彼との理想的なLINE頻度♡付き合い前後で変わるポイント

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-05-26 06:06
投稿日:2020-05-26 06:00
 あなたは、1日にどのくらいLINEをしていますか?友達同士であれば、一度に何度もやり取りをしている方も多いかもしれませんね。しかし、相手が好きな彼や、付き合い始めた彼である場合、あまりに頻繁だと重荷だと思われてしまう可能性があります。
 そこで今回は、彼と付き合う前、付き合ってからの理想的なLINE頻度をご紹介します。

彼を振り向かせたい!付き合う前の理想的なLINE頻度とは?

相手の頻度に合わせよう(写真:iStock)
相手の頻度に合わせよう (写真:iStock)

 好きな男性ができると、LINE交換する人が多いでしょう。口下手でも、「LINEだったら、思ったことが伝えられる」という人もいますよね。しかし、彼を振り向かせたいと思っているのであれば、LINEの頻度にも気を付ける必要があるんです。

1. 彼の返信頻度に合わせる

 好きな彼とLINE交換ができると、嬉しくなって、ついつい何度もLINEしてしまう人もいるでしょう。中には、付き合っているような気分にさえ、なってしまう人もいます。

 しかし、どんなに便利なLINEであっても、相手の気持ちや状況を考えることを忘れてはいけません。彼の返信速度や頻度を見ながら、相手に合わせるようにしましょう。

2. アプローチ中は誘う時だけ

 LINE交換ができても、もちろん、まだ彼氏になったわけではありません。これからアプローチしようと考えているのであれば、気軽なLINEは避けた方が無難。

 LINEする際には、デートの誘いをする時やデートのお礼など、必要最低限で送るようにしましょう。頻繁なLINEは、距離を縮めてからの方が印象も良くなるはずです。

3. 少しずつやり取りを増やしていく

 好きな人とLINE交換ができれば、「毎日でもやり取りしたい」と思う方も多いはず。しかし、まだ距離が縮まっていない間にLINEを頻繁に送ってしまうのは危険です。相手によっては、「馴れ馴れしいなぁ」と思わせてしまうこともありますから。

 焦らずに距離を縮めながら、少しずつやり取りを増やしていきましょう。

4. 1日に何度も送らない

 アプローチ中には、「私からLINEを送らなければ、彼から来ることはない」という一方通行のような状況の方もいるでしょう。

 しかし、まだ付き合ってもいない相手に何度もLINEしたり、返信せざるを得ない内容を送ってしまうと重荷になってしまうかもしれません。1日に何度も送らないことを、意識しましょう。

5. 時には引く

 好きな彼からLINEの返信がくると、舞い上がってすぐに返信してしまう人も多いでしょう。しかし、恋愛の駆け引きをする上では、押すだけでなく時には引くことも必要。数日間はLINEをしない、彼の返信をすぐに既読にしないといった計算も、時には必要です。

めでたく交際!付き合い始めた時の理想的なLINE頻度とは?

あんまり多すぎるとちょっと重い(写真:iStock)
あんまり多すぎるとちょっと重い (写真:iStock)

 念願叶って好きな彼と付き合うことができるようになれば、誰だって嬉しいものです。「毎日のように連絡を取り合いたい」と思っている人も多いでしょう。

 しかし、あまりに自分本位な対応をしてしまうと、相手の気持ちを冷めさせてしまうかもしれません。次に、付き合い始めた時の理想的なLINE頻度を、チェックしていきましょう。

1. 彼のライフスタイルに合わせる

「恋人とは、毎日連絡を取り合うもの」と、思っている女性は多いはず。もちろん、相手は彼氏なわけですから、気軽に連絡を取るのは悪いことではありません。

 しかし、彼の仕事中や夜中に何度もLINEをするのはNG。どんなに距離が縮まったとしても、相手のライフスタイルに合わせた対応が必要です。

2. 10回以上は避けた方が無難

 LINEは、いつでもどこでも気軽に連絡を取り合える便利なツール。しかし、男性は面倒くさがりな人が多いため、頻度が多いと重荷と感じてしまう人もいます。

 交際当初は「新鮮で楽しい」と思っていた人も、交際期間が長くなることであなたとのLINEが面倒になり、気持ちが冷めてしまうこともあります。関係性にもよりますが、1日10回以上は避けた方が無難かもしれません。

3. 交際を長続きさせるためにLINEでコミュニケーションを

 交際が長く続くカップルは、LINEで毎日やり取りをする傾向にあります。長い、深い内容ではなくても、毎日のLINEはコミュニケーションの一環。つながっているという安心感を得ることができます。また、LINEであれば言葉で言いにくいことも、ちゃんと伝えることができるでしょう。

4. 二人でルールを決める

 交際がスタートしたら、「毎日のように連絡をしたい」と思いながらも、「彼がどう思っているのか分からない」という不安から、LINEを躊躇してしまう人もいるでしょう。

 そんな場合には、二人のルールを決めることがおすすめ。互いの理想のLINE頻度などを確認しながらルールを作れば、ストレスや不満もなくなるはずです。

5. 自分勝手なLINEはしない

 片思いだった相手が彼氏になると、一気に距離感が縮まるもの。そのため、「もう彼氏なんだから、何をしても許される」と勘違いしてしまい、自分勝手なLINEをしてしまう人もいます。

 当然ですが、恋人であっても自分勝手なLINEは不快なもの。たとえば、夜中の「寂しい」などのLINEはやめた方が良いでしょう。

気軽にできるLINEはプラスになる使い方を目指そう!

上手に使って愛を深めて(写真:iStock)
上手に使って愛を深めて (写真:iStock)

 LINEは好きな彼へのアプローチや恋人との連絡を取る際に、とても便利なアイテムです。しかし、使い方によってはマイナスにもなるため、関係性や相手の状況などを考えて使うことが大切!

 その時の状況や彼との距離を客観的に見て、プラスになる使い方を目指してくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 離婚経験者のみなさま、離婚した理由を周りに聞かれることって、ありますよね? その時、どんな風に説明していますか? ...
七味さや 2020-09-18 06:00 ラブ
FILM
「理想の男性は?」と聞かれた時、“頼りがいがある年上男性”と答える女性は多いでしょう。年上男性は仕事経験だけでなく人生経...
恋バナ調査隊 2020-09-18 06:00 ラブ
FILM
 近ごろ、マッチングアプリでママ活を始めようとする社会人男性が急増しています。なかには「40代ですがママ募集してます」と...
内藤みか 2020-09-17 06:00 ラブ
FILM
 男性をデートに誘う時、LINEなら顔を見なくて済むので勇気も出ますよね♡ でも、どんな風に誘ったら良いのか悩んでしまっ...
恋バナ調査隊 2020-09-17 06:00 ラブ
FILM
 “駆け引き”と聞くと、あまり良いイメージを持たない方も多いでしょう。しかし、恋愛においては、時に駆け引きが必要なことも...
恋バナ調査隊 2020-09-16 06:00 ラブ
FILM
 好きな男性が脈ありか脈なしかを知りたい場合、LINEから心理を読み解くのが有効です。実は、男性の深層心理は、知らず知ら...
恋バナ調査隊 2020-09-16 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-15 06:00 ラブ
FILM
 素敵な男性と出会うと、「どうせ、彼女がいるんだろうな……」と思ってしまう人は多いはず。でも、そこで諦めてしまえば、せっ...
恋バナ調査隊 2020-09-15 06:00 ラブ
FILM
 LINEって顔が見えないからこそ、つい大胆になってしまいがちですよね。その落とし穴に一番ハマりやすいのが「恋愛下手の女...
恋バナ調査隊 2020-09-14 06:00 ラブ
FILM
「チャラい男には、引っかかるまい」と気をつけていても、好みの外見である異性と出会えば、判断力が鈍りやすいのも、女性の“あ...
並木まき 2020-09-14 06:00 ラブ
FILM
 女性の前でいい格好をしたがる「ええかっこしい」な男ほど、背伸びした発言で、自分に酔いしれたLINEを送りつけてきます。...
並木まき 2020-09-13 06:00 ラブ
FILM
 イケメン男性と付き合う友達を見て、「私もあんな彼氏がほしい!」と思ったことがある人は多いはず。しかし、イケメンとの恋愛...
恋バナ調査隊 2020-09-13 06:00 ラブ
FILM
 頻繁にLINEで連絡を取るようになった彼。でも、遊びか本命かって気になりませんか? 実は、連絡を取っているLINEその...
恋バナ調査隊 2020-09-12 06:00 ラブ
FILM
 コロナ禍ではデートもままならないことから、浮気をする男性が減っているなんて話も耳にします。しかし一方では、どんなご時世...
並木まき 2020-09-12 06:00 ラブ
FILM
 離婚しようと思って結婚する人なんていないですよね。ほとんどの人が「これが最後の恋愛だ」と思って結婚するんだと思います...
七味さや 2020-09-11 06:00 ラブ
FILM
 男性が付き合っている彼女に会いたくなるのは、どのような時なのでしょう? いつもは気まぐれでわがままな彼だったとしても、...
恋バナ調査隊 2020-09-11 06:00 ラブ