彼との理想的なLINE頻度♡付き合い前後で変わるポイント

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-05-26 06:06
投稿日:2020-05-26 06:00
 あなたは、1日にどのくらいLINEをしていますか?友達同士であれば、一度に何度もやり取りをしている方も多いかもしれませんね。しかし、相手が好きな彼や、付き合い始めた彼である場合、あまりに頻繁だと重荷だと思われてしまう可能性があります。
 そこで今回は、彼と付き合う前、付き合ってからの理想的なLINE頻度をご紹介します。

彼を振り向かせたい!付き合う前の理想的なLINE頻度とは?

相手の頻度に合わせよう(写真:iStock)
相手の頻度に合わせよう (写真:iStock)

 好きな男性ができると、LINE交換する人が多いでしょう。口下手でも、「LINEだったら、思ったことが伝えられる」という人もいますよね。しかし、彼を振り向かせたいと思っているのであれば、LINEの頻度にも気を付ける必要があるんです。

1. 彼の返信頻度に合わせる

 好きな彼とLINE交換ができると、嬉しくなって、ついつい何度もLINEしてしまう人もいるでしょう。中には、付き合っているような気分にさえ、なってしまう人もいます。

 しかし、どんなに便利なLINEであっても、相手の気持ちや状況を考えることを忘れてはいけません。彼の返信速度や頻度を見ながら、相手に合わせるようにしましょう。

2. アプローチ中は誘う時だけ

 LINE交換ができても、もちろん、まだ彼氏になったわけではありません。これからアプローチしようと考えているのであれば、気軽なLINEは避けた方が無難。

 LINEする際には、デートの誘いをする時やデートのお礼など、必要最低限で送るようにしましょう。頻繁なLINEは、距離を縮めてからの方が印象も良くなるはずです。

3. 少しずつやり取りを増やしていく

 好きな人とLINE交換ができれば、「毎日でもやり取りしたい」と思う方も多いはず。しかし、まだ距離が縮まっていない間にLINEを頻繁に送ってしまうのは危険です。相手によっては、「馴れ馴れしいなぁ」と思わせてしまうこともありますから。

 焦らずに距離を縮めながら、少しずつやり取りを増やしていきましょう。

4. 1日に何度も送らない

 アプローチ中には、「私からLINEを送らなければ、彼から来ることはない」という一方通行のような状況の方もいるでしょう。

 しかし、まだ付き合ってもいない相手に何度もLINEしたり、返信せざるを得ない内容を送ってしまうと重荷になってしまうかもしれません。1日に何度も送らないことを、意識しましょう。

5. 時には引く

 好きな彼からLINEの返信がくると、舞い上がってすぐに返信してしまう人も多いでしょう。しかし、恋愛の駆け引きをする上では、押すだけでなく時には引くことも必要。数日間はLINEをしない、彼の返信をすぐに既読にしないといった計算も、時には必要です。

めでたく交際!付き合い始めた時の理想的なLINE頻度とは?

あんまり多すぎるとちょっと重い(写真:iStock)
あんまり多すぎるとちょっと重い (写真:iStock)

 念願叶って好きな彼と付き合うことができるようになれば、誰だって嬉しいものです。「毎日のように連絡を取り合いたい」と思っている人も多いでしょう。

 しかし、あまりに自分本位な対応をしてしまうと、相手の気持ちを冷めさせてしまうかもしれません。次に、付き合い始めた時の理想的なLINE頻度を、チェックしていきましょう。

1. 彼のライフスタイルに合わせる

「恋人とは、毎日連絡を取り合うもの」と、思っている女性は多いはず。もちろん、相手は彼氏なわけですから、気軽に連絡を取るのは悪いことではありません。

 しかし、彼の仕事中や夜中に何度もLINEをするのはNG。どんなに距離が縮まったとしても、相手のライフスタイルに合わせた対応が必要です。

2. 10回以上は避けた方が無難

 LINEは、いつでもどこでも気軽に連絡を取り合える便利なツール。しかし、男性は面倒くさがりな人が多いため、頻度が多いと重荷と感じてしまう人もいます。

 交際当初は「新鮮で楽しい」と思っていた人も、交際期間が長くなることであなたとのLINEが面倒になり、気持ちが冷めてしまうこともあります。関係性にもよりますが、1日10回以上は避けた方が無難かもしれません。

3. 交際を長続きさせるためにLINEでコミュニケーションを

 交際が長く続くカップルは、LINEで毎日やり取りをする傾向にあります。長い、深い内容ではなくても、毎日のLINEはコミュニケーションの一環。つながっているという安心感を得ることができます。また、LINEであれば言葉で言いにくいことも、ちゃんと伝えることができるでしょう。

4. 二人でルールを決める

 交際がスタートしたら、「毎日のように連絡をしたい」と思いながらも、「彼がどう思っているのか分からない」という不安から、LINEを躊躇してしまう人もいるでしょう。

 そんな場合には、二人のルールを決めることがおすすめ。互いの理想のLINE頻度などを確認しながらルールを作れば、ストレスや不満もなくなるはずです。

5. 自分勝手なLINEはしない

 片思いだった相手が彼氏になると、一気に距離感が縮まるもの。そのため、「もう彼氏なんだから、何をしても許される」と勘違いしてしまい、自分勝手なLINEをしてしまう人もいます。

 当然ですが、恋人であっても自分勝手なLINEは不快なもの。たとえば、夜中の「寂しい」などのLINEはやめた方が良いでしょう。

気軽にできるLINEはプラスになる使い方を目指そう!

上手に使って愛を深めて(写真:iStock)
上手に使って愛を深めて (写真:iStock)

 LINEは好きな彼へのアプローチや恋人との連絡を取る際に、とても便利なアイテムです。しかし、使い方によってはマイナスにもなるため、関係性や相手の状況などを考えて使うことが大切!

 その時の状況や彼との距離を客観的に見て、プラスになる使い方を目指してくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


子どもの口グセで判明…悟ってしまったママ友の「鬼嫁事情」
 外ではどんなに取り繕っていても、家庭内では、“鬼嫁”っぷりを発揮している女性も散見されますよね。一方、子どもは正直なの...
並木まき 2021-12-06 06:00 ラブ
駆け引き上手な男性の特徴&振り回されない5つの対処方法
 男性からアプローチをされたら当然嬉しいものですが、もしも駆け引きだと感じたら戸惑う人も多いでしょう。たとえ好意を抱いて...
恋バナ調査隊 2021-12-06 06:00 ラブ
男性がバツイチ女性に惹かれる4つの理由&恋愛再開の注意点
 ひと昔前までは、離婚歴がある女性を偏見の目でみる男性もいましたが、今はバツイチの女性に魅力を感じる男性も多いそうです。...
恋バナ調査隊 2021-12-05 06:00 ラブ
男女関係がグッとよくなる〜ケンカについて真剣に考えてみた
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。全国100人の妻に聞いた夫婦のケンカの頻度調査の結果、約70%がケンカをする...
山崎世美子 2021-12-04 06:00 ラブ
想いを告げただけで…女性から交際を期待されて戸惑う男性
「冷酷と激情のあいだvol.67〜女性編〜」では、想いを告白してきた男性であるユウタさんと交際に至らずに、相手への不信感...
並木まき 2021-12-04 06:11 ラブ
告白してきたのに…交際に至らない関係に不信感を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-12-04 06:12 ラブ
「いま家の前に…」元彼からの身勝手でちょっと怖いLINE5選
 大好きだったころは、いつも楽しみに待っていた彼からのLINE。でも「元彼」になってしまうと一変、送られてきたLINEで...
恋バナ調査隊 2021-12-04 06:00 ラブ
付き合って後悔する男性の5つの特徴&後悔した時の対処方法
 ずっと思い続けていた男性と付き合えることになれば、誰だって嬉しいものです。しかし、中には彼のことをよく知らないまま好き...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
彼氏がほしくなる5つの時期♡ ほしくなったらすべきこと
 彼氏がほしいと思っている人の中には、「今まで、そんなことまったく思わなかったのに……」という人もいるでしょう。実は、彼...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
自分で引き寄せて♡ モテ期を呼びこむスピリチュアル行動4選
 人生に何度か訪れる「モテ期」を経験したことがある人も多いでしょう。中には「私のモテ期は終わった」なんて、思っている人も...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
見た目重視な「面食い男性」に隠れた心理&落とすテクニック
 女性と同じく、男性にもそれぞれ好みやタイプがあります。「人は見た目じゃない」とも言いながらも、中には明らかに女性を見た...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
恋人未満な関係はもうウンザリ…セフレと本命彼女の違いとは
「セフレと本命の彼女の違いってなんだろう……」  友人のアラサー女子に相談されたのですが、皆さんはどう答えますか? そ...
若林杏樹 2021-12-01 06:00 ラブ
仕事を優先する彼氏の隠れた心理&うまく付き合う5つの方法
 彼氏ができたら休日のたびにデートしたり、まったりとおうちで過ごしたいと考えている女性が多いでしょう。しかし、男性の中に...
恋バナ調査隊 2021-12-01 06:25 ラブ
浮ついた心に刺さる! 彼氏に浮気をやめさせる効果的な言葉
 大好きな彼氏がほかの女性と浮気をしていたら、本当に辛く、傷つきますよね。でも、感情に任せて責めたところで、逆効果になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-30 06:00 ラブ
自分のお金は自分だけのもの! 鬼嫁たちの呆れた金銭感覚
 鬼嫁は常に自分のことしか考えず、夫は「自分のために存在している人」でしかない様子。金銭的な面についても、“結婚”という...
並木まき 2021-11-30 06:00 ラブ
思わず胸キュン♡ 彼氏が彼女を「可愛い」と思う瞬間5選!
 世の中の男性たちは、彼女のことを「可愛い」と思う瞬間、愛情がさらに深まっていくそう。そこで今回は、彼氏が彼女を「可愛い...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ