タイプ別! 好きな人の前で素直になれない女性への解決策

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-04-16 06:00
投稿日:2020-04-16 06:00
 いざ好きな人を目の前にすると、なかなか素直になれなかったり、気持ちとは裏腹な行動を取ってしまう……そんな女性は多いでしょう。そこで今回は、好きな人の前で素直になれない女性の共通点&解決法をご紹介しましょう!

好きな人に素直になれない女性の4つのタイプ

どうしてうまくいかないの(写真:iStock)
どうしてうまくいかないの (写真:iStock)

 あなたは、好きな人を前にして素直な態度を取ることができますか? 実は素直じゃないかも……?と、思い当たる節があるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 実は、好きな人の前で素直になれない女性の共通点をまとめてみると、4つのタイプに分かれるようです。そこでここからは、素直になれない女性の原因&解決策を、タイプごとにお伝えしていきます!

1. 甘え方が分からないタイプ

 好きな人に素直になれない1つ目のタイプは「甘え方が分からないタイプ」です。このタイプは、「長女」として育ってきた人が多いでしょう。小さな頃から兄弟たちの面倒を見てきたりと、家の中でしっかり者の役目を担ってきたため、誰かに甘えたくても甘え方が分かりません。

 しかし、女性が甘えてくれないことで「自分は頼りにされていない」と勘違いしてしまう彼もいるため、要所要所で頼ることも大切です。

【解決策】小さなことから頼ってみよう!

「甘え方が分からない」という方は、小さなことから頼ってみませんか?デートの時の食事スポットを探してもらったりなど、気負わないくらいの小さなことから始めてみましょう。

 付き合うということは、一人で完結するものではありません。お互い寄り添って、頼って頼られて、それぞれ補い合うことが理想の付き合い方なのではないでしょうか?何でも背負い込んでしまうのではなく、ちょっとしたことから変えてみると良い変化が生まれるかもしれませんよ。

2. 意地っ張りなタイプ

 ちょっとした喧嘩をした時、意地を張ってしまって素直になれないという方も多いでしょう。小さなことなのに意地を張ってややこしくしてしまったり、思ってもいないことを口に出してしまったり……。今更、素直になれないという方もいらっしゃるかもしれません。

 でも、彼はそんなあなたの態度を最初は「可愛い」と思ったとしても、時間が経つにつれて少し面倒に感じてしまう可能性もあります。愛想をつかれてお別れに……なんていう取り返しのつかないことになる前に、あらためる必要があります。

【解決策】ことを大きくする前に一度立ち止まろう

 熱しやすく冷めやすい意地っ張りなタイプの方は、小さなことにもすぐにカチンときてしまっていませんか?そんな方には、とにかく忍耐力が必要!

 どちらが悪いということの前に、一度冷静になることが大変です。感情的にならないように立ち止まって考えることで、自分の気持ちが伝えやすくなるのです。

 ことが大きくなってしまうと逆に本音を言いづらくなってしまうため、意地を張る前に少し一呼吸おいて、タイミングを見て素直に伝えるようにしましょう。

過度な気遣いは逆効果?

気遣いできる女性は素敵だけれど…(写真:iStock)
気遣いできる女性は素敵だけれど… (写真:iStock)

3. 気を遣いやすいタイプ

 何かと気を遣いやすいタイプも、好きな人に素直になれないことが多いでしょう。気遣いをすることは、もちろん悪いことではありません。でも、過度な気遣いは時に鬱陶しく感じさせてしまったり、自分の意思がないと思われることもあります。

 気を遣うのと思いやりは似ているようで似つかないもの。何でも気を遣って行動しているとどんどん思っていることが口に出せなくなって墓穴を掘る結果になってしまうので、注意が必要です。

【解決策】小さな勇気を持って意思表示を

 気を遣いやすい人は、とにかく相手の顔色を伺わず、自分の行動に自信を持つことが大切です。嫌がられてしまったらどうしようと思うのではなく、しっかりと意思表示をするのは、どんな状況でも必要なことでしょう。

 また、気を遣いすぎてしまうのは、男性にとって都合の良い女性になる恐れがありますので、意思表示をするように意識することが大切です。とはいえ、気を遣えるのはとても良いことでもあります。その良さを活かして、時に自分の意思表示ができれば、気遣いから思いやりにつながるはず。

4. 自分に自信がないタイプ

 自分に自信が持てないのも、好きな人に素直になれない人に多い特徴です。自分に自信がない人は、とにかく嫌われるのを恐れます。そのため、嫌われないようにすることを第一に考えてしまい、付き合っていることの意味を見失いがちです。

 自分に自信がないことは、必ずしも悪いことではありません。しかし、あなた自身の魅力が半減してしまうことは確かです。そんなあなたの姿に魅力を感じなくなってしまう男性もいるため、あまりにネガティブな思考になるのは避けるようにしましょう。 

【解決策】自分を認めてもっと好きになろう

 自分に自信のない方は、自分のことをあまり好きではない傾向にあります。でも、自分が自分のことを好きになってあげないと、他人は自分のことを好きにはなってくれないものでしょう。

 そして自分に自信がないことと謙虚さとは、だいぶ意味合いが違います。付き合っている人がいる場合には、「この人は、どうして自分のことを好きなのだろう?」と考えるのではなく、「この人が好きと言ってくれているから、こんな自分でもいいんだ!」と自分を認めてあげることも大切です。

 自分に自信をつけることで、自分らしさがある素敵な女性になることができるでしょう。

素直になれない自分を克服して好きな人との距離を縮めよう

勇気を出して連絡してみる?(写真:iStock)
勇気を出して連絡してみる? (写真:iStock)

 素直になれないというのは、それなりに原因があります。いきなり変えるのが難しいという方はアドバイスを参考に、少しずつ意識を変えてみると良いでしょう。

 素直になれないと自分と向き合い、克服へ一歩前進することで、今よりもっと大好きな人との距離を縮めるきっかけにしてみましょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


結婚相手を見極める!郵便ポストが溜まっている男にはご用心
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。離婚に反対する親も少なくなりました。ずいぶんと時代は変化しましたが、できれば...
山崎世美子 2021-05-15 06:00 ラブ
彼はどう? 亭主関白彼氏のタイプ別特徴&上手な付き合い方
 亭主関白タイプの男性は、「男らしくてかっこいい」という意見がある反面、「自己中心的過ぎて腹が立つ!」と感じる人もいます...
恋バナ調査隊 2021-05-15 06:00 ラブ
私は本命? 男性が“最後の女”と決める5つの瞬間&目指し方
 交際が順調に進めば、「このまま彼と結婚したい」と思うのは当然のこと。しかし、なかなか結婚話が出ないと「彼にとって、私は...
恋バナ調査隊 2021-05-14 06:30 ラブ
“デキる女”感がアップ! 同棲や結婚が近づく日用品セレクト
 彼とのおうちデートや半同棲生活では、「この子は生活能力が高い」と思わせることができれば、同棲や結婚へのチャンスも近づき...
並木まき 2021-05-14 06:00 ラブ
会ってくれないのはなぜ?コロナ破局を回避するための対処法
 感染症の流行が続くなか、恋人から「もう別れよう」「もう友達に戻ろう」などと言われる女性が続出しています。その原因は女性...
内藤みか 2021-05-13 06:00 ラブ
奥手な草食系男子との恋愛…LINEはどう送る?注意点5つ
 草食系男子といえば、「恋愛に対する熱量が低く、心優しくて奥手」というイメージが強いですよね。繊細な彼らの特徴やポイント...
恋バナ調査隊 2021-05-13 06:00 ラブ
甘えたくなる〜!男子が弱いところを見せたくなる女子の特徴
 いつもは仕事などでキリッとしているカレが、素の顔や弱いところを見せてくるとキュンと来ちゃいますよね。仕事のできる男性に...
若林杏樹 2021-05-12 06:00 ラブ
男性は記念日を忘れる生き物?納得の理由&忘れさせない方法
 誕生日や付き合った記念日、結婚記念日など、女性が大切にしたい「記念日」。でも、そんな記念日を、あっさり忘れてしまうのが...
孔井嘉乃 2021-05-11 06:00 ラブ
遠距離恋愛中こそLINEを活用♡ 愛が深まる送り方5つ
 遠距離恋愛中のカップルは、会えないぶんだけ絆が深まっていくか、物理的に距離が離れた生活に心も離れてしまうかのどちらかで...
恋バナ調査隊 2021-05-11 06:00 ラブ
実は幸せかも♡ ドキドキしない恋愛の魅力&見極めポイント
「恋愛するなら、思いっきりドキドキしたい♡」と、思っている人は多いでしょう。確かに、ドキドキする恋愛は刺激的です。しかし...
恋バナ調査隊 2021-05-10 06:01 ラブ
いい匂いの女は記憶に残る…男性を魅了する香りのテクニック
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。嫌でも汗ばむ季節の到来です。今年こそ香りを操れる素敵な女性になりたいものです...
山崎世美子 2021-05-08 06:00 ラブ
男性が恐怖を感じる女性の恋愛暴走LINE…あなたは大丈夫?
 恋愛中の女性って、ついつい妄想してしまいがち。特に、LINEでのやりとりでは、相手の顔が見えないぶん、1人で勝手に暴走...
恋バナ調査隊 2021-05-08 06:00 ラブ
愛はなかった…離婚に同意するも話し合いで揉める夫の本心
「冷酷と激情のあいだvol.38〜女性編〜」では、コロナ禍だからこそ、別居婚を経て同居婚になった途端に、離婚を選ばざるを...
並木まき 2021-05-08 05:57 ラブ
同居した途端…夫への愛がないことを悟ってしまった妻の決断
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-08 05:56 ラブ
好きじゃない男性と付き合う5つのメリット&ポイントとは
「彼氏がいる」と聞くと、多くの人は「彼のことが好きだから付き合っている」と思うでしょう。しかし、恋愛のはじまり方はさまざ...
恋バナ調査隊 2021-05-07 06:00 ラブ
キスの場所には意味がある♡ パーツ別に隠れた14の男性心理
 恋人同士が愛情を伝えるために交わす、「キス」。実は、キスには場所ごとに意味があるのをご存知でしょうか? 今回は、厳選し...
リタ・トーコ 2021-05-07 06:00 ラブ