彼からLINEの返事がない! 返信率を上げるためにしたいこと

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2020-02-21 18:10
投稿日:2020-01-23 06:00
 なぜ男性は、彼女と毎日LINEするのを嫌がるのでしょう。LINEの頻度の認識の違いで、大きなケンカになってしまうカップルもしばしばいます。男女のLINEに対する向き合い方の違いを理解して、彼のLINEの返信率を上げましょう。

1:「それってわざわざLINEで話すほどのこと?」

だから、何やねん。(C)コクハク
だから、何やねん。 (C)コクハク

 女性は女性同士で話す時、話にオチがないようなことでも盛り上がることがありますよね。最近食べたおいしいカフェの話や、飼っている犬の行動など。

 これはリアルの会話でもそうですが、男性はそういった「日常普遍的な話」が苦手です。

 そういう話がLINEで来ると男性は、

「これ、今わざわざ文章で話すほどのこと?」

「え、オチないし言えることない……(そっ閉じ)」

 と感じてしまう人が多いよう。女性のように気を使って会話することを嫌がる男性もいるため、どうでもいい会話をチャットでするのはあり得ないという人も。

 彼からの返信率を上げたいなら、彼からの返事が明確に必要な内容を意識するといいかも。確かに、相談や日程調整の話なら、すぐに返事が来ますもんね。

2:「え、これっていつまで続ければいいの?」

まだ続くんかい…(写真:iStock)
まだ続くんかい… (写真:iStock)

 男性の中には「LINEでの会話はいつか途切れるもの」と思っている人も多いよう。用件ベースの会話が多い男性は、LINEでダラダラと長く会話することがないため、一日のレスの数が増えてくると、その途方のなさに萎えてしまう人もいるようです。

 それでも頑張ってLINEを続けてくれようとする人もいるかもしれませんが、それではストレスになってしまいます。「毎日ずっとLINEしている」という状況を喜ぶ女性もいるかもしれませんが、男性にとって「毎日LINEしている=好き」というわけではないことも多いのです。

 会話がグダグダになってきと思ったら一度バッサリ切って、新しいトピックを送る方が返信率が高いこともあるかも。

3:「トピックが多すぎて返すのがダルい……」

めんどくさっ!(C)コクハク
めんどくさっ! (C)コクハク

 いつの間にか一回に返信するLINEの中にトピックが2~3個ある状態になっている時、ありませんか?

 これも男性には「めちゃめちゃめんどい」と思われるようです。まあこれ、男性に限らずとも面倒くさいですよね!

 トピックの増え過ぎはLINEを面倒にしてしまうので、トピックは一つ増えたら一つ減らすようにしたり、思い切って一度会話をリセットするようにすると、LINEのストレスを減らせますよ。

LINEの「面倒さ」を減らすのが返信率アップのポイント!

 LINEの返事が来なくなる大抵の理由は「面倒になった」「どうでもよかった」などです。

 それなら、「どうでもいい面倒なLINE」をしなければ、おのずとLINEの返信率も上がるはず。なるべく日程を決めるような用事のLINEをしたり、彼が興味深く感じてくれそうな相手に合わせたトピックを選ぶようにしましょう。

 それでも毎日話すことはない、と思う男性もいるにはいるんですけどね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 10〜20代の頃は好きな人のためにオシャレをして、髪をかわいく盛って、毎日楽しかった……。しかし、オトナ女子になった今...
若林杏樹 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性とやっとLINEを交換できたのに、あまりにそっけないと連絡を続けるべきかやめるべきか迷ってしまいますよね。...
恋バナ調査隊 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少な...
リタ・トーコ 2020-09-27 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:04 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
 出会った頃はラブラブだったのに、1年も経つと扱いがだんだん雑になってきて、彼氏から「別れたいオーラ」が漂うように……。...
若林杏樹 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 女性はついつい自分の彼氏と友達の彼氏を比べて、優劣をつけてしまうことがあります。比べても意味がないことはわかっているの...
恋バナ調査隊 2020-09-21 06:00 ラブ