恋愛相談は女友達にしても良い?5つのメリット&デメリット

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-04-10 06:00
投稿日:2020-04-10 06:00
 好きな人ができて交際することができれば幸せですが、交際がスタートすれば新たな悩みが出てくるもの。そんな時、「女友達に相談している」という人が多いと思いますが、果たして女友達は相談相手としてふさわしいのでしょうか?そこで、女友達にする恋愛相談のメリットとデメリットについてご紹介します。

頼りになる?女友達に恋愛相談する5つのメリット

女子会に恋バナはつきもの(写真:iStock)
女子会に恋バナはつきもの (写真:iStock)

 恋愛に悩んだ時、多くの女性は「仲の良い女友達に相談しよう」と思うでしょう。普段から仲が良く、あなたのことを知っている相手であれば、信頼して話をすることができますよね。まずは、女友達に恋愛相談をするメリットを見てみましょう。

1. 気軽に何でも話せる

 恋愛相談は「あまり人には聞かれたくない」と思っている人も多いはず。そんな人にとって女友達は、何でも気軽に話すことができる相手。

 どんな愚痴や悩みも聞いてくれるため、話をするだけで心がすっきりとする人も多いです。

2. あなたの性格を知った上でアドバイスをくれる

 長く付き合っている友達であれば、あなたの性格をちゃんと把握してくれています。だからこそ恋愛相談をした際に、あなたが求めている的確なアドバイスをくれるでしょう。

 互いにとって信頼できる存在であれば、良いことは良い、悪いことは悪いとはっきりと言い合うことができます。客観的なアドバイスを受けることで、自分の悪かった部分に気づくこともできますね。

3. あなたの気持ちに共感してくれる

 女性が人に相談する際には、アドバイスを求めるというよりは、「共感してほしい」と思っている人が多いですよね。

 女友達は、あなたの考えや気持ちをただただ否定することなく、まずは共感してくれます。自分の気持ちに寄り添ってくれる人がいるということに、安心できる人も多いでしょう。

4. 言いにくいことも話せる

 恋愛の悩みは、たとえば性的なことなど、人には話しにくい内容であることもあります。

 渦中にいる人は、「誰にも言えない自分だけが抱えている悩み」だと思いがちですが、意外と同じような悩みを抱える女性も少なくありません。

 そのため、女友達に相談して「その気持ち、分かるよ」と言ってもらえることで、救われる人もいるはずです。

5. 聞いてもらうだけで楽になる

「恋愛相談をしたい」と思っている女性の中には、答えがほしいわけではなく、「ただ、聞いてほしい」と思っている人が多いです。

 仲の良い女友達であれば、誰よりも親身になってあなたの話に耳を傾けてくれるため、話すだけで気持ちが楽になるのを感じられるはず。

気を付けたい!女友達に相談する際の5つのデメリット

友達が恋敵になる場合も(写真:iStock)
友達が恋敵になる場合も (写真:iStock)

 女同士というのは、なかなか厄介なもの。自分は友達だと思っていても、相手はそう思っていないケースもあります。そのため、恋愛相談をする際には相手を間違えてしまうと、面倒なことになる可能性が……。そこで、女友達に相談する際のデメリットについてご紹介しましょう。

1. 結論が出るとは限らない

 仲の良い女友達に恋愛相談をしようと考えている人の中には、常に友達に頼ってしまう人もいるでしょう。

 しかし、恋愛は当人同士でしかどうすることもできません。「友達に相談すれば、何とかなる」と思う人もいるかもしれませんが、相談したからといって必ずしも結論が出るとは限らないのです。

2. 必ずしも本音ではない

 恋愛相談ができるくらい、あなたにとっては「何でも話せる友達」だったとしても、相手はそう思っていないかもしれません。相手は、常にあなたに気を使っている可能性もあるでしょう。そのため、あなたが相談を持ちかけても、本音で話をしてくれないケースもあります。

3. 人の不幸が好きな人もいる

 女友達というのは、思っている以上に複雑なもの。中には、どんなに友達であっても「人の不幸が好き」と、思う女性もいます。

 そんな女性に相談してしまうと、人の不幸を見たいために「そんな男、別れた方が良いよ」なんて、あなたが不幸に陥るようなアドバイスをする場合もあるでしょう。

4. 嫉妬やマウンティングする人も

 女性同士の場合、同性だからこそ嫉妬したり、マウンティングをする人が少なくありません。「友達だからこそ、負けたくない」という思いが強い人に相談してしまうと、嫌な思いをするどころか、友達関係が壊れてしまう可能性も。

 普段から人と比べようとしていたり、「いいなぁ」と羨ましがるような友達の場合には要注意です。

5. 実は同じ男性に好意を抱いていることも

 恋愛相談をしようとしている友達は、あなたの恋愛を素直に応援してくれる人でしょうか?「応援してくれている」と思っている人の中には、実は、友達が同じ男性に好意を抱いているというケースもあります。

「友達だから、応援してくれるはず」と思い込んで相談してしまうと、友達を傷つけるだけでなく、あなたの恋愛の邪魔をされる可能性もあります。

恋愛相談の相手は慎重に選ぶことが大切!

思わぬトラブルに発展してしまうかも(写真:iStock)
思わぬトラブルに発展してしまうかも (写真:iStock)

 女友達はとても大切なもの。付き合いが長く、深い付き合いであれば、「彼女になら何でも相談できる」と思ってしまいますよね。

 しかし、女同士というのはそんな簡単なものではありません。なんでもかんでも恋愛相談をしてしまうと、トラブルに発展してしまうケースもあるのです。

 相談する際には、デメリットもチェックした上で相手を冷静に判断しましょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


年上を狙うハイエナに注意!アプリで出会った自己中心浮気男
 近ごろ、マッチングアプリで年下男性を希望する女性が急増しています。  若い男性とのスイートな真剣交際を夢見る女性に忍...
内藤みか 2022-07-07 06:00 ラブ
復縁後の彼氏が冷たいって何なん? “地獄の過ち”二度は嫌!
 別れた元彼と復縁をした経験がある人は少なくありません。別れを後悔し、念願叶ってやっと復縁できたとなれば、当然嬉しいです...
恋バナ調査隊 2022-07-07 06:00 ラブ
元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ