夫をまるでウイルス扱い…鬼嫁たちの“新型コロナ対策”3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-05-03 07:25
投稿日:2020-03-20 06:00
「鬼嫁」と呼ばれる妻の中には、あからさまに自分さえ良ければいいとばかりの行動に出る人も少なくありません。魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな鬼嫁たちの驚愕の新型コロナ対策をご紹介します。

1:まるで夫自身がウイルスのように…

近寄らないで!(写真:iStock)
近寄らないで! (写真:iStock)

「嫁は去年仕事をやめ、今は専業主婦。子どももいないし、仕事をやめてから世界が狭くなったせいか、いつもイライラして、俺に八つ当たりばかりの毎日です。そんな中、最近のコロナ騒動で、もともと鬼気質な嫁からの風当たりは、どんどん強まっています。

 最近では『私が感染するとしたら、あなたからうつるんだから、私には近寄らないで』と、家に帰った早々から2メートル離れるよう強要されていて、お風呂も『外で入ってこい』と使わせてもらえません。トイレは仕方ないから使えますが、俺の後には使いたくないからと、嫁は大以外は風呂場で済ませているみたい……。

 これじゃあまるで、俺がウイルス。家に帰った途端に気が滅入りますね」(43歳男性/サービス)

  ◇  ◇  ◇

 おこもりしている人ほど、外から帰ってくる家族の対策には敏感な傾向も。しかしエスカレートしてしまえば、夫自身をウイルスかのごとく扱ってしまうケースにも陥ってしまうようです…。

2:除菌によって持ち物がボロボロ

消毒は大事だけれど(写真:iStock)
消毒は大事だけれど (写真:iStock)

「妻は自宅勤務をしていて、僕は仕事柄、在宅勤務は無理な業種なので、外に働きに出ています。新型コロナ対策は長期戦になりそうですが、最近妻は今までよりピリピリしていて、過剰なほどに消毒や除菌をしています。

 気持ちは理解しますが、最近は『どこにウイルスが付いているかわからないから』と、帰宅した僕の服や持ち物にドバドバと消毒液をかけていて……。おかげで、服にも持ち物にも変なシミが大量にできてしまいました。もはや見た目もボロボロで『さすがに、やりすぎなんじゃないか』と意見しましたが、聞き入れてもらえず。『嫌ならもう家には帰ってこないで!』と怒鳴られ、困惑しています」(39歳男性/自営業)

  ◇  ◇  ◇

 対策への納得感は、夫婦といえども個人差がある部分。しかし夫の持ち物が使い物にならなくなるほどとなれば、気持ちは理解できても現実的には戸惑ってしまう夫もいるでしょう……。

3:自分だけ聖域にこもり夫をこき使う

自分の家なのにリビングに入れてもらえない…(写真:iStock)
自分の家なのにリビングに入れてもらえない… (写真:iStock)

「妻はもともと専業主婦で家にいることが多いのですが、新型コロナ対策で一切外出しなくなりました。妻いわく『外に出たら、感染しそうで怖い』とのことなんですが、買い物や雑用は全て僕に押し付け、まるでシモベのような扱いを受けています。

 それで、家の中でも『あなたは外に出ているから、感染しそうで怖い』と完全に生活が別に。用事を押し付けるくせに、自分はリビングを聖域にして、僕にはしばらく玄関横の部屋のみ使うよう指示して、立ち入りを拒否しています。事実上の家庭内別居をさせられ、自分の安全のためだけにうまく利用されている気がするのは、僕の気のせいでしょうか……?」(45歳男性/サービス)

  ◇  ◇  ◇

 自分の安全を確保したうえで、夫をやたらとこき使う……となれば、鬼嫁感が際立ちます。不安からの行動とは理解できても、過激な要求が重なれば、夫の心は疲弊しますよね。

まとめ

 依然として強い警戒が続いている、新型コロナウィルス。各家庭においても、対策の強化が求められています。しかし鬼嫁がいる家では、想定外に理不尽な展開も数多く生じているのかもしれません…。一日も早い収束を願ってやみません。

ラブ 新着一覧


結婚相手を見極める!郵便ポストが溜まっている男にはご用心
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。離婚に反対する親も少なくなりました。ずいぶんと時代は変化しましたが、できれば...
山崎世美子 2021-05-15 06:00 ラブ
彼はどう? 亭主関白彼氏のタイプ別特徴&上手な付き合い方
 亭主関白タイプの男性は、「男らしくてかっこいい」という意見がある反面、「自己中心的過ぎて腹が立つ!」と感じる人もいます...
恋バナ調査隊 2021-05-15 06:00 ラブ
私は本命? 男性が“最後の女”と決める5つの瞬間&目指し方
 交際が順調に進めば、「このまま彼と結婚したい」と思うのは当然のこと。しかし、なかなか結婚話が出ないと「彼にとって、私は...
恋バナ調査隊 2021-05-14 06:30 ラブ
“デキる女”感がアップ! 同棲や結婚が近づく日用品セレクト
 彼とのおうちデートや半同棲生活では、「この子は生活能力が高い」と思わせることができれば、同棲や結婚へのチャンスも近づき...
並木まき 2021-05-14 06:00 ラブ
会ってくれないのはなぜ?コロナ破局を回避するための対処法
 感染症の流行が続くなか、恋人から「もう別れよう」「もう友達に戻ろう」などと言われる女性が続出しています。その原因は女性...
内藤みか 2021-05-13 06:00 ラブ
奥手な草食系男子との恋愛…LINEはどう送る?注意点5つ
 草食系男子といえば、「恋愛に対する熱量が低く、心優しくて奥手」というイメージが強いですよね。繊細な彼らの特徴やポイント...
恋バナ調査隊 2021-05-13 06:00 ラブ
甘えたくなる〜!男子が弱いところを見せたくなる女子の特徴
 いつもは仕事などでキリッとしているカレが、素の顔や弱いところを見せてくるとキュンと来ちゃいますよね。仕事のできる男性に...
若林杏樹 2021-05-12 06:00 ラブ
男性は記念日を忘れる生き物?納得の理由&忘れさせない方法
 誕生日や付き合った記念日、結婚記念日など、女性が大切にしたい「記念日」。でも、そんな記念日を、あっさり忘れてしまうのが...
孔井嘉乃 2021-05-11 06:00 ラブ
遠距離恋愛中こそLINEを活用♡ 愛が深まる送り方5つ
 遠距離恋愛中のカップルは、会えないぶんだけ絆が深まっていくか、物理的に距離が離れた生活に心も離れてしまうかのどちらかで...
恋バナ調査隊 2021-05-11 06:00 ラブ
実は幸せかも♡ ドキドキしない恋愛の魅力&見極めポイント
「恋愛するなら、思いっきりドキドキしたい♡」と、思っている人は多いでしょう。確かに、ドキドキする恋愛は刺激的です。しかし...
恋バナ調査隊 2021-05-10 06:01 ラブ
いい匂いの女は記憶に残る…男性を魅了する香りのテクニック
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。嫌でも汗ばむ季節の到来です。今年こそ香りを操れる素敵な女性になりたいものです...
山崎世美子 2021-05-08 06:00 ラブ
男性が恐怖を感じる女性の恋愛暴走LINE…あなたは大丈夫?
 恋愛中の女性って、ついつい妄想してしまいがち。特に、LINEでのやりとりでは、相手の顔が見えないぶん、1人で勝手に暴走...
恋バナ調査隊 2021-05-08 06:00 ラブ
愛はなかった…離婚に同意するも話し合いで揉める夫の本心
「冷酷と激情のあいだvol.38〜女性編〜」では、コロナ禍だからこそ、別居婚を経て同居婚になった途端に、離婚を選ばざるを...
並木まき 2021-05-08 05:57 ラブ
同居した途端…夫への愛がないことを悟ってしまった妻の決断
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-08 05:56 ラブ
好きじゃない男性と付き合う5つのメリット&ポイントとは
「彼氏がいる」と聞くと、多くの人は「彼のことが好きだから付き合っている」と思うでしょう。しかし、恋愛のはじまり方はさまざ...
恋バナ調査隊 2021-05-07 06:00 ラブ
キスの場所には意味がある♡ パーツ別に隠れた14の男性心理
 恋人同士が愛情を伝えるために交わす、「キス」。実は、キスには場所ごとに意味があるのをご存知でしょうか? 今回は、厳選し...
リタ・トーコ 2021-05-07 06:00 ラブ