彼からLINEの返事がない! 返信率を上げるためにしたいこと

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2020-02-21 18:10
投稿日:2020-01-23 06:00
 なぜ男性は、彼女と毎日LINEするのを嫌がるのでしょう。LINEの頻度の認識の違いで、大きなケンカになってしまうカップルもしばしばいます。男女のLINEに対する向き合い方の違いを理解して、彼のLINEの返信率を上げましょう。

1:「それってわざわざLINEで話すほどのこと?」

だから、何やねん。(C)コクハク
だから、何やねん。 (C)コクハク

 女性は女性同士で話す時、話にオチがないようなことでも盛り上がることがありますよね。最近食べたおいしいカフェの話や、飼っている犬の行動など。

 これはリアルの会話でもそうですが、男性はそういった「日常普遍的な話」が苦手です。

 そういう話がLINEで来ると男性は、

「これ、今わざわざ文章で話すほどのこと?」

「え、オチないし言えることない……(そっ閉じ)」

 と感じてしまう人が多いよう。女性のように気を使って会話することを嫌がる男性もいるため、どうでもいい会話をチャットでするのはあり得ないという人も。

 彼からの返信率を上げたいなら、彼からの返事が明確に必要な内容を意識するといいかも。確かに、相談や日程調整の話なら、すぐに返事が来ますもんね。

2:「え、これっていつまで続ければいいの?」

まだ続くんかい…(写真:iStock)
まだ続くんかい… (写真:iStock)

 男性の中には「LINEでの会話はいつか途切れるもの」と思っている人も多いよう。用件ベースの会話が多い男性は、LINEでダラダラと長く会話することがないため、一日のレスの数が増えてくると、その途方のなさに萎えてしまう人もいるようです。

 それでも頑張ってLINEを続けてくれようとする人もいるかもしれませんが、それではストレスになってしまいます。「毎日ずっとLINEしている」という状況を喜ぶ女性もいるかもしれませんが、男性にとって「毎日LINEしている=好き」というわけではないことも多いのです。

 会話がグダグダになってきと思ったら一度バッサリ切って、新しいトピックを送る方が返信率が高いこともあるかも。

3:「トピックが多すぎて返すのがダルい……」

めんどくさっ!(C)コクハク
めんどくさっ! (C)コクハク

 いつの間にか一回に返信するLINEの中にトピックが2~3個ある状態になっている時、ありませんか?

 これも男性には「めちゃめちゃめんどい」と思われるようです。まあこれ、男性に限らずとも面倒くさいですよね!

 トピックの増え過ぎはLINEを面倒にしてしまうので、トピックは一つ増えたら一つ減らすようにしたり、思い切って一度会話をリセットするようにすると、LINEのストレスを減らせますよ。

LINEの「面倒さ」を減らすのが返信率アップのポイント!

 LINEの返事が来なくなる大抵の理由は「面倒になった」「どうでもよかった」などです。

 それなら、「どうでもいい面倒なLINE」をしなければ、おのずとLINEの返信率も上がるはず。なるべく日程を決めるような用事のLINEをしたり、彼が興味深く感じてくれそうな相手に合わせたトピックを選ぶようにしましょう。

 それでも毎日話すことはない、と思う男性もいるにはいるんですけどね。

ミクニシオリ
記事一覧
フリーライター
フリーランスの取材ライター・コラムニスト。ファッション誌や週刊誌、WEBSITEメディアなどで幅広く活動。女性向けのインタビュー取材や、等身大なコラム執筆を積極的に行う。いくつになってもキュンとしたい、恋愛ドラマと恋バナ大好き人間。
XInstagram

関連キーワード

ラブ 新着一覧


年の差婚は“1億円プレーヤー”の特権に…婚活のプロが見た同世代婚の現場
 年の離れた若い女性と結婚したい――。結婚相談所には今も夢見る中年男性が訪れるそうだが、時代は変わったようだ。  ...
モテる女が選ぶ男はセンスなし? 美人が陥りがちな恋愛の失敗傾向3つ
 あなたは、男性にモテますか? 答えがイエスなら、恋愛で選ぶ男に注意したほうがいいかもしれません。  なぜなら、美人で...
恋バナ調査隊 2024-02-23 06:00 ラブ
年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ
器が小さい男性の見極め方 交際後に幻滅&ストレスMAXエピソード3選
 器の大きい男は、豪快で頼りがいがあってかっこいいですよね! でも、残念ながら世の中には「器が小さい男」もたくさんいるの...
恋バナ調査隊 2024-02-20 06:00 ラブ
本命じゃない人と結婚したっていい…幸せのための5つの心得
 愛し合うカップルのゴールとされる、結婚。一方で、なかには「本命じゃない人と結婚することになった」と悩んでいる女性も存在...
恋バナ調査隊 2024-02-19 06:00 ラブ
美人の結婚が遅い3つの理由、男性の切ない本音を紐解くと…
 女性から羨ましがられる美人は、結婚も早いだろうと誰もが思いますよね。でも、実際に周囲を見回してみると、見た目は平均点の...
恋バナ調査隊 2024-02-19 06:00 ラブ
「性欲強めになったのは…」今カレにはナイショ!元カレの影響6選
「好きな人の口癖がうつっちゃった」なんて経験がある女性は、多いのではないでしょうか?  人は好意を持っている相手や長く...
恋バナ調査隊 2024-02-18 06:00 ラブ
男「日曜会えない?」独女「100人の部下が動いてて」残念あるあるLINE
 40代になっても独身を貫く人には、いくつかの共通点があります。  男性としては、独女特有の共通点を察知した途端、...
恋バナ調査隊 2024-02-18 06:00 ラブ
“半径3m”に合コンの指示書…芸人だけにあらず! 必死感ダダもれLINE
 芸能界でも話題となっている“合コン指示書”ですが、一般社会でも出回っているようです。合コンに向けて送られてくる命令や要...
恋バナ調査隊 2024-02-17 06:00 ラブ
「40代の婚約者が別居婚を望むのは年齢的な問題?」とブルーな43歳男
「冷酷と激情のあいだvol.182〜女性編〜」では、婚約したヨシテルさん(43歳・仮名)のニオイを生理的に受け付けなくな...
並木まき 2024-02-17 06:00 ラブ
そうだ、別居婚だ!婚約者のツンとしたニオイに倒れそうな43歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-17 06:00 ラブ
女性への理想はエベレスト級? 陰キャ男性のこじらせ恋愛あるある5選
 今回は、陰キャ男性の恋愛あるあるを紹介します。陽キャ男性は男性・女性関係なくフレンドリーにコミュニケーションを取ろうと...
恋バナ調査隊 2024-02-17 06:00 ラブ
幸せにはなれないかも…体だけの「割り切った関係」を望む男たちの事情
「セックスする仲でも付き合うのは無理」と、割り切った関係を望む男性は一定数いるもの。そんな彼に悩んでいる女性もいるでしょ...
恋バナ調査隊 2024-02-17 06:00 ラブ