自分への性的興味に恐怖…デミセクシュアルの抱えやすい問題

うかみ綾乃 小説家
更新日:2020-05-25 06:00
投稿日:2020-05-25 06:00
 前回は多様なセクシュアルのひとつであるデミセクシュアルの特徴を記しました。続いて、デミセクシュアルの抱えやすい問題を取り上げます。

デミセクシュアリティが抱えがちな4つの問題

「みんなの話がわからない」(写真:iStock)
「みんなの話がわからない」 (写真:iStock)

 比較的に知られているLGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)の人たちも生きづらさのある世の中で、この中に当てはまらない人々は、自分がセクシュアルマイノリティだと自認できることさえなく、名前のない存在として、理由も改善策もわからない悩みを抱えるしかありません。

 デミセクシュアリティの抱えがちな問題は以下です。

自己肯定感の欠如

 思春期になれば、それまで仲良くしていた友達は異性や恋愛に興味を持ち、好きな芸能人の話、下ネタ、合コンや出会い系などを楽しくし始めます。でもデミセクシュアルはその輪に入れません。硬くてノリの悪い人として疎外されるか、あるいはそうならないために無理に周囲に合わせて演じます。思春期に抱く疎外感は、その後の生き方にも影響を及ぼします。

恋愛相手を特別視しすぎる

 デミセクシュアルにとって誰かを好きになるのは特別なことなので、相手を必要以上に高く見る傾向があります。それまでの人生で疎外感や、自分でない自分を演じてきた感のある人ならなおさら、特別な相手に対して依存心や被支配者の感情に陥る危険性も高いです。

性的な目で見られることに恐怖(写真:iStock)
性的な目で見られることに恐怖 (写真:iStock)

他人からの恋愛感情がストレス。性的興味を持たれることには恐怖

 多くの女性にとっても、好きでもない人からの恋愛感情は煩わしく、性的興味を持たれることは嫌悪ではありますが、それらを理解する素養を持たないデミセクシュアルにとっては、恐怖と憎悪の対象となります。これが被害者意識と繋がり、自己肯定感を低くする要素となりがちです。

流れを読むだけの不本意なセックスをしてしまう

 自認のないセクシャルマイノリティが陥りがちなのは、「自分は人よりおかしい」「おかしいことを悟られたくない」「おかしな自分が相手に合わせるべき」との意識です。そのため、好きではない相手からセックスを求められても、「この場合はふつうするんだろうな」と無駄に流れを読み、不本意なセックスをしてしまう場合があります。
 
 とはいえ、自分のセクシュアルはこうなのだ、と自覚することで、避けられる危険や、緩和できる悩み、前進する方向を見出すことはできます。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


好きになりたいのに…未練を断たずに次の恋愛はできるの?
 離婚後にモテ期が到来して二度目の独身を謳歌する人もいれば、傷心のまま新しい恋愛に踏み出せない人も。いざ恋愛のチャンスが...
七味さや 2020-11-27 06:00 ラブ
飽きない彼女になりたい♡ いつまでも愛される女性の特徴5つ
 彼氏と長続きしたいけれど、いつもマンネリ化して結局別れてしまうと悩んでいる人は多いようです。でも、中には長く続くほどに...
恋バナ調査隊 2020-11-27 06:00 ラブ
願いは書けば叶う?ママ活男子の“夢見るプロフィール”の中身
 願いごとがあるのなら、それを書く(もしくはスマホなどに入力する)ことで、叶いやすくなるという話をよく聞きます。ママ活男...
内藤みか 2020-11-26 06:00 ラブ
恋が終わる残念なLINEの特徴6つ&男性が喜ぶ返信の仕方
 好きな人とLINEを交換できたのはいいものの、LINEがつまらなさすぎて自然消滅してしまった……という経験をお持ちの人...
恋バナ調査隊 2020-11-26 06:00 ラブ
男性がドキっとする女性のギャップとは? 作り方4つのコツ♡
 恋愛を進展させるためには、「ギャップ」が効果的。コツさえ掴めば誰にでも簡単に身につけられる恋愛テクニックですが、何から...
恋バナ調査隊 2020-11-25 06:00 ラブ
28歳で優良物件男とお見合いしたが、どうしても無理だった。
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2020-11-24 16:03 ラブ
100年の恋も冷める…たった一言で女性が幻滅する恐怖のLINE
 第一印象はよかったのに……会えない期間、LINEでコミュニケーションをしているうちに、なんだか異性に幻滅してしまった経...
ミクニシオリ 2020-11-24 06:06 ラブ
愛想がいい女性は意外とモテない? 男性たちの7つの本音
 誰に対してもニコニコ愛想のいい女性は、モテるイメージがありますよね。実際に、愛想を良くしようと、意識的に笑顔を振りまい...
恋バナ調査隊 2020-11-24 06:00 ラブ
過去の恋愛に決別を…元カレに別れたことを後悔させる方法!
 自分が振られた立場でも振った立場でも、元カレって特別な存在ですよね。一番近かった相手なのに、友達よりも遠い存在になって...
若林杏樹 2020-11-23 06:00 ラブ
陽気で豪快!四国出身の女性の特徴や恋愛観&相性の良い男性
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の女性についてご紹介します。香川県、徳島...
熱しやすく冷めやすい?四国出身の男性の性格や特徴&恋愛観
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の男性の性格や特徴、恋愛傾向についてご紹...
あなたのタイプはどう?“何系女子”の種類や特徴を徹底分析!
 ◯系女子や◯ガールなど、女性の系統を分ける言葉を耳にする機会も多くなりましたが、自分が何系女子かわからない人も多いはず...
恋バナ調査隊 2020-11-22 06:00 ラブ
妻と子供が溺れたら…夫は迷わず妻を助けるという衝撃の事実
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。「いい夫婦の日(11月22日)」に関するアンケート調査を明治安田生命が発表し...
山崎世美子 2020-11-21 06:00 ラブ
妻から何度も「離婚」突きつけられ…ついに覚悟を決めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.21〜女性編〜」では、夫に対してたびたび「離婚したい」と口にするものの、本心は揺れている妻の...
並木まき 2020-11-21 06:01 ラブ
夫婦喧嘩をするたびに「離婚」を口にしてしまう女性の本音
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-11-21 06:02 ラブ
職場内離婚…どうやって後処理する!?速やかにやるべきこと
 出会いのきっかけランキングで必ずトップ3に入っている「職場での出会い」。そう、社内恋愛はとってもメジャーなものなんです...
七味さや 2020-11-20 07:06 ラブ