デミセクシュアルって? 多様な性が存在することを認識して

うかみ綾乃 小説家
更新日:2020-05-20 11:19
投稿日:2020-05-11 06:00

身近になってきたセクシュアルマイノリティ

互いの違いを認め合う(写真:iStock)
互いの違いを認め合う (写真:iStock)

 LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)という、セクシュアルマイノリティを示す言葉広く使われるようになりました。最近はQ(クエスチョニング/クィア。どのセクシュアルかわからない/決めない人)や、それら以外のセクシュアルを包括した+を加えてのLGBTQ+との呼び方もされています。

 さらにI(インターセックス。男女両方の身体的機能を持つ人)やA(アセクシュアル。恋愛欲求、性的欲求を抱かない人)を加えたLGBTQIA+など、多様なセクシュアルの認知が進むとともに、表記も増えています。

 現在、世界の人間の約10分の1がセクシャルマイノリティだと言われています。また、セクシュアルはくっきりと分かれるものではなく、ひとりの人間の中に、複数のセクシュアルが重なって存在することも多々あります。

性自認や性的指向は人それぞれ

少しずつ身近になってきた(写真:iStock)
少しずつ身近になってきた (写真:iStock)

 皆さんの中にも、自分ではヘテロセクシュアル(異性愛者)だと自認しつつも、同性の女性に恋愛に近い感情を抱いたり、ゲイの男性を好きになるなどの経験のある方がいらっしゃるでしょうか。

 上記の場合だと、ヘテロと同時にバイセクシャルやパンセクシャル(相手の性に拘らずどんな人も愛する人)等の性を持っている可能性があり、あるいはウーマセクシュアル/マセクシュアル(自己の性自認に拘らず女性/男性を好きになる人)の面を持っているのかもしれません。

 性自認と性的指向は多様にある一方で、どうしても人間を男女で分ける時代が長かったために、たとえばセックスレスで悩んでいるカップルなら、相手を自分と同じ男女の感覚で捉えるがために、情緒的に行き違ってしまう場合も多いように感じます。

 まずは、多様なセクシュアルが存在する、と認識するだけでも、自身と他者を理解し、受容し合うことが可能になると思います。

ラブ 新着一覧


元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ