彼との理想的なLINE頻度♡付き合い前後で変わるポイント

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-05-26 06:06
投稿日:2020-05-26 06:00
 あなたは、1日にどのくらいLINEをしていますか?友達同士であれば、一度に何度もやり取りをしている方も多いかもしれませんね。しかし、相手が好きな彼や、付き合い始めた彼である場合、あまりに頻繁だと重荷だと思われてしまう可能性があります。
 そこで今回は、彼と付き合う前、付き合ってからの理想的なLINE頻度をご紹介します。

彼を振り向かせたい!付き合う前の理想的なLINE頻度とは?

相手の頻度に合わせよう(写真:iStock)
相手の頻度に合わせよう (写真:iStock)

 好きな男性ができると、LINE交換する人が多いでしょう。口下手でも、「LINEだったら、思ったことが伝えられる」という人もいますよね。しかし、彼を振り向かせたいと思っているのであれば、LINEの頻度にも気を付ける必要があるんです。

1. 彼の返信頻度に合わせる

 好きな彼とLINE交換ができると、嬉しくなって、ついつい何度もLINEしてしまう人もいるでしょう。中には、付き合っているような気分にさえ、なってしまう人もいます。

 しかし、どんなに便利なLINEであっても、相手の気持ちや状況を考えることを忘れてはいけません。彼の返信速度や頻度を見ながら、相手に合わせるようにしましょう。

2. アプローチ中は誘う時だけ

 LINE交換ができても、もちろん、まだ彼氏になったわけではありません。これからアプローチしようと考えているのであれば、気軽なLINEは避けた方が無難。

 LINEする際には、デートの誘いをする時やデートのお礼など、必要最低限で送るようにしましょう。頻繁なLINEは、距離を縮めてからの方が印象も良くなるはずです。

3. 少しずつやり取りを増やしていく

 好きな人とLINE交換ができれば、「毎日でもやり取りしたい」と思う方も多いはず。しかし、まだ距離が縮まっていない間にLINEを頻繁に送ってしまうのは危険です。相手によっては、「馴れ馴れしいなぁ」と思わせてしまうこともありますから。

 焦らずに距離を縮めながら、少しずつやり取りを増やしていきましょう。

4. 1日に何度も送らない

 アプローチ中には、「私からLINEを送らなければ、彼から来ることはない」という一方通行のような状況の方もいるでしょう。

 しかし、まだ付き合ってもいない相手に何度もLINEしたり、返信せざるを得ない内容を送ってしまうと重荷になってしまうかもしれません。1日に何度も送らないことを、意識しましょう。

5. 時には引く

 好きな彼からLINEの返信がくると、舞い上がってすぐに返信してしまう人も多いでしょう。しかし、恋愛の駆け引きをする上では、押すだけでなく時には引くことも必要。数日間はLINEをしない、彼の返信をすぐに既読にしないといった計算も、時には必要です。

めでたく交際!付き合い始めた時の理想的なLINE頻度とは?

あんまり多すぎるとちょっと重い(写真:iStock)
あんまり多すぎるとちょっと重い (写真:iStock)

 念願叶って好きな彼と付き合うことができるようになれば、誰だって嬉しいものです。「毎日のように連絡を取り合いたい」と思っている人も多いでしょう。

 しかし、あまりに自分本位な対応をしてしまうと、相手の気持ちを冷めさせてしまうかもしれません。次に、付き合い始めた時の理想的なLINE頻度を、チェックしていきましょう。

1. 彼のライフスタイルに合わせる

「恋人とは、毎日連絡を取り合うもの」と、思っている女性は多いはず。もちろん、相手は彼氏なわけですから、気軽に連絡を取るのは悪いことではありません。

 しかし、彼の仕事中や夜中に何度もLINEをするのはNG。どんなに距離が縮まったとしても、相手のライフスタイルに合わせた対応が必要です。

2. 10回以上は避けた方が無難

 LINEは、いつでもどこでも気軽に連絡を取り合える便利なツール。しかし、男性は面倒くさがりな人が多いため、頻度が多いと重荷と感じてしまう人もいます。

 交際当初は「新鮮で楽しい」と思っていた人も、交際期間が長くなることであなたとのLINEが面倒になり、気持ちが冷めてしまうこともあります。関係性にもよりますが、1日10回以上は避けた方が無難かもしれません。

3. 交際を長続きさせるためにLINEでコミュニケーションを

 交際が長く続くカップルは、LINEで毎日やり取りをする傾向にあります。長い、深い内容ではなくても、毎日のLINEはコミュニケーションの一環。つながっているという安心感を得ることができます。また、LINEであれば言葉で言いにくいことも、ちゃんと伝えることができるでしょう。

4. 二人でルールを決める

 交際がスタートしたら、「毎日のように連絡をしたい」と思いながらも、「彼がどう思っているのか分からない」という不安から、LINEを躊躇してしまう人もいるでしょう。

 そんな場合には、二人のルールを決めることがおすすめ。互いの理想のLINE頻度などを確認しながらルールを作れば、ストレスや不満もなくなるはずです。

5. 自分勝手なLINEはしない

 片思いだった相手が彼氏になると、一気に距離感が縮まるもの。そのため、「もう彼氏なんだから、何をしても許される」と勘違いしてしまい、自分勝手なLINEをしてしまう人もいます。

 当然ですが、恋人であっても自分勝手なLINEは不快なもの。たとえば、夜中の「寂しい」などのLINEはやめた方が良いでしょう。

気軽にできるLINEはプラスになる使い方を目指そう!

上手に使って愛を深めて(写真:iStock)
上手に使って愛を深めて (写真:iStock)

 LINEは好きな彼へのアプローチや恋人との連絡を取る際に、とても便利なアイテムです。しかし、使い方によってはマイナスにもなるため、関係性や相手の状況などを考えて使うことが大切!

 その時の状況や彼との距離を客観的に見て、プラスになる使い方を目指してくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ