彼からLINEの返事がない! 返信率を上げるためにしたいこと

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2020-02-21 18:10
投稿日:2020-01-23 06:00
 なぜ男性は、彼女と毎日LINEするのを嫌がるのでしょう。LINEの頻度の認識の違いで、大きなケンカになってしまうカップルもしばしばいます。男女のLINEに対する向き合い方の違いを理解して、彼のLINEの返信率を上げましょう。

1:「それってわざわざLINEで話すほどのこと?」

だから、何やねん。(C)コクハク
だから、何やねん。 (C)コクハク

 女性は女性同士で話す時、話にオチがないようなことでも盛り上がることがありますよね。最近食べたおいしいカフェの話や、飼っている犬の行動など。

 これはリアルの会話でもそうですが、男性はそういった「日常普遍的な話」が苦手です。

 そういう話がLINEで来ると男性は、

「これ、今わざわざ文章で話すほどのこと?」

「え、オチないし言えることない……(そっ閉じ)」

 と感じてしまう人が多いよう。女性のように気を使って会話することを嫌がる男性もいるため、どうでもいい会話をチャットでするのはあり得ないという人も。

 彼からの返信率を上げたいなら、彼からの返事が明確に必要な内容を意識するといいかも。確かに、相談や日程調整の話なら、すぐに返事が来ますもんね。

2:「え、これっていつまで続ければいいの?」

まだ続くんかい…(写真:iStock)
まだ続くんかい… (写真:iStock)

 男性の中には「LINEでの会話はいつか途切れるもの」と思っている人も多いよう。用件ベースの会話が多い男性は、LINEでダラダラと長く会話することがないため、一日のレスの数が増えてくると、その途方のなさに萎えてしまう人もいるようです。

 それでも頑張ってLINEを続けてくれようとする人もいるかもしれませんが、それではストレスになってしまいます。「毎日ずっとLINEしている」という状況を喜ぶ女性もいるかもしれませんが、男性にとって「毎日LINEしている=好き」というわけではないことも多いのです。

 会話がグダグダになってきと思ったら一度バッサリ切って、新しいトピックを送る方が返信率が高いこともあるかも。

3:「トピックが多すぎて返すのがダルい……」

めんどくさっ!(C)コクハク
めんどくさっ! (C)コクハク

 いつの間にか一回に返信するLINEの中にトピックが2~3個ある状態になっている時、ありませんか?

 これも男性には「めちゃめちゃめんどい」と思われるようです。まあこれ、男性に限らずとも面倒くさいですよね!

 トピックの増え過ぎはLINEを面倒にしてしまうので、トピックは一つ増えたら一つ減らすようにしたり、思い切って一度会話をリセットするようにすると、LINEのストレスを減らせますよ。

LINEの「面倒さ」を減らすのが返信率アップのポイント!

 LINEの返事が来なくなる大抵の理由は「面倒になった」「どうでもよかった」などです。

 それなら、「どうでもいい面倒なLINE」をしなければ、おのずとLINEの返信率も上がるはず。なるべく日程を決めるような用事のLINEをしたり、彼が興味深く感じてくれそうな相手に合わせたトピックを選ぶようにしましょう。

 それでも毎日話すことはない、と思う男性もいるにはいるんですけどね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


プロポーズ間近かも? 彼の気持ちがわかる「3つのポイント」
 彼は結婚するつもりがあるのかどうかは、恋愛中の女性ならどうしても気になってしまうところ。彼が将来のことを考えているのか...
内藤みか 2021-10-28 06:00 ラブ
会えない時間に対する男女の違い&会いたい女性になるコツ♡
 女性は、好きな男性と会えない時間が増えてくると、「彼はもう私のこと好きじゃないのかな……」と、そんなふうに感じる人も多...
恋バナ調査隊 2021-10-28 06:00 ラブ
「終わらせたい…」ズルズル続いてしまった不倫をやめる方法
「不倫なんて良くない」と頭では分かっていながら続けてしまったこの恋。もうやめたいなと思っても、なかなかやめるタイミングや...
若林杏樹 2021-10-27 06:00 ラブ
あなたは甘え上手or甘え下手? 6つの特徴&原因から診断!
 あなたは人に甘えることに対して、どんな考えを持っていますか? もしも甘え下手なタイプなら、「人に甘えるのは弱い証拠」「...
恋バナ調査隊 2021-10-27 06:00 ラブ
彼と目が合うのは脈ありだから? 男性心理&彼の心を掴む仕草
 ふと、男性と目が合う時ってありますよね。そんな時、脈ありなのか、ただの偶然なのかがわかったらいいのに……と思う人も多い...
恋バナ調査隊 2021-10-26 06:00 ラブ
純愛と恋愛の違いは? 一途な愛を貫く男性の特徴も紹介♡
「純愛」と「恋愛」。それぞれよく聞く言葉ですが、いまいち違いについてわからないという人も多いかもしれませんね。そして、ど...
恋バナ調査隊 2021-10-26 06:00 ラブ
甘え下手な女子必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-25 06:00 ラブ
“コロナ破局”するカップルの価値観の違い5つ&避けるポイント
 私たちの生活は、過去に経験したことのないコロナウイルスによって一変しました。恋愛にも、その影響が出ているカップルは少な...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
男性のお金目当てで結婚する女性の特徴5つ&後悔するケース
 女性が結婚相手を選ぶ時は、人生を大きく左右するターニングポイントとも言えるでしょう。高収入男性と結婚したほうが将来の不...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
結婚もしてないのに…嫁姑問題を気にする恋人に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.61〜女性編〜」では、結婚を考えている彼氏・ヒロさんの母親であるユキエさんに嫌悪感を抱く女性...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
あの人が義母に…恋人の母親を好きになれなず結婚を迷う女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
振った側だけど復縁したい!確認すべきこと&やり直す方法
 交際している時には嫌な部分ばかりが目について、彼を振ってしまった人もいるでしょう。しかし、離れてから、彼の良さに気づく...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
ついつい自慢したくなる彼氏の特徴5つ&自慢の彼氏を作る方法
 あなたは、彼氏自慢をした経験がありますか?「自慢話」は、聞く側にとっては面倒なもの。それをわかっているはずなのに、つい...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
コロナ禍で明暗…結婚できた女性とできなかった女性の違いは
 寒くなってくると、どうしてもお家デートが増えてしまいがち。マンネりしがちなその雰囲気の中、結婚話に進んだカップルと、結...
内藤みか 2021-10-21 06:00 ラブ
“年の差婚”はうまくいかない? 後悔してしまう3つのパターン
 年齢が大きく離れた男女が結婚する“年の差婚”。「愛に年の差は関係ない!」と、熱い愛情で結ばれた二人。もちろん、うまくい...
恋バナ調査隊 2021-10-21 06:00 ラブ
浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ