運任せじゃダメ!「運命の人と結婚できる」女性の特徴とは?

山本早織 結婚につながる恋のコンサル
更新日:2020-02-18 06:00
投稿日:2020-02-18 06:00
 皆さんこんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。今回は、婚活女性や結婚したいけど婚活に踏み切れない女性がよく口にする「必要な時に必要なタイミングで運命の人が現れる」という言葉の意味についてお伝えします。

運命の人はいる、だけど…

運命の人はどこにいる?(写真:iStock)
運命の人はどこにいる? (写真:iStock)

 2008年に「婚活」という言葉ができてから、「恋愛結婚」「お見合い結婚」と結婚に至ったきっかけについても分けるような言葉ができてきました。実際、その2つの言葉でいうと、歴史が古いのは「お見合い結婚」であり、お見合いの文化はとても根強く、結婚には必要不可欠なものになっています。

 しかし、コクハクのメイン読者層である30代、40代女性は、まさしくトレンディードラマから加速したであろう自由恋愛が当たり前の世代。そのため「恋愛結婚」への憧れが強く、「お見合い結婚」に対するイメージは少々ネガティブです。

 さて、必要なタイミングで必要な時に運命の人は現れるのか? ということですが、その率直な答えは「yes」。必要なタイミングで必要な時に運命の人は現れます。

 ……が、その運命の人を自分自身の結婚相手だと気づけるか、気づけないかは自分次第なのです。そして、気づけない人は「運命任せ思考」という共通点があり、「いつか結婚できるだろう」と漠然と考えている傾向にあります。

「運任せ」の何がいけないの?

待っているだけでは何も変わらない(写真:iStock)
待っているだけでは何も変わらない (写真:iStock)

 運任せ思考とは、例えば「占いで今年の5月が恋愛運良くて、5月に運命の人に会えるって言われた〜(喜)」という女性がいたとしましょう。運命任せの人というのは5月を待つだけで、今の日常の行動に何一つ変化を起こさない人。家と仕事の往復。女子会三昧、合コンをしても男性の悪口を言って終わる。何一つ自分を成長させることはなく、運命が来るのを待っているのです。

 本当に運命の人に出会える人に共通していること。それは、

1. 現実的にきちんと行動をしていること。
2. 運命の人が自分の結婚相手であるということに気づくアンテナを持っていること。
3. 自分自身を成長させるため、ポジティブな思考で毎日を過ごしていること、です。

 人はネガティブな思考を持っていれば、ネガティブな情報がたくさん入ってきます。ポジティブな思考を持っていればポジティブな情報が入ってくるわけです。そして、情報というのは、自分が欲しいと思っているものにきちんと反応するようになっています。

 結婚相手を見つけたい!とアンテナをはり、具体的に行動をし、得た情報をポジティブに処理していく。これこそ「必要な時に必要なタイミングで運命の人が現れる」人の特徴です。

状況を変えたければ、環境から変えてみる

自分の未来は自分でつかむ!(写真:iStock)
自分の未来は自分でつかむ! (写真:iStock)

 実は女性にとって一番大切で一番難しいのは、「ポジティブな思考を持つ」という点です。女性にとって異性との関係を築く時に「ポジティブな思考を持つ」というのは実は難しいこと。なぜなら、遺伝子を残したい男性はポジティブな思考を持ちがちで、子宮が一つしかない女性は、その子宮を守るためにネガティブな思考を持ちがちなのです。

 なので、合コン後や街コン後に女性同士で男性の悪口大会になってしまったり、「疲れた」という感情が出てしまうのは当然のこと。しかし、そのままでは「ポジティブな思考を持つ」という重要なポイントが改善されません。

 ではどのように改善すれば良いのでしょうか。

 改善するために、一番シンプルで早い方法は「環境を変える」こと。環境を変えるとは、具体的に「結婚が決まるまでは、付き合う友人関係を変える」ということ。そして恋愛の相談は、独身ではなく結婚している人にするということです。

 女性にとって友人関係が重要なのは同じ女性として理解していますが、独身女性同士で婚活パーティーへ行っている人の成功率が低いという結果同様、環境に流されやすいのが女性。そのため、付き合う友人を男性との交際に前向きな思考を持った人に限定するのは効果的なのです。

 ぜひ、ご自身の友人関係を見直してみて、結婚が決まるまではお付き合いを減らしてみてはいかがでしょうか?

ラブ 新着一覧


「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ
10歳差でも…年上好きの男性は母親との関係が影響している?
 年上の彼女を求める男性が増えています。年上女性志向が高まっている理由には、社会不安による生活安定欲求や、地位向上を目指...
内藤みか 2021-07-29 06:00 ラブ
高学歴女子はなぜモテないの?4つの理由&あるあるな悩み
 努力して勉強をして、いい大学を卒業し、きちんとした仕事に就いている「高学歴女子」。一見、悩みのない人生を送っているよう...
恋バナ調査隊 2021-07-29 06:00 ラブ
知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
男性が追いかけたくなる女性の特徴&虜にするLINEテク♡
 どうせ恋愛をするなら、追いかける恋よりも追われる恋をしてみたいですよね♡ でも、そのためにはまず、「男性が追いかけたく...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
年下男性の6つの脈なしサイン…諦めずに射止める方法は?
 近年、年下男性と付き合う女性が増えています。年下男性というと、一見、頼りなさそうなイメージですが、だからこそ母性をくす...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
彼はどう? 結婚に向いていない男性の特徴5つ&今後の選択肢
 結婚できたからといって、必ずしも幸せになれるとは限りません。理想の結婚生活を叶えるためには、相手選びが重要! そこで今...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
モテる♡ “あざと可愛い”女性の5つの特徴&目指すポイント
 “あざと可愛い”女性というと、同性から見るとあまり良いイメージは湧かないかもしれません。でも、あざと可愛い女性は男性に...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:00 ラブ
彼からのサプライズの結婚指輪が気に入らない…対処法4つ
 結婚指輪は、一生つけるもの。だからこそ、妥協せずに選びたいですよね。でも、中には彼がサプライズで用意してくれていたとい...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:01 ラブ