理想の夫婦に!コミュニケーションの5つのポイント&NG行動

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-04-21 06:00
投稿日:2020-04-21 06:00
 あなたは、夫婦関係に悩みはありますか? 忙しい夫婦の中には、「最近、ちゃんと顔を合わせていない」という方もいるでしょう。でも、この状態が続くと、コミュニケーション不足で関係が壊れてしまう恐れがあります。そこで今回は、夫婦に欠かせないコミュニケーションの5つのポイント&NG行動についてご紹介します。

夫婦に欠かせないコミュニケーション!5つのポイント

笑顔とスキンシップを大切に(写真:iStock)
笑顔とスキンシップを大切に (写真:iStock)

 夫婦関係を維持していくためには、コミュニケーションが欠かせません。どんなに長い間一緒にいる相手であっても、コミュニケーション不足では互いの気持ちを知ることはできませんし、どんどんズレが生じてしまいます。

 まずは、夫婦のコミュニケーションにはどんなことが必要なのか、ポイントをご紹介します。

1. 二人の時間を大切にする

 ラブラブだったカップルでも、結婚して数年が経てば少しずつ落ち着いてくるものです。仕事や子育てに追われて、なかなか二人だけの時間を持てなくなっている夫婦も多いでしょう。

 しかし、どんなに忙しくても、一緒に生活をしていても、二人の時間を作ることは大切なポイント。互いに向き合う時間があれば、不安や行き違いなどが少なくなるはずです。

2. 笑顔を忘れない

 仕事や家事に追われて心の余裕がなくなり、知らず知らずのうちにイライラした態度を取ってしまう人もいるでしょう。

 しかし、一緒に生活をする相手が笑顔の方が、お互いに気分が良いはずです。いつも笑顔を意識することで、家の中の雰囲気が悪くなることもなくなるでしょう。

3. スキンシップをとる

 どんなに仲の良い恋人同士でも、結婚して数年経てば自然とスキンシップが減ってきてしまうものです。

 しかし、いつまでも仲の良い夫婦でいるためには、スキンシップを行うことが欠かせません。「今更、面倒」と思う方もいるかもしれませんが、手を繋ぐだけでも十分です。触れ合いを大切にしましょう。

4. 「ありがとう」「ごめん」当たり前の言葉こそ伝える

 恋人同士が結婚して夫婦になれば、家族という存在に変わっていきます。そんな近しい存在になると、「ありがとう」「ごめん」という言葉を伝えるという当たり前のことができなくなってしまう人が少なくありません。

「言わなくても伝わっているだろう」という考えではなく、その都度気持ちを伝えることを忘れないようにしましょう。

5. コミュニケーションのタイミングを見計らう

 夫婦として一緒に生活していると、ついつい相手のテリトリーにまで入り込んでしまうことがあります。しかし、生活を共にするからこそお互いのプライバシーは守る必要があるでしょう。

 相手のテリトリーや状況を把握した上で、コミュニケーションのタイミングを見計らうことも大切です。

離婚を回避する!気を付けたいNG行動

毎日を大切に過ごすこと(写真:iStock)
毎日を大切に過ごすこと (写真:iStock)

 離婚することを前提に、結婚する方はいません。しかし、夫婦生活を続けていくうちに不満が積み重なり、「離婚」という最悪の結論に至ってしまうこともよくあります。

 離婚を回避するためにはどんな夫婦生活を送っていけば良いのか、気を付けたいNG行動をご紹介します。

1. 気になったことを後回しにする

 大好きな人と結婚しても、一緒に生活をしてみると「あれ?」と、気になることがあるはず。生活習慣の違い、お金の価値観のズレなど、結婚してから気づくことは意外とあるものです。

 しかし、夫婦間で気になったことは後回しにせずに、その都度解決していくことが大切です。放っておけばおくほど溝は深まり、収拾がつかない状態になってしまいます。

2. マンネリを当たり前と捉える

 結婚して数年経つとスキンシップが減り、マンネリ化するのが一般的です。むしろ、「マンネリ化は当たり前」と思い、何も対処しない人も多いでしょう。

 しかし、これを放置すると夫婦関係が冷めてしまう恐れがあります。諦めずに、デートや夫婦生活を工夫しましょう。

3. 自分の意見や価値観を押し付ける

 結婚して生活を共にすると相手の存在を近くに感じて、自分の意見や価値観を押し付けようとしてしまう人がいます。

 もちろん、夫婦となればどちらかが譲らなければいけないこともありますが、全てがあなたの思うままになるわけではありません。相手の考えや価値観も考え、受け入れて、譲り合うことが大切でしょう。

4. 詮索しすぎる

 夫婦になると、「家族なんだから、隠し事はなし」と思っている人も多いかもしれません。

 確かに、隠し事があると、不安に感じる人もいるでしょう。しかし、夫婦だからといって、相手のこと全てを知る必要はないのです。詮索しすぎることで、あなたの存在が負担になる可能性もあるため、注意が必要です。

5. 存在や生活を当たり前と思う

 何年も夫婦として一緒に生活していると、ついつい互いの存在が当たり前になってしまうもの。そのため、甘えが出やすくなります。

 一緒にいて当たり前、稼いでくるのが当たり前という態度は、相手にとって寂しさや虚しさを生んでしまいます。「全てのことは当たり前ではない」と、常に感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

上手にコミュニケーションをとって、仲良し夫婦を目指そう!

2人でゆっくり時間を重ねていきたいから(写真:iStock)
2人でゆっくり時間を重ねていきたいから (写真:iStock)

 いつまでも仲の良い夫婦を続けていくためには、夫婦のコミュニケーションが欠かせません。たとえ子どもができても、夫婦としてのコミュニケーションは大切なのです。

 ついつい相手に甘えてしまう人も多いと思いますが、コミュニケーションのポイントをチェックしながら、この機会に自分の行動や発言を見直してみてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 LINEでの恋の駆け引きテクニックはいろいろありますが、意外にみんな使いこなせていないのが、スタンプテクニック。実は、...
恋バナ調査隊 2020-09-30 06:00 ラブ
FILM
 新型コロナウイルスによって始まったテレワークにより、コロナ破局や同棲解消が増えている、という話が取りざたされています。...
ミクニシオリ 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
 10〜20代の頃は好きな人のためにオシャレをして、髪をかわいく盛って、毎日楽しかった……。しかし、オトナ女子になった今...
若林杏樹 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性とやっとLINEを交換できたのに、あまりにそっけないと連絡を続けるべきかやめるべきか迷ってしまいますよね。...
恋バナ調査隊 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少な...
リタ・トーコ 2020-09-29 06:54 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-28 17:53 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ