平手友梨奈 愛され女子!岡田将生・志尊淳ら共演者が虜な訳

こじらぶ ライター
更新日:2020-05-27 06:00
投稿日:2020-05-27 06:00

「チームさんかく窓」リレー動画にファン歓喜

お互いを3兄妹と呼び合う岡田(左)、平手(中央)、志尊(右)。2人の兄に愛される平手の魅力とは…/(C)日刊ゲンダイ
お互いを3兄妹と呼び合う岡田(左)、平手(中央)、志尊(右)。2人の兄に愛される平手の魅力とは… /(C)日刊ゲンダイ

 映画「さんかく窓の外側は夜」(10月30日公開)の公式Twitterにて、W主演の岡田将生(30)、志尊淳(25)、ヒロイン役の平手友梨奈(18)からなる「チームさんかく窓」のリレー動画が大きな話題を呼んでいる。

 3人は今年1月~2月の撮影を通じて親しくなり、お互いを「兄妹」と呼び合い食事に行くほどの関係であると同映画公式Twitterや志尊公式Twitterでも伝えられてきた(食事はコロナ禍外出自粛以前)。今回の同映画公式Twitterリレー動画企画発表でも「仲良し3兄妹」と紹介された。

 今月22日に“長男”岡田による“次男”志尊への質問動画が同映画公式Twitterで公開され、「最近ハマっていることは何か」というお題に翌23日、「絵を描くこと」と答えた志尊。何とも味わいのある画伯調タッチで描かれた3人の全身画のそれぞれには「しそん」、「まーくん」(岡田)、「てち」(平手)と記され2人を愛称で呼んでいることが伺える。

 次に志尊から平手への質問。志尊はまず平手に自己紹介として(ノリノリの笑顔で)「てっちちてっちーてっちっちー♪ てちてちてっちっちぃー!」と挨拶して欲しいと実演付きで無茶ぶりをした。

 さらに質問自体は「自粛生活の中でてちが何をしているか1日のルーティンを教えてほしい」とシンプルなものだったが、「てちは朝起きてぇ~」など「“5てち”ください」と、自身をてち呼びすることを5回入れることも要求。

末っ子平手から長男岡田への業務命令は…

志尊からのリレーを受けて回答する平手動画(1本目)。久しぶりの近景では肌も一層白く外出自粛を守ってきた感が半端ない。/「さんかく窓の外側は夜」公式Twitter(2020年5月24日付)より
志尊からのリレーを受けて回答する平手動画(1本目)。久しぶりの近景では肌も一層白く外出自粛を守ってきた感が半端ない。 /「さんかく窓の外側は夜」公式Twitter(2020年5月24日付)より

 それを受けて24日、平手が志尊の動画を見ての第一声は「やってくれたなぁ……よくも……」、「自己紹介はできないよぉ」と首を振り即却下。恥ずかしさからか両手で顔を覆った。さらに「できないの分かってやったでしょ絶対!」と“ややおこ”な様子も見せた。

 2つ目の無茶ぶりに対しては「ルーティンは、てちは……毎日普通に過ごしてました」と“1てち”応えるも、残りの“4てち”については「“5てち”でしょ? てちは、てちは、てちは、てちは」と指で数えて「これでいいでしょ、いんだよもうこれで、あぁもう!」と投げやり気味に終了。

 平手自身から岡田への質問には早口言葉をお題にした上で、「みんな俺の事待ってたんだろ」というセリフをカメラ目線のウィンク付きで言うことを要求。「これは末っ子からの業務命令です、待ってるねっフフッ」とドSな無茶ぶりにドヤ顔をした後、自分でも笑ってしまっていた。

投稿1日で累計再生回数は約343万回超え

 この平手の2分割された動画は久しぶりに彼女の動く姿が見られるということもあり、投稿から1日で累計再生回数は約343万回を突破。ファンは「元気な姿が見られて嬉しいし泣ける!」、「できないよぉって反応可愛い!」、「無茶ぶりするときのksgk(クソガキ)感最高!」と大興奮。「#平手友梨奈」はすぐにトレンド入りし、3人のリレー動画は連日朝の報道番組エンタメコーナーでも取り上げられ、いまだ再生数を伸ばしている。

 岡田と志尊は平手にとって年上であるだけでなく芸能界、役者として大先輩。それでも全くその垣根を感じさせない平手の実直で無邪気な様子から、3人がいかに本当の兄妹のような仲であるかが表れていた。岡田、志尊共に平手のクソガキぶりに優しく反応し楽しんでいたようだ。

 平手が共演者から可愛がられるのは今回に限ったことではない。18年自身初出演で初主演した映画「響-Hibiki-」で平手演じる小説家・鮎喰響を担当する編集者・花井ふみ役だった北川景子(33)とも姉妹のような関係になったという。「別冊カドカワ総力特集欅坂46 20190807」の2人の対談で北川は共演者とここまで仲良くなることは稀だとし、平手は2人の関係性を秋元康氏から「美人姉妹」と表現されたと明かした(平手は自身が美人であることは否定していたが)。

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


松原みき「真夜中のドア」突如世界で大ヒットの意外な理由
 1979年にリリースされた松原みきのデビュー曲「真夜中のドア/stay with me」が、サブスクリプション(定額聴...
2020-11-26 17:03 エンタメ
ジャニーズ大みそかネット重視の戦略と商魂 紅白眼中なし
 ことしの大みそかは紅白歌合戦の紅白対決ではなく、NHK対ジャニーズの構図が浮き彫りになってきた。年内いっぱいで活動を休...
2020-11-26 17:03 エンタメ
チャンバラトリオ山根伸介 巨人負けならラジオをゴミ箱に
【お笑い界 偉人・奇人・変人伝】#26  山根伸介(チャンバラトリオ)  ◇  ◇  ◇  チャンバラトリオのメン...
2020-11-26 17:03 エンタメ
時代と社会の歪みの中で不幸にも交差してしまった2人…
【ラサール石井 東憤西笑】#33  なんとも痛ましい事件である。  ホームレスの老人女性が、渋谷区のバス停で殴り殺さ...
2020-11-26 17:03 エンタメ
バービーに高い支持 女芸人“脱ブス”に「いじり」の難しさ
 女性芸人の“脱ブス”路線に拍車がかかっている。代表格はフォーリンラブのバービー(36)。女性としての生きにくさや、性の...
2020-11-26 17:03 エンタメ
マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ
 まさに身から出たさび。ジャニーズ事務所の“長男”として我が世の春を謳歌してきた近藤真彦(56)が絶体絶命の危機にひんし...
2020-11-25 17:03 エンタメ
“オタ”宇垣美里が独自の結婚観を熱弁 気になるお相手は?
 フリーアナウンサーの宇垣美里(29)が、自身の美容とライフスタイルについてつづった「宇垣美里のコスメ愛 BEAUTY ...
2020-11-25 17:03 エンタメ
柴咲コウに拍手 主演「35歳の少女」で“素の10歳”も見せる
【テレビ 見るべきものは!!】  柴咲コウ主演「35歳の少女」は奇抜な設定のドラマだ。25年前、事故で昏睡状態に陥った...
2020-11-25 17:03 エンタメ
桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け
 大晦日に放送される「第71回NHK紅白歌合戦」で4度目の総合司会を務める内村光良(56)とともに俄然、脚光を浴びている...
2020-11-25 17:03 エンタメ
松坂慶子の父は最後まで結婚反対し孫を見ることもなく他界
【芸能記者稼業 血風録】  両親の後押しで児童劇団に入り、女優を目指していた松坂慶子。高校卒業後、大映専属に。1980...
2020-11-25 17:03 エンタメ
村本大輔さん 大切なのは「出会い」その瞬間から僕は動く
【その日その瞬間】  2013年に「THE MANZAI」で優勝、テレビ番組などでの発言が話題のウーマンラッシュアワー...
2020-11-25 17:03 エンタメ
宮迫博之&中田敦彦が超豪華YouTube番組で人気復活か
 雨上がり決死隊の宮迫博之(50)とオリエンタルラジオの中田敦彦(38)によるYouTube番組「Win Win Wii...
2020-11-25 17:03 エンタメ
ほんこんさん「藤山寛美先生のような人情喜劇をやりたい」
【死ぬまでにやりたいこれだけのこと】  ほんこんさん(タレント・57歳)  板尾創路との漫才コンビ「130R」のツッ...
2020-11-24 17:03 エンタメ
目の前のテーブルで“出待ち”の中島みゆきさんが飲み物を
【ロフト創業者が見たライブハウス50年】#22  晩秋の空が一番美しいと言ったのは誰だったか? 1975年、秋が深まり...
2020-11-24 17:03 エンタメ
山口紗弥加“アプリでイケメン漁り”の可愛い演技がスゴイ!
 有村架純(27)主演「姉ちゃんの恋人」(カンテレ・フジテレビ系)、森七菜(19)主演「この恋あたためますか」(TBS)...
2020-11-24 17:03 エンタメ
鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由
 この数年、年末年始になると恒例のように浮上するのが、女優・鈴木京香(52)の結婚話だ。もちろん、相手はひそかに“10年...
2020-11-25 10:33 エンタメ