「この結婚は失敗…」コロナを機に別居に踏み切った妻の主張

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-06-06 06:28
投稿日:2020-06-06 06:00
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。関係の終わらせ方についても、思惑が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、コロナ禍において混乱している夫婦の話から、ついに別居に踏み切った妻の言い分をお届けします。

バリキャリ妻が結婚した理由は…

やさしい人柄に惹かれたけれど(写真:iStock)
やさしい人柄に惹かれたけれど (写真:iStock)

 Kさんは40代前半。結婚3年目で子どもはいません。いわゆるバリキャリの女性で、同世代の女性と比較して、高収入かつ社会的なステータスも高めです。そんなKさんの夫であるOさんは、3歳年上ながらゆるキャラのような癒しタイプ。仕事はしているものの、高収入ではなく真面目な性格が取り柄だと言います。

「Oとは、よく行くレストランで知り合いました。お互いに常連で何度か顔を合わせるうちに親しくなり、そのうちにOから告白されて付き合うことになりました。ちょうどその頃、私は彼氏と別れたばかりで心が疲れきっていたので、癒しキャラであるOの素朴なところに惹かれたんだと思います。自分で言うのもなんですけど、Oの私へのハマりっぷりは尋常じゃなく、交際を始めてすぐに私の家に入り浸り、事実上の同棲生活に。しかも最初からしつこく『結婚したい』と言われていました」

 直前の恋愛でひどい目に遭い「もう男はこりごり」と思っていたKさんでしたが、Oさんのやさしい人柄に触れているうちに「結婚してもいいかな」と思うようになったと言います。

「こんな私に、ここまで熱心に『結婚したい』って言ってくれる男性って、そうそう出会わないんじゃないかなって思ったのも、結婚に踏み切った理由です。正直、Oの収入は私の半分程度だし、年上だけど人生経験も私より浅いように感じていましたが、既婚の友人たちからは『結婚生活は長距離マラソンのようなもの』と聞いていたので、刺激よりも癒しを優先しました」

この結婚は失敗だったかもしれない

だんだん毎日の生活がストレスに(写真:iStock)
だんだん毎日の生活がストレスに (写真:iStock)

 そして実際に結婚してみてからも数ヶ月は、それなりに楽しい毎日を送っていたそう。しかし半年ほど過ぎたころからKさんは密かに「この結婚は失敗だったかもしれない」と考えるようになったと言います。

「ゆるキャラと言えば聞こえはいいけれど、結局、夫は家ではぼーっとしているだけ。言い方は悪いけれど、何もせずにただ“空気を吸っているだけ”って感じなんです。半同棲だったころはもうちょっと動いていたので、結婚して半年経って彼の本性が見えてきました。

 家事分担を決めても『やる』と言いつつ一向にやらないか、やっても“やっつけ仕事”でいい加減すぎて、私があとでやり直すハメに。掃除も洗い物も洗濯も、全部がいい加減すぎて清潔感のカケラもないのです。何度か彼に改善するよう話しましたが『うん』と言いつつ、まったく改善の見込みもなく……。だんだんと、そんな夫との生活がストレスにしか感じなくなりました」

 結婚生活が2年目を終えるころにも、まったく改善しないどころか、むしろ夫の“ぼーっとしているだけ”の態度は悪化する一方。次第にKさんは「家計にも家庭運営にも貢献していない夫ってどうなんだろう」と考え出したと言います。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ