運任せじゃダメ!「運命の人と結婚できる」女性の特徴とは?

山本早織 結婚につながる恋のコンサル
更新日:2020-02-18 06:00
投稿日:2020-02-18 06:00
 皆さんこんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。今回は、婚活女性や結婚したいけど婚活に踏み切れない女性がよく口にする「必要な時に必要なタイミングで運命の人が現れる」という言葉の意味についてお伝えします。

運命の人はいる、だけど…

運命の人はどこにいる?(写真:iStock)
運命の人はどこにいる? (写真:iStock)

 2008年に「婚活」という言葉ができてから、「恋愛結婚」「お見合い結婚」と結婚に至ったきっかけについても分けるような言葉ができてきました。実際、その2つの言葉でいうと、歴史が古いのは「お見合い結婚」であり、お見合いの文化はとても根強く、結婚には必要不可欠なものになっています。

 しかし、コクハクのメイン読者層である30代、40代女性は、まさしくトレンディードラマから加速したであろう自由恋愛が当たり前の世代。そのため「恋愛結婚」への憧れが強く、「お見合い結婚」に対するイメージは少々ネガティブです。

 さて、必要なタイミングで必要な時に運命の人は現れるのか? ということですが、その率直な答えは「yes」。必要なタイミングで必要な時に運命の人は現れます。

 ……が、その運命の人を自分自身の結婚相手だと気づけるか、気づけないかは自分次第なのです。そして、気づけない人は「運命任せ思考」という共通点があり、「いつか結婚できるだろう」と漠然と考えている傾向にあります。

「運任せ」の何がいけないの?

待っているだけでは何も変わらない(写真:iStock)
待っているだけでは何も変わらない (写真:iStock)

 運任せ思考とは、例えば「占いで今年の5月が恋愛運良くて、5月に運命の人に会えるって言われた〜(喜)」という女性がいたとしましょう。運命任せの人というのは5月を待つだけで、今の日常の行動に何一つ変化を起こさない人。家と仕事の往復。女子会三昧、合コンをしても男性の悪口を言って終わる。何一つ自分を成長させることはなく、運命が来るのを待っているのです。

 本当に運命の人に出会える人に共通していること。それは、

1. 現実的にきちんと行動をしていること。
2. 運命の人が自分の結婚相手であるということに気づくアンテナを持っていること。
3. 自分自身を成長させるため、ポジティブな思考で毎日を過ごしていること、です。

 人はネガティブな思考を持っていれば、ネガティブな情報がたくさん入ってきます。ポジティブな思考を持っていればポジティブな情報が入ってくるわけです。そして、情報というのは、自分が欲しいと思っているものにきちんと反応するようになっています。

 結婚相手を見つけたい!とアンテナをはり、具体的に行動をし、得た情報をポジティブに処理していく。これこそ「必要な時に必要なタイミングで運命の人が現れる」人の特徴です。

状況を変えたければ、環境から変えてみる

自分の未来は自分でつかむ!(写真:iStock)
自分の未来は自分でつかむ! (写真:iStock)

 実は女性にとって一番大切で一番難しいのは、「ポジティブな思考を持つ」という点です。女性にとって異性との関係を築く時に「ポジティブな思考を持つ」というのは実は難しいこと。なぜなら、遺伝子を残したい男性はポジティブな思考を持ちがちで、子宮が一つしかない女性は、その子宮を守るためにネガティブな思考を持ちがちなのです。

 なので、合コン後や街コン後に女性同士で男性の悪口大会になってしまったり、「疲れた」という感情が出てしまうのは当然のこと。しかし、そのままでは「ポジティブな思考を持つ」という重要なポイントが改善されません。

 ではどのように改善すれば良いのでしょうか。

 改善するために、一番シンプルで早い方法は「環境を変える」こと。環境を変えるとは、具体的に「結婚が決まるまでは、付き合う友人関係を変える」ということ。そして恋愛の相談は、独身ではなく結婚している人にするということです。

 女性にとって友人関係が重要なのは同じ女性として理解していますが、独身女性同士で婚活パーティーへ行っている人の成功率が低いという結果同様、環境に流されやすいのが女性。そのため、付き合う友人を男性との交際に前向きな思考を持った人に限定するのは効果的なのです。

 ぜひ、ご自身の友人関係を見直してみて、結婚が決まるまではお付き合いを減らしてみてはいかがでしょうか?

ラブ 新着一覧


FILM
「待てど暮らせど、男性から連絡が来ない……」「いつも連絡するのは私から……」そんな男性に、イライラしている女性も多いので...
恋バナ調査隊 2020-04-01 06:00 ラブ
FILM
「あの子、育ちが良さそうだよね。良いところのお嬢様って感じがする」  あなたの身の回りにもいませんか? ものすごく...
七海 2020-04-01 06:00 ラブ
FILM
 私のもとに婚活相談に来る女性の3割が、元彼が忘れられないという女性です。 「元彼のことが忘れられない→でも元彼か...
山本早織 2020-03-31 06:00 ラブ
FILM
「好きだから嫉妬する」、これは当たり前の感情です。でも、嫉妬をすると不安や罪悪感などネガティブな感情になってしまう……と...
リタ・トーコ 2020-03-31 06:00 ラブ
FILM
 恋人がほしいと思っている人にとって、マッチングサイトは魅力的な存在。マイペースに恋活をすることができますから、忙しい人...
恋バナ調査隊 2020-03-31 06:00 ラブ
FILM
 感染症拡大防止による外出自粛が呼びかけられている今日この頃ですが、マッチングアプリでも出会いは自粛されているのでしょう...
内藤みか 2020-03-30 06:00 ラブ
FILM
 異常気象や自然災害、ウイルス蔓延、高齢化社会など、将来が心配になるようなニュースが多い昨今。だからこそ、パートナーを選...
FILM
 あなたは、不倫にどんなイメージを持っていますか? 中には、「スリルを味わえる楽しい恋愛」と思っている人もいるかもしれま...
恋バナ調査隊 2020-03-29 06:00 ラブ
FILM
 最近、周りで非常にざわざわするトピックがあります。その感染力は、新型コロナウィルスに引けを取らぬ勢いで、出会う人、出会...
しめサバ子 2020-03-29 06:00 ラブ
FILM
 新型コロナへの不安は、国内でも日に日に増しています。ついにはウイルス対策のために、同棲解消を選んだカップルも……。魑魅...
並木まき 2020-03-28 06:00 ラブ
FILM
 誰しも、好きな人に対して少なからず「嫉妬」をするものでしょう。でも、それはある意味、愛情の裏返しでもありますよね。でも...
FILM
 あなたは、恋人に浮気をされたらどうしますか? きっと「許せないから別れる!」と、即答する人が多いのでは? しかし、実際...
恋バナ調査隊 2020-03-27 06:02 ラブ
FILM
 誰しも、大人になると社交辞令を言ってみたり、本音と建前を上手に使ったりするものです。でも、だからこそ、「好きな男性には...
リタ・トーコ 2020-03-27 06:00 ラブ
FILM
 彼氏と一緒に過ごしていく中で、「付き合いたての頃となんだかイメージが違う……」と思うことありませんか?もしかしたらそれ...
恋バナ調査隊 2020-03-26 06:00 ラブ
FILM
 コロナの影響で家にこもる時間が急増加! そんなときは、Netflix鑑賞がはかどってしまいますよね。「テラスハウス」を...
しめサバ子 2020-03-25 06:00 ラブ
FILM
 良いか悪いかは別として、新型コロナがきっかけで別居に踏み切った夫婦も出てきています。  魑魅魍魎(ちみもうりょう)...
並木まき 2020-03-25 06:00 ラブ