北海道女性は強気?性格や特徴&恋愛観や好相性の男性タイプ

コクハク編集部
更新日:2020-06-02 04:09
投稿日:2020-05-19 06:00
 日本の国土の1/5もの面積を占める、北海道。そんな大きな土地で育った北海道女性は、強気でたくましい女性が多いと言われていますが、実際のところどうなのでしょうか? 全国各地に幅広い交友ネットワークを持つコクハク女性ライター陣が総力調査! 北海道女性の性格&特徴、恋愛観や相性の良い男性タイプまで、じっくりご紹介していきます!

 ちなみに、北海道男性の恋愛観についてはこちらをチェック!→北海道男性は受身体質!? 性格や特徴&恋愛傾向をチェック

北海道女性の性格&特徴5選!

北海道の女性はどんなタイプ?(写真:iStock)
北海道の女性はどんなタイプ? (写真:iStock)

 まずは、北海道女性の性格や特徴です。北海道出身の方は、ぜひ自分に当てはめてチェックしてみてくださいね。

1. 気が強くはっきりしている

 北海道女性は男勝りで気が強く、はっきりとした性格をしています。これは、明治時代の北海道開拓時、「女性は強くないといけない」という風潮があったことに由来しているものだそう。

 自己主張が得意なだけではなく真面目で情にも厚いため、人から好かれるタイプの女性が多いでしょう。ただ、実直に思ったことを口に出すことで、「悪気はないけれど毒舌」だと思われる方もいるようです。好き嫌いもはっきりしているため、良くも悪くも分かりやすい性格をしています。

2. 流行のファッションが好き

 開拓精神が根強い北海道。そんな土地で育った北海道女性は、札幌を中心として流行りのファッションを取り入れる傾向にあります。「最新」という言葉に弱く、新しい文化を取り入れることに抵抗がありません。

 ただし、熱しやすく冷めやすい性格は北海道男性と同じ。シーズンごとにガラッと雰囲気が変わってしまう人も少なくないでしょう。さらに、物欲が強く、バーゲンなどにも飛びつきやすいため、節約や貯金や苦手な傾向にあるようです。

3. 真面目で仕事好き

 北海道女性は、真面目で仕事好きなのも特徴。The キャリアウーマン!というタイプの女性も多いです。北海道には女社長が多いと言われるのも、生まれ持った気質が関係していると思われます。

 褒められたらどこまでも伸びるタイプで、逆にごちゃごちゃ言われるとやる気をなくしてしまうことも。控えめではありますが、リーダーとしての気質も十分に備えています。「仕事が生きがい!」という女性も多いため、結婚や出産を機に仕事をやめるという考えをあまり持ちません。

4. 男女平等の精神を持っている

 北海道男性と同じく、男女平等の精神が強いのも北海道女性の特徴でしょう。北海道では昔から、女性は男性と同じように働いてきた文化があるため、男性に頼るのではなく、「自分の力で稼ぎたい」「対等でいたい」と思っている女性が多いです。

 昔ながらの“男尊女卑”の考え方が苦手で、古い考え方をする年上上司などとはうまくいかないことも。自分が上司の立場になれば、基本的には放任主義。実力重視で、きちんと結果を見て判断します。

5. 喫煙率が高い

 色白美人が多いことで知られる北海道ですが、意外にも女性の喫煙率が高いのも有名かもしれません。なんと、都道府県の中で1位を30年以上キープしているのだそう。

 これは、農業や酪農などを仕事にしている人が多いため、屋外で吸えることが理由と言われています。と、豆知識として。

北海道女性の恋愛傾向は?

恋愛でも対等でいたい(写真:iStock)
恋愛でも対等でいたい (写真:iStock)

 サバサバしていて真面目、実直で分かりやすい性格の北海道女性ですが、恋愛傾向はどうなのでしょうか?

男性をリードしたい女性が多い

 強気な女性が多い北海道では、「男性をリードしたい!」と思う女性がとても多く、恋愛でも自分から積極的にアプローチしてお付き合いに至るケースが目立つようです。

 気になる人ができたら「連絡先教えて!」と、攻めの姿勢で挑み、プロポーズも女性から、ということも少なくありません。

 ただし、熱しやすく冷めやすいため、心変わりが多いのも特徴。離婚率が高い理由の1つかもしれませんね。

恋愛でも対等の関係を望む

 男女平等の精神を持つ北海道女性は、恋愛でも男性と対等でいたいという考えを持っています。そのため、「女性は男性を立てるべき」という考えの男性や、「女性だから」となにかと特別扱いしてくる男性とは相性が悪いかもしれません。

 パートナーと共に、夢や目標達成を目指すようなポジティブな関係であるのが理想でしょう。夫婦になっても対等な立場で、仕事をしながら子育てを一緒に行うことができる男性だと良い関係を築いていけるはずです。

束縛=愛情だと感じやすい

 サバサバとしている北海道女性ですが、恋愛関係になると、男性からある程度縛られたいと思う傾向にあるようです。束縛=愛情だと感じやすいため、自由にされすぎたり、男性がクールすぎると不安を感じてしまったりもします。

 強さを持っていても、やはり女性。根本的に、「守ってもらえると嬉しい」と感じる気持ちがあるのかもしれません。

ラブ 新着一覧


シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ