夫をまるでウイルス扱い…鬼嫁たちの“新型コロナ対策”3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-05-03 07:25
投稿日:2020-03-20 06:00
「鬼嫁」と呼ばれる妻の中には、あからさまに自分さえ良ければいいとばかりの行動に出る人も少なくありません。魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな鬼嫁たちの驚愕の新型コロナ対策をご紹介します。

1:まるで夫自身がウイルスのように…

近寄らないで!(写真:iStock)
近寄らないで! (写真:iStock)

「嫁は去年仕事をやめ、今は専業主婦。子どももいないし、仕事をやめてから世界が狭くなったせいか、いつもイライラして、俺に八つ当たりばかりの毎日です。そんな中、最近のコロナ騒動で、もともと鬼気質な嫁からの風当たりは、どんどん強まっています。

 最近では『私が感染するとしたら、あなたからうつるんだから、私には近寄らないで』と、家に帰った早々から2メートル離れるよう強要されていて、お風呂も『外で入ってこい』と使わせてもらえません。トイレは仕方ないから使えますが、俺の後には使いたくないからと、嫁は大以外は風呂場で済ませているみたい……。

 これじゃあまるで、俺がウイルス。家に帰った途端に気が滅入りますね」(43歳男性/サービス)

  ◇  ◇  ◇

 おこもりしている人ほど、外から帰ってくる家族の対策には敏感な傾向も。しかしエスカレートしてしまえば、夫自身をウイルスかのごとく扱ってしまうケースにも陥ってしまうようです…。

2:除菌によって持ち物がボロボロ

消毒は大事だけれど(写真:iStock)
消毒は大事だけれど (写真:iStock)

「妻は自宅勤務をしていて、僕は仕事柄、在宅勤務は無理な業種なので、外に働きに出ています。新型コロナ対策は長期戦になりそうですが、最近妻は今までよりピリピリしていて、過剰なほどに消毒や除菌をしています。

 気持ちは理解しますが、最近は『どこにウイルスが付いているかわからないから』と、帰宅した僕の服や持ち物にドバドバと消毒液をかけていて……。おかげで、服にも持ち物にも変なシミが大量にできてしまいました。もはや見た目もボロボロで『さすがに、やりすぎなんじゃないか』と意見しましたが、聞き入れてもらえず。『嫌ならもう家には帰ってこないで!』と怒鳴られ、困惑しています」(39歳男性/自営業)

  ◇  ◇  ◇

 対策への納得感は、夫婦といえども個人差がある部分。しかし夫の持ち物が使い物にならなくなるほどとなれば、気持ちは理解できても現実的には戸惑ってしまう夫もいるでしょう……。

3:自分だけ聖域にこもり夫をこき使う

自分の家なのにリビングに入れてもらえない…(写真:iStock)
自分の家なのにリビングに入れてもらえない… (写真:iStock)

「妻はもともと専業主婦で家にいることが多いのですが、新型コロナ対策で一切外出しなくなりました。妻いわく『外に出たら、感染しそうで怖い』とのことなんですが、買い物や雑用は全て僕に押し付け、まるでシモベのような扱いを受けています。

 それで、家の中でも『あなたは外に出ているから、感染しそうで怖い』と完全に生活が別に。用事を押し付けるくせに、自分はリビングを聖域にして、僕にはしばらく玄関横の部屋のみ使うよう指示して、立ち入りを拒否しています。事実上の家庭内別居をさせられ、自分の安全のためだけにうまく利用されている気がするのは、僕の気のせいでしょうか……?」(45歳男性/サービス)

  ◇  ◇  ◇

 自分の安全を確保したうえで、夫をやたらとこき使う……となれば、鬼嫁感が際立ちます。不安からの行動とは理解できても、過激な要求が重なれば、夫の心は疲弊しますよね。

まとめ

 依然として強い警戒が続いている、新型コロナウィルス。各家庭においても、対策の強化が求められています。しかし鬼嫁がいる家では、想定外に理不尽な展開も数多く生じているのかもしれません…。一日も早い収束を願ってやみません。

ラブ 新着一覧


離婚って人生の汚点なの…? 失敗をチャンスに変える考え方
 離婚するなんて、夢にも思わなかった。離婚経験者の大半はそう思っているでしょう。幸せになるつもりで結婚したのに失敗してし...
七味さや 2021-03-01 06:00 ラブ
結婚相談所での出会いってどう? 利用者から学べる注意点5つ
「結婚したいけど、出会いがないまま30代……」と、婚活を始めようとしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-03-01 06:00 ラブ
浮気する女性の5つの心理や特徴! 浮気中に見せるサインも
 近年、芸能人の浮気や不倫が話題になっていますが、身近な友人で浮気する女性がいるという人も多いでしょう。実は、浮気をする...
恋バナ調査隊 2021-02-28 06:00 ラブ
独身でいた方が良かった…夫が結婚を後悔する一番の不満とは
 結婚は人生の墓場か、はたまた天国なのか——。多くの著名人や偉人が結婚にまつわる恐ろしい名言を残しています。長い人生を共...
山崎世美子 2021-02-27 06:00 ラブ
復縁を望む元カノの心を悟りつつも…応えられない男性の本音
「冷酷と激情のあいだvol.32〜女性編〜」では、元カレと復縁したいのに、あと一歩のところで関係が進まない女性・Yさんの...
並木まき 2021-02-27 03:05 ラブ
恋人時代みたいに話すのに…元彼と復縁できない女性の苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-02-27 03:03 ラブ
口癖がうつる?“彼氏に話し方が似てきた”と感じる瞬間6選
 彼氏との付き合いが長くなると、ふとした瞬間に「なんだか彼氏に似てきたな」と思う瞬間がありませんか? 口癖や話し方など、...
恋バナ調査隊 2021-02-26 06:00 ラブ
浮気、音信不通…恋愛のトラウマによる影響&克服する方法
「恋愛はただただ甘くて楽しいもの」そんなふうに思えるあなたは、とても幸せな人かもしれません。実は、元カレの浮気や突然の自...
リタ・トーコ 2021-02-26 06:00 ラブ
コロナ禍に元カノに連絡してしまう男性の心理を分析してみた
 新型コロナウイルスの影響で、男女の出会いのシーンもかなり制限された状態が続いています。そんななか、元カレから連絡が来た...
内藤みか 2021-02-25 06:00 ラブ
実はモテる♡ ツンデレ女子の恋愛の特徴&男性が惚れる瞬間
 いつもクールで冷たく、たまにしか笑わない“ツンデレ女子”。男性の前でも媚びを売らないので、一見モテなさそうなのですが、...
恋バナ調査隊 2021-02-25 06:00 ラブ
彼の部屋が汚い!片付けられない男と付き合うとキケンな理由
 カレの部屋に行ってみたら、ゴミ屋敷……とまではいかないけど、モノが散乱していてごちゃごちゃ。服を置いたらホコリまみれ。...
若林杏樹 2021-02-24 06:00 ラブ
自然消滅の期間はどれくらい?距離を置かれる原因&回避方法
 別れ話が出ているわけでもないのに、彼氏と連絡が途絶えてしまうと「もしかして自然消滅を狙われているの?」と不安に感じてし...
恋バナ調査隊 2021-02-24 06:00 ラブ
浮気やウソ発覚…彼から送られてきたドン引き“誤爆LINE”9選
 恋人やパートナーとの連絡ツールとして、ほとんどの人がLINEを活用していることでしょう。そんなカップルの中でも、今回は...
恋バナ調査隊 2021-02-23 06:00 ラブ
30代になると恋愛するのが難しくなる理由&楽しむポイント
 10代、20代の頃、たくさんの恋愛を経験をしている人は多いでしょう。「好き!」と思ったら、後先考えず、思いのままに行動...
恋バナ調査隊 2021-02-23 06:00 ラブ
相手に期待しすぎると陥る罠…希望をハッキリ言うべき理由!
 相手が自分の思うように動いてくれない……なんだか不満がたまってモヤモヤする! パートナーに対して、そう感じた経験はある...
七味さや 2021-02-22 06:00 ラブ
同性にも好かれる“ネオぶりっ子”って?男女にモテるコツ♡
 ぶりっ子と言えば、「男性からは好かれるけれど、女性からは嫌われる」というイメージがありますよね。でも、それはひと昔前の...
恋バナ調査隊 2021-02-22 06:00 ラブ