ノリが命!関西男性の性格や特徴&恋愛観や好きな女性タイプ

コクハク編集部
更新日:2020-06-13 06:01
投稿日:2020-06-13 06:00
 シリーズでご紹介していますが、地方によって全く異なる性格や特徴に「なるほど!言われてみればそうかも?」なんて納得している方も多いでしょう。そんな今回は、関西男性について!数ある地域の中でも特にキャラが立っている関西男性ですが、実際のところ、性格や特徴、恋愛観はいかがなものでしょうか?

関西男性の性格&特徴!

関西男子はどんな性格?(写真:iStock)
関西男子はどんな性格? (写真:iStock)

 まずは、関西男性の性格や特徴から見ていきましょう!

口調が強い

 関西男性は、他の都道府県と比べると口調が強いのが特徴的。初対面の人でも「お前はなぁ」なんて話しかけたりなど、良くも悪くも男性っぽいです。

 関西男性に慣れている女性であれば良いですが、「なんでそんなに偉そうなの?」と、ムッとしてしまう女性は多いかもしれません。とはいえ、押しが強く男気もあるため、ぐいぐい引っ張っていって欲しいタイプの女性とは相性が良いようです。

冗談や面白いことが大好き

 関西男性は、とにかく冗談や面白いことが大好き。関西には誰もが知るお笑い芸人の大手事務所がありますが、一般人の日常会話でも漫才のようなやり取りが繰り広げられています。

 ボケツッコミは当たり前。渾身のギャグに反応してもらえないと過度に落ち込んだり、「ノリが悪い!」と文句を言ったりもします。ちなみに、関西で「バン!」と、鉄砲を打つ真似をすると、初対面でもほとんどの人が「うっっ!」と、倒れてくれるそうですよ。ぜひ、周りの関西男性に試してみてください。

コミュニケーション力が高い

 関西男性はお喋りに長けているため、コミュニケーションが高いのも特徴の1つ。小さなことでも大袈裟に盛って話をしたり、オチをつけたりと、とにかく一緒にいる人を飽きさせません。

 また、全く知らない相手とでも盛り上がることができるのも、関西男性の特徴。「本当に初対面?」と思わず聞きたくなるほど意気投合してしまい、その場で友情が芽生えてしまうこともよくあります。

郷土愛高めで東京と張り合う

 関西人の多くが阪神タイガースのファンであることからも分かるように、郷土愛が高いのも関西男性の特徴。関西の文化に誇りを持っているため、たとえ上京しても関西弁を貫き通す方が多いです。

 しかし、この特性のせいか、なぜか東京と張り合いたがる方が多いよう。東京出身者に「この食べ物は関西の方がうまい」「だから東京者は!」なんて言うシーンもよくあります。恋人友人関わらず、関西男性とお付き合いをするのであれば、決して関西を馬鹿にしたりしないこと。これは、鉄則です。

お金に対してシビア

 関西男性は、お金に対してとてもシビアです。これは、江戸時代から商業で発展してきた大阪の商人気質が由来しているのだとか。ただし、決してケチだというわけではありません。

 常に、「商品の質に見合った値段を支払いたい」と思っているため、安くて良い商品を得た時には大袈裟に自慢しますし、逆に高くて悪い商品を買ってしまった時には文句を言ったり、分かりやすく落ち込んだりもします。

関西男性の恋愛傾向は?

その褒め言葉は本音?社交辞令?(写真:iStock)
その褒め言葉は本音?社交辞令? (写真:iStock)

 関西男性の特徴、いかがでしょうか?おそらく多くの方が「イメージ通り!」と思っていることでしょう。そんな関西男性の恋愛傾向も、併せてチェックしていきましょう。

ノリ命!話のテンポが合うかを重視する

 多くの関西男性が女性に求める要素として、「ノリ」が挙げられるでしょう。お笑い文化が根強いため、夫婦漫才のようにテンポよく話せる女性に魅力を感じるのです。

 逆に、ノリツッコミができない女性や、口下手な女性に対しては、分かりやすく「つまらんなぁ」なんて呆れる様子を見せることも。とはいえ、もちろん全ての関西男性に当てはまるわけではないため、ご参考までに。

本音が分かりづらい

 関西男性は、初対面の女性に「綺麗やな〜!」なんて褒めることは当たり前、「彼氏おるん?」「飯でも行こうや〜」と、畳み掛けるような会話も得意です。でも、その特性から、本音が分かりづらいという欠点があるでしょう。

 たとえその女性を好きでも、真面目な顔で口説いたりなどはしません。冗談の中に小出しに本音を混ぜたり、時にいじってきたりもするため、女性側からすると「社交辞令?単なる嫌味?それとも私のことが好きなの?」と困惑してしまうこともあるでしょう。

意外にも傷つきやすい

 上記に続きますが、関西男性が冗談の中に本音を混ぜるのは、ガラスのハートを持っているからでもあります。一見、「なんでもこい!」という雰囲気を醸し出しますが、意外にも傷つきやすいのです。

 気になる女性に対して「一緒に飯でも!」なんて軽くジャブを打ってはみるものの、箸にも棒にもかからない様子であれば、「失礼しました〜」なんて、速攻で撤退することも。

 とはいえ、アプローチはド直球。「最近よく誘われるな」と感じたら、それは関西男性の脈ありサインだと言えると思います。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性がバツイチ女性に惹かれる4つの理由&恋愛再開の注意点
 ひと昔前までは、離婚歴がある女性を偏見の目でみる男性もいましたが、今はバツイチの女性に魅力を感じる男性も多いそうです。...
恋バナ調査隊 2021-12-05 06:00 ラブ
男女関係がグッとよくなる〜ケンカについて真剣に考えてみた
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。全国100人の妻に聞いた夫婦のケンカの頻度調査の結果、約70%がケンカをする...
山崎世美子 2021-12-04 06:00 ラブ
想いを告げただけで…女性から交際を期待されて戸惑う男性
「冷酷と激情のあいだvol.67〜女性編〜」では、想いを告白してきた男性であるユウタさんと交際に至らずに、相手への不信感...
並木まき 2021-12-04 06:11 ラブ
告白してきたのに…交際に至らない関係に不信感を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-12-04 06:12 ラブ
「いま家の前に…」元彼からの身勝手でちょっと怖いLINE5選
 大好きだったころは、いつも楽しみに待っていた彼からのLINE。でも「元彼」になってしまうと一変、送られてきたLINEで...
恋バナ調査隊 2021-12-04 06:00 ラブ
付き合って後悔する男性の5つの特徴&後悔した時の対処方法
 ずっと思い続けていた男性と付き合えることになれば、誰だって嬉しいものです。しかし、中には彼のことをよく知らないまま好き...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
彼氏がほしくなる5つの時期♡ ほしくなったらすべきこと
 彼氏がほしいと思っている人の中には、「今まで、そんなことまったく思わなかったのに……」という人もいるでしょう。実は、彼...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
自分で引き寄せて♡ モテ期を呼びこむスピリチュアル行動4選
 人生に何度か訪れる「モテ期」を経験したことがある人も多いでしょう。中には「私のモテ期は終わった」なんて、思っている人も...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
見た目重視な「面食い男性」に隠れた心理&落とすテクニック
 女性と同じく、男性にもそれぞれ好みやタイプがあります。「人は見た目じゃない」とも言いながらも、中には明らかに女性を見た...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
恋人未満な関係はもうウンザリ…セフレと本命彼女の違いとは
「セフレと本命の彼女の違いってなんだろう……」  友人のアラサー女子に相談されたのですが、皆さんはどう答えますか? そ...
若林杏樹 2021-12-01 06:00 ラブ
仕事を優先する彼氏の隠れた心理&うまく付き合う5つの方法
 彼氏ができたら休日のたびにデートしたり、まったりとおうちで過ごしたいと考えている女性が多いでしょう。しかし、男性の中に...
恋バナ調査隊 2021-12-01 06:25 ラブ
浮ついた心に刺さる! 彼氏に浮気をやめさせる効果的な言葉
 大好きな彼氏がほかの女性と浮気をしていたら、本当に辛く、傷つきますよね。でも、感情に任せて責めたところで、逆効果になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-30 06:00 ラブ
自分のお金は自分だけのもの! 鬼嫁たちの呆れた金銭感覚
 鬼嫁は常に自分のことしか考えず、夫は「自分のために存在している人」でしかない様子。金銭的な面についても、“結婚”という...
並木まき 2021-11-30 06:00 ラブ
思わず胸キュン♡ 彼氏が彼女を「可愛い」と思う瞬間5選!
 世の中の男性たちは、彼女のことを「可愛い」と思う瞬間、愛情がさらに深まっていくそう。そこで今回は、彼氏が彼女を「可愛い...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
彼女持ちの男性の4つの脈ありサイン&上手なアプローチ方法
 人を好きになる気持ちは、自分でコントロールできるものではありません。たまたま好きな人が彼女持ちだった……なんてこともあ...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
片思いが辛い…距離を置くべきタイミング&意外なメリット♡
 片思いがなかなか進展しないと「辛い」と感じてしまう人もいるでしょう。また、相手の男性との距離感がわからず、悩んでいる人...
恋バナ調査隊 2021-11-28 06:00 ラブ