけで満たされてしまうのです。

3. 恋に落ちたら誰の意見にも耳を貸さない

 恋愛体質の女性はとにかく惚れっぽいです。“気になる→好きになる”過程がとても早く、誰かを好きになってしまったら思いを止めることができません。

 そのため、世間でいう「悪い男」に引っかかってしまったとしても、ひと度恋に落ちたら誰の意見にも耳を貸しません。泣くハメになったとしても、どっぷりとした恋愛ができているとさえ思い、ひたすらに突き進んでしまうのです。

4. マンネリを感じたら新たな出会いを求めてしまう

 恋愛体質の大きなデメリットは、熱しやすく冷めやすいところにあるでしょう。恋愛初期には相手の良いところしか見えずに没頭しますが、だんだんと悪いところが見えたり、マンネリを感じてしまったら、あっという間に冷めてしまいます。

 彼氏がいるのにも関わらず、ほかの男性に目を向けてしまうケースが多いのも恋愛体質の女性の特徴でしょう。

恋愛体質の女性が恋愛を長続きさせるには?3つの方法

1人時間を楽しんでみる(写真:iStock)
1人時間を楽しんでみる (写真:iStock)

 上記の項目を見ていて、「私、恋愛体質かも?」と、心当たりがあった方はいるかもしれませんね。でも、誰だってできればできれば同じ相手とずっと相思相愛でいたいはず。そこで、どうすれば恋愛が長続きするのか、3つの方法をチェックしていきましょう。

1. アクションをすぐに起こさない

 恋愛体質の女性は「好き」と思った相手に一直線。行動や言動から気持ちが透けて見えて分かりやすく、その分、相手からのアプローチも受けやすくなります。

 しかし、相手をよく知らないままにお付き合いをしてしまうことが、恋愛が短命に終わる一番の原因!そのため、とにかく好きな気持ちを感じたとしても、すぐにアクションを起こさないことが肝心です。相手にバレない“秘めた恋心”を楽しむ術を身に付けましょう。

2. 自立心を持つ

 恋愛体質の女性は、実は依存体質であることが多いです。1人でいる時間が苦手で、彼氏に構ってもらえないと寂しさから浮気をしてしまうなど、常に恋が終わりやすい状況を自分から作ってしまうのです。

 でも、本当に恋愛が上手な女性は、自分の時間を大事にします。趣味に勤しんだり、自分磨きに時間を割いたりなど、恋愛以外の刺激を自分で見つけることができるのです。

「寂しいから」を原動力にするのではなく、まずは1人時間を楽しめる感覚を持てるようにしましょう。

3. 恋愛体質の男性を選ばない

 恋愛体質の男性を選ばないというのも、恋愛を長続きさせる秘訣。ある程度の恋愛経験を重ねた大人の男女は、短期間でお付き合いをする相手をコロコロと変えないものでしょう。

 もしもあなたが恋愛体質であることを自覚しているのであれば、気になる男性ができた時に過去に付き合った女性との恋愛歴をさりげなく聞いてみると良いかもしれません。「長くて1年」なんて言う男性には要注意ですよ。

 対して、じっくりと1人の女性を愛した経験のある男性は、長続きする秘訣を知っていることが多いです。穏やかな愛情を与えられることで、マンネリではない「落ち着いた恋愛」の魅力を感じることができるかもしれません。

恋愛体質はある意味特技! 量より質 or 質より量?

たくさんありすぎて混乱…(写真:iStock)
たくさんありすぎて混乱… (写真:iStock)

「恋多き女性」なんて言われる恋愛体質の女性ですが、適当に恋愛をしているわけではありません。相手が変わるたびに真剣に恋焦がれ、1つの恋が終わるたびに真剣に悲しみます。ある意味、「恋愛」という特技なのかもしれません。

 個人的に「恋愛」は量より質でも質より量でも、どっちでも良いと思います。ただ、私の周りの恋多き女性たちは、「経験しすぎて、どの男性が自分に合うのかが分からない」という悩みを持っていることが多いです。「また違った」と次の恋愛を探しているうちに、老いてしまうと不安を覚える人も……。

 長続きする恋愛が必ずしも良いというわけではないですが、どんな恋愛をしたいか、相手とどうなりたいかを考えて、恋愛を楽しむことも大切でしょう。

ラブ 新着一覧


積極的だと逆効果? “恋愛やりすぎアプローチ”7選&注意点
 女性から男性にアプローチするのは、とても勇気がいること。本気だからこそ「絶対に彼を振り向かせたい!」と、意気込んでいる...
恋バナ調査隊 2021-06-24 06:00 ラブ
元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ
レスの彼との未来はある? 乗り越えるためのおすすめ解消法
 友達同士でもなかなか語り合えない「セックスの頻度」。皆さんはどれくらいでしょうか? パートナーとの夜の営みがない期間が...
若林杏樹 2021-06-16 06:00 ラブ
愛され女子のほっこりLINE♡ 彼氏の仕事の疲れを癒す内容5つ
 仕事が忙しくて、なかなか会えない彼氏……。そんな時には、「なんで会えないの!?」なんて拗ねたLINEよりも、彼氏を癒す...
恋バナ調査隊 2021-06-16 06:00 ラブ